<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
リフトのエキスパート
e0077899_2165171.jpg
 スキーが上手くなるよりも前に、
ある事のエキスパートになった。
スキー場では、ゲレンデという斜面に、
リフトで上がってゆく。
リフトは、2人乗り、3人乗り、4人乗りとある。
落下防止のバーが降りてくるものやら、
何もないものやら、様々である、

「リフトに乗った事がありますか?」
リフトは乗り方が、面白い。
乗るべくイスが、
ゆっくり近づいてくるマシンもあれば、
「タラタラしてんじゃねえ!」
すばやく近づいてくるマシンもある。
余所見していると、突然、
ふくらはぎにイスのフチをぶつけられ、
痛い思いをすることすらある。
慣れない初心者には、リフトマシンに乗るだけで、
スキーというスポーツに関わっている喜びを感ずる。
「乗れた!!!」
ビックリマークをいっぱい付けたくなる味わいである。
そして、さらに難しいのは・・
降りる時だ・・
乗るのは誰でも出来る。
しかし、降りるのは至難の業であると、誰かが言った。
実際、降りる時、こけて、
リフトを止めてしまった輩もいる。

おっと、話を巻き戻そう。
リフトに乗る、その時の話だ。
まだ、スキーがさほど上手くない私。
ところが、リフトの乗り方には、プロ並の力を発する。
どういうことか?

「どうぞ~」
係員の声に、リフトに座るべく指定の場所まで、進む。
この時、スキーは履いたままだ。
大概の方は、いや、ほとんどの方は、
ここで、後ろを振り返り
やがてやってくる自分のイスを見やる
徐々に近づくイスに手をやり、安全に座る。

ところが!
私は、あるリフトに一度乗ると、次に乗るときには、
自分が乗るイスが近づいてくるタイムが分るのである。
つまり、後ろを振り返らず、
ただ真っ直ぐ前を見ているのだ。
(ふふ、あと、2秒だな)
この状態を、第三者が見た映像で説明してみよう。

指定の位置(線を引いてある所)まで、スキーで進む。
その後方から、イスがグングン近づいてくる。
しかし、私は前を向いたままだ。
やがて、何を思ったか、私の腰が、クネッと曲がり、
座り始めたではないか!
「危ない!そのまま座ると、後ろにひっくり返るゾ!」
っと、そのケツをすくうかのごとく、
イスが現れるのである。
すくっとケツをすくい、
見事なタイミングで私を運んでいくのであった。

「目をつぶってでも乗れる・・」
まだ、まともにスキーすら出来ない人間が、
リフトだけは、完璧な乗り方を修得しているのだ!

とりあえず、
リフトのエキスパートになれたゾ!
e0077899_216998.jpg
          <子供落下注意>
by ishimaru_ken | 2014-03-31 06:04 | スポーツ
メキメキスキー
e0077899_2051862.jpg
 先日、《スキー場で音楽が流れているのは、なぜ?》
と疑問をぶつけた。
同じ質問を、撮影の現場でもぶつけた。
すると、スキー熟練者が口々に、同じ答えを吐いてくれた。
「吹雪などの時、帰る方向を定める為サ」
おお~そうであったか!
そんな事も解らぬ初心者である。 

で、スキー初心者のイシマルは、うまくなったのか

この判断は難しい。
なんたって、私が私を判断している。
3月中旬に始め、2週間で、6日間、スキーをやった。
初日に、滝田先生から、ボーゲンを教わった。
その日のうちに、スキーを平行にする技を教わった。
その後、先生の手を離れ、6箇所のスキー場をさまよった。
超上級者コースには、入れなかったが、
上中級者コースに、およばれした。

滑っていると、自分がメキメキと向上しているのがわかった。
メキメキとは、その表現のママで、まさにメキメキである。
実際、滑っている最中、
メキメキ!と音が聞こえた。
(っとなると、よし、やってみよう・・)
「メキメキ!」と、自ら声を出して、滑ってみた。
するとどうだ!
驚くべき事に、メキメキと上達するではないか!
メキメキメキメキ!

最後の二日間は、全く転ぶことなく滑りまくったのである。
と、自慢気に語っているのだが、
これを、ウインドサーフィンに例えると、
「はいはい、海に出て、なんとか帰ってこれたのネ、
  良かったねぇ~」
的ナことなのかもしんない!

う~む、客観的な評価は、後日、
先生である、うまい滝田君に、ビデオ映像を観てもらおう。
メキメキメキメキメキメキ
e0077899_20504665.jpg
     斜度28度
by ishimaru_ken | 2014-03-30 05:49 | スポーツ
富山県写真
e0077899_20395361.jpg
 富山県の高速道路のサービスエリアに、
<城端>(じょうはな)がある。
ここには、ちと変わった建造物が建っている。
 《クライミングウォール》
フリークライミングが出来る人口壁が、
デ~ンとそそり立っている。
誰でも、申し込めば、登ることが出来る。

高さ15mほどだが、
電動で、壁の角度が変えられる仕組みがある。
上部の壁を、どんどん前側に傾けることも可能だ。
いわゆる、ハングと呼ばれる岩場を作り出せる。
すると、当然、難易度もあがる。

この人口壁の前は、
コロシアムのような半円形の芝生となっており、
サービスエリアの利用者が、食べ物飲み物を持ち込み、
ひなたぼっこを楽しんでいる。
コーヒーをすすりながら目をあげると、
クライマー達が、空に向かって登ってゆくのが見える。
クライミングに興味がない方でも、
人が猿のようなマネをしているのは、
面白いらしく、
てっぺんに辿り着くと、おもわず拍手をしている。
隣で遊ぶ子供も、小さな手を叩いている。

このサービスエリアがユニークなのは、
ホテルが併設されている点だ。
《桜が池クアガーデン》
フレンチが味わえるレストラン付きのホテルだ。
泊まったワケではないので、詳しい事は解らないが、
高速道路を出ないで泊まれる珍しいホテルである。

そのホテルを眼下に眺めながらの壁のぼり。
「うぅぅ、このハングはきついなあ~」
『ガンバっ!』
ガンバとは、ガンバレという意味のクライミング用語である。
そこに集うクライミング仲間達から声がかかる。
『ガンバっ!』
それをマネして、小さな子供も、
『ガンバぁ~』

うん、がんばるヨぉ~
そう云えば、
この高速を、あと少し南下すると、五箇山だ。
岐阜の白川郷と並ぶ古民家の集落だ。
それとも、北に走れば、寒ブリで有名な氷見の港がある。
寒ブリのしゃぶしゃぶ食いたい!
でなければ、西に足を向ければ、すぐに金沢だゾ。
あるいは、東に高速とばせば、親不知の海岸が待っている。
この城端サービスエリアは、富山の夢ふくらむ交差点だ。
e0077899_2039341.jpg
      ハングを空に向かって登る ガンバ!
by ishimaru_ken | 2014-03-29 05:37 | その他
またまた再びスキー
e0077899_20435732.jpg
 《舌の根も乾かず》
この慣用句は、今の私だ。
先日、スキーに目覚める話をした。
今期は、もうお終いという話もした。
その舌の根も乾かないうちに
私は、スキー場にいた。

この2週間で、6箇所のスキー場を訪れた。
「初心者のうちは、同じゲレンデに通うといいよ」
スキー熟練者が教えてくれる。
しかし、今の私は見聞を広める時期なのだ。
なるべく多くのスキー場に行って、
その人となり(スキー場となり)を見聞しなければならない。

6箇所巡って気づいたのだが、
スキーのレンタル方法には、様々なやり方がある。
住所と名前を記入するところまでは、一緒だが、
何から何まで、ショップの方にお任せするスキー場と、
何から何まで、自分で勝手に選択するスキー場がある。
そのレンタルジョップも、スキー場が経営している所もあれば、
いろんなショップが、周りで経営しているケースもある。

レストランも、スキー場併設もあれば、
これ又、いろんなショップが参入しているケースもある。
ようは、決まりがない。

そしてここが肝心なのだが、
スキー場には、入場券がない
車で乗りつけ、マイスキーを持参した方は、
そのまま、ゲレンデに入ってゆく。
もし、リフトを使用せずに、歩いて頂上まで行くのなら、
タダで滑走できる。
(ま、そんな奴はおらんだろうが・・)
とすると、スキー場の収入の主たるモノは、
リフト券だ。
一日乗り放題で、3500円~4000円ほどの料金が、
あの広大な雪面を維持するのに使われる。
従業員の給料になると思われる。

そして、私の疑問は・・?
《スキー場には、なぜミュージックが流れているのか?》

ゲレンデに設置されたスピーカーから、音楽が流れている。
流されている。
どなたの趣味かは分らないが、あるジャンルの音楽が流されている。
あれは、何の為だろうか?

スーパーで流されている曲は、
購買意欲を高める為であろうと考えられる。
パチンコ屋の楽曲は、明らかに興奮させられている。
そこで、スキー場だ。
長年スキーをやられている方には、当たり前の事かもしれないが、
初心者には、アレが不思議だ。

20年ほど前、中国の列車に乗った事があった。
その車内には、いつも歌謡曲が流れていた。
どうやら、車掌さんが好みの曲を、カセットで流し続けているらしい。
ふとその時の事を思い出した。

スキー場で、音楽が流されているのは、諸外国も同じなのだろうか?
それとも、日本独特の習慣だろうか?
e0077899_20433988.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-28 05:41 | スポーツ
シャンプーはどれ?
e0077899_7423024.jpg
 ホテルのバスルームにいる。
バスタブの中に立っている。
目の前に3つのボトルが並んでいる。
手のひらにすっぽり入るほどのボトルだ。
おそらく、この3本の正体は、
シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーだ。
たぶん、表にそう書いてある。
今、たぶんと言ったのは、
あまりにも文字が小さくて読めないのだ。

バスルームという場所は、おおむね暗い。
さらに、カーテンで締め切ってある。
ルクスが足りない。
そこにきて、この文字の小ささだ。
ボトルを作成している会社名と商品名は読めるのだが、
その何であるかの文字が、最も小さい。

ボトルを持ち上げ、透かしたり、遠くに離したりしているのだが、
文字の小ささはいかんともしがたい。
普段、老眼鏡を使う必要のない私が、
「見えない」と嘆いている。

よし、あのやり方で決めよう。
文字の長短で判断するのである。
シャンプーが一番短いと断ずる。
そこまでは良かったが、
コンディショナーボディシャンプーの長さはほぼ同じだ。
しかも、コンディショナーではなく、リンスだった場合、
シャンプーより短くなってしまう。
このやり方はダメだ。

では、《ええいままよ方式》
でやってみるか?
一番短い文字のヤツを、ええいままよと頭にかけてみる。
泡立てばシャンプーであり、
泡立たなければリンスと判断される。
少なくとも、ボディーシャンプーで頭髪を洗う危機は回避できる。
やってみた。
泡だったので、シャンプーだ
成功だ。

さ、次が問題だ。
頭にコンディショナーをかけたいが、
もし、ボディシャンプーだったら、
悲しい結果となる。
うぅぅ・・どうしたら・・?
そうか、先に体を洗えばいいじゃないか。
どちらかをかけて、
泡立てば、ボディシャンプー
泡立たなければ、コンディショナー
やってみた。
おおぉ~50%の確率を征服し、
見事ボディシャンプーを引き当てた。
という事は、残る一本が、コンディショナーだ!
あざやかな理論と、実践であった。
パチパチパチ!

ご満悦のまま、バスルームを出て、
ひきだしから拡大鏡をとりだし、
コンディショナーの文字を覗き込んだ。
そこに書かれてあったのは・・・

《Treatment》
e0077899_742788.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-27 05:39 | その他
水溜りの不思議
e0077899_944138.jpg
 アレは何だろう?
突然、雨が降ることがある。
結構強く降ると、水溜りができる。
昨日の水溜りは、大きな駐車場にできた。

いくつかできた水溜りをなにげなく眺めていた。
その時だ。
水の表面にわだちが出来ている。
水面を何かが、動いている。
それも相当のスピードで動いている。
秒速1mを遥かに超えている。
ボートが走った跡にできるVの字の航跡に似ている。
よくよく観察してみると、水上ではなく、水中を移動している。
よって、水スマシではない。
匹という単位でいうと、
直径3mの水溜りに数十匹の動きが見える。

アレは何だろう?
正体を知るべく、水溜りに近づいてみた。
すると・・・
急に、水溜りは静かになった。
何事もなかったかのように、ただ水溜りがある。
覗き込んでみる。
何かがいるようには見えない。
コンクリーの上だから、水深1~2センチで透けているのだが、
何も見えない。
持ってきたプラスチックの板で、水溜りをすくい、
乾いた場所に水ごとぶちまける。
しかし、虫らしきモノは見つからない。

アレは何だろう?
もし、何かの昆虫だとする。
これが、土のグランドであれば、土中に潜んでいた卵か何かが、
孵化し、泳ぎだしたとも考えられる。
しかし、なんたってコンクリーの駐車場だ。
土なんてない。
雨が降っていたのは1時間ほどだ。
その間に、動いている奴らは、どこからやってきたのだろう?
そして、やがて乾いてしまうのだが、
奴らはどうなるのだろう

《ボウフラ》ですよ。
教えてくれる友人がいる。
蚊の幼虫ボウフラは知っている。
卵も知っている。
しかし、奴らはあんなに速く移動できない。
仮にボウフラだとしたら、雨が降ったほんの1時間の間に、
どこからやってきたのだろう?

アレは何だろう????
e0077899_9434210.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-26 05:42 | その他
その夢はバレている
e0077899_21324171.jpg
                     《カカシの釣り人》
 なぜ、夢の中で、
「コレは夢だ・・」と認識できないのだろう?

初めてみる夢なら、それは無理かもしれない。
2~3回目の夢でも、無理かもしれない。
ところが、これまで、数百回、
いや、1000回以上見続けている夢なのに、
未だ、一度も「コレは夢だ」と気付かない夢がある。

その夢とは、
トイレが汚い夢》だ。
恐らく、寝小便をしないように、睡眠中に小便が溜まってくると、
汚いトイレに行かせて、絶対に漏らさないように、という
自助能力が働いているとみえる。
それはそれでいい。
素晴らしい能力だと、感心すらしている。

ところが・・・
この夢を見るようになって、数十年が過ぎた。
この10年近くの間に、
《汚いトイレ》の夢をみる理由も、
私自信によって解き明かされた。
つまり、夢が私を騙そうとしている策略は、
もう私にバレたのだ。
他人にも話したし、こうやって文章にまでおこしている。
本人にバレていることは、本人が知っている。
だのに・・・

夢の中では、私は、いまだ汚いトイレを徘徊している。
(コレは夢だ)と気付かない。
なぜ、気付かないのだろう?
バレた事を知っている私と、夢を見る私は違う人格なのだろうか?
使っている脳ミソが違うのだろうか?

っと、ここまで話して、ふと大きな過ちに気付いた。
もし・・もしだよ。
バレた事を知っている私と夢見る私が、同調したとしたら・・・
すべてを共有したとしたら・・
ある夜、私は、寝小便をする羽目に陥る。
ガ~~~ン!
私は、私の秘めたる能力の邪魔をしてはいけないのだ。
気付いてはいけない事柄に、気付いてはいけないのだ。
こんな話自体、してはいけないのだ。
今すぐにでも頭を振って、この話題から離れなければならない。
今後、徹底して知らんぷりをしなければ、
いつか、あわやの惨事にみまわれる事になる。
夢の話など、忘れよう。
「そ、トイレは汚いのだ」
私は私を騙し続けなければならない。
私の無意識の意識に、呼びかけてはならない。
知らんぷり・・知らんぷり・・

ううぅ・・
頭から離れんなあ~
もうひとりの私さんよぉ~
あんたも、知らんぷりしててちょうだいネ。
e0077899_21322125.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-25 05:31 | その他
すずらんの冷水チャレンジ
e0077899_84638100.jpg
 《冷たい水風呂》があると、以前言った。
そこは、北八ヶ岳の麓、長野県の白樺湖だ。
湖畔に、非常に冷たい水風呂に入れる浴場がある。
《すずらんの湯》

この風呂に、この半年に何回も通った。
その水風呂に何度もつかった。
しかし・・・
あまりの冷たさに、つかれるタイムは、最大で40秒だった。
あの滝田くんでさえ、30秒で冷水から飛び出した。
飛び出したあげく、熱い風呂まで歩くのが辛いほど、
その水は、冷たかった。
「ふ・ふくらはぎが、コチコチに痺れてるぅ~」
よちよち歩きの滝田くんをコバカにしたもんだった。

そのすずらんの湯に、再チャレンジだ!
時は、春爛漫!
まさに、春一番が吹き荒れる頃・・
とはいえ、標高の高い白樺湖は、凍っていた。
湖そのものが凍り、表面に雪が積もっている。
ヒエ~~!
つまり、そんな所から吹き出てくる自然水が、
水風呂に満たされている。

さあ、チャレンジの始まりだ!

40秒を超えられるだろうか?
心して、足先からチャプンとつける。
胸の心臓にあたる部分に手を当て、そろそろと沈みこむ。
ゴクンッ
喉仏が上下する。
壁に架けてある時計の秒針を数える。
10秒・・20秒・・
一度目の挑戦で、40秒をクリアした。
やった!
コブシを突き上げ、即座に、温かい湯を目指す。
ふくらはぎは、やはりブルブル震えている。
もはや滝田くんをコバカにできない。

ザブ~ン!
お湯につかるや否や、体中に血液が快速で流れ出す。
この感覚は、アレだ!
正座を続けたあと、足をくずして、
急に血が流れ出す時にそっくりだ。
「ああぁぁ・・」
しびれる感覚である。

よし、二回目、行くゾ!
次こそ、新記録を目指すゾ!
じわじわじわ・・
冷水に体を沈めてゆく。
10秒・・30秒・・・・・・
いっぷん・・・
「ぷふわぁ~~」
やったやった!
一分をクリアした!
そのまま、熱い湯にダイブする。

よし、三回目。
結果を言おう。
一分30秒の記録を打ちたてた。

そして、4回目。
「どこまでいけるか?やってみよう!」
一分経過・・・
一分30秒経過・・・
2分経過・・・・
「あぁぁ・・・」
あ・危ないです、唇・ふ・ふるえるです。
まぶた、とじそうでぇ~す。
きろぉく・・たっせいでぇ~す。

あ・あぶなかった。
水風呂から立ち上がる気力が失せかかった。
どうでもよくなり始めた。
そこを何とか立ち上がり、熱い湯につかった。

結論;すずらんの湯は、チャレンジの場所ではありません。
   素敵なお風呂なので、正しく、使用しましょう。
   ハアハアハア・・・
e0077899_8455840.jpg
         凍る白樺湖
by ishimaru_ken | 2014-03-24 05:42 | 謙の発見!
スキーに目覚めるジャス60
e0077899_18431950.jpg
 《スキーに目覚めてしまった》

30才台後半に、ウインドサーフィンに目覚めた私だ。
40才台の後半には、フリークライミング、
いわゆる、岩登りの目覚めだ。
そして、60才の目覚めが、スキーである。

「スキーはサ、こどもの頃からやっとらんと、ケガするゼ」
皆がおっしゃる。
「スキーはサ、年寄りはやめときナ」
友がおっしゃる。
「どうかケガしないように、お願いします」
マネージャーが、頭を抱える。

たぶん、私はケガをしない。
私の無謀さも、今や影をひそめた。
石橋を叩きながら、雪とたわむれている。
とはいえ、
「先日は、春一番の強風時にもスキーに行ったではないか!」
お叱りを受けそうだ。
「スキー二回目なのに、中級コースばっかり、
 ガンガン滑っているではないか!」
ダメ出しを貰いそうだ。
「上級コースにも、顔を出しているそうじゃないか!」

大丈夫!
私の石橋は固い。
ドスドス踏んでも、壊れない。
少なくとも、来期まで、スキーは、しばしお預けである。

年齢がいってから始めると、有利なこともあった。
リフト代が、かなり割安になる。
一日4000円が、2500円になった。
道具レンタル料も、3割ほど安くなる。
これは、レディース割引よりも安い。
子供と同額である。

言ってみれば、私は子供扱いされているのだ。
「はぁ~い、エッジをたててごらぁ~ん」
e0077899_18435068.jpg
 レンタルの服のサイズを間違い、ダブダブを来ている初心者の私
by ishimaru_ken | 2014-03-23 05:38 | スポーツ
滋賀県写真
e0077899_10182799.jpg
               マウンテンバイクで、琵琶湖畔へ
 滋賀県写真
滋賀県といえば、琵琶湖である。
滋賀県の西隣には、京都がある。
そこで、アナタにきいてみたい。
《琵琶湖と京都の街はどのくらい離れているでしょう?》

ドラマの撮影で、京都に足繁く通っている。
その足を、ペダルにくっつけて、ママチャリで走り回る。
走り回ったあげく、琵琶湖までペダルを伸ばすことがある。
京都の街中から走り出し、山をふたつ越えると、
そこは、もう琵琶湖だ。
水際で、腕時計をめくったら、1時間で到着している。
ふむ、近い。
ママチャリで1時間なら、
スポーツバイクでこげば、あっと言う間かもしれない。

琵琶湖と京都のこの距離感が、一般的には知られていない。
では、関東の人には、次の説明をしてみよう。

琵琶湖は、東京湾に、形も大きさも良く似ている。
そこで、距離を測ってみよう。

琵琶湖の、大津市の水辺から自転車をこぎだし、
京都の清水の舞台に着いたとする。
それを東京湾に例えると、
水際のフジテレビのあるお台場から走り出し、
新宿の高層ビル辺りに到着する。
ママチャリで1時間の距離だ。

県庁所在地と県庁所在地が、ママチャリ1時間!
京都の街には、レンタルチャリが溢れている。
日本一のレンタル自転車の量だ。
借りない手はない。
さあ、こぎだそう、琵琶湖へ向けて、ゴー!
e0077899_1018826.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-22 05:38 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧