<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
キュウセン釣れる
e0077899_10281100.jpg
 《キュウセン》という魚をご存知だろうか?

関東でベラ、関西でギザメと呼ばれる魚のオスである。
緑色の美しい模様をしている。
熱帯魚と言われれば、ああ、そうかとうなずく。
ベラのオスは、極端に少ない。
キュウセンが釣れると、釣り人は、
「わあ~キュウセンだあ~!」と騒ぐ。
食べ方を知らない人でも、「わあ~」までは騒ぐ。
昨日の釣り行きで、私も騒いだ。
「うわあ~キュウセンだ!キュウセンだ!
 キュウセンが釣れた!キュウセンが釣れた!」
船を降りるまでに、
20回くらい「キュウセン」を口にした。

関西以西の飲み屋に入り、
壁に貼ってある<本日のおすすめ>コーナーに、
キュウセンを書いてある店は、信用していい。
<キュウセン入りました>
そうそう手に入らないキュウセンを刺身で出してくれる。
お値段もそれほど高くない。
所詮という言い方をすれば、ベラには違いないのだ。
カワハギ釣りに行って、ベラが釣れると、
ポ~ンと海にほおるオジサンにとっては、食えない雑魚だ。
そんな魚に、お金を払うなんて・・

しかし、ベラも、貴重なオスとなると、
価値があがる。
実は、このキュウセン。
生まれた時は、メスだったのだ。
ベラ系の魚は、みんなメスばかりが生まれてくる。
やがて繁殖期が近づくと、そのうちの一匹が、
オスに性転換する仕組みになっている。
突然オスになったキュウセンは、たぶん驚くのだろう。
「うわ~滅ッ茶モテルんちゃう?」

メッチャかどうかは知らないが、
一夫多多多多々妻には間違いない。
それにしても、このキュウセンという名前の語感・・
変である。
他の魚とは、全く違う呼び方だよネ。
漢字だと、<九線>とか<求仙>。

魚図鑑では、こう書いてある。
《スズキ目ベラ亜目ベラ科キュウセン属 キュウセン》

試しに、刺身で食べてみた。
メスと違って、非常に歯ごたえがあり、
カレイのような旨味があった。
この命名は、
あまりにも旨いので、戦も休戦とさえ思ってしまう。
さ、アナタも、水族館に行って、
この緑の魚体を見たら、騒ぎましょう。
「キュウセンだ!キュウセンだ!・・・」
e0077899_10262136.jpg
        キス(左)と(右)キュウセンの刺身
by ishimaru_ken | 2013-06-30 05:25 | その他
キス釣り
e0077899_10201583.jpg
 「ふむ、キスでも釣りにいくか・・」
キス釣りは、リキミがない
踏ん張らなくとも、釣りにいける。
アクビしながらでも行けるお手軽極まりない釣りだ。

まずもって、早起きする必要がない。
何時に起きても、間に合う。
(これは、点数が高い)
例えば、鯛を釣るとか、カツオを釣るとか、
そんな時には、早朝、4時だの5時だのに、
漁港に集まらなければならない。
っという事は、何時にアナタは起きるの?
前日から眠らないという猛者もいるらしい。

そこで、キス釣りだ。
「フウアァ~」
アクビをしながら目覚めた私は、
昼ごろ、キス釣りに出かけた。
手漕ぎボートを借りた。
湖などで、アベックが漕ぐあのボートだ。
(アベックって古くない?)
海は、広い。
考えてみれば、どこまで漕いでいっても構わない。
そう、どこまでも漕いだ。
キスを釣るのだか、ボート競技だか、わからなくなった。

オールを握る二の腕が騒ぐ。
(どうやったら、スピードがでるのだろう?)
漕ぎ方にこだわった。
《早慶レガッタ》とかの単語が頭に浮かんできた。
ガチャンコ、ガチャンコ、
「エ~サッ、ホイ~サッ!」
漕いで漕いで漕ぎまくった。

え~と一応・・
その隙間に、釣り糸を垂れた。
釣り人としては、超不真面目な態度であった。
ところが、2時間で、
 キス  15匹
 ベラ  1匹
 カサゴ 1匹
充分の釣果(ちょうか)を得た。
夕食のタンパク質の量としては、充分を超えている。

夕餉、
刺身と、テンプラに舌鼓をうつ。
ここで、言い訳。
キス釣りは、余りにもノンベンダラリとしているので、
肝心の写真がない

なるほど、冒頭での言葉は、その意味か?
<キス釣りはリキミがない>
e0077899_102012.jpg

by ishimaru_ken | 2013-06-29 06:18 | その他
裸足の青春
e0077899_10222018.jpg
 昨日、裸足で歩く話をした。
裸足で歩くには、都会は向いていないと思われている。
しかし、よく考えてみよう。
田舎の舗装されていない道と違って、
都会は、舗装道路しかない。
石ころもジャリも落ちていない。
タイル張りや、コーティングされた通路だらけである。
足の裏に、やさしい。
痛くないのである。

では、なぜ誰も裸足で歩かないのか?
電車に乗って、どこかに行くのならともかく、
ご近所でも、なぜ、裸足で歩かないのか?
《他人の目が気になるから》?
ま、それもあるだろう。
「じゃあ、誰も見ていなかったら、
裸足で玄関から出ていきますか?」
ハイッと答えられなかったアナタは、なぜ出て行けないのですか?

外は汚い。
足の裏が汚れる。
帰ってきたら、足の裏を洗わないと、あがれない。
じゃあ、足の裏を洗う場所が、用意してあれば、
裸足で外を歩けますか?

「うぅ無理だ」と答えたアナタの場合・・・
これは、習慣が関係していると思われる。
《お外を裸足で歩いてはいけません》
子供の頃から躾けられた習慣が、裸足を拒否している。

19才の時、その躾けに挑んだ私は、
一週間もすると、裸足で歩く事に、まったく抵抗がなくなった。
玄関の床から、ためらいもなくタタキに降り、
そのまま公道にパタパタと歩いてゆく。
カバンの中のビニール袋に、濡れゾウキンをひそませ、
どこまでも歩いてゆく。
一ヶ月もすると、足の裏が固くなり、
少々の小石があっても、気にならなくなった。
はじめは怪訝な顔をしていた中華屋のオバチャンも、
次第に、当たり前に接してくれるようになった。
「もうだいぶ貯まったの?」
お金がなくて靴が買えない、と心配してくれている。

なるべく電車に乗らないように、歩きの生活をした。
やがて、冬がきた。
コンクリーは、冷たい。
シビレルほど冷たい。
だが、私は突然北国に来たのではない。
徐々に、冷たくなるコンクリーと接していたのだ。
人間、徐々になら、慣れるものだ。

やがて春がきて、夏になった。
ここで、青春の挫折がおこる。
裸足の大敵は、寒さではなく、暑さだった。
(漢字が違う)
熱さだ。
コンクリーは、真夏には、とんでもない熱さになる。
試しにこの夏、裸足でコンクリーの上を歩いてみよう。
10秒と我慢できない自分に驚くだろう。
走り回っても、意味が無い。
真夏に散歩している犬に合掌したりする。

しかして、1年たらずで、裸足生活に終止符をうったのだ。
敵は、コンクリーの熱さだった。
「え~イシマルさん、徐々に慣れるんじゃなかったの?」

慣れるかい!
e0077899_1020467.jpg
          古いラッセル車
by ishimaru_ken | 2013-06-28 06:19 | 昔々おバカな話
裸足のオジサン
e0077899_9574890.jpg
 一昨日、東京の田園都市線の電車の中にいた。
さして混んでいなかった。
ふとみると、周りの視線が、こちらの方に向かっている。
正確には、私の左隣の席に座っている足元だ。
何気なく隣をうかがう。
50がらみのオジサンだ。
Tシャツを着た自営業っぽいオジサンだ。
左目で足元をのぞく。

ん・・?
(裸足だ!)
電車の中で、裸足で座っている。
ど・どういう事だろう?

ふと、40年前を思い出した。
19才のけんじろう君が、又もや、お馬鹿な事を思いついた。
「そうだ、裸足で暮らそう!」
一日中、裸足で暮らしてみようと、思ったらしいのだ。
地球に優しいとか、エコとか、原始に戻れとか、
そんな高尚な考えは、とんとない。
例によって、ただの思いつきである。

さっそく裸足になって、アパートの玄関から一歩踏み出す。
コンクリの硬さを思い知る
以外と気持ちいい。
季節は、秋だった。
街を歩くが、人に気づかれる様子はなかった。
(と思う)
食べ物屋に入るのに、勇気がいった。
別に、床の上を歩くだけなのだから、汚れるワケでもなく、
迷惑はかけないのだろうと居直ったが、
お店側は、怪訝な顔をしていた。
だから、なるべくいきつけの仲の良い店ばかり入った。
もしもの為に、ビニール袋に濡れゾウキンを持ち歩いた。
人んちに上がるかもしれないのでネ。

問題は、電車だった。
革靴やハイヒールが、うごめいている電車内に、
どうやって近づく?
駅の改札を通るあたりで、足の指が縮こまった。
ホームでは、人ごみから離れ、なるべく空いている車両を選んだ。
それでも、立っていると、電車の揺れが怖かった。
誰かが、足を踏みかえるのではないか?
靴をズラしてくるのではないか?
まさか、隣のアンチャンが裸足とは思っていないのだから、
靴を平気でぶつけてくる。
ドキドキひやひやの半年間、
なんとか踏まれることなく足を守りとおしたのだが・・

ところで、田園都市線のオジサンだ。
やがて、終点が近づいてきた、そのときだった。
ゴソゴソとカバンの中から、革靴を引っぱり出したのだ。
やには、靴下もはかず、そいつを履くや、当たり前のように、
電車から降りていったのである。

ふ~ん、なんだったんだろう?
足がほてったのかなぁ?
e0077899_9565446.jpg

by ishimaru_ken | 2013-06-27 05:56 | 謙の発見!
汗リート
e0077899_1516323.jpg
 「アスリートですか?」
突然の質問を発した。
誰が?
アナタが?
私が?

「アナタはアスリートですか?」
直接問われると、アスリートと豪語している人でさえ、
ビビッてしまう。
アスリートとしてのストイックさを、
自分がキープしているかどうか、自ら問うたりする。

そこで、自ら問うてみた。
「君は、アスリートなのかい?」
ん~とネ、たぶん・・私は・・
《汗リート》 だな。

「なぬ、駄洒落できたか。
 汗をいっぱいかくから、汗リートとダジャレているのだな」

うむ、バレたか?・・
私は、汗リートである。
汗をかく事を楽しんでいるフシがある。

ランニングに行く。
帰ってきて、何キロ走ったかという闘いより、
どれほど、衣服が汗で濡れそぼっているかが、気になる。
ティーシャツが完全にビッショリになっているのは勿論、
パンツまで、汗染みになっていると、満足したりする。
「よし、よく走った!」
汗に対して、お褒めの言葉を吐いたりする。
一日に、汗をかいたティーシャツを何枚着替えたかで、
その日の体調を確かめたりする。

「ふむ、3枚か・・マダマダだな」
何が、マダマダなのか定かでないのだが、
たぶん、マダマダなのだろう。

「なぬっ、一枚も着替えてない?」
今日は、汗リートとして、大いなる反省をするだろう。

「なぬっ、夜中に2枚も着替えただと?・・寝汗ぇ~?」
う~~む、こいつをカウントしていいのかどうか?
ただの汗かきなんじゃないのぉ~?

では、《明日リート》と言い換えよう。

「なぬ、又も駄洒落か。
 明日こそ頑張ろうってんで、明日リートとダジャレたな」

バレたか・・
e0077899_15153472.jpg

by ishimaru_ken | 2013-06-26 06:13 | スポーツ
地名のあいまいな覚え方
e0077899_1442440.jpg
 地名を、あいまいに覚えている。

「え~とね、この先の交差点はね、
 え~と、学校関係のような名前だったような・・」

「たしか、橋か・・家かが付いていた気が・・」

毎日通る道ならともかく、
年に数回しか通らない交差点の名前は、
いいかげんにしか覚えていない。
イメージでしか、覚えていない。
「たしか漢字3文字だった」
「真ん中の文字が複雑だった」
この程度の覚え方しかしていない。
で、実際その交差点に行ってみると・・
《正蔵前》
こんなだったりする。

覚える必要がないから、覚えないのだが、
友人に、道順を説明する時には、難儀する。
「え~とネ、踏み切り超えたら、しばらくして・・
 交差点の名前がネ・・・・・・・・・・・・・」
受話器を握りしめたまま、沈黙が続く。
「雨・・・・」
『あめ?』
「空・・・・」
『そら?』
「う~んとネ、天候に関係あるような、ないような・・」
『その交差点に、目印ないの?』
「ちょっと待ってネ、たしか・・数字が付いていたような」
ガチャリッ
友人は、しびれを切らして、電話をきる。

この曖昧な覚え方は、なにが原因なのだろう?
まったく覚えていないのなら、潔い。
ところが、なまじっか少しだけ覚えている。
三択クイズなら、すぐに正解を答えられる。
この<なまじっか感>が、はがゆい。
絵面のような感覚で覚えている地名。
見たらすぐに、それと指摘できるのだが、
思い出せない。

「あっ思い出した!、《若松二丁目》だ!」

数字は付いているけんど、天候に関係ないしぃ)
e0077899_14413353.jpg
               奥  ・・だけ?
by ishimaru_ken | 2013-06-25 05:38 | 謙の発見!
侍ジャパンの悲しみ
e0077899_1428323.jpg
 時代劇の撮影をやっている。
侍が登場する。
日本の侍は特殊な精神を持っている。
「暑い寒いは気のセイ、きつい苦しいはもってのほか、
 よもや、痛いなんてのは、親が死んでも口にしない」
それが、侍だ。

《サムライジャパン》
サッカー日本代表のコードネームだ。
サムライと名がつくからには、
親が死んでも、痛いと言わないのかと思いきや、
「痛い痛い!」
ピッチの上を転げまわっている。

今の時代・・
サッカー選手は、サムライになれない。
敵のファールを受けると、
たとえ痛くなくとも、痛いフリをして、
芝生の上をのた打ち回らなければならない。
もし・・
もし、サムライ魂を発揮して、
痛くとも、何食わぬ顔でスックと立ち上がり、
プレーを続けると、どうなる?
敵は、さらに、酷いファール行為をしかけてくる。
その挙句、ケガに結びつくファールを受けて、
選手生命を失ってしまうかもしれない。
いや、かもじゃない。
必ずそうなる。
だから、たとえサムライ魂をもっている世界屈指の選手ですら、
芝生の上で、泣き叫ぶ。
その姿は、痛々しい。
言い方を変えると、みっともない。
いい大人が、することではない。
よもや、身体を鍛えたスポーツ選手の所業ではない。
ましてや、世界的に尊敬されるトップ選手が、
人前で、顔面クシャクシャにして泣き叫ぶ姿を、
見せざるをえないのが、悲しい。

例えば、ハンマー投げの室伏選手が、
投げるたびに、地面にうっぷし、
おうおうと泣きながらのた打ち回ったとしたらどうだろう?

例えば、イチロー選手が、身体に近いところに投げられるたびに、
「オ~マイゴッ!オ~マイゴッ!」
叫びながら、打席でのた打ち回ったら、どうだろう?

マラソンの川内選手が、隣の選手に足を踏まれたと、
大騒ぎしてレース中じだんだ踏んだら、どうだろう?
コンクリーの上を転げ回ったら、どうだろう?

今、唯一といっていい<のた打ち回り系>のスポーツが、
サッカーだ。
現行のルールでは、仕方がないと思われている。
選手の身を守るために、必要だと、考えられている。
サムライ精神は、捨てろと嘆かれている。

うむ・・まあ、いい・・今は。
しかし・・50年後も、サッカーは、
<のた打ち回り>スポーツとして君臨しているのだろうか?
サムライの子孫としては、すこし、さびしい。
e0077899_14274331.jpg
     痛くとも痛くない修験者 山伏
by ishimaru_ken | 2013-06-24 05:24 | スポーツ
ディボット
e0077899_14196100.jpg
 パキ~~ン
ゴルフ中継がテレビで流されている。
いましも、ティーショットが打たれたばかりだ。

ゴルフでいうところの、第一打。
プロが打つと、ほとんどがフェアウエイ(短く刈られた芝生)
に落ちてゆく。
ほぼ同じあたりに落ちてゆく。
すると選手は、その落下地点の芝生まで歩いていき、
第二打を打つ。

さ、そこで問題だ。
その芝生に、クラブを振った後が残る。
その後を、<ディボット>と呼ぶ。
芝生がえぐられるので、その跡に、土砂を入れてふさいである。
冒頭の写真の白い部分がディボットだ。
無数にある。
4日間もトーナメントが催されると、
何百というディボットができる。

さ、ここだ。
フェアウエイに跳んだボールは、芝生の上にあるのが一番良い。
土砂の上になどありたくない。
あんなにたくさんのディボットがあるのだから、
どれかの上にボールは止まるのでないか?
心配になる。
ところが、不思議なことに、ほとんどのボールは、
ディボット上ではとまらない。
きちんと芝生をマクラにしている。
なぜだろうか?

こたえは単なる確立である。
ディボットに目がいくと、その数の多さに、
ディボット占有面積を過大評価してしまう。
ところが、フェアウエイ全体におけるその面積は、
非常に小さい。
冒頭の写真で、占有率を計算してみると、意味がわかる。
つまり、ディボットにボールがとまる確立の方が、
遥かに小さいのだ。

アナタが、今週末、ゴルフ場で、ディボットにつかまったら、
帰りに宝くじを買ったほうがいい。
もし当たったら、私に感謝の一報をこっそり・・・
e0077899_14185314.jpg

by ishimaru_ken | 2013-06-23 06:13 | スポーツ
ゴルフのプロの資格
e0077899_9595031.jpg
 「アナタは、ゴルフのプロになりたいですか?」

ゴルフのプロになるには、条件がある。
プロ登録試験?
年齢?
いえいえ、もっと、過酷な条件なのだ。
その条件とは・・?

《ティーショットをシャンクしてはならない》

※;シャンク
 ミスショットの類で、
 打った球が、とんでもない方向に飛んでいく。

我々アマチュアが、ゴルフをやる場合・・
ティーグラウンドでバシッと打つと、
数回に一回、あさっての方向に飛んでいく。
「あははは~」
と笑ってくれるのは、友人とラウンドしている時。
「ナイッショ・・」
っと言いかけて言葉がとまるのは、
知らない方と一緒にプレーする時。
この、<あさっての方向>が、問題となる。

テレビを観ている。
ゴルフ番組をやっている。
カメラは、ティーショットシーンを、とらえている。
プロは、遥か300ヤード先の緑の箇所を見つめている。
まるで針の穴を通すかのようなチャレンジだ。
そのボールが飛んでゆく筈の弾道の両側に、
大勢の観客が陣取っている

とんでもないくらい近くに陣取っている。
100~200人ほどが、立ち尽くしている。
幅は、20mもない。
ショットするプロからの距離も、30mと離れていない。
まさに、針の穴だ。

「お静かに・・」
この状態で、ティーショットを打たなければならない。
これこそが、プロの条件だ。
世間で、よく言われる言葉がある。

《何がおこるかわからないのが、ゴルフだ》

そう、たとえ、プロでも、何が起こるかわからないのだ。
なのに、観客は、
時速100キロを遥かに超える弾丸の前に立とうとする。
その人々を前に、プロは、ミスショットが許されないのだ。
もし、ミスするならば、それは、
《未必の故意の殺人》
そう呼ばれて、2時間ドラマで扱われてもしょうがない。

さ、それでもアナタは、ゴルフのプロになりたいですか?
e0077899_9593172.jpg
          ナイッショッ!
by ishimaru_ken | 2013-06-22 05:58 | スポーツ
ライオンとチーター
e0077899_9434113.jpg
 40年以上前、テレビを観ていた。
アフリカの自然の光景を映した番組だった。
その映像の中に、二つ、鮮烈に覚えているシーンがある。

当時のサファリを映したものを観ると、
野生動物の生命は、ずいぶん軽んじられていた事がわかる。
象をライフルで撃ち殺し、喜びの万歳をしているシーンもあった。
(今でもあるらしい)
ライオンやチーターも狩猟の対象だった。

さ、そのライオンとチーターだ。
【まず、ライオンのあるシーンから・・】

 幼いお姉さんと弟が、二人でサバンナを歩いている。
 するとどこからともなく現れたライオンが、
 二人の後ろを通りかかった。
 気配を感じたお姉さんが、(動くな)と弟に目配せする。
 直立不動で動かない二人の後ろで、じっと見ているライオン。
 映像はその状態をずっと捉えている。
 ふたりは、まんじりともせず、中空をみつめている。
 恐怖のあまり、ぶったおれる寸前なのだ。
 
 っと・・・ライオンは急に興味を失ったかのように、
 画面から歩き去るのであった。

【次に、チーターのあるシーンから・・】

 オジサンがひとり、チーターと対峙している。
 広く平らな地面に立つ半裸の現地人のオジサンが、
 2mほどのヤリを手に持ち、
 目の前にいるチーターと闘っている。
 おそらくカメラは木の上から撮影しているのだろう。
 オジサンとチーターの距離はヤリの長さ分。
 チーターの大きさは、オジサンとさして変わらない。
 さて、闘いは、続いている。
 どんな?
 オジサンは、チーターの眉間に向けて、
 ヤリを差し出しているのだ。
 チーターが前に出てきたら、ヤリを引き、
 下がれば、ヤリを押し出す。
 チーターの頭が右にふれれば、ヤリを右にふり、
 左にふれれば、左にふる。
 常に、チーターの目の前から、 
 ヤリの尖った先端を離さないのである。
 踏み込むに踏み込めないチーター。
 前足で払おうとすると、ヤリを引っ込められる。
 やがて、諦めたチーターはすごすごと去ってゆくのであった。

この二つの映像、どこかに残っていないだろうか?
いまや、撮ることのできない貴重な映像だと思うのだが・・
それとも、私が観たのは、映画の一シーンだったのだろうか?

このふたつから、けんじろう君が得た教訓。
《ライオンに出くわしたら、動いてはならない》
《チーターと出くわしたら、ヤリ一本で防げるかも》
e0077899_9452448.jpg

by ishimaru_ken | 2013-06-21 05:38 | 昔々おバカな話



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧