<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ウインドのボードとは
e0077899_12263158.jpg
 ウインドサーフィンのボードとは?
ウインドのセールの説明はした。
ウインドは、ボードの上にセールを付けて走っている。
では、ボードはどんなだろうか?

ボードの中身は、ハッポースチロールだ。
ハッポー率を抑えた真っ白いスチロールの周りを、
薄く硬い物質で固めてある。
カーボンだのデビニセルだのハニカムだのと云う、
特殊素材で硬いボードを作り出す。
硬いだけではダメだ。
軽くなくてはならない。
最近では、4〰7キロの重さにまで軽く仕上がっている。
25年前の三分の一だ。

ウインドはスピードが命である。
速く走るには、ボードの軽さと硬さが不可欠であり、
肝心なのは、その形状だ。
昔のボードは長く細かった。
最近は、長さは短く、幅が広く、薄いボードに進化している。
この先どうなるか分からないが、
誰でも、時速50キロ以上出せるようになった。
60キロにも手が届く。
特殊なボードで、特殊な環境で走れば、
70キロオーバーも夢ではない。
現に、私が、73,71キロを出している。

ボードの下には、フィンがネジで装着される。
飛行機の鼻翼が逆さまに付いていると思えばいい。
ウインドが走っている時、このフィンだけが水中にある。
ボードの大部分は、空中を滑空している。
つまり、空を飛んでいるに等しい。
この状態はこう呼ばれている。
《プレーニング》
ウインドとは、いかにプレーニングさせるかというゲームだ。
中級者ともなると、プレーニングしない風の弱い日は、
海に出ない人が多い。
ウインドサーファーの会話の主流はこんなだ。
「(風は)ふいてる?」
『うん、走りそうだヨ』
e0077899_12261518.jpg
 風速25m、ボード幅43cm、セール5,3㎡
by ishimaru_ken | 2015-08-31 05:57 | スポーツ
ウインドのセールとは
e0077899_12233529.jpg
 ウインドサーフィンとは、どんな道具を使っているのか?
セール(帆)はどんなだか、ご存じだろうか?

セールにはサイズがある。
風が強くなれば、サイズは小さくなり、
弱くなれば、大きくなる。
例えば、風速10mほどの風ならば、6㎡くらいの大きさ。
5mの風なら、9㎡てな具合である。
台風並みに、20mの風ともなれば、3㎡のセールが登場する。
3㎡とは、ほぼひと坪だ。
つまり、畳2枚をささげて、荒海に乗り出している。
畳だと重そうなので、障子2枚と言い換えよう。
まてヨ、障子だと、濡れて破れそうだから、ビニールにしよう。
そう、
セールは、硬いビニールのような透明なモノで出来ている。
なぜ、透明なのかと云えば、向こう側が見えないと、危ないからだ。
そのビニールはグニャグニャしているから、
片側にマストという棒を通してしっかり立てている。
しかし、このままだと、人が持てないってんで、
マストにブームという横棒をくっつけて、
そいつを両手で持って、コントロールしている。

これを、風が吹く中、両手で引っ張るワケなのだが、
いくら剛力でも、二の腕が耐えられない。
で、どうするのか?
ブームにハーネスラインというヒモをぶら下げる。
そのヒモを腰のあたりに付けた、ハーネスという器具に引っかける。
つまり、自分の体重で、セールを支えるのである。
両手は、微妙なコントロールの為に使う。

セールに当たる強い風の力を、体重で支え、推進力に変えるのだ。
単純計算では、体重が重い人ほど、大きなセールを使える
結果、速く走ることができる。

実際は、そう単純にはいかないのだが、
どうしても単純に考えたい一部のウインドサーファーは、
体重を増やさんが為と称し、
ガバガバと喰らい、グビグビとビールを飲んでいる。
まあ、それなりに結果がでるものだから、助長し、
ガバガバ、グビグビは特権だと信じている。
「明日は、六畳間で走ってみるか?」
e0077899_12231884.jpg

by ishimaru_ken | 2015-08-30 05:51 | スポーツ
コンビニのフタのテープ
e0077899_1271473.jpg
 コンビニのプラスチックのフタを止めてある、
透明テープが憎い
コンビニにおける、フタ物は、ほとんどがテープで止められている。
少々の衝撃でも、食べ物がこぼれないように、しっかりと止める。
その哲学が、長い間続けられてきた。
しかしだ・・・
剥がした後のテープは、粘着力を維持している。
指にくっ付いている内は、まだいい。
そいつをどうにか剥がし、フタなどにくっつける。
フタをビニール袋に捨てる。
その際、役目を終えたハズのテープなのに、
存在を主張し始める。
ビニール袋のアチコチに引っ付き、引っ張り、
袋をメチャクチャにしようとする。

フタの場合、まだ、軽傷だ。
剥がしたテープを何気なく、容器の底に張り付けるケースがある。
フタ側から剥がした場合、このやり方の方が、スムーズだからだ。
さて、容器をテーブルに置く。
ネチッ
さりげなく、テーブルにくっつく。
激しくではないものの、持ち上げるたびに、
粘力と戦わなくてはならない。
ネチッ、ネチッ
だからと云って、今更、再びテープを底から剥がすのは、
面倒だし、やりにくい。
時折、粘力に負けて、容器を取り落すことすらある。
ジャ~
汁モノがこぼれたりする。

周りを観察していると、指を振り回している人がいる。
テープが指から取れなくて、苛立っているとみえる。
振り回した挙句、ゴツンッ!
テーブルにぶつけて、うずくまってしまった。

後ろを振り返れば、彼は、指からテープを取るのに、
口を使ったらしく、口の横に、テープの残骸が張り付いている。
プフ~プフ~
息で吹き飛ばそうとしている。

未だ事件は起きているものの、
以前に比べて、テープの性能自体は格段に良くなった。
しかし、もう、テープで止めるという行為そのものが、
限界にきているのではないだろうか?
新たな《フタ止め方》を開発する時期が、到来しているのではないか?
フタ止め革命!
最初に、革命を起こすのは、どのコンビニだろうか?
イギリスの賭け会社、ブックメーカーは、
受け付けてくれるだろうか?
e0077899_1265055.jpg

by ishimaru_ken | 2015-08-29 06:05 | その他
久保田シリーズ
e0077899_1221858.jpg
 今日は、日本酒が好きな方にのみ、お話をしよう。
日本酒はどうも?
ましてや、お酒は飲まない。
ましてや、お酒大っ嫌い!
な方は、すぐに出かけてください。
今日の話は面白くないです。

さて、ほとんどの方が出かけたところで・・・
アナタと日本酒の話をしよう。
《久保田》くぼた という銘柄の日本酒があるネ。
知ってるネ。
何種類かの段階に分かれているよネ。
その中から、よく目にする瓶を選りだしてみよう。
*表示価格は、メーカー希望価格で、実際はこの何倍かになる

 《百寿》 ひゃくじゅ 920円 720ml 税抜き 
   特別本醸造

 《千寿》 せんじゅ  1080円
   吟醸

 《紅寿》 こうじゅ  1500円
   純米吟醸

この辺りまでは、知っている方が多い。
呑んだ方も多い。
さて、あまり世で見ていないのが、ここからだ。

 《翠寿》 すいじゅ  2810円
   大吟醸
ここらで、大吟醸と呼ばれ始める。
呑む酒というよりは、舐める酒に進化している。
さらに上がある。

 《碧寿》 へきじゅ 2230円  
   純米大吟醸
ここで、純米大吟醸に出世する。
舐めたあと、唇をぬぐうようになる。
そしていよいよ・・・

 《万寿》 まんじゅ 3640円
   純米大吟醸
久保田シリーズの最高峰である。
純米大吟醸以上の言葉がないらしく、碧寿と表現が同じだ。
ここまでくると、舐めたりぬぐったりする前に、
嗅いだり、眺めたりしなければならない。
舌さきで転がして、「はぁ~」とかやらないと勿体ない。
自宅で呑むのならいざ知らず、ご馳走していただく場合には、
それなりの感嘆詞を用意しておかないと、失礼が生じる。
「おいしいですネ」
などと、通り一遍のセリフを吐いた日には、
アナタの出世は閉ざされるかもしれない。
ところが・・・
実は、久保田の最高峰はさらに上があった。

 《洗心》 せんしん ?円
   純米大吟醸
シシオドシがコツ~ンと鳴り響くお店で、
取引先からご馳走されるアナタがいる。
黒い漆塗りのこぶりな盃でいただく。
眺め、香りをかいでいる内に、
もう一回、シシオドシが鳴る位の間が望ましい。
唇を突き出し、ひとすすりする。
ここで、アナタの後頭部に衝撃が走る。
ガ~~ンなどと一般的な衝撃ではなく、
むしろ、除夜の鐘的な、ゴ~~ンでいってみよう。
口中、鮮やかな香りが広がる。

さあ、商談が決まるかどうかは、アナタ次第だ。
もし、盃から目を挙げた時、
アナタの目元に、薄っすらと涙がにじんでくれれば
もう、商談は成立だ。
アナタは、久保田のシリーズの段階を上がるように、
○長から○長に階段を上がってゆく。

しかし、間違っても、ボタリなどと大粒の涙を落してはいけない
「うさんくさい奴」のレッテルが貼られるかもしれない。
百寿あたりで、歩留まりになってしまう。

この7種類の久保田を一度にいただくには、
7つの大きさの違う盃を揃える。
一番大きいのが、百寿であり、
最も小さい盃が、洗心となる。
どちらから呑むかは、アナタの好みである。
さて、甘党が戻ってくる前に、一口いきますか・・・
e0077899_1213624.jpg

by ishimaru_ken | 2015-08-28 06:00 | その他
ミリバール
e0077899_11563713.jpg
 山に登るには、天気予想の知識が必要である。
現在は、ネットでもテレビのdチャンネルでも、
詳しい予想天気図が見られる。
よほどの事がない限り、荒天の中、
3000m級の山岳に迷い込む事はない。

ところが・・
40年以上前、天気予想には、ラジオの短波放送だけが頼りだった。
定時になると、ラジオから、低音の怖~い声が流れてくる。
「北北東の風、風力3、1014ミリバール」
日本中にある様々な箇所の、現在の風と気圧を読み上げている。
テレビで聞く、ヘクトパスカルと云う気圧表示は、以前、
ミリバールと呼ばれていた。

このラジオからの声を、暗い山の中で、
テント内、一人で聞くのである。
聞きながら、専用の日本地図のすべての箇所に書き込んでいく。
その気圧配置を線でつないでゆくと、天気図が出来上がる。
ラジオを聴くだけで、明日の気象予報が出来る。
うまいシステムだ。

問題は、ミリバールである。
真っ暗な山中・・
ラジオから、低~い声が聞こえてくる
「・・・ミリバール」
アナタ!
このミリバールを、低い声でつぶやいていただきたい。
次に、ヘクトパスカルと声に出してみよう。
どちらが不気味かは、明白だ。
「ヘクトパスカル」と、子供に聞かせれば、笑いだす。
逆に、
スリラー映画のタイトルに、コレがあっても私は驚かない。
《ミリバール》

ところで、なぜ、ミリバールからヘクトパスカルに変更したのだろう?
まさか、「山の中で聞くと不気味だ」という意見が通ったのだろうか?
私のような怯え人が大勢いたのだろうか?
変更の理由は・・
一晩に、何十回もミリバールと聞かされ続けた大勢の怯え人が、
ついに反旗をひるがえした!
うん、たぶんこれだナ。
e0077899_11561268.jpg

by ishimaru_ken | 2015-08-27 05:55 | 昔々おバカな話
山の天気
e0077899_11534670.jpg
 《山の天気と女心はコロコロ変わる》
と誰かが言ったような気がするが、さほど山の天気は変わる。
変わるってことを知っていても、変わった途端、
「さっきまで、あんなに晴れていたのに!」
ベテランさえ、驚いている。

人は、晴れていれば、積極性が増し、
曇って雨でも落ちてくれば、消極的になる。
ほとんどの人がそうなる。
たった5分10分で、真反対の性格になったりする。
その最も危ない例は、こういう時だ。

朝、晴れていた山中で、急に雲がひろがり、
ポタポタと雨粒が落ちてきた。
「このまま進むのは、危険だな、引き返そう」
そう判断し、雨具を引っ張り出している最中に、
稜線のところに、一瞬、真っ青な空が広がったりする。
一部分でしかないのだが、陽がさしてきたりする。
すると・・
「行けるんじゃないのかナ?行ってみようか」
一喜一憂という言葉にスッポリはまってしまうのだ。
一瞬に過ぎない晴れ間に積極的になり、
黒雲に、消極的になる。

特に、山の秋の空は、分単位でコロコロ変わる。
しかも、《秋の陽のつるべ落とし》とも言うし、
台風はやってくるし、
まったく秋は、山登りには向かない。
ところが、そこには、紅葉という魅力がおいでおいでをしている。
困ったものだ。
山の紅葉は、平地の紅葉とダイナミックさにおいて、ケタが違う。
「ナナカマドの赤を観ていると、目が赤になる」と言った人がいたが、
(ヘタクソなセリフを言うのは、たいがい私だ)
確かに、そんな感じがする。
e0077899_1285273.jpg

by ishimaru_ken | 2015-08-26 05:52 | スポーツ
宇宙パズルは解けたのか?
e0077899_11493380.jpg
 宇宙パズルの締切時間が過ぎてしまった。
さっきまで、眠い目をこすりながら、
真っ白なピースと格闘していた。
出来なければ、宇宙飛行士にはなれないのである。
(コレが出来たとしても、私はなれないだろうが)
悔しいじゃないか。

途中で、何かヒントはないものかと、
買い求めた入れ物をもう一度眺めてみた。
おっ、裏に何か書いてあるゾ。

 注意事項;
 「人に向かって部品を投げるなど、本来の用途以外に
  本製品を使用しないでください」

ドキッ
つまり、なかなか出来なくて、いらいらして腹が立って、
「なんだこんなモン、コンチクショウ!」
本品を投げつけた人がいたんだろうナ。
今、読んで、良かった。
さっき、はからずも投げつけようとしたのだ。
このパズルの製作者は、先読みしている。
私ごときの不埒な心は読まれてしまっている。

あと、10個となった辺りで、
どこにもピースがハマらなくなった。
間違えてハメたピースが存在している。
それがどれだか分からない。
虫ピンを利用して、一つ一つ外してみるのだが、
すべてが連動しているので、
一つが間違いであれば、その周りに影響は及ぶ。
どんどん外されてゆく。
そして、又、ピース探しだ。
こいつを延々と繰り返していた。
そして、あと10ピース辺りで、
再び立ち止まってしまった。

今、私は呆然としている。
がっかり、という言葉の方が当たっているだろう。
私が宇宙飛行士になれない事は決まった。
で、こうは考えられないだろうか?
なれない事実を確認する為の作業が、
宇宙パズル解きであった・・と。

今回分かった事;
「いやあ~宇宙飛行士って、本当に凄いんだナ」
e0077899_11491315.jpg

by ishimaru_ken | 2015-08-25 05:48 | その他
宇宙パズル決行!
e0077899_1140546.jpg
 昨日、「やってみるか」と大した決心もなく、
何気なく始めてしまった《宇宙パズル》。
ひょっとすると、恐ろしいワナに嵌まってしまったのかもしれない。

アナタは、こう考えていないだろうか?
「ジグゾーパズルなんて、いつかそのうち必ずできるサ」
私もそう思っていた。
はっきり言って、ナメていた。
「たった99ピースだろう・・」

♪~ん~んふ~ん
鼻歌交じりで、封を切った。
真っ白なピースが転がった。
e0077899_11403575.jpg
端っこを選別して、四角の外周を簡単にくっ付けた。
「ほうら、簡単じゃ~ん!」
(コレが間違いだった事に、あとあと後悔することとなる)
e0077899_11412846.jpg
♪~この~木なんの木、気になる木ぃ~♪
鼻歌も好調に、次から次へ、部位をはめてゆく。
この調子なら、宇宙飛行士試験にトップの成績で受かるかも!
e0077899_1142415.jpg
♪~お~ブレーネリ、アナータのおうちはどこぉ~♪
この歌の最後のフレーズ、「ヤ~ホ~ホォトラララ」
のところで、アララララ?
全体の四角が歪んでいるじゃないか・・微妙に。
原因は何?
ドレかが、間違っているのかな?
まさか、最初の土台の部分が間違い?
だとすると、今まで積み重ねてきた努力は、無駄だ!
「え~~振り出しに戻るのかい?」

ここは一つ、宇宙飛行士になる為なのだから、
振り出しに戻した。

今度は、慎重に、外周を組み立てた。
鼻歌は禁止だ。
~時間経過~
動きがハタと止まる。
あと残すところ、20ピースを過ぎたあたりで、
どうしても、次に進めなくなってしまった。
たぶん、いくつかのピースが間違った箇所にハマっている
普通のジグソーパズルでは、色や模様で、ある程度推測できるが、
なんせ真っ白だ。
しかも、通常のジグソーでは、いざという場合、買った時の箱に、
最終全体図が描かれている。
もちろん、この宇宙パズルの袋にも描かれていた。
ただの白い四角の絵が・・・

果たして、私は、試験に合格できるのだろうか?
それとも、忍耐力の乏しいおバカ者のレッテルを、
貼られるのだろうか?
よし、時間を切ろう。
明日、この時間までが、締切だ!
ヨーイ、どん!
e0077899_11441588.jpg
ま、また一から始めるのか・・・
by ishimaru_ken | 2015-08-24 05:44 | その他
宇宙パズル
e0077899_10535478.jpg
 《宇宙パズル》
宇宙探査船で有名な、ジャクサで売っていた。
説明文を紹介しよう。

 「本製品は宇宙飛行士に必要な忍耐力を
トレーニングする為に最適な
『ホワイトパズル』です」

しかも、こんな事も書いてある。

 <宇宙飛行士 選抜試験 過去問題>

裏には、こうも書いてある。

 <本製品は99ピースホワイト(白無地)パズルです!>

開けてみた。
なんと、ジグソーパズルの真っ白バージョンではないか!
色の傾向で、隣同士を推測できない。
形のみで、隣を探さなくてはならないのだ。
どうする?
やってみるか?
たかが、99ピースじゃないか・・・
よし、開けよう・・
ハサミを持ったところで、ハタと手を止めた。
コレって、選抜試験に出されるほどだから、
かなり難しいんじゃないのか?
もし出来なかったら、世間様に顔向けできないんじゃないのか?

現在、宇宙ステーションで地球を回っている油井さんも、
当然ながら、クリアしたんだろうナ。
どうしよう?
e0077899_10533722.jpg

by ishimaru_ken | 2015-08-23 05:46 | その他
モグラでさえまいる夏
e0077899_10425087.jpg
 真夏は風呂を沸かさず、シャワーで済ます私だ。
しかも、湯は使わない。
ノズルから噴き出すのは、冷水である。
ひんやりした水を全身に浴びる。
しかし!
今年の水道はヌルい。
水をかぶって、キャッなんて声すら出ない。
ヌルっとした水らしきものが、頭からかけられている。
地下に這わされた水道管ですら、炎熱に犯されている証拠だ。
だからだろうか・・

この夏、モグラの活性が低い。
いつもなら、庭の地面にボコボコ穴が開き、
黒い土が盛り上がっているのに、
今年はその気配がない。
生きているのかすら分からない。

モグラ退治は難しい。
クルクル回る音のする風車を差したり、
ゴキブリホイホイの大型を設置したり、
硫黄が効くと教えられ、阿蘇山に赴き、硫黄を買い求めたり、
色々やってみるが、
いったい効いているのかどうか定かでない。
それほど、生命力が高いモグラだ。
その類いまれな生命力ですら、この夏の熱には、参っているらしい。
モグラ退治に精を出していたものの、
いざ、弱っているのかと思うと、
逆に、なんとか助けてやりたくなる。
トムとジェリーみたいなもんだ。

好物のミミズを取ってきて、撒いてやろうかナ。
e0077899_10415584.jpg
  地下洞窟にもぐる モグラ人間
by ishimaru_ken | 2015-08-22 05:40 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧