<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
グリセードチャレンジ ③
e0077899_9331578.jpg
 38年前に、この谷を遡ったのは、19才のイシマルだ。
<谷川岳、芝倉沢>
この沢に入るには、2時間の遠足をしなければならない。
途中、マチガ沢、一の倉沢、幽の沢という、
1000mの絶壁を眺めながら、ひたすら歩く。
いってみれば、ロープウエイの駐車場から、
4つ目の沢が、<芝倉沢>(しばくらさわ)である。

沢というと、水がチョロチョロ流れる沢を想像するが、
実際は残雪で埋め尽くされている。
標高差1000mを、平均斜度30度で駆け上がる沢である。
スキーのモーグルの斜度が、30度ほどであるから、
そのガケっぷりは、驚くほどだ。
当然ながら、頂上に近づくほど、傾斜は激しくなる。
e0077899_9342111.jpg
「隊長、アイゼン装着終わりました」
滝田隊員の快活な声が、谷間に響く。
響くと言ったが、実際は、雪が吸収してしまい、
森閑として、音の無い世界である。
ザクザクザク~
木の棒を、雪面に突き立て、高度を稼いでいく。
大雪の残骸が目の前にたちはだかる。
雪崩のアトだ。
アトで良かった。
最中にならないように、祈るしかない。
e0077899_9355495.jpg
雪の塊だ。
遥か上の支流から、転げ落ちてきたらしい。
5トンほどの雪塊に、狙われたら逃げようがない。
狙われないように、祈るしかない。
ザクザク~
アイゼンを履いていても、ズルズルと足が、滑ってしまう。
e0077899_9365189.jpg
斜度が、40度に近づいてきた。
ザザザザァァ~~~
振り返ると、滝田くんが滑り落ちている。
「棒を突きたてて止めろ!」
5mほど落ちて止まった。
ザザザザァァ~~~
今度は、私が足を滑らせた。
「あはははは~」
滝田君は、笑っている。

滝田くん、笑っている場合じゃないぞ。
君のすぐ横の切れ目は何だい?
それはネ、こう呼ばれているのだよ。
e0077899_9372092.jpg
<クレパス>
泣く子も黙る、恐怖の雪渓の落とし穴である。
ジャージャーと水の音がするだろう?
あのクレパスの深い底に、穴が空いていて、
雪解け水がドウドウと流れているのだよ。
もし、落ちたらどうなるか想像してごらん。
e0077899_9375077.jpg
滝田くんのノド仏が、大きく上下したところで、
お弁当の時間となった。
ん・・?
あれれ・・?
第二段の忘れ物が見つかった。
e0077899_9381765.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-31 09:41 | スポーツ
グリセードチャレンジ ②
e0077899_992322.jpg
「出発ぁ~つ!」
イシマル探検隊の、グリセード専門隊が、
谷川岳のロープウエイ駐車場から、歩き出した。
100m進んだところで、滝田君がつぶやいた。

「イシマル隊長、このたびの探検のテーマは、何ですか?」
『滝田くん、それはネ、<グリセード>なのだヨ』
「ぼ・ぼくにも出来るかな?」
『ふふふ、私がいれば、怖い物なしサ』
「ところで、イシマル隊長」
『なんだ、滝田隊員』
「グリセードに必要な棒はどこにあるんですか?」
『ん・・?』
「1年前に棒を買いに行き、グリセード用に改良したんですよネ」
『した・・?』
「確か・・車に積んだと・・」
『滝田隊員!』
「なんすか?」
『車に忘れた・・取りに帰ろう』

世の中に、<肝心かなめ>という言葉がある。
世の中に、<いったい何のために>という言葉がある。

グリセードをやるには、木の棒がなければ、意味が無い。
必須アイテムと云っていい。
必要条件が、木の棒である。
その棒を、隊長が『忘れた』と、出発直後に述べているのだ。

例えれば、山に木を切りに行ったキコリが、
斧を忘れたと言っているのに等しい。
例えれば、夕陽を撮りに行ったカメラマンが、
カメラを忘れたと言っているに等しい。
例えれば、スーパーに買い物に行った主婦が、
ポイントカードを忘れたと言っているのに・・は等しくないか。

あ・あまりの事に、滝田くんの空いた口が、
そのまま開いたままになった。
『滝田くん、探検とはナ、障害を乗り越えてゆくものだゾ!』
「は~い」

しかし、このあと我が探検隊は、
さらなる忘れ物だらけに翻弄されるのだった。
e0077899_985077.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-30 09:09 | スポーツ
青春のグリセード
e0077899_10554453.jpg
 「今、何度だろう?」
隊長の問いに、滝田くんが応える。
40度を超えたみたい』

我がイシマル探検隊は、<グリセード>に、ハマった。
グリセードとは、雪の斜面を棒一本だけを頼りに、
滑走する遊びである。
あっ、間違った。
滑走する技術である。

《そうだ、谷川だけへ行こう》
京都へ行こうを、限りなくパクッたキャッチで、
イシマル探検隊は、谷川岳グリセード探検隊を結成した。
集合したのは、イシマル隊長以下1名。
以下と言われた滝田隊員は、グリセード初心者である。

「この棒を持ちなさい」
滝田くんに渡された棒は、富士山登山などで、
さして必要ないのに買わされる木の棒である。
観光地に行くと、ツエの横に立ててあり、
千円の値札が付いているつまらない棒である。

そのつまらない棒を、隊長が、究極のアイテムに変身させた。
長さを20センチカットして、穴を開け、紐を結わえた。
後々、滝田隊員をして、
『この棒が無かったら、ボクは遭難してました』
そう、言わしめた、貴重なアイテムになったのだ。
なおかつ、滝田隊員は、こうも言い放ったのだ。
『コレは魔法の棒だネ。
 だって、ボク、スキーでさえ怖い雪の急斜面
 タッタタッタ、走って降りてるもん!』

さあ、アナタに、
グリセードの素晴らしさをお教えしましょう!

まずは、40度の角度を知りましょう。
簡単です。
今見ているパソコンの画面の、
右上から左下の対角線に斜線を引く。
その角度が、約40度です。
これが、雪の斜面だと想像できれば、OK.
「こ・こ・これを滑り降りるのですか?」
と怯えた方は、スキー、スノボーの上級者だ。
40度の斜面の意味を、正しく理解なさっている。

「しゅっぱあああ~~つ!」
雨上がりの5月のおわり。
谷川岳ロープウエイ乗り場の駐車場で、
探検隊の気勢が挙がった!
e0077899_10562828.jpg
         < 一の倉沢>
by ishimaru_ken | 2011-05-29 10:58 | スポーツ
ああマイナー うほっほメジャー
e0077899_716011.jpg
「ああ~楽しいな~楽器でもかき鳴らそうかな~」
「ああ・・悲しいな・・楽器とお話しようかな・・」

メロディを奏でられる楽器は、
メジャーコードでもマイナーコードでも演奏できる。
できる筈だが、我思うに、その楽器そのものが、
メジャー向きと、マイナー向きに
分かれているように思われる。
もっと分割すると、喜怒哀楽に分かれているのではないか。

例えば、喜
 《クラリネット
こいつは、はなから笑っている。
楽観主義の筆頭といっていい。
タレントで例えると、植木等、所ジョージである。
ん・・?古い?
今、クラリネットなヤツいないんだなあ~

例えば、怒 
 《バスーン
いつも怒っている。
ぶつぶつ、文句ばかり呟いている。
時折、ブウゥ~~~と、不平を洩らす。

例えば、哀 
 《バイオリン
これは、<マイナーで哀>でしょう。
失恋をした・・うえ~ん
てな時は、バイオリンでしょ。
バイオリンが明るく飛び跳ねているなんて聞いた事がない。
泣いているのがバイオリンだ。

例えば、楽
 《木琴
モッキンは、どうやっても、
のん気な父さんが良く似合う。
<ぶらり途中下車の旅>のナレーター滝口順平さんの喋りは、
まさにモッキンそのものである。
どこか間が抜けており、青い空に浮かんだ白い雲の様である。
あっはぁ~
e0077899_7151350.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-28 07:17 | 謙の発見!
タマネギまるまま
e0077899_7101979.jpg
<タマネギの発見>
タマネギほど、様々な食べ方をされている野菜もない。
もはや、タマネギに関する料理レシピは無いと思われた。
昨日の事だ。

キャンプをしていた。
炭で、肉を焼いていた。
野菜を食べたかったが、切るのが面倒だった。
ええいこのまま乗せちゃえ。
ナスとピーマンとタマネギを炭の上に乗っけた。
ナスとピーマンは普段から、まるまま焼いている。
しかし、ダッチオーブンならいざ知らず、
タマネギは、まるまま焼いた経験がなかった。
周りに茶色の皮を付けたままだ。

20分ほどすると、皮がやや焦げだした。
上下左右クルクル回す。
30分経つと、表面を押すと、柔らかくなった。

「さてと、いつ食べられるのだろう?」
無計画で焼き始めたゆえ、終了時刻がわからない。
外側は焼けたようだが、真ん中はどうだろう?
と・・突然!
プシュゥゥゥ~~~
テッペンの部分から、蒸気が噴出した

よし、コレを合図に、包丁で縦に真っ二つに割る。
熱々の蒸気が甘い香りをふりまいている。
軽く塩をふった
真ん中の部分をハシで摘む。
うまく摘めない。
ツルツル滑る。
いや、ヌルヌルしている。
他のタマネギ料理では感じられない水分たっぷりのヌルヌル感だ。

口に含む。
頭の上に、最大級の電球がともった。
ジャ~~~ン!
銅鑼まで鳴った。
「こげな旨かタマネギ食ったことなかですたい!」
無理やり博多弁で感激を言いつのる。

内側の次の皮を摘む。
ボールを半分に切ったような形状の物体・・
ユリ根にやや似ている。
ツルリと、めくれて取れる。
チュルリと口に吸い込む。
「どえりゃあ、うまあてかんワ、こんタマネギ!」
名古屋弁も参加して賛辞を述べる。

次から次と、熱々の滑らかな刺激が、襲ってくる。
「こったらタマネギの食べ方ハァしたら、
 もうほがの食べ方サわがんねゾ(だめだゾ)」
東北、被災地の方にもご出場願った。

さ、アナタもやってみるべし。
「ただしぃ、炭でなかんとォ、無理でないかい」
(北海道の方からも一言)
e0077899_795988.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-27 07:11 | 謙の発見!
馬鹿の高あがり
e0077899_6221092.jpg
 <馬鹿の高あがり>
なんでもかんでも、高い所に上がりたがる人を、
揶揄する言葉だ。
非難もしている。

今、首都圏で高い所と言えば、
《スカイツリー》
「けっ、馬鹿の高あがりじゃねえか」
大騒ぎする人達を斜めに見て、つぶやく人もいる。

ところが、この言葉が、私は好きだ。
もし私が、高い所を目指している時に、
この言葉を掛けられたら、
褒め言葉として、アリガタガルだろう。
だろうどころか、言い返すに決まっている。
「馬鹿だから、高あがってるんです!
 馬鹿にしかできない高望みをしているんです!」

もし許されるものならば、
こう言い換えて下さるなら、嬉しい。
「お馬鹿さんの、高あがり」

20世紀のイギリスの山岳家、ジョージ・マロリーは、
なぜ山に登るのかと問われて言葉少なくつぶやいた。
《そこに山があるから》

山の中にいて、21世紀の私は、小さくつぶやく。
《お馬鹿ちゃんの高あがり》
e0077899_6213818.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-26 06:22 | その他
カレーは人類を救う
e0077899_1284548.jpg
 久々にカレーを作くろうと燃えた。
テーマは、<ごった煮>である。

スーパーで、カレールーを買い求める。
ベースとなるのは、
<SBゴールデンカレー>
<ハウスこくまろカレー>
どこにも売っている、
日本の日本による日本のカレーの定番である。

肉は、鶏の手羽。
野菜は、にんじん、タマネギ、

まず、煮込む。
ニンニク、ショウガ、唐辛子、
その辺にあるモノを次から次に放り込む。
ドボドボ~
ワインを入れたつもりが、ボトルをよくよく確認したら、
紹興酒だった。
ま、いっか。

ガリガリガリ
ペッパーコーナーにある香辛料をぶっこむ。
<PIZZA SEASON>?
<ITARIAN SEASONING>?
<MUSTARD SEED>?

よくわからん。
次々に放り込む。
その時だ・・
<PARSLEY>  パセリ?
<ROSEMARY> ローズマリー?
<THYME>    タイム?

が~~ん!
往年の、サイモンとガーファンクルの歌、
《スカボロフェア》が甦ってきた。

♪~ア~ムゴ~ントゥ スカーボロフェア~♪
このあとに、続く歌詞が、料理用語だ。
「♪~パセリ、セ~ジ、ローズマリー&タイム~」
香辛料の名前とは知らず、
夢を抱いて歌っていた思春期の私だった。
その香辛料を、みんなぶっ込んだ。

ドボドボ
やっとワインも見つけたので、
遅ればせながら参加させた。

テーマは、カレーのごった煮風である。
言葉を変えると、<あるもの皆放り込め鍋>である。
で、出来上がりは・・・

凄いね・・カレーって!
何でもアリなんだね。
深い味の素晴らしか料理が出来あんしたヨ。
世界三大料理に、
インドカレーは入ってないんだって。
でも、カレーは、人類を救うナ。
e0077899_1275064.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-25 12:09 | その他
スワッ 冷凍庫
e0077899_652484.jpg
 「うわっ、腐ってるぅ~!」
冷凍庫が一大事である。
我が家も、もれなく節電に励んでいる。
あっちゃこっちゃの電源を入れたり消したり・・
そんな折、どうやら、
マイナス20度を保つ冷凍庫の電源を、
誤って切ってしまったらしい。

「なんか、臭くない?」
鼻をクンクンしながら、たどり着いたのは、
台所の冷凍庫だった。
フタを外すや、異様な匂い!
スワッ、てえへんだ!

中に入れてあったモノを思い出す。
<マグロの尾の身>
 マグロを品定めする時に、切り離す尾っぽだ。
 直径は15センチほどあり、
4人前の刺身と焼き物がとれる。
その歯ごたえと旨味は、ナカヒラ君をしてこう言わしめた。
「内緒にしとこうネ」

<アカモク>
 秋田県では、ギバサと呼び、春先の海草である。
 熱湯で、湯通しし、細かく叩けば、
ネバリのある食材になる。
そのネバリは、
納豆より、モロヘイヤより、山芋より強く、
ツッシーをして、こう言わしめた。
「皆に教えましょうネ、海に大量にあるから」

<釣りエサのオキアミ>
 鯛を釣りに行く時に、撒き餌に使う小エビである。
 こいつは、解凍すると、匂う。
その匂いがイヤで、船酔いする輩もいる。
 腐っていなくても、それなりの匂いを発する。
 よもや腐ると、それどころじゃない匂いに変貌する。
 
冷凍庫のフタを開けた途端、
原始の荒野に放りだされた気分になった。
周りに、ライオンやハイエナが闊歩しているのではないか?
ハゲタカが空から狙っているのではないか?
奴らは、こんな匂いを、
「旨そうだ」と感じているのだろうか?
凄いな・・野生って・・
e0077899_6505682.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-24 06:53 | その他
テレビをどうする?
e0077899_434565.jpg
 埼玉県の高速道路の脇の道を走っていた。
道に、あるものが置いてあった。
 <テレビ>
ブラウン管テレビである。

この置かれ方は、どう理解すればいいのだろうか?
そもそも置かれ方という言い方が間違いかもしれん。
<捨て方>と呼んだほうがいいようだ。
山や海に、不法投棄をする輩がいる。
人に見つからないように、見つけにくい場所を選んで、
テレビや洗濯機を捨てていく。
許せない輩である。

で、このテレビを捨てた輩は、
どういう心根をしているのだろうか?
ここは、どっちかというと、見つかり易い場所である。
捨てている最中も見つかり易い場所である。
しかも、よりによって、コーナーに捨てている。
車の往来の邪魔をしている。

捨て方も、おかしい。
捨てる=放る という図式を逸脱し、
几帳面に置いている。
電源コードが繋がっていれば、
番組が写るのではいかとさえ勘ぐってしまう。

推察;
 この輩は、このテレビをこよなく愛していたに違いない。
折からの、デジタル化で、テレビの買い替えを余儀なくされた。
しかし、愛着のあるこのテレビをゴミに出したくない。
「誰か、いらんかい?」
友人知人に声を掛けてみるものの、欲しい人などいやしない。
「ゴミ回収してもらいなよ」
家人にも、やっかいばらいされている。
そこで、夜遅く、一念発起して、テレビを車に押し込んだ。
テレビだけじゃ可哀相ってんで、
台座も押し込んだ。
夜、あまり人通りのない高速下にやってきた。
(さっ、ここに降りなさい)
まるで、ペットを捨てるような思惑で、台座つきテレビを降ろす。
(誰か、いい人に拾っておもらい)
最後にテレビの頭をひとなでして、その輩は去っていく。
振り返る。
(よし、よく目だっているぞ、これならきっと・・)

で、私に発見されたワケだ。
あのね、拾わないよ。
ゴミは捨てたらいかんよ!
ペットはもっといかんよ!
e0077899_4342178.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-23 04:32 | 謙の発見!
トイレで どっちを見てる
e0077899_714473.jpg
 アナタは今、便座に座っている。
洋式便座に座っている。
さあ、そこでだ・・
アナタは、どの方向を見ていますか?正面より、右か左か?

右と答えたアナタ。
昨日も右でしたか?
一昨日も右でしたか?

人は、無意識のうちに、身体的な習慣を身に付けている。
その習慣で、身体の向きが決まり、
背骨の歪曲が始まっている
毎日同じ行動をする時に、同じ向きしか向かないのであれば、
アナタの身体は、なにがしかの障害が生まれている。
ネジレと呼んでもいい。

さ、そこで・・
今からでも遅くない、ネジレを矯正しよう。
どうやって?
うん、簡単!
トイレで、いつも向いている反対の方向を向くのだ。
右にカレンダーが置いてあるなら、左に移そう。
左に、記念写真があるなら、右に移そう。

《トイレ矯正方》と、私は勝手に呼んでいる。
トイレの中では、人はリラックスしている。
リラックスした時にこそ、身体は正常に働く!
と信じている・・私の矯正方だ。

「私の背骨曲がってるのよね」
とお嘆きの貴兄貴姉は、どうぞお試しあれ・・

え~とね、科学的根拠は、全く無いけんね。
e0077899_7134156.jpg

by ishimaru_ken | 2011-05-22 07:15 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧