<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
スパイ大作戦のテーマ
e0077899_2030129.jpg
 《スパイ大作戦のテーマ曲》
♪~ダンダンダン~ダンダン~♪
世界中で流れている曲の中で、
誰もが知っている楽曲である。
この曲が、とんでもない特殊な曲であると言っても、
ピンとこないであろう。
それは、あまりにも聞き慣れ過ぎているからだ。

私は、コレと同じ曲をあと一つしか知らない。
すぐにその曲名を教えよう。
テイクファイブ
ジャズの名曲として名高い。
このテイクファイブと、
スパイ大作戦のテーマに何の共通項があるのか?

私は今、ヒントを述べた。
そのヒントとは、<ファイブ
さ、答えを言おう。

5拍子

この2曲は5拍子の曲である。
はい、アナタ、目の前の紙に五角形を書いて、
それを辿りながら、
スパイ大作戦のテーマを口ずさんでみなさい。

世に、行進曲2拍子、ワルツ3拍子、交響曲4拍子、
ロック8ビート、16ビート、32ビート・・
あまたリズムを刻む曲があるが、
5拍子は、ほとんど無い。
多くの作曲家が挑戦して破れていった。

どうも、5角形はイビツらしいのだ。
人間が気持ち良くなれないらしい。
なれないものの、
5角形はなくてはならないモノでもある。
サッカーボールの丸を作る時、
6角形と5角形がないと、丸にならないのだなあ~
e0077899_2033738.jpg

by ishimaru_ken | 2013-01-31 05:13 | 昔々おバカな話
スパイ大作戦
e0077899_853848.jpg
 《スパイ大作戦》
半世紀前にもなるアメリカのテレビ番組である。
人気のあまり、今でもCS放送などでも、
頻繁に放送されている。
トム・クルーズ主演の映画
《ミッションインポッシブル》は、その末裔だ。

さて、その番組の冒頭には、必ず<指令>が渡される。
「おはようフェリップス君」で始まるテープの声だ。
最後は、
「このテープは自動的に消滅する」
で終わり、煙が出る。

問題は、その指令だ。
「スパイ大作戦をずっと見ていた!」
と豪語するアナタに聞きたい。
あの指令の意味が解りましたか
たった一回聞いたあの指令を、理解出来ましたか?
最近になって、テレビで見ながら私は腕を組んだ。
自分が、フェリップス君になったつもりで考えた。
「今、何の指令を出されたのだろう?」
わ・・わからない?

例えば、ある一話では・・
『どこそかの将軍を騙くらかして、失脚させなさい』
とかなんとか、言っていたような気がする。

例えば、ある一話では・・
『金庫からお金を奪って、反乱軍をどうどかせよ』
とか言っていたような気がする。

どうも、どの指令も、よく解らない。
しかし、フェリップス君は、
それを一回聞いただけで、納得するのだ。
だって、テープは自動的に消滅するんだからね。

四半世紀過ぎて、その謎の真実に気付いた。
『たとえアノ指令を聞き逃しても、いっこう構わない』
なんの問題もなく、番組を楽しめるという事実に気付いた。

ところで、スパイ大作戦のテーマ曲、知ってるよネ。
はい、口づさんでみよう。
♪~ダンダンダン~ダンダン~♪
この曲は、とんでもなく珍しい楽曲なのだ。
どのくらい珍しいかというと、
ベートーベンも、ビートルズも、
坂本龍一も、パミュパミュも、
この作品は作っていない。
いまだ、世界でたった2曲しか作られていない、
特殊な楽曲なのだ!

知りたい?
よし、明日、早起きしなさい。
その秘密を教えてあげる。
e0077899_8525461.jpg

by ishimaru_ken | 2013-01-30 05:51 | 謙の発見!
ミ・ソ
e0077899_111062.jpg
 ♪~ミ・ソ

アナタにすぐ実験をしてもらいたい。
そこらへんにある、カップを持ってほしい。
テーブルの上に、ソレをなにげなく置いてもらいたい。
さあ、その時、二つ音がする筈だ。
コップの底が、二箇所順番にテーブルに触れる事によって、
音が二回する。
その音階を、よお~く聞いてみてちょうだい。
最初の音より、二番目の音の方が音階が高い
ドレミファで言えば、ミとソくらい違う。

では、今度は、そお~とカップを置いてもらいたい。
二つ音をたててほしい。
今度は、音階はどうだった?
ソ、ミと、二番目の方が音階が下がったのに気付いたかな?

この、<なにげなく>と<そお~と>では、
カップがたてる音階が変わるのだ。
コレは、カップだけではなく、殆どの物体でも同じだ。
同じと断定したのは、私が実験したからだ。
さっき、部屋中にある物体をテーブルに置いてみた。
屑箱も、ティッシュの箱も、花瓶も、なんでも置いた。
<ミ・ソ>と<ソ・ミ>の違いを確認した。
その結果、このような結論に達した。

  乱暴に置けばおくほど、
  二番目の音階は高くなり、
  そお~と置けばおくほど、
  二番目の音階は低くなる。

イシマル《カップ音階説》の誕生である。

この《カップ音階説》を、現実社会で応用してみよう。
 後ろの席で、部長がコーヒーを飲んでいる。
部長の今日の機嫌が、カップを置くときの音で判断できる。
二つ聞こえる音階が、上がるのか下がるのかで分るのだ。
上がれば・・動作が激しいので、不機嫌。
下がれば・・ゆっくりした動きなので、安定。

朝、カミサンのマグカップの音が、
<ミ・シ>っときたら、逆らわない方が賢明だ。
「誰?扇風機をテーブルに置いたの!!」
e0077899_1104399.jpg

by ishimaru_ken | 2013-01-29 06:00 | 謙の発見!
列車に便所がねぇ!
e0077899_7272152.jpg
 「列車にトイレがあって、ビックリしたんです」
喋っているのは、都会育ちの、友人だ。
都会の列車には、トイレは無い。
通勤中に、トイレに行きたくなったら、
いったん列車を降りて、駅のトイレに向かうしかない。
ゆえに彼は、地方を旅したとき、
地元の人たちが乗る各駅列車に、
トイレがあったと感激している。

そこで、時間を40数年前に遡ろう。
「汽車に、便所が付いちょらん!」
驚き声を発しているのは、16才のけんじろう君だ。
列車に、トイレが付いていない事実にビックリしている。
ある時、当時の国鉄が、
列車からトイレを無くしたのである。
列車には、トイレがあるものだと、
当たり前のように考えていた私達は、驚いた。

「出そうになったら、どげぇすんかぁ~」
小便をもよおしたら、どうするのか、
と客が問うている。
「デッキから、とばしていいんかぁ~?」
当時、デッキのドアは手動で開いた。
走っている最中でも、開けた。
そこから、小便を飛ばしていいのかとワメイている。

公衆トイレがあまり普及していない時代・・
列車のトイレを目指して、駅に駆け込んだものだった。
「あ~間に合ったあ~」
列車にとび乗るや、
トイレに向かうのが習慣だったオジサンもいた。
そのオジサンが、トイレ無し方針に、こぶしを振り上げる。
「なんなら、窓から、ぶちまけたろか~い!」

そこで、現代に戻って、通勤電車だ。
アナタ、通勤電車にトイレ欲しくないですか?
あってもよくないですか?
あった方がよくないですか?
どうせあるなら、快適なトイレですよネ。
よお~し、造りましょう!

《一両丸ごとトイレ列車》
e0077899_72735.jpg
   線路がとぎれている終着駅
by ishimaru_ken | 2013-01-28 05:21 | 昔々おバカな話
反射炉
e0077899_7173382.jpg
 《反射炉》 (はんしゃろ)
伊豆半島の韮山(にらやま)の村を車で走っていると、
反射炉なるものが建っていた。
説明看板があった。
コレは江戸の末期、鉄製の大砲を作るために、
考案された、溶鉱炉である。
韮山の代官、江川太郎左衛門さんが、
西洋の技術をいれ、拵えた。
この地で造られた大砲が、東京湾まで運ばれたらしい。

「ほお~それはそれは・・」
ここで感心して終われば、それはそれでいいのだが・・
ふと、疑問が湧いてしまった。
大砲って重いよナ。
伊豆の韮山って、海から遠いよナ。
江戸まで運ぶのに、大変だよナ。
どうせ造るなら、反射炉を、
大砲を据え付ける現地近くに造った方が賢明じゃないかナ。
太郎左衛門さんが、伊豆にお住まいだったから、
ここに、反射炉が出来た。
おそらく、そんな時代だったのだろう。

っと云う事はだヨ。
宇宙ロケットは、種子島で造っているのかな?
e0077899_7155313.jpg
             江川謙二郎左衛門
by ishimaru_ken | 2013-01-27 05:15 | 謙の発見!
街は犬のトイレ
e0077899_710072.jpg
 《街は犬のトイレではありません》
この看板は、
犬に小便大便をひらせるなと、注意している。
ところが・・肝心の犬くんはこう考えている。

街をトイレだと思っている
電柱も、花壇も、塀も、すべてトイレとしか見ていない。
街に出たとたん、ズラ~とトイレが並んでいるのだ。
家の中では、小便ができない飼い犬は、街に出たら、
すぐさまトイレに向かう。
思いっきり放尿行為にうつる。
ジャ~
(ん・・まてよ?)
犬くんは思いたつ。
(あっちを見ても、そっちを見ても、トイレだらけだなあ。
 ほんだら、あっちでもそっちでも、やるか・・)
放っていた小便をやめる。
こんなにトイレが林立しているのに、一箇所だけで
楽しみを終えてしまうのはモッタイナイと気づくのだ。

トンカツ定食を頼もうとしていたオジサンが、
ミックスフライ定食を見つけた時に似ている。
 あっちにもこっちにも箸をつけたい。

打ちっぱなしというゴルフ練習場がある。
打ちたいだけ打って、あとは知らんヨという奴だ。
後片付けは誰かやってネ・・

犬にとって街は、<ひりっぱなし>である。
ひりたいだけひって、あとは知らんけんネである。
後片付けは、ご主人様たのむよヨ・・

「ご主人様の顔色ばかりうかがってぇ~」
さもすると、蔑まれる事もある犬くんなのだが、
こと下半身に関しては、ご主人様をこき使っているのだ。
食べる方は制限されているが、出す方は無制限である。
さ、アナタならどちらを選びますか?
<食べ放題>と<ひり放題>
e0077899_794360.jpg

by ishimaru_ken | 2013-01-26 06:08 | その他
滑るシーツ
e0077899_16511866.jpg
 かねがね悩んでいた問題がある。

《シーツが滑る》

夜眠っている。
お疲れの私だ。
夜中に目が覚め、身体をストレッチしようとしている。
勿論、無意識のストレッチだ。
あおむけになった。
ヒザを曲げる
あおむけで、ヒザを曲げる事によって、
布団の上で、楽な姿勢をとれる。

さ、ここで、困った現象が起きる。
足の裏が滑って、ヒザが伸びてゆく》

なぜか?
シーツが滑るのである。
足の裏とシーツの摩擦係数が、低くなり、滑るのである。

「意味がわから~ん」
というアナタの為に、説明しよう。
今すぐ、あえて靴下を履いて、板の間に寝転びなさい。
あおむけになって、ヒザを曲げましょう。
さ、アナタは、力を抜いた状態で、
ヒザを曲げ続けていられるかな?

ジワ・・ジワ・・
ヒザが伸びてゆく・・
理由は、靴下と床の摩擦係数が低いからである。

それと同じ現象が、ベッドの中で起きる。
原因は、《シーツの滑り》だ。
足の裏とシーツは滑る。
摩擦係数が低い。
おまけに、布団が上から、押し下げるかの様に力を加える。
ズル・・ズル・・
ヒザは伸びてゆく・・
足の裏が滑るからだ・・

「え~そんな事、私にはないヨォ~」
憤慨したアナタには、ぜひ試していただきたい。
将来、ホテルに泊まる機会があったら、
ベッドの布団に潜り込んだ際、
片方のヒザを曲げてみて欲しい。
そのヒザが、そのまま曲がり続けていたとしたら、
アナタは、稀有な人間です!
e0077899_165022.jpg

by ishimaru_ken | 2013-01-25 05:48 | 仕事
献血じいちゃん
e0077899_943493.jpg
 伊豆日日新聞をめくっていたら、
なんとも素晴らしい記事が・・・

《45年間で献血452回

おん年70才のじいさま、麻生さんだ。
単純計算すると、1年間に10回。
月に、1回ほど、献血をしていた事になる。
麻生じいさまによると、
若い頃、献血をしてみたところ、
「他の人より早く苦もなくできたので、血の出がいいんだな」
と思ったんだそうで。
以来、45年間、献血が趣味となった。

献血には、年齢制限があるそうで、70才以上では、できない。
よって、自分の名刺から、
<成分献血2週間隔>の文字が消えることが残念なんだそうだ。、
最後の献血では、「寂しさを感じた」らしい。
すごい!
~~~ ~~~ ~~~
っと、その隣の記事を見て、とびあがった。

《マラソン63才世界新》

保坂さん63才は、
フルマラソン年齢別世界記録保持者だという。
だという、と述べたのは、
彼は、初めて記録保持者になったのではない。
59才の時に、2時間34分23秒で、世界記録を出している。
以来、毎年記録を出し、
4年連続、世界記録保持者になっているのだ。
っという事はだよ・・
今後、保坂さんの精進が続くと、
延々と世界記録を更新し続けるのである。

彼がフルマラソンを始めたのは、42才の時だ。
けっして早咲きではない。
さあ、来年が、保坂さんの試練である。
なんてったって、これまでの
64才の世界記録が
63才の保坂さんの記録より、4分ほど速いのだ。
どうする保坂さん!
こっそり、麻生さんから、血を分けてもらったらどうだろう?
同じ伊豆半島に住んでおられるし・・
e0077899_941580.jpg

by ishimaru_ken | 2013-01-24 06:02 | 謙の発見!
007は二度死ぬ
e0077899_9195472.jpg
007シリーズ、
《007は二度死ぬ》
舞台は日本である。
ボンドガールは、浜美枝。
丹波哲郎も出演。
知っている人は、誰でも知っている映画である。

で、そのラストシーンの、ロケ地はどこか?
日本だ!
鹿児島県は霧島連山である。
高千穂の峰の横にある噴火口《韓国岳》(からくにだけ)に、
悪人が潜んでいるのだ。
韓国岳とは、先年、噴火した、
新燃岳(しんもえだけ)の隣の噴火口である。

映画によると、
韓国岳の青い水は、実は水ではなく、絵であり、
その水面画が、電動で開いてゆくと、
地下に、ロケット発射台が潜んでいるという設定だ。
CGの無い時代の、日本の映像が見てとれる。
大勢の役者の、日本語のセリフが聞こえる。
「おおい、そっちだ!」
「やっちまえ!」

映画の終わりには恒例の、007のサブメロディが流れる。
その日本語訳が、秀逸だった。
《007は二度死ぬ》
二度死ぬとは・・

「♪~一度目は自分の為、二度目は、夢の為~♪」
e0077899_9193561.jpg
ぼくらに夢を見せてくれた横綱 大鵬が亡くなった。
そういえば、こんな事があった。
《大鵬にウッチャラれる》 2007;8月8日
by ishimaru_ken | 2013-01-23 05:18 | 昔々おバカな話
ポテトチップパン
e0077899_9154892.jpg
 最近、近所のパン屋さんが、
おかしなパンを拵え出した。
写真は、そのパンだ。
パンの中に差し込まれているのは、
《ポテトチップ》

「なんですか、コレ?」
『ポテトチップ』
「それは見ればわかります。なんでコレを?」
『はあ、入れてみたんですネェ、ホホホ』
「だからなんでコレを?」
『なんとなく』

買ってみた。
食べてみた。
う~~んとネェ~
パンとポテトチップを一緒に食べた味だナ。
パンを食べている最中に、
間違ってポテトチップを口に放り込んでしまった味だナ。
テレビを観ながらポテトチップを食べている時、
腹が減ったついでに、パンを摘んでしまった味だナ。
旨いかマズイかという問題ではなくて、
めんどくさがり屋の食べ物だナ。

料理とか、調理とかのレベルではない。
パン屋がパンとして販売するなら、コレに、
キュウリとかレタスとか付属品を挟むべきだナ。
もしくは、何か味付けするべきだナ。
でないと、客は手のひらに拳をトンとおいて、
こう思うですヨ。

(はは~ん、手を抜いたナ)
e0077899_9153137.jpg

by ishimaru_ken | 2013-01-22 06:14 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧