<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
肉まん スー
e0077899_5411893.jpg
 台湾の数字には、自信があった。
1 2  3 4 5  6 7 8 9
イー ア~ル サン  スー ウー リュー チー パー チュー

小学1年の時に、
マージャンを父親から教わった私としては、
1~9までの中国数字は、英語以前の必須だった。
たとえ台湾語が解らなくても、
飲み食いはOKだと高を踏んでいた。

<ザオテン>
台湾には、早朝7時頃から、飯屋が開いている。
台湾式モーニングサービスである。
我々一行がドスンと、丸イスに座った店は、賑やかだった。
台湾語が飛び交い、
日本語やイングリッシュは全く飛び入る隙間がなかった。
事件はそこで起きた。

我々4人は(正確には私は)、
肉まん(パオズ)が食べたかった。
そこで、マージャン通の私が、通訳を名乗り出た。
「パオズ、スー」(肉まん4つ下さい)
『15個くるよ』(おねえさんの言葉はイシマル意訳)
「ノーノー、スー
『15個ネ』

ふむ、何か誤解があるナ。
そこで、指を4本立てて・・
「スー!」
『15個、食べられるか?』

こんな時には、往年のパントマイムの技が役にたつ。
そのパントマイムを文章で書く。
「私パオズ1個、隣1個、隣1個、隣1個、
 全部で4個、OK?」
『OK!』
「全部で、スー(4)」
『15個ネ』

わから~ん!
4×4で16になるのなら、
何か言い間違いをしていると想像できるのだが、
<15>という数字が、
どこから導きだされてくるのかが、わからん!
「もういいや、15個でもいいから、持ってきてスー」
『ハハ~ン』

20分後、4人の元に、肉まんが運ばれてきた。
その数を見て、皆がのけぞった。
 <3個
?・・?・・?
私は、未だに、この事件の真相がつかめない。
そして、私だけが肉まんにありつけなかった。
e0077899_5403132.jpg

by ishimaru_ken | 2010-11-30 05:43 | 謙の発見!
チンジュワン
e0077899_8342330.jpg
 ~続き~
我々が、ポンフーの強風ビーチで、
ウインドサーフィンに興じていたら、
ブブブ~~
黄色いタクシーが近づいてきた。
運ちゃんが降りてくる。
「○○××○~タクシー?」

なぬ?タクシーいるかってか?
「いらない」
ここまでは良かった。

ほどなく、ビーチから、滝田君がセールを運んできた。
すると、その運ちゃんが、
「セールを運んでやる」と手伝い始めたではないか!

ウインドサーフィンの道具というのは、非常に繊細で、
特に強風の中では、エキスパートしか運べない。
素人が手を出すと、たいがい道具を壊してしまうのだ。
「ノー!」
私の声がとぶ。
しかし、その運ちゃんは、道具から手を離そうとしない。
ノーノーノー!
私の声が、荒がった。
ノー言えない日本人でも、海外ではノーと言えなくてはならない。
ノー!!!!!
ビックリマークがいっぱい付く、ノーだった。
さすがに運ちゃんは手を離し引き下がった。
泣きそうな顔になっていた。

っと、その時、地元のウインドサーファーが、
そのタクシー運ちゃんを見つけるや、駆け寄り、
親しく話しているではないか!
なんと聞くところによると、ポンフーでも指折りの、
有名なウインド名人なのだそうだ。
お名前を尋ねると、
「チンジュワン」
台湾のウインドマスターは、タクシーの運転手だったのだ。

その後、チンジュワンさんに、はからずも、
ただで、タクシーの送り迎えをして貰ったのである。
だのに、ノーオオ~!とののしったりして!
「ごめんネ」

ところで、彼の名前をナカヒラ君が、なかなか覚えられない。
台湾系の名前は、覚えにくい。
そこで、<名前覚えさせ名人>のイシマルの出番だ。

「彼の名前を忘れちゃうんだよネ、忘れるって事は、
 リメンバーパールハーバーだよネ。
 つまり、真珠湾だよネ。
シンジュワン→チンジュワン  OK~?」
e0077899_8332172.jpg
      なぜか石で出来たマージャン台
by ishimaru_ken | 2010-11-29 08:35 | スポーツ
スピードチャレンジ イン ポンフー
e0077899_640654.jpg
さて、私達は何を目的で、ポンフーに渡ったのだろう?
答え;
《ウインドサーフィンのスピード記録への挑戦》である。

GPSという衛星を使ったスピード計がある。
そいつで計った記録で、世界中のウインドサーファーが、
スピードを競っている。
現在の日本記録は、時速75,6km
千葉在住の中島さんがオーストラリアで出したものだ。
70kmを超えた日本人は、まだ3人しかいない。
スピードを出すには、厳しい自然条件にしばられる。

《風速が15m以上》
《最低500mのフラットな海面》
《40度以上の下り角度で吹き付ける風》

この条件をクリアする場所は、世界的にも少ない。
少ないどころか、見つけるのが難しい。
そこで、我々は地球規模のランドサットの衛星画像で、
世界の島々を探した。

あった・・
そこが、ポンフー島の<ポンポンビーチ>だ。
砂洲である。
1,5km続く砂の島である。
満潮と干潮で、長さも、広さも変わる砂洲である。

しかも、その砂洲では、
地元ポンフー島のウインドサーファーが、
常日頃、ウインドに興じていると云うではないか!
その中の一人の名前が、
「チンジュワン」
実は、驚きの方だった。
 ~つづく~
e0077899_6392558.jpg

by ishimaru_ken | 2010-11-28 06:41 | スポーツ
ポンフー私的旅 ③
e0077899_7594716.jpg
 <ポンフー>は、澎湖と書く。
台湾の西岸から、50キロの距離にある、
大小90からなる島々である。

馬公(マーコン)市内に、ホテルをとった。
街を歩いてすぐに気付いた。
ココは観光地だ。
観光客目当てのお土産屋や、
レンタルバイクの店が林立している。
まずは、海を見にゆくためにタクシーを雇う。
雇うと書いたのは、意味がある。
この島のタクシーには、料金メーターがない
すべて交渉
一回乗ったらいくら?
この位の距離で、この位の時間だから、いくら?
ただし、運転手は良心的でインチキしない。
というより、インチキしてくれても許すほど、安い。

海に着いた。
ガ~~~ン!
強風を見慣れている、我々ウインドサーファーの頭の上に、
ガ~~~ン!の文字が並んだ。
凄まじく風がうなっている。
懐から風速計を取り出し、風上に向ける。
33ノット(16m)だと、数字が示している。
滝田君が、隣で、上着をバタバタいわせている。
なんと、風に向かって斜めに立っているのだ。
アナタに訊きたい。
風を受けて、身体を斜めに倒した経験がありますか?
あるというなら、この位倒した事がありますか?
e0077899_7535319.jpg

この風が、ポンフーのレギュラーな風だと言う。
言っているのは、
海の傍に立つセーリングセンターの会員だ。
この島は、公の機関が、
ウインドサーフィンを応援してくれているらしい。
ウインドサーファーにとっては、夢のような島だ。

ウインドを長くやっていると、強い風の表現に敏感になる。
強風、暴風、烈風、爆風、弩強風、
しかし、我々がこの島で見た漢字は、違った。
私達は、この言葉をおおいに気に入ったのである。
と同時に、こののち、その言葉が正しかった事実に、
驚きおののくのである。
e0077899_7532038.jpg
風狂吃澎湖》 (風が狂いふくポンフー)
by ishimaru_ken | 2010-11-27 07:58 | 謙の発見!
ポンフー私的旅 ②
e0077899_8261770.jpg
 ブ~ンと3時間飛ぶと、
台湾の首都、台北(タイペイ)松山空港に着く。
そこから、乗り継ぎで、ポンフーに向かう。
この乗り継ぎが、えれえこったなのだ。

なんせ、荷物がどんぶらこと出てくる例の、
グルグル廻しの所で待っていると、
我らの300キロが、他の方達の荷物を蹴散らして、
登場するのだから・・
その荷物は、当然自分たちで、運ばなければならない。
国際線から国内線乗り場まで。
計12個もある荷物を6つのカートに載せて押してゆく。
長さが3mもある物体もあり、通行の迷惑この上ない。
「ごめんなさいネ、ソーリ~ネ、シェーシェー」

で、ここで再び、国内線オーバーチャージの闘いが始まる。
ピッピッピッ
『全部で、コレになります』(台湾語)
電卓を見せられる。
台湾元が表示してある。
日本円に換算する。
ご・ご・ごじゅうごまんえん!!!
私の口からでた言葉に、
仲間が、スイカが入るほど口をあんぐりさせる。
55万円?!
え~とネ・・飛行機代が一人、6500円でしょ。
だのに、なじょしてオーバーチャージが55万円なの?

その場に、日本語が解る方がいたので、
必死に交渉にはいった。
「お願い、マケテ下さい」
「なんとか、半分にならんかネ」
「55万円なんて、持っとらんだヨ」
「そこをひとつ!」
涙ぐましい努力をみせ始めたその時、
先方が、再び、電卓を叩いた。
おお~少しマケテくれた。
ほんの少しではあるが、嬉しかった。

ん・・?
あの電卓の数字・・・
元(げん)だよな。
もう一回、円に換算してみよう・・
アレ?アレレ?
「みんな、聞いてくれるかい?」
『あん?』
「さっきの計算、違ったみたい」
『あん?』
「0が二つ多かったみたい」
『で、いくら?』
5500円
『あんだって?』

恥ずかしかった。
5500円を半分にしてくれと必死に訴えていたのだ。
日本人として、恥ずべき行為をしてしまった。
そういえば、高校の時、数学の成績、悪かったんだ。
ごめんなさい、台湾空港職員殿!
e0077899_8245839.jpg
    台湾本島の下側(西側)にある小さな島
by ishimaru_ken | 2010-11-26 08:28 | 謙の発見!
ポンフー私的旅
e0077899_522675.jpg
 台湾に行ってきた。
その話の前に、数年前にイギリスに行ったあと、
このコーナーで色々語ったのだが、
「イシマルさんは、紀行文は書かないんですか?
 なんか、ホテルのバスの栓の話とかばっかで、
 別に、イギリスに行ったかいがないんじゃないの?」
お小言を頂いた。
ほんだから、今回は、きちんと紀行文にしようと決心した。

 出発は、今最もホットな羽田国際空港である。
早朝5時に、重量300キロのウインドサーフィンの道具を、
抱えた我々の眠気を、
チャイナ・エアのカウンターのお兄さんが覚ましてくれる。
「11万円です」
荷物のオーバーチャージ代金を払えと、言われたのだ。
ポカ~ンと口あんぐりの4人を紹介しよう。
イシマル隊長
e0077899_5223961.jpg

ナカヒラ君
e0077899_5232180.jpg

滝田君
e0077899_5235155.jpg

ヨウコ(カメラマン)
e0077899_5244267.jpg

ヤスタニさん(先乗りしている)
e0077899_525612.jpg

大畠先生(遅れてくる)
e0077899_5254393.jpg


この6人で、台湾にある無人島に行こうというのだ。
ところで、アナタに訊きたい。
台湾がミジンコのような形をしているのは知ってるよネ。
九州よりちょいと大きいのも知ってるかナ?
では、その台湾の西側に、
ポンフーという珊瑚の島があるのをご存知かナ?
知らないよネ。
私も知らなかった。

<ポンフー>
台湾人にとっての観光地、沖縄的な存在で、
美しい隆起珊瑚の島である。
その島のはずれに、
<ポンポンビーチ>と呼ばれる無人島があり、
強い風が吹いているのだと言う。
10m以上の強風が、毎日吹き荒れていると言う。
「誰が言っていた」のか忘れたが、
間違いないってんで、出かけた途端に、
羽田で、口あんぐりだ。

「11まんえ~ん?」
『・・・』(にこやかなカウンター員)
「マケテくんないでしょうねえ~」
『・・・』(にこやかなカウンター員)
「密輸とかしてませんから・・」
『・・・』(にこやかなカウンター員)

オーバーチャージを少しでも減らそうとの思いで、
ビジネスクラスに乗ったというのに、
ん・・待てよ?
4人の飛行機代を合わせた額より、
オーバーチャージの方が高いじゃ~ん!
  ~つづく~
e0077899_5261142.jpg

by ishimaru_ken | 2010-11-25 05:29 | 謙の発見!
審判は海の上にいないの?
e0077899_1014466.jpg
<審判>

スポーツには、審判がいる。
レフェリーでもいい。
ジャッジと呼んでもいい。

では、アナタに問いたい。
審判のいないスポーツってある?
ある?
サッカー、ラグビー、野球、バスケット、バレー、ゴルフ、
水泳、スキー、相撲、柔道、K1・・・・

ないネ。
まずないネ。

そこで、登場するのが、我ら、ウインドサーフィンだ。
一言で言おう。
いない。
「え~~~いないんですかあ~!」
驚いたアナタだけに、教えてあげたい。

いないのだ。
いるには居るのだが、現場にいないのだ。
現場とは、海上のマークがある場所だ。
ウインドサーフィンのレースとは、
海上にあるマーク(浮標)を回るのである。
そのマークを回る時に、数人の選手が、
時速50キロ以上で突っ込んでくる。
60キロを超えてもおかしくない。
当然、トラブルが起こる。

ブギャンコっ~!
激突だの、ひき逃げだの・・
数秒の間に、阿鼻叫喚の世界が出現する。
マークは、いくつもある。
そのすべてのマークの場所に、審判を配置できないのサ。
よって、審判が出来ない。
だって、海の上だもん。
遠くてよく見えないもん。

じゃあ、どうするのか?
ぶつかった同し、
「オマエがぶつかって来たんだろ!」
『ざけんな、優先権はオレにあるだろ!』
喧々諤々・・
ええ~~~じゃ、どうするのか?

5000円を握って、大会本部に走るのだ。
「プロテスト!」
直訳すると、「抗議」
自分が悪くないという説明を聞いて貰う代償が、
5000円なのだ。
で、自分の抗議が認められれば、5000円は返して貰える。
認められなければ、没収。
要するに、その場所で起こった事件の審査を、
その事件を見た選手たちで、陪審員裁判されるのだ。

「イシマルさんに抗議します!」
『いや、ボクがネ、優先だと思ったのにネ、あいつがネ』
「え~、イシマルさんが悪いと思いますよ!」
『なんで?』
「だって、マークにぶつかって、
  マークを、手で動かしてましたヨ!」
「それ、ボク見た」
「俺も見た」
「私も見た」

大会本部「5000円、お返ししま~す」
e0077899_102269.jpg

by ishimaru_ken | 2010-11-24 07:58 | スポーツ
湖底を駆ける
e0077899_803929.jpg

 「本栖湖に石を抱いて潜る」
そんな遊びをしていた日々があった。
どういう事だろうか?
我々、ウインドサーファーが集う、本栖湖畔には、
ささやかなビーチが広がっている。
砂よりやや大きな粒の、砂浜が出艇場所だ。
海で言うところの、波打ち際から、
「あいよ!」
ボードに飛び乗り、高速で走ってゆくのだ。
その波打ち際から、湖は急に深くなっている。
背が届くのは、4mほど。
海底の地形は、40度ほどの傾斜で水中深く、
もぐりこんでいる。

「皆んな、大きめの石を探して!」
イシマルの声が、湖畔に響く。
風待ちの間、ある遊びに興じようというのだ。
イシマルの手招きに、お馬鹿な連中が、
一抱えもある、いやを両手に抱いて、
集まってきた。

「サ、皆んな、波打ち際に横に一列に並んで!」
岩を抱えた仲間が、重い岩を抱えて、猫背になっている。
「ルールを説明するよ。ヨーイドンで、思いっきり走れ!
 すぐに水没するだろうから、我慢するべし。
 優勝者は、最後に水面に上がってきた者」

斜めの、海底を走るのだ。
岩は身体が浮かない為の重しである。
「ヨーイ、ドン!」
思いっきり息を吸い込んだ肺の前に、
岩を抱きしめ、海底を走る。
40度の傾斜を駆け下りる。
隣を見ると、歯を食いしばった口元から、
アブクが漏れ出ている友人がいる。
水圧で、胸が圧迫される。
だんだん暗くなる。
耳が痛い。
もうダメだ、岩を離そう。
両隣を見ると、まだ足を動かしている。
クソッ、もうちょい!
ううぅぅ~ダ・メ・だっ・・
岩を捨てる。
上を見る。

うっそ!
水面が遥か上方で、波打っているではないか!
もう息が無い!
足を蹴る。蹴る!
進まない。
あがけどもあがけども、身体が簡単に浮いてくれない。
息が・・息が・・
ぶふぅわぁ~~
水面に躍り出た、私の周りに、
真っ赤な顔をした仲間が、ニタニタ笑っている。
「苦しかったネ、ハアハア」
『うん、苦しかった、ハアハア』
しばらくして、黒い頭がポッカリと浮かんできた。
凄い!
優勝者を称えながら、岸に泳ぎ戻る。
っと、その時、さらに沖で、ポッカリ、
黒い頭が浮いてきたのだ。
真の優勝者は、ケタが違った。
しかも、興奮気味に喋る。
「ニジマスやら、鯉やら、いっぱいいたネ」
『・・・・』
「1mくらいのオオナマズもいたネ」
『・・・・』
真の優勝者は、余裕のケタも違った。

しかして、本栖湖畔から、大石が消えた。
e0077899_759522.jpg

by ishimaru_ken | 2010-11-23 08:03 | スポーツ
前を見てろ
e0077899_7291759.jpg
レンタルDVDを借りてきて、自宅で映画鑑賞をする。
ひとりで観る時には、問題はないのだが、
二人以上で、テレビの前に座っていると、
困った問題が起こる。
私以外の人間が、こんな事をする。

<よそ見をする>
<用事で、席を立つ>

(大切なシーンを見逃したのではないか?)
(今の、重要なセリフ聞き逃してない?)
(DVD、一時停止しようか?巻き戻そうか?)
心配でしょうがない。
本人は、ちょっと位観なくても気にならないのだろうが、
一緒に観ている私としては、
そわそわしてしまう。

(今、主人公が、犯行の日付を喋ったんだけど・・
 帰ってきたら、教えてあげた方がいいかな・・)

映画館同様、いったん始まったら、
テコでも動かない私としては、
画面の前から居なくなる行動に納得がいかない。
いや、画面から、しばらく目を離してしまう行動に、
モジモジしてしまう。
(お願い、目を離さないで・・)

かく言うオマエこそ、
人の動きばかり見ているではないか!
前を見てろ!
注意されそうである。
e0077899_729185.jpg

by ishimaru_ken | 2010-11-22 07:30 | その他
今 いいですか?
e0077899_7472847.jpg
「今、いいですか?」

架かってきた電話の向こうで、友人が第一声を吐く。
この言葉が、不思議でならない。
今、いいですか?」
電話を架けると、
まずこの言葉が口癖になっている友人がいる。

電話に出た側から、言えば、
(今、いいから出た)のである。
今良くないかもしれないけど、
(緊急かもしれないから出た)のである。
(忙しいっちゃ、忙しいけど取りあえず出た)のである。
出た限りは、話を聞く用意は出来ているのである。

するってえと、第一声が・・
「今、いいですか?」
とちらかと云うと、簡潔に話してくれると助かる。

「今、いいですか?」
『え~と、まあ、いいっちゃいいよ』

この余分な会話が、無駄なんだナ。
スパーっと切り出してくれると助かるんだナ。
ふんじゃ、こう考えてみよう。
もし私が、こう返事したらどうする?
「今、いいですか?」
『ダメ』
「・・・・・」
ガチャン。
この結果予想を、かの友人はしたことがあるのだろうか?
絶対にイシマルは、ダメと言わないと、
高をくくっているとしか思えない。
「今、いいか?」と訊ねながら、
悪くても、喋るからネと、軽い脅迫をしている。
ダメとは、言わせないからネ、
切ったら許さんからネ、
無言の圧力を加えている。

さすがの私も、口ごもる時がある。
「悪い、10分後にかけてくれる?」
私のこの言葉を聞いて、
きちんと10分後にかけてきた友人を知らない。
10分後と言ってるのに、
20分後以降に電話が鳴り出す。
その時間に私は、電話に出られません。
出られませんから、10分後と指定をしているのです。
私の10分は、9分と11分の間です。
e0077899_7402953.jpg

by ishimaru_ken | 2010-11-21 07:48 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧