<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
井倉洞
e0077899_7261637.jpg
e0077899_7263998.jpg
 今日は、沢山の写真を披露することになる。
洞窟好きが、日本国内をさまよう。
今回、さまよったのは、岡山県だ。
山口県がカルスト台地で有名なのは知っていたが、
岡山県が有数のカルストをかかえ、
数々の洞窟を地下に隠し持っているとは知らなかった。
e0077899_727412.jpg
<井倉洞> (いくらどう
まず、入り口に圧倒される。
川が、140mの垂直の絶壁を拵えてしまったようだ。
その絶壁の真ん中辺りから、水が噴出し、
滝となっている。
洞窟好きは、ピ~ンと来た。
アノ中に、水が削って出来た長大な地下洞がある筈だ。
e0077899_7272696.jpg
ピ~ンと来た人は、昔もいたらしく、
探検し、今では、観光コースが出来ている。
この洞窟の特徴は、タテ穴である。
最大50mの高さのタテ穴が、
地中に、ポッカリあいている。
16階建てのビルがスッポリはいる高さである。
下から見上げると、あまりの荘厳さに、
涎が出ているのに気付かないほど、口を空けたままだ。
e0077899_7292795.jpg
 そして、驚くのは、
そのタテ穴を登らせてくれるのである。
建築屋さんが、セイをだして、
階段を拵えてくれている。
50mの高さまでたどり着くと、
今度は、穴ポコを見下ろすようになっている。
e0077899_7294635.jpg

もし、反対から来たとしたら、
突然、地の底に落ちてゆく、50mの、
得体のしれない空間に遭遇するところであった。
直径8m、深さ50mの穴ポコを想像してください。
それを、真上から身を乗り出して覗き込んでいると、
思って下さい。
「ロープさえあれば、底に降りていきたい」
その思いが浮かんだ人は、いいケイバーになるよ。

井倉洞・・
高低差100m
総延長1200m
凄いぞ、偉いぞ、岡山県!

ん・・?
カーナビの隅っこに、洞窟の名前が書いてあるぞ!
ち・近い!
e0077899_7301038.jpg
e0077899_7302135.jpg
e0077899_730349.jpg
 出口へは、人口のトンネルをこれでもかこれでもかと降りてゆく
by ishimaru_ken | 2011-04-30 07:32 | その他
日本のピラミッド
e0077899_823324.jpg
 <日本のピラミッド>
広島県の庄原市の東に、そんな看板があった。
意味がわからないので、すぐに向かった。

山の中だ。
登り口があった。
ピラミッドが山の上にあると言っている。
その入り口に、大きな岩が置いてある。
歌碑が刻まれている。
裏に回ってみると、不思議な数字が刻まれてあった。
今日は、アナタに、この謎を解いて貰いたい。

  一
  九
  九
  九
  ・
  九
  ・
  九
  ・
  九
  ・
  九
  ・
  九
  ・
  九

単に数字だと考えると、横書きで、こうなる。
1999・9・9・9・9・9・9

日付だとすると、
1999年、9月9日9時9分9秒となるのだが、
9がひとつ余る。
全部で、九は、9個あるのだ。

謎解き文字というモノがある。
《春夏冬二升五号》
これで、<商い、益々繁盛>と読む。
秋が無くて、一升マスが二つに、一升の半分・・
というワケだ。

この石碑の数字はひょっとして、謎解きだろうか?
私は、まだ全く解けていない。
もし解けたら、ご一報くださらんか?
e0077899_8225499.jpg
     帝釈郷 岩のアーチ
by ishimaru_ken | 2011-04-29 08:24 | 謙の発見!
宇宙人発見
e0077899_7483338.jpg
 宇宙人発見!
真っ黒い宇宙人が、
真っ黒い宇宙服をかぶって、立っている。

コレは、私のカメラが捉えた実写である。
インチキなどしていない。
何だと思う?
ほんのちょっとインチキしてる。
上下逆さまにしてる。
ほんじゃ、元に戻すよ。ほいッ!
e0077899_749752.jpg
撮影場所は、一昨日述べた鍾乳洞、白雲洞の中だ。
このヒントで解ったネ。
そう、コウモリである。
おおきさは、手のひらに乗るくらい。

「やつら、頭に血がのぼらないのかなあ?」
素朴な疑問だ。
おそらく、血がのぼった状態が、正常なのだろう。
もし、頭を上にして暫くいたら、
血の気がひいて、失神するのかもしれない。

子供の頃、夕方になると、
コウモリを捕まえる遊びが流行った。
ワラジを空き地で、空に向かって投げるのである。
すると、理由はわからないが、
コウモリがワラジに抱きついて落ちてくるのだ。
一度、地上に落ちると、
地上からは、なかなか飛び立てないらしく、
アタフタする。
そこをふん捕まえるという寸法だ。

試しにやってみるがいい。
お日様が沈んだ直後が狙い目だ。
《少年よ、ワラジを持って外へ出よう!》
なぬっ、ワラジが無い?
まず、投げてみな!ゾウリでも靴でもいいから・・
e0077899_7581531.jpg
       カルスト台地のドリーネ
by ishimaru_ken | 2011-04-28 07:52 | 謙の発見!
決死の覚悟
e0077899_7101085.jpg
 「やっぱりいた!」
先日、
福島原発の近くで働く人が足らないのではないか?
と、提言したのだが、
志を同じくする人達が、やはりいた。
72才になる山田恭暉さんが、提案している。

《未来のある若者に任せてはいけない》


《福島原発で作業志願》


<原則、現場での作業に耐えられる、
体力と経験のある60歳以上が対象>

う~んとネ、私は体力はあるけんども、
経験はないナ。
60歳にもなってないナ。
だけんど、はあるナ。

すでに、賛同者が30人を超え、
応援者が130人を超えたと、述べられている。
この人数は、多いのかな、少ないのかな?
おいらのカンでは、近々、100倍に増えるナ。

日本人は偉い!
<決死の覚悟>の意味を正しく理解している人達がいる!
e0077899_793897.jpg

by ishimaru_ken | 2011-04-27 07:11 | その他
白雲洞
e0077899_871855.jpg
広島県に、帝釈郷(たいしゃくきょう)という観光地がある。
川に沿って散歩していると、奇岩奇勝の連続が続く。
奇岩はどうやら、石灰岩で出来ている。
ん・・?
石灰岩?
ということは、鍾乳洞があるはずだ。
そのとおり、洞はあった。
 <白雲洞> (はくうんどう)
入り口は地味だった。
おじちゃんが、ひとりで番をしている。
300円支払う。
全長200mだと、書いてある。
入り口を入ると、すぐに看板。
e0077899_865045.jpg

       足場安全
    通風あり  窒息せず


<窒息せず>の看板は初めて見た。
この表記はむしろ、脅しで使えるかもしれない。
う~む、ここを訪れる方達は、非常におびえているらしい。
鍾乳洞初体験の方達が多いとみえる。
確かに、大観光地の鍾乳洞に比べると、規模が小さい。
電球の数も少なく、やや暗い。
(コレは、私好みである)

《鍾乳洞に貴賎はない!》
というのが、私の理論なのだ。
洞窟好きは、洞窟に入ってさえいれば、機嫌がいいので、
洞窟に優劣など、つけたくない。
それぞれの洞窟に、いいところがあるのだ。
それが証拠に、この白雲洞のドンツキには、があった。
これ以上進めません・・とばかり、
木で、フタをしてある。
「ううぅ、残念・・」
という洞窟好きの為に、窓を拵えてあり、
その先の洞内が、こっそりと灯りに照らされているのだ。
「まだまだ、行こうと思ったら行けるんだけんど、
アンタ方には無理かもネ」
とばかり、看板がぶら下げられている。
奥行不明
いいですね、この言葉!
e0077899_851763.jpg
              やっぱ、通風あり
by ishimaru_ken | 2011-04-26 08:08 | 謙の発見!
八国見山
e0077899_720131.jpg
 「おお、なんだ?アノ山は!」
見事な三角形の山が、目の前に現れた。
広島県の庄原市の北西に、その山はあった。
<八国見山> (やくにみやま)
その昔、頂上から、八っつの国が見えたそうナ。
珍しいことに、
この山、どこから見ても三角形なのだ。
火山じゃないのに、これほどの円錐形をしている山には、
そうそうお目にかかれない。
これは、もう登るしかない。
e0077899_7204721.jpg
急遽、探検隊を拵えた。
隊長含めて、3名。
雪が積もっていると思われるので、長靴での登山となった。
どこから、登ろうか?
地元民の為籐(タメトウ)さんの案内で、麓までゆく。
「わしも登ったことないでのう」
頼りない案内人である。
e0077899_7212092.jpg
「ま、円錐形だから、どっから登っても、
いずれ頂上に着くじゃろぉ」
まっこと、お気楽な案内人である。
e0077899_7215723.jpg
長靴は正解だった。
歩き始めた途端、大量の雪に見舞われた。
先人が歩いた足跡が全くない。
「この山は、今年になって、誰も登っちょらんじゃろぉ」
不安をあおる案内人である。
e0077899_7224510.jpg
うぅ~登山道がわからない。
適当に、雪を蹴散らかして登ってゆく。
円錐形なのだから、崖や、川はない筈だ。
とりあえず、高度を稼いでさえいれば、
いずれ、山頂に着くに違いない。
しかし、相当の急斜面。
胸つき八丁ってやつだ。
e0077899_7222595.jpg
『わっ、動物の足跡!』
「そういえば、ここんとこ熊注意報が出ちょったのお」
『そういう事は早く言ってください!』
「ほんじゃけど、コレはじゃな」
ふむふむ、良く見ると、ヒヅメの痕が残っている。
「ほんだら、猪に案内してもらおうかいのう」
よくよく、能天気な案内人である。

「猪にも、風流な奴がおってじゃな、
頂上まで、景色眺めに行ったんかのう?」
そんなワケはないと思いますよ。
たまたま、頂上に行ったんとちゃいまっか?

着いたあ~!
「こん美しい山は、
 アサヒビールのCMに登場しているでのう」
その情報も、先に言ってください。
e0077899_723422.jpg
         八国見山 山頂
by ishimaru_ken | 2011-04-25 07:27 | スポーツ
潮流体験船
e0077899_8433986.jpg
 《ただじゃ、転ばん》

しまなみ街道チャレンジは、
ただ、自転車で走り続けていたワケではない。

「おっ、アレは何だ?」
大島にたどり着くと、地図に案内がある。
観潮船が出ているという。
観潮船と云えば、鳴門のうず潮が有名だが、
ここでも観られるという。
(正しくは、潮流体験船)
自転車を乗り付けると、
『今、出ますよ~、一番良い時間ですよ~』
「乗りま~す!」

わけもわからず乗り込んだ我らは、ネーヤンに案内を請う。
「この辺りは、その昔・・どのくらい昔かと言うとやネェ、
 戦国時代以前、村上水軍の一派、能島(のじま)水軍が、
 この海域を支配してましてん。
 激しい海流で渦巻く島に、水軍城を建て、通り行く船から、
 通行料を取り立てたらしいネン」
『ふ~ん、ようは、海賊やな』
「秀吉が、海軍禁止令を出して、その歴史がおわりました」

潮流体験船は、川のような激流の中、
アドベンチャーな走りを見せて、
海賊のマネごとをしてくれる。
さらには、大きな橋の下をくぐってくれる。
(おお、我々は、あの橋をチャリで、渡ってきたのか!)

しまなみ海道を、自転車で走るには、
10本の橋を渡らねばならない。
その橋が、どれも、40~60mの高さでいばっているので、
いちいち、その高さまで上がり、又、海面まで下がってくる。
高低差のある上り下りが、チャレンジャーを苦しめる。
しかし、設計者もよく考えたもので、
きつい登りはない。
ママチャリでも、なんとか登れる角度に自転車道は、
整備されている。
実際、島の人がママチャリで隣の島に行くのを目撃した。
一応、橋ごとに、通行料を、
50円とか、100円とか、取られる。
値段の違いは、どうやら、橋の長さらしい。
無人野菜販売所のようなシステムで、
かってに、硬貨を放り込んでいく。
放り込まなければ、どうなるか・・?
監視カメラはあったナ。

アナタも行ってみるぅ?
e0077899_843595.jpg
e0077899_8435485.jpg

by ishimaru_ken | 2011-04-24 08:44 | その他
超方向音痴
e0077899_664455.jpg
<伴走車>
今回の、しまなみ海道チャレンジでは、
ひとりの伴走人がいた。

《ゆっこ隊員》

我らの後やら前やら、丁寧に伴走してくれる人間だ。
いざという時に、自転車をピックアップしてくれたり・・
いざという時に、病院に運んでくれたり・・
の・・筈だった。

我々は、気づいていなかった。
ゆっこ隊員が生来の方向音痴であることに・・
それも、生粋の方向音痴であることに・・

さあ、出発だあ!
隊長の私が、ゆっこ隊員に、レクチャーを始める。
マツダのボンゴのハンドルを握る彼女は、
それなりに勇壮だ。
なんたって、オートマでない。
クラッチのついたマニュアル車なのだ。
今どき、マニュアル車が運転できる女性がいるだろうか?
しかし、その割には、スーパーに買い物に車で行くと、
停める場所が決まっている。
ある特定の場所しか停めない。
いや、停められない。
そこに停められない時は、帰ってくる。
食料買い出しより、
駐車場に停められるかどうかが、優先条項なのだ。
たとえ飯が食えなくても、出来ない駐車はやらない
徹底している。

「あそこの突き当たり左に曲がってください
指差しながら、簡単な、示唆を与えた。
に曲がれば、高速入り口があります」
『は~い』
ゆっこ隊員が、発進する。
突き当たりで、ウインカーが点滅する。
》だ・・・

見ている全員ががっかりする。
はやくも、方向を間違えた。

プルル~
数分後、携帯電話が鳴る。
『私、どこにいるんでしょ?』
「う~んとね、僕ら、自転車こいでるんでね、
とりあえず、しばらく頑張ってみて!」

プルル~
『なんかネ、私知らない場所にいるヨ』

プルル~
『ごめんなさい、辿り着けないね、おホホ』

なぞの電話が頻繁にかかる。
本来なら、伴走というレスキュー車が、
迷走しているらしい。

プルル~
『私は、だれ?』
「カーナビの声を聞いてください!」
『カーナビぃ・・見た事ないもん』

プルル~
『着いてるヨ』
え~?
突然、着いたの連絡。
う~む、方向音痴のゆっこ隊員に、運が見方したようだ。
方向音痴にも、真実があった。

《反対の反対は正解》
e0077899_671049.jpg

by ishimaru_ken | 2011-04-23 06:08 | スポーツ
しまなみ海道チャレンジ ③
e0077899_7195944.jpg
ネーヤンの名調子は続く。
「この大島では、みかげ石がたくさん獲れており、
 墓石や、化粧石など、皆さまのお宅で使われております」
e0077899_7202525.jpg
採石場には、みかげ石で作られた卓球台もあった。

 石を眺めながら、ペダルをこぐ足に力が入る。
やがて、最後の橋が見えてきた。
そのたもとで、車で先行したタメトウさんと落ち合う予定だ。
e0077899_7221827.jpg
「わしゃ、復活するでのう」
なんと、タメトウさんが、オケツの痛みを乗り越え、
最後の難コースに挑戦すると言う。
「オケツはどうするんですか?」
『秘策を用意した』
見ると、自転車のサドルに、何かを縛り付けている。
「低反発クッションを買ってきたんじゃぁ~」
e0077899_7204412.jpg
島にあるホームセンターで、低反発座布団を買い求めたのだ。
780円。
しまなみ海道に賭けるタメトウ魂は、強かった。
『行くでえ~!』
ところが・・・
ギャンギャン漕ぎだした我らは、この後、
自然の猛威にさらされる。
e0077899_7212168.jpg
「寒い!」
「進まん!」
四国に辿り着く最後の橋は、長大なブリッジであった。
しかも、悪いことに、天候は風雲急を告げ、
雨が降り出し、
強風が吹き付けてきた。
正面から吹き付ける雨まじりの風は凄まじかった。
こいでもこいでも、前に進まない。
さすがのネーヤンから、
流暢な観光案内スピーチが聞こえてこない。
そんな時だった。
タメトウさんの、広島弁の大きな声が響く。
「ああ~楽しいなあ~来て良かったなあ~
 きつい時は、いつか過ぎるケンなあ~」

我らは、漕ぎ続けた。
タメトウさんの言う通りだ。

きつい時は、いつか過ぎた
そして、空は晴れ渡り、見事な景色を見せてくれたのであった。
e0077899_7214641.jpg
    今治到着 77キロ走破
by ishimaru_ken | 2011-04-22 07:28 | スポーツ
しまなみ海道チャレンジ ②
e0077899_5451298.jpg
~昨日の続き~
「わしゃ、もうあかんワ」
タメトウさんのオケツが悲鳴をあげている。
e0077899_5472273.jpg
自転車を長いこと漕いだ経験のない方には、
理解出来ない事態が発生した。
ママチャリのようなサドルならいざ知らず、
マウンテンバイクやロードバイクのサドルは、
細い、硬い、高い。
ケツが痛くてガマンできなくなる。

私もそうだった。
数年前、初めて、50キロ走った時には、
あまりのオケツの痛さに、
自転車を捨てて帰りたくなった。
オケツの骨が当たる辺りが、触っただけで、
ズキ~ンと痺れるのである。
こればっかりは、慣れるしかないのだが、
なんたって、しまなみ海道の真ん中あたりで、
途方にくれているタメトウさんには、慣れている時間がない

「わしゃ、やめますわぃ」
堂々とリタイア宣言をしたのだ。
伴走車に自転車を乗っけて、次の目的地に先回りする事になった。

それでも、ネーヤンの名調子は続く。
伯方島に着いた。
「伯方(はかた)島と聞いて、ピンとくる方は、
 塩の通でございます」
おお~<伯方の塩>だあ~!

ガ~~~ン!
ここで、衝撃が走る。
伯方の塩は、博多じゃなかったんだ!
漢字が違うから、福岡の博多ではないと頭では解っていたものの、
なんとなく、ぼんやり福岡県辺りを意識していた。
しかし、実際は、愛媛県の島だったのだ!
御土産屋さんに入ってみる。
e0077899_548895.jpg
↑ 《塩饅頭》
さすが、塩が自慢だと、甘くあるべき饅頭まで塩で作る。
e0077899_5483278.jpg
↑ 《塩大福》
ううむ、大福まで塩をしこんだか・・
e0077899_5485761.jpg
↑ 《塩キャラメル》
キャラメルは子供のご馳走だぞ。いいのか・・塩?
e0077899_5492443.jpg
↑ 《塩バニラゴーフレット》
あんだと? バニラってアイスクリームのバニラだろ?
甘さが売り物の代表に、塩が登場するのか?
ほんだら、チョコレートにも塩を入れて貰おうじゃないか!
っと、こぶしを振り上げたら・・
e0077899_5494235.jpg
↑ 《塩チョコレート》
あった!
すでに作られていた。
もう、なんでもアリだな。
っと思ったら・・
e0077899_550117.jpg
↑ 《塩ラーメン》
あっ、コレは前からあったな。
by ishimaru_ken | 2011-04-21 05:51 | スポーツ



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧