<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
高尾山 通勤ケーブルカー
e0077899_818544.jpg
 ボゥ~オォ~オ~!
ホラ貝が鳴り響いているのは、東京、高尾山だ。
小林家と7人で、高尾山に登っていたら、
目の前に、僧侶たちが、ホラ貝を吹き鳴らしながら、
横切っていった。
ん・・?
まてよ?今僧侶と述べたが、それでいいのかな?
あそこは、寺なのか?神社なのか?
確か、真言宗の大本山があったから、寺院だな。

さあて、高尾山には、御土産屋はじめ、
様々なお店が山中に軒を連ねている。
頂上にさえ、ソフトクリームを売っている店がある。

我らが、登頂したのは、雪のチラつく夕方だった。
帰りのラストのケーブルカーに間に合うだろうか?
足幅広めに、下山していると、
どこからともなく人が増えまじめた。
それも、登山やトレッキングとは相容れない、
普段着の方たちだ。
下れば下るほど人が増えてゆく。
中には、頭を剃った人までもが、
どんどん我らを追い越してゆく。

「そ、そうか!」
この群集は、この高尾さんで働く方達なのか?
お坊さんも通勤しているのか?
修験の山にこもっているとばかり思い込んでいたのだが、
カバンをさげて、通勤するのか・・
最終的に、40人を超える集団が、我ら7人と共に、
ケーブルカーに詰め込まれた。
キップではなく、何か別のモノを係員に見せていた。
てえことは、アレは、定期かな?
ケーブルカーの定期があるのか?

「キャア~ホッホ~!」
ケーブルカーが動きだして、騒いでいるのは、我らだけである。
そりゃそうだ、彼らにとって、
毎日通勤のケーブルカーが珍しいワケがない。
文庫本に目を落としている人もいる。

我ら役者が、芝居がはけて、劇場の裏口から、
化粧っけなしに夜の街に出てゆくように、
彼らは、ケーブルカーという下界に続く乗り物にのって、
修験の山から、降りてゆくのである。

「あの人、ボウボウと鳴らしていた人だヨ」
6歳のリンちゃんに指摘された防寒着姿の方は、
ホラ貝を吹いていたお坊さんであった。
袈裟を脱いでも、
子供の目は、正体を見破っていた。
e0077899_8174452.jpg

by ishimaru_ken | 2012-02-29 08:19 | その他
ついでに東京マラソン
e0077899_7244346.jpg
 移動の激しいイシマルと、移動を苦にしない小林家が、
ちょっと散歩に出ると、こうなる。
始めに、その日の、全行程を簡単に記そう。

三浦半島を一台の車で出発、大人4人、子供3人。
・浅草、浅草寺参り
・雷門、東京マラソン応援
・業平駅、スカイツリー見学
・月島、もんじゃ初会食
・八王子、高尾山登頂
・厚木、台湾料理
・相模原、温泉入浴
三浦半島帰宅

一日に遊びまわる旅程としては、多い。
車の走行距離だけでも、250キロを越えている。
道中、《屋形船乗船》は、
船まで行ったものの時間が合わず断念。
評判のハンバーガー屋は、行ったものの、定休日で残念。

何やら騒がしいので、雷門の人だかりで、観ていたら、
東京マラソンの選手が、風のように走り去っていった。
藤原選手と、川内選手の走りを、ついでに見てしまった。

「雷門とスカイツリーだけでいいだろ」
その意見も正しい。
ところが、小林家は、満足しない。
なぜか、70キロも離れた高尾山にも登りたいという。
普通は、高尾山登山だけで、一日行楽だぞ。
最年少6歳のリンちゃんは大丈夫なのか?
「リンも行くぅ~!」
最も元気に全行程を遊び通し、
なおかつバリバリと喰らい、
買ったばかりの、新品の運動靴をドロドロにして、
帰途に着いたのだった。

「あと、ひとつくらいイベントを入れられたな」
帰りの車中で、私がつぶやく。
隣で、小林家がつぶやく。
「あとふたつ・・」
e0077899_724179.jpg

by ishimaru_ken | 2012-02-28 07:25 | その他
トレイルラン 三浦半島
e0077899_8533712.jpg
 又、登っちまった。
ついつい、三浦半島の縦走をやっちまった。
東京湾から、相模湾まで、又々
15キロの山中を、歩いちまった。
三浦半島の殆どのマップが出来そうになっている。

ところが、今回は驚きが加わっちまった。
我ら探検隊が、歩いている山中を、あろうことか!
彼らが、走っているのである。
彼らとは、<トレイルランの選手たち>
翌週、そのコースで、
42キロのトレイルランが開催されるらしく、
ただでさえ、過酷な山中を、走っているのだ。

走るったって、タッタッタッタのリズムではない。
スパスピ、ピュピュ~~ン
てなもんだ。
地上を走るマラソンランナーと遜色がない走りで、
山の中を駆け抜けている。
つい往年の、アメリカ映画の、セリフを思い出す。
「アレは何だ?ジェット機か?いや、スーパーマンだ!」

君はカモシカか?イノシシか?
何十キロという距離を、
野を超え山を超え、走ってゆくアスリートたち。

何より驚くのは、その年齢だ。
すれ違うのは、若者だけではない。
40代、50代のおっさんが、
ハアハア、あえぎながら、走り過ぎる。
「こんにちは~」
私の挨拶に・・
『こん・』
で、とびすさる。

『こ・』
で終わる、スプリンターもいる。

今や、山は、歩いている時代ではないのかもしれない。
よ~し!!(あ、又、悪いことを覚えたヨ)
e0077899_8535662.jpg
      トレイルランナー
by ishimaru_ken | 2012-02-27 08:55 | スポーツ
将棋プロ VS コンピュータ
e0077899_5375632.jpg
 ボクらは面白い時代に生きている。
たかが30年前には考えもしなかったコンピュータが、
世の中を席巻している。
人間の頭脳とコンピュータとの戦いさえ起こっている。

去年、将棋の元名人、米長邦雄(よねながくにお)さんと、
コンピュータ《ボンクラーズ》が戦った。
結果は、微妙な差で、コンピュータが勝った。
微妙な差だろうが、勝ったものは勝った。
負けたものは負けた米長さんは、いさぎよく、
「来年は、5対5で闘う!」と宣言した。
コンピュータとプロ棋士が、団体戦をするとぶち挙げたのだ。

ここで、アナタに気づいて欲しい。
さっきから、私は、<コンピュータ>と表記している。
<コンピューター>じゃないの?
ハイフンは付かないの?
疑問が湧く。
これは、気にしなくてよい。
テレビでナレーションをすると、
ハイフン無しの、<コンピュータ>と喋らされるのだ。
たぶん、どっちでもいいんでないかい?

話しを戻そう、問題は将棋の団体戦だ。
プロは誰が出場するのだろう?
たぶん、若手だな。
トップはまだまだ、出てこないだろうな?
相撲でいうところの、十両クラスに、
すす払いをお願いするのだろう。
いつか、横綱が闘う日がくるのだろう。

将棋界が偉いのは、
その日が、来るのを悲しむのではなく、
むしろ、待ち望んでいるコメントが、発せられている。
コンピュータを進化させる為に、
自らを投げ出す覚悟が感じられる。
先ほどの米長元名人は、ある時ユーモアーで応えた。
「私の兄貴たちは、頭が悪かったから東大に進んだネ」

そこで、まず、コンピュータに、
東大受験に挑戦して頂きたい。
受かると思います?
e0077899_5352184.jpg
 《駒柱が立つ》 という珍しい戦いの最中
by ishimaru_ken | 2012-02-26 05:38 | その他
高気圧ガール
e0077899_854595.jpg
 テレビが天気予報を報せている。
「980ヘクトパスカルの低気圧が・・」
低気圧の力強さを、強調している。
低気圧の親玉は、台風だ。
ゆえに、低気圧とは、
恐ろしい奴だとのイメージが植え付けられている。

ほんとにそうなのか?
私は、右のコブシを眉間の右に押し当てた。
いや・・
ほんとに、怖いのは、実は<高気圧>じゃないのか?

天気予報の気圧配置図を見てみても、
低気圧は、台風も含め、高気圧のヘリを動いている。
低気圧が、高気圧に攻撃を加えたためしがない。
常に、高気圧から逃れるような動きをしている。
つまり、高気圧が嫌いなのだ。
圧倒的に強い高気圧に、抗うスベがないのだ。

♪~高気圧ガ~ル~♪
山下達郎歌う高気圧ガールを、
とんでもなく能天気なガールだと解釈すると、
その周りに集まるボソボソと喋る男たちは、
低気圧男である。

私のこれまでの男女観察からすると、
低気圧男は、高気圧ガールに吹き飛ばされる。
たとえ、男が瞬間的に台風並みに、低気圧を主張しても、
「だ~から、なんなのおぉ~!」
軽々と吹き飛ばされる。
さほど、高気圧は力強い。
明るさが暗さを凌駕すると、言ってもいい。

では、どうしたら、低気圧が高気圧に勝てるのか?
無理だ。
高気圧は、天空の女王だ。
いつか中気圧くらいに落ち着くのを待つしかない。
自分を、中気圧に高める努力をしながら・・・
e0077899_8544679.jpg

by ishimaru_ken | 2012-02-25 08:55 | その他
くさや
e0077899_849516.jpg
 <塾>
八丈島の海岸に建っている、塾としか書いていない建物。
なんだろう?

 ところで、
八丈島には、郷土料理の店が島中に散らばっている。
明日葉(あしたば)、島寿司・・
独特の味わい深い食べ物にありつける。
今、独特と述べたが・・
「独特にもほどがあるワ」と嘆く貴女がにがてなのが、

<くさや>

そう、八丈は、くさやの本場だ。
都会の飲み屋で、誰かが注文し、炎の上で焼かれ始めると、
店中が、あの独特の(厠的な)臭いに包まれる。
「慣れちまえば、こんな旨ぇモンはねえだよ」
おじさんは、仰るのだが、
言い換えれば、慣れるまでは、艱難をしいられ、
辛苦をなめさせられる。

「いらっしゃいませぇ~」
八丈の郷土料理の店には、必ずくさやメニューがある。
座敷に座るや、あやしいメニューを見つけた。
くさや慣れしてしまった人が、
つい、やってみたくなるメニューが貼られてあった。
e0077899_8495366.jpg
 <くさやチーズ>
うぅ~む、いいのかコレは・・
e0077899_8501268.jpg
 <くさやチャーハン>
注文するのか・・島の人は・・
e0077899_850279.jpg
 <明日葉くさやマヨネーズあえ>
なんでもいいんだ・・

そういえば、八丈空港で、こんなTシャツ売ってたナ。
e0077899_85053100.jpg
   子供用 「るにん」
    後ろには、島流しの
     詩が入ってます  \1260

さすが南の島八丈、佐渡にはない発想だな・・
by ishimaru_ken | 2012-02-24 08:52 | 謙の発見!
立原弘さん発見
e0077899_573632.jpg
 なぬ?立原弘?
八丈島に、歴史資料館がある。
流人(るにん)の歴史やら、暮らしを丁寧に教えてくれる。
その展示室の壁に、昔の新聞が貼ってあったのだ。
その中に、知っている人の名前を見つけた。
<立原弘(たちはらひろし)>

去年、富士山の風穴を案内してくれた、おじいちゃま。
おじいちゃまと言ったら叱られそうな、
<日本火山洞窟学会会長>さんだ。
その立原さんが、数十年前に、
八丈島で、日本一長い風穴を発見したと、
新聞は報じている。

「ああ~美しいなあ~この擦過痕(さっかこん)」
溶岩が流れる時に、引っかいた模様ができる擦過痕を、
いつまでも、眺め続けていた立原さん。
「美しいなあ~」
暗闇の中で、何度も何度もつぶやいていた立原さん。
若きありし日の勇姿を見つけましたよ!

《日本火山洞窟学会》 2011;8月21日
e0077899_5768.jpg

by ishimaru_ken | 2012-02-23 05:08 | 謙の発見!
八丈島の温泉
 八丈島には、6つの温泉がある。
では、ご紹介しよう。
まずは、大のお気に入りはこちらだ。
e0077899_7452021.jpg
みはらしの湯
露天風呂が、高度のある崖の上にあり、
その名前どおり、みはらし抜群である。
遠くに、青ヶ島が小さく見えている。
毎日入れ替わる女湯からは、空と海しか見えない筈だ。
みはらしを、空と海だけでしのげる方にこそ、
訪れていただきたい。
 (300円)
e0077899_7454633.jpg
ふれあいの湯
露天と内風呂のバランスがいい。
湯は、しょっぱい。
八丈の温泉は総じて、しょっぱい。
顔をしかめていると、地元のおじさんに笑われた。
「湯を舐める奴があるか」
地元の方たちで、溢れている。
「ぬるいですネ」
「そうか、ほんじゃ」
と、どこかから、ドライバーを持ち出してきて、
勝手に、機械をいじり始めた。
「すぐに熱くなるで」
なるほど・・ふれあいの湯だ。
 (400円)

スパ・ザ・BOON》(写真なし)
高台にあり、ガラス越しだが、海を一望。
サウナはあるが、露天はない。
アイスはあるが、ビールはない。
 (700円)
e0077899_7463291.jpg
裏見ヶ滝温泉
滝の裏側に入っていける裏見ヶ滝の入り口にある。
露天風呂オンリー。
着替え場所はあるのだが、誰もいない。
ここは、混浴。
だから、水着を持っていないと入りにくい。
誰もいないから、しめしめと裸で入浴していると、
どやどやどや、
水着を着た女性がなだれ込んでこないとも限らない。
出るに出られなくなる。
 (ただ)

やすらぎの湯》(写真なし)
入りそこねた。
見た目では、ふれあいの湯に似ていた。
 (400円くらい)
e0077899_7473546.jpg
洞輪沢温泉
唯一、海岸にある。
絶壁の真下にあり、青いコンクリで出来ている。
「まさかここが、お風呂?」
入るのを一瞬ためらう。
誰もいない。
電気も自分で点け、出る時は消す。
漁港の目の前なのに、なぜかしょっぱくない。
<ひなびた>とか、<秘湯>の言葉を使いずらい。
湯に浸かるだけで、
石鹸など使い、身体を洗ってはならない。
絶海の荒海の音を聞きながら、
なぜ、建物がコンクリなのか、考え続ける。
後ろが、高い絶壁だしナ・・
前は、でっかい波が打ちつけているしナ・・
 (ただ)
e0077899_7475332.jpg

by ishimaru_ken | 2012-02-22 07:48 | その他
断食 ③
e0077899_7274132.jpg
 21才の八丈島での断食の話をした。
実は、30才の時も、私は断食をしている。
それも、東京の都会の真ん中でやっている。
断食道場に入ったわけではない。
勝手に、断食をした。
すなわち、<自主断食>

断食を始めると、もっともやっかいなものが何だかわかる?
においである。
においに、非常に敏感になる。
特に最初の3日間が、豚の鼻になる。
都会とは、においの洪水だ。
脂っこいにおいに溢れている。
外食産業の換気扇は、断食中の豚の鼻めがけて、
大量の魅力あふれる煙を吹き付ける。
これでもか!これでもか!

八丈島のような南の孤島ならいざしらず、
東京のど真ん中に、においの無い場所などない。
花屋の前を通りかかり、思わず、
バラに喰らいつきそうになる。
花とて、美味そうに感じるのが、断食だ。
「断食をすれば、嫌いな食材などなくなる」
と、述べた人もいる。
私だ。

特に、夕方になると、<激>の付く過激なにおいが、
街中に噴出される。
豚の鼻が、ピ~ピ~ひきつく。

断食に最も向いていない場所が、
近代国家の都会の街中だ。
一日中、食い物の事ばかり考えている。
精神を高いところへ到達させようと、
崇高な気持ちで始めたハズの断食が、
最悪の低レベルで、這いずり回っている。
悪魔の声がたえず聞こえる。
『からだに悪いから、やめときな~
 たとえ身体が健康になっても、精神を病むぜ~
 せめて水に、蜂蜜など落としなヨ~』

ところが、不思議なもので、4日ほどすると、
豚の鼻が、犬の鼻になり、
5日目には、風邪をひいた人間の鼻になる。
それ以後は、鼻が利かなくなる。
鉄板の上で、焼け焦げる肉塊を見ても、
燃えるものがなくなる。
ある意味、感受性が鈍感になるのかもしれない。

そして、10日を過ぎたある日・・
一枚のセンベイが、断食終焉の幕引き役となった。
「え~センベイですか~?」
と軽蔑するなかれ。
センベイの焼け焦げた醤油の香りは、
高邁な精神をも、うち砕くのである。
日本人が日本人たるゆえんの、高貴なセンベイの香りに、
私は、やせ細ったわが身をささげたのだ。

「ま、はやい話・・負けたのネ」
ううぅ・・・
e0077899_7271815.jpg
      八丈島灯台
by ishimaru_ken | 2012-02-21 07:27 | 昔々おバカな話
断食 ②
e0077899_7321486.jpg
 断食とは、食べ物を食べない行為である。
自分が意図して食べないのだから、
誰にも迷惑をかけない筈である。
ところが・・・

37年前・・
ママチャリで、八丈島をぶらぶらしている。
真夏だ。
水を飲みたくなる。
現在と違って、この時代に、ペットボトルはない。
水を売るという発想がない。
缶のお茶も、まだ売り出されてない。
水は、水道の蛇口からしか出てこない。

「すみませ~ん、庭の水道、飲ませてくださ~い」
沿道にあるおウチに声をかける。
すると、決まってお婆ちゃんが、顔を出す。
「はいはい、お茶を飲んできな」
縁側に座らせて、お茶をいれてくれる。
温かいモノはすきっ腹の胃袋には優しく、ありがたい。
するとだ・・
「うちで漬けたもんじゃで・・」
タクワンや、白菜漬物をだしてくれる。
大変ありがたい。
外モノにとても親切な島の方たちだ。
しかし、この青年は、たまたま断食をしているのだ。
それをなんとか説明する。
「ああ、そりゃ大変だねぇ~」
一応返事がくるのだが、
奥から、さらにお菓子を持ってくる。
そこで、断食の奥義を、ふたたび申し上げる。
「ほう、感心な子だねぇ~」
感心してくれた刀を返して、果物をどっさり持ってくる。

人は、断食という言葉は理解しても、
本当の意味を理解しづらいらしい。
人は普段、断食している人に出会わない
そうかなあ~?と思ったアナタ。
今まさに断食中の人に会った事ありますか?
入院して点滴中、ではないですよ。
断食して一週間目なんて人と話しをした事がある?

普通ない。
私とて、会った事がない。
だから、お婆ちゃんは、当然のことのように、
ゴチソウをしてくれる。
私は、お茶ばかり飲んでいる。
つらい。
何がつらいかと云えば、
お婆ちゃんの親切に応えられないのが、つらい。

そして、水を飲ませて貰う家々で、
もれなくこの儀式が続いたのである。
e0077899_7315723.jpg

by ishimaru_ken | 2012-02-20 07:33 | 昔々おバカな話



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧