<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ラグビー オフサイド
e0077899_19535767.jpg
 ラグビーで最も難解なルール、
 《オフサイド》

サッカーのオフサイドがよく解らないと、
文句を言っているアナタ。
大丈夫です。
ラグビーのオフサイドは、実は、分かりやすい。
サッカーより、はるかに解りやすい。

先日、モールとラックという状況を説明した。
 モールとは、立ってゴチャゴチャ揉めている状態。
 ラックとは、寝転んで、ゴチャゴチャしている状態。
いずれも、その時、
《オフサイドライン》という線が出来る。
エンドラインと並行に引かれるバーチャルラインだ。
その線を超えて、敵方ディフェンスの選手は、
アタックできない。

おっ、私は今、バーチャルラインと言った。
テレビでは、アメリカンフットボールなどで、
ゲインラインをバーチャル映像で、<線>として、
表している。
では、なぜ、ラグビーでやらないのだろうか?

たぶん、出来る。
審判経験者をスタジオに招き、マウスを持たせ、
バーチャルラインを、
瞬時に、「ここです」とポイントすればいい。
すると、どうなる?

仮に、オレンジの線が、グリーンの芝生の上に、引かれ、
そこを超えてアタックする敵方の選手は一目瞭然だ。
ピ~~~~
テレビを観ている観客は、
オフサイドの笛の意味が、理解できる。
「だって、超えたも~ん」

なぜ。取り入れられないのか?
恐らく・・・
ラグビーとは、紳士のスポーツである。
ゆえに、審判の判断が最高裁判所的な決定権を持つ。
あまりにもアバウトな状況を、
判断しているのが審判だ。
その権限に、あえて踏み込もうというのが、
このバーチャルだ。

どうです?
日本のテレビ局が先駆けてやりませんか?
e0077899_1953106.jpg

by ishimaru_ken | 2015-09-30 05:51 | スポーツ
ラグビー ノット10m
e0077899_10253441.jpg
ラグビーのルールをひとつ
 《ノット10m(テンメートル)》
読んで字のごとく、10mないヨ。

ホイッスルが鳴り、相手が反則を犯すと、
我らにペナルティキックが与えられる。
その時、すぐにボールを蹴ったとしよう。
ところが、敵の選手が、キッカーの10m以内にいた場合、
再び、ペナルティが与えられるのだ。
ピ~~~
その代償は、10mの前進。
「蹴る選手の邪魔をするな」という法則だ。

つまり、ホイッスルが鳴って、自分たち側に非があったと察知したら、
すぐに立ち上がって、10mの輪から逃げなくてはいけない。
もし間に合わなければ、再び、ホイッスル。
すると、キッカーは、10m前進してくる。
すぐ又、蹴る。
おっと、10m逃げそこなった。
ピ~~~
又、10m前進。
それそれ逃げろや逃げろ!

代表レベルでは滅多にないシーンだが、
ぼやぼやしていると、このルール攻めにあう。
どんどん後退していって、トライなんて目にあう。
その昔、高校生レベルでは、時々お目にかかった。
《ノットテンメートルの罠》
子供の頃やった、鬼ごっこに似てなくもない。

このボールを蹴る役目は、
背番号9の、スクラムハーフがやるのだが、
彼は、きっと小学校の時、鬼ごっこが得意だったに違いない。
現日本代表の、田中選手にインタビューしてみたいものだ。
「鬼ごっこ好きでしたか?」
e0077899_10235125.jpg
    金庫から10m離れなさい!
by ishimaru_ken | 2015-09-29 05:45 | スポーツ
ラグビー スローファード
e0077899_10193796.jpg
 ラグビーのルールをひとつ
《スローファード》
自分の前方にボールを投げてはならない。
前方とは・・・
敵陣に向かって立った時、両手を広げた方向180度、
それより前が、前方だ。
パスする時、ボールの軌道は、常に、後方でなくてはならない。
前方でさえなければ、
ずっと後ろでも、少しだけ後ろでも構わない。

「え~それじゃあ、前に進めないじゃないですか?」
その通りだ。
後ろにばかり投げていたのでは、いつまで経っても、
ゲインライン(最初のボールの基点)を超えられない。
そこで、選手は、常に前に走りながらパスを受け、パスを投げる。
どこかで、ゲインラインにいる敵の隙間を見つけ、突破するのだ。
もしくは、ドカ~ンとぶつかって、1mでも2mでも前進する。
うまくスルリと抜けると、大きく前進する。
敵もさるもので、タックルをしかける。
そこで、タックルを受けながら、後ろから走ってきた仲間に、
ヒョイとパスするのである。

意図しなくとも、ほんのちょっとでも前方にパスを放ると、
ピ~~
「スローファード」
相手ボール、スクラムとなる。
スクラムって何?
とは、聞かないで欲しい。
こいつはややこしい説明が長々続くので、あらためて・・

「そんなのイヤだ、前に投げたい」
わがままを言い出した輩が作ったスポーツが、
アメリカンフットボールだ。
ところが、このアメフトでも、
ボールを落とすのだけは許さなかった。
昨日の、子供にでも分かる《ノックオン》の怖さがここにある。
e0077899_8463594.jpg

by ishimaru_ken | 2015-09-28 05:57 | スポーツ
ラグビー ノックオン
e0077899_10105872.jpg
 ラグビーのルールを、ひとつ。
《ノックオン》
ボールを自分の前に落としてはいけない。
日本的な言い方をすると、「お手玉はダメよ」となる。

日本のラグビーの試合を観に行くと、ホイッスルの大部分が、
このノックオンの違反であった。
ポロポロポロポロ

いい訳は、色々ある。
「だって、雨が降ってるんだモン」
「だって、回転がむちゃくちゃなボールが来るんだモン」
「だって、僕ら、指短いんだモン」
今、指短いと言ったか?
確かに、日本人は、手のひらが小さい
指短い。
片手でボールを掴んでいる諸外国の選手のマネが出来ない。
野球のボールなら落とさないが、ソフトボールは、
掴み損ねて落としてしまう、と云えば、分かり易い。
中には、バスケットボールを片手で掴むような巨漢と、
日本選手は戦っているのだ。

ところが、今回の日本代表は、ノックオンが少ない。
なぜだろう?
彼らは、この4年間、練習の中で、面白い試みをしている。
ボールに滑りやすい物質(油?クリーム?ワセリン?)を塗り、
パスの練習をしていたと伝わる。

ラグビーのルールは、判りにくい。
初めて観る人には、
なぜ、試合が止まってしまったのか理解できない。
しかし、ノックオンだけは、分かる。
「落としたヨ」
テレビを観ている子供らが口にする。
「あっ、又、落とした!」
指差している。
「アレッ、あの人、落としたのに、笛ならないヨ」
『今のは、後ろ向けに落としたからセーフ!』

審判は、ノックオンを見つけると、
片手を直角に曲げ、そのヒジを、反対の手で触る
コレが、ノックオンの表現。
それを踏まえて、アナタに警告しておきたい。

アナタが寿司屋のカウンターで寿司を頬張っているとする。
ポロポロこぼしたとする。
もし、カウンター向こうの板さんが、ヒジに手をやったら、
彼は、間違いなく、元ラガーメンの寿司職人だ。
彼は、たしなめているのである。
(前にこぼすんじゃない!)
e0077899_10102525.jpg
 ロシアのベンチは高くて、日本人の短い足が浮いている
by ishimaru_ken | 2015-09-27 06:09 | スポーツ
ラグビー シンビン
e0077899_11401253.jpg
ラグビーのルールをひとつ
 《シンビン》
重大なる違反をした選手は、イエローカードを出され、
10分間、グラウンドの外に退出される。
二回シンビンをくらうと、退場になる。
シンビンなどと、いかにも日本語らしい語感だが、
イギリス語である。
SIN(罪)、BIN(蓄える箱)
20年前くらいから、用いられている。

「15人制なんだから、一人ぐらい減っても問題ないでしょ」
気軽におっしゃる。
ラグビーで一人少ないと、決定的な差がつく。
ラグビーとは、<誰か一人を余らす闘い>とも言える。
人数が非常に問題になる。
ゆえに、さぼっている選手が一人でもいると、そのチームは負ける。

「ひとり余ってますネ!余ってます!」
アナウンサーが声を振り絞る。
人数が相手より、一人多い局面を作れば、トライにつながる。
なんとか、その局面を作ろうとしているのが、作戦なのだ。
そんな時、シンビンにより、敵方が、一人少なくなる。
こりゃしめたもんだ。
日本代表が、初戦の最後にトライできたのも、
敵が一人シンビンでいなかったおかげでもある。

こんなルールは他のスポーツにあるだろうか?
まずは、喧嘩から教えられるとさえ言われる氷上の格闘技、
<アイスホッケー>
溺れる為にやっているような水上の格闘技、
<水球>
この両ゲームでは、一時的に、外に出されるペナルティがある。
やはり、格闘技とあだ名が付きそうなスポーツには、
必要なペナルティなのかもしれない、

それにしても、昔、ラグビーに、
シンビンルールがなかった事自体が驚きだネ。
e0077899_11395750.jpg

by ishimaru_ken | 2015-09-26 05:39 | スポーツ
ラグビー オーバーザトップ
e0077899_9133224.jpg
 ラグビーのルールをひとつ
 《オーバーザトップ》

ラグビーでは、常にボールの周りに密集状態がおきる。
全員が立って密集している状態を《モール》と呼び、
倒れてゴチャゴチャしている状態を、《ラック》と呼ぶ。
では、ラックの話をしよう。
敵味方乱れて、倒れた状態で、ボールを奪おうとすると、
どうしても、手を使いたくなる。
しかし、ラック内では、全員、手を使えない。
使えるのは足だけだ。
敵をグングン押し上げ、足、つまり靴で、ボールをかき出す。
この行為が恐ろしい。

その昔、私はラックの中で揉まれていた。
以前のボールは現在のように白ではなく、茶色をしていた。
色が、フトモモにソックだった。
敵の悪大将は、ボールと間違ったフリをして、
そのモモを、スパイクでガツンガツンと蹴りまくった。
審判も、「ああ、間違ったのネ」としか見てくれない。
なぜ、ラグビーボールは、茶色なの?
モモに付いたスパイクの傷にツバを塗り、
恨み言を発していた。

そんな時である。
この暴挙許すマジっとばかり、味方の一人が、
相手側に、ラックの上部から跳び込んだのである。
蹴る邪魔をしたワケだ。
ピ~~~
「オーバーザトップ」
反則を言い渡された。
 ラック内では、上部に覆いかぶさって、
 ボールを出す邪魔をしてはいけない


では、昨日話した、《ノットロールアウエイ》とどう違うのか?
オーバーザトップは、故意の反則である。
ノットロールアウエイは、仕方なく転がってしまったので、
敏速にその場からいなくなれば、許される。

ラグビとは面白いスポーツで、
審判がゲーム中に、指導をしている
テレビにも審判の声が聞こえるので、耳をそばだてておくといい。
「ロールアウエイ!ロールアウエイ1」
倒れている選手を指差し、声を張っている。
すぐどかないと、ノットロールアウエイの笛を吹くぞ!
ピ~~~
「君の場合は、わざと上にかぶさったので、
 オーバーザトップ!」

この時、「いえ、わざとじゃありません!」
審判に逆らったらどうなるか?
ピ~~~~~
一際大きな笛が響き、イエローカードを出される。
これが、《シンビン》という昔なかったルールである。
うぅ、紙面が尽きた・・又、明日。
e0077899_1128628.jpg


by ishimaru_ken | 2015-09-25 05:53 | スポーツ
ノット ロール アウエイ
e0077899_2146678.jpg
 ラグビーのルールは、日々変わり続けている。
45年前のルールからすると、
隔世の感がある。
得点も、かなり違う。
トライ、及び、トライの後のキックポイントは、
3-2の時代があり、
4-2もあった。
現在は、5-2である。
これとて、将来変わるかもしれない。

では、ラグビーのルールは何を基本にしているのだろうか?
たぶん、この思想がラグビーというゲームを表している。

《攻撃の邪魔をしたらいかんヨ》

卑怯なマネとか、せこい振りとか、泣き言は許さんけんネ。
守っている側には、常に紳士たるマナーを求めている。
ここに、昔、無かったルールがある。
今回のワールドカップで、
しきりに審判が笛を吹く、ペナルティだ。

 《ノット・ロール・アウエイ》

ラックという場面、
ボールを持っている側が、地面に転がり、
皆が密集しているシーンだ。
その時、ディフェンス側の人間は、その密集の中で、
邪魔な位置に意味なく寝転んでいてはならない
「アンタの身体が邪魔なんだよ!」
攻撃側の人に思われてはならない。
転んでも、すぐに、その場から必死で離れなければならない。
その意思が見られないと、審判が笛を吹く。
ピ~~!
攻撃側に、ペナルティキックが与えられる。

ラグビーとは、イギリス発祥のスポーツ。
マナーという名の、
不文律の法律が支配している国のスポーツだ。
審判を騙すなど、もっての他!
正々堂々と闘え!
だから、密集の中で、インチキはするなヨ!
倒れて疲れていたとしても、
アナタが邪魔なんだから、すぐに、立ちなさい!
 《ノット・ロール・アウエイ》
e0077899_2145536.jpg

by ishimaru_ken | 2015-09-24 05:44 | スポーツ
ラグビーワールドカップ 日本対南アフリカ戦
e0077899_10152340.jpg
 夜中に目が覚めた。
っと・・私が私に囁いている。
「おきろ」
時計が薄っすらと、1時前だと示している。
「見逃すな」

ん・・?
何を見逃すなと、私は囁いているのだ?
そう云えば、夕べ、ビデオをタイマーセットしたナ。
ラグビーワールドカップ《日本対南アフリカ戦》だ。
明日の朝、録画再生で観ればいいじゃないか。
今、眠いしぃ・・・

「おきろ」
執拗な私に無理やり起され、テレビの前に座る。
キックオフのホイッスルが鳴った。

私は、ラグビー好きである。
スポーツ観戦の中で、一番好きと言ってもいい。
(アメリカンフットボールと競いあっている)
今回のワールドカップには、並々ならぬ、情熱を注いでいる。
エディ・ジョーンズ監督になってから、
日本代表はガラリと戦い方が変わった。
強くなった。
一年前に、南アフリカと戦う事は、決定していた。
サッカーで言えば、ブラジルと初戦で当たるようなものだ。

2時間後、私はテレビの前で、呆然としていた。
意味なく歩き出し、窓を開けるや、
深夜、いや早朝の空に向かって大声を挙げた。
叫ばずにはいられなかった。
ラグビーの試合とは、感動に満ちているシーンが多い。
これまで、とても沢山の試合を観てきたものだが、
これほどドラマチックな展開、そして、
勇気を観たゲームはなかった。
その試合を、生で観た
リアルタイムで観るというのは、スポーツの本来ある観戦方法だ。

私は、なぜ私を起したのだろうか?
かような試合になると、予想していたのだろうか?
こんなセリフを囁かれたような気もする。
「生涯一度しかないような試合を、見逃すつもりか・・」
e0077899_1015090.jpg

by ishimaru_ken | 2015-09-23 05:57 | スポーツ
魚は餓死しない!
e0077899_2229308.jpg
 《魚は餓死しない》
数年前、このコーナーで述べた。
すると、たった一人、いたく感激してくれた人がいた。
ヤスタニさんだ。

ヤスタニさんとは、
お酒を呑んで楽しすぎるってえと、
階段を踏み外し、足をポキリと骨折したり、
泊まっていた宿の二階の階段からまっさかさまに転落し、
翌朝、頭蓋骨血だらけで発見されたり、
帰る家が分からなく徘徊していたり・・・
市役所に貼ってある、
《飲酒時における気をつける事柄、10選》
を、見事なまでに実践し尽し、
我々を、こよなく楽しませてくれる、
ウインドサーファーである。

そのヤスタニさんが、いたく感激してくれた標語、
《魚は餓死しない》
この言葉を、検証しようと、数年かけた。
で、今日、言い換えることにした。

 《魚は、餓死する前に、魚かアナタに食べられる》

捕食する魚が大海に生存している世界だ。
捕食の頂点がマグロやイルカやシャチだとして、
その他の小さな魚たちは、食べられる事が、
生涯の終わりを意味する。
たまに交通事故なる怪我による死亡も数えられるだろうが、
おおむね、食事が、海の基本ルールだと察っせられる。

ここで、その昔、漁師をやっていた、
ヤスタニさんに言っておきたい。
「アナタは餓死しないよネ、同類にも食われないよネ、
 ほんだら・・魚を尊重して食べようネ」

魚は、魚かアナタに食べられるのだから・・・
e0077899_22285519.jpg
       ロシアのラクガキ
by ishimaru_ken | 2015-09-22 05:49 | 謙の発見!
ロシア機内泊
e0077899_218179.jpg
 先月、自宅以外で泊った場所を書き出してみる。

・ホテル
・民宿
・山小屋
・車(ハイエース泊)
・列車(シベリア鉄道)
・機内

この最後の機内というのは、シベリアを移動する際に乗った、
飛行機の中という意味である。
シベリアはあまりにも広く、ちょいと移動するだけで、
機内で泊らされる。
夜中に、「これを食え」と、時間的には、
胃にヘビーな食べ物が出される。
食べてみると、美味しいので、つい完食してしまう。

で、到着するや、朝食場所に連れていかれる。
出てくるのはもちろんロシアの朝食だ。
量が多い。
最初から、「これだけの量ですよ~」
と出されればいいのだが、
小出しに出されるので、計画的な食べ方ができない。
「もうこれで終わりだろうな?」
と思いつつ・・・
常に、「今食べておかなければ」との思いが強く、
「いつ食べられるかわからない」脅迫感に押され、
デザートまで完食してしまう。

食べ終わるや、乗り継ぎ飛行機に乗り込む。
1時間ほど待たされた頃、
「全員、降りてくださ~い」
ロシア語のアナウンスが流れる。
降りる理由は、教えてくれない。
ロビーに移動。
その後、何のアナウンスも、説明もなく、
5時間ほど待たされる。
(朝、大食いしていて良かった!)

うとうとしていると、肩を叩かれる。
目を開けると、ロビーに誰もいない。
いつの間にか、飛行機に向かったらしい。
しかして・・
いくら注意してもきいてくれない、
母親がいくら叱っても、ききゃあしない、
ロシアの坊やの3時間にわたる椅子の背中の蹴り

耐え忍び、やっと、成田空港の滑走路に、
ランディングしたのだった。
e0077899_2175488.jpg

by ishimaru_ken | 2015-09-21 06:06 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧