<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
大晦日の節目に
e0077899_9491261.jpg
 大晦日という節目。
人間は、長い間、この節目を作ってきた。
人間だけが、思いっきり節目を作ってきた。
やたら、いろんな節目を作ってきた。
動物や自然界からすると、全く意味のない節目だ。

今年の大晦日を知っているライオンなどいない。
明日の正月を知っている鯛などいない。
よもや、来年のエイプリルフールを知っている、
カラスなどいない。

いない・・・?
ホントに、いないのか?
人間の歴史は短いものの、相当の人間が、
暴れまくった歴史でもある。
その中で、我らは節目を作り続けた。
 「この日は、正月だ!」
 「前日は、大晦日だ!」
大量の人間が、同じ方向に突き進む。
人間だって、自然動物だ。
そうすると、何かが、生まれるのではないか?
自然界の自然淘汰的な・・
何かが生まれたのではないか?

例えを、渡り鳥さんに登場してもらおう。
彼ら渡り鳥は、ある日、突然いっせいに飛び立つ。
その日は、彼らにとって、何の日?
それって、節目じゃないの?
気温とか風向きとかが、節目になったんだよネ。

そこで、人間だ。
我らは、月とか太陽とか見ちゃった。
知っちゃった。
知っちゃったもんで、渡り鳥的な、節目を見つけた。
 「今日こそ、心を入れかえる日だゾ!」
この日を、<おおみそか>と呼ぼう!
明日を、<元旦>と呼ぼう!
大勢の総意が、この日を作った。

たぶん・・・
我が家の周りを飛んでいる、
ゴミ収集家のカラスは気づいている。
 (おおみそかだ)
たぶん・・・
我が家の近くの、
枯葉をすべて拾われた木々は気づいている。
 (おおみそかに違いない)
そしてたぶん・・・
我が家に巣くう、家ダニ達こそ知っている。
 (クソッ、おおみそかかヨ!掃除し過ぎ!)
e0077899_948882.jpg
 どうぞ 良い年を
by ishimaru_ken | 2015-12-31 05:59 | その他
2015お馬鹿テン その他編
e0077899_11123459.jpg
 年末恒例、2015お馬鹿テン
 『その他編』

《ワラサの干物》     9月23日 :2014

《泳ぐメニュー 秋刀魚》 9月29日 :2014

《50%のかぶり直し》  1月3日  :2015

《靴の中にたまった砂》  1月10日 :2015

《春菊を愛でる人々》   1月25日 :2015

《ドコサヘキサエン酸》  3月5日  :2015

《エイコダペンタエン酸》 3月6日  :2015

《爪楊枝泥棒》      3月11日 :2015

《キャップを閉じる》   6月3日  :2015

《夜中に足がつる》    6月15日 :2015

《パーキングルール》   6月21日 :2015

《かわおきれいにしよう》 8月14日 :2015

《爪楊枝が無い》     8月18日 :2015
e0077899_11115537.jpg

by ishimaru_ken | 2015-12-30 06:10 | その他
2015お馬鹿テン 仕事編
e0077899_1195543.jpg
 年末恒例、2015お馬鹿テン 
『仕事編』

《活字中毒》          10月17日:2014

《目覚まし三兄弟》       10月18日:2014

《後ろを振り向く運転手》    10月19日:2014

《読み方教室》         11月19日:2014

《ぶらり途中下車の旅を一言で》   11月22日:2014

《オフタイム》        2月27日 :2015

《そういうものに私は》     2月28日 :2015

《舌を噛む》          4月29日 :2015

《ランケーブル貸して下さい》 5月20日 :2015

《今、大丈夫ですか?》    5月25日 :2015

《嚥下とウゲッ》       6月18日 :2015
e0077899_1191693.jpg

by ishimaru_ken | 2015-12-29 06:08 | 仕事
2015お馬鹿テン スポーツ編
e0077899_7152280.jpg
 
 年末恒例、2015お馬鹿テン
 『スポーツ編』

《卓球選手の運動神経》      10月3日  :2014

《秘薬はトンソク》        1月8日  :2015

《大相撲観戦には赤い服》     1月21日 :2015

《スピードチャレンジ ファイナル》1月27日 :2015

《スキーの不思議》        2月16日 :2015

《スキー場のレストラン》     2月23日 :2015

《スキーはアレと同じ》      3月3日  :2015

《リフト乗りに行ってくる》    3月4日  :2015

《鏡写しのスポーツ》       4月19日 :2015

《登り下りの挨拶》        8月15日 :2015
e0077899_749944.jpg

by ishimaru_ken | 2015-12-28 06:05 | スポーツ
2015お馬鹿テン 昔々お馬鹿な話編
e0077899_1144530.jpg
 年末恒例、2015お馬鹿テン
 『昔々お馬鹿な話編』

《ウォータープルーフ》     10月25日:2014

《こんな子に育てた覚えはない》 10月28日:2014

《北海道ではクマが》      11月8日 :2014

《武甲山の罪と罰》       12月21日:2014

《昔々そのテレビ》       1月7日  :2015

《エノケン ラジオ》      3月12日 :2015

《転校生と転校生》       4月12日 :2015

《シートベルトしてますか?》  5月24日 :2015

《チョウバって?》       5月26日 :2015

《猫Tシャツ》         8月6日  :2015
e0077899_750691.jpg

by ishimaru_ken | 2015-12-27 06:02 | 昔々おバカな話
2015お馬鹿テン 謙の発見編
e0077899_1114173.jpg
 2015お馬鹿テンの季節がやって来た。
毎年恒例と言いながら、10年を過ぎてしまった。
12月26日~30日まで。
この一年間、365日読んで頂いた中から、
きわめてお馬鹿なお話しを、ジャンルごとに毎日10本、お送りする。
なんの為にやってるのかって?
一度読んだ内容を振り返った時・・・
 「えっ、コレって、一年以内だったの?」
意外と一年は長いという驚きに触れていただきたい。
人生は、アナタが思っているより、長い!
まずは・・・

 『謙の発見編』

《中央高速の戦艦大和》    9月6日  :2014

《キャンプの達人》      9月26日 :2014

《夜中にささやく時計》    10月8日 :2014

《枕元のスイッチのひっかけ問題11月12日:2014

《隠し蕎麦》         11月15日:2014

《どれが一番早い》      11月23日:2014

《こんな所に栓抜きが》    11月26日:2014

《ネズミ島》         12月2日 :2014

《あ》            12月4日 :2014

《濡れた足は乾きにくい》   1月16日 :2015

《まぶしい》         8月12日 :2015
e0077899_7573652.jpg

by ishimaru_ken | 2015-12-26 05:57 | 謙の発見!
37年前のプレミアムTシャツ
e0077899_10555261.jpg
 「誰か持っていないかなあ?」
《つかこうへい正伝》を出版するにあたって、
著者の長谷川康夫が、あるTシャツを探していた。

37年前の舞台公演、つかこうへい作演出、
<広島に原爆を落とす日>という芝居の際、
作ったTシャツだ。
まだ、自作のTシャツを作って売り出すという事が、
盛んでなかった時代に、役者のイラスト入りを拵えた。

それが見つからない。
誰か持っていないか?
ツテを頼りに探していた。
写真に撮って、本の中で使おうとしたのである。

「イシマル?あいつは持ってる筈ないヨ」
先入観とは恐ろしいもので、
いい加減で、行き当たりばったりのイシマルが、
そんな昔のTシャツを大切にとっておく筈がない。
そういう、固定観念があったらしい。
本造りの時点で、私にお伺いすらなかった。

ところがどっこい!
「あ、持ってるヨ、着てるし」
e0077899_1054671.jpg
       加藤健一  風間杜夫   平田満
by ishimaru_ken | 2015-12-25 05:53 | 昔々おバカな話
クリスマスイブに
e0077899_10475876.jpg
 クリスマス・イブ
つまり、クリスマスの前日。

この<前日>への思い込みは常にある。
<正月>に対する、<大晦日>がそうだ。
盛り上がり方は、クリスマスイブ以上かもしれない。
なんたって、殆どの人が休みだ。
休みって事は、
「浮かれている」か、「弛緩している」。
たぶん、大晦日に関しては、
身体は弛緩しながら、心が浮かれている。
「オレ、しばらくどうでもいい」
この思いで、グダグダ盛り上がっている。

さあ、そこで、クリスマス・イブに戻ってみよう。
まだ、仕事が残っている。
身体は休まらない。
心も休まらない。
しかし、なぜか、ドキドキしている。
何かが起こるのではないか?
何かを起こすのではないか?
自分で自分が信じられなくなる・・・
一年でも珍しい一日だ。
(実際は、何も起こった事はないのだが、
 困った特異日である)
e0077899_7135999.jpg

by ishimaru_ken | 2015-12-24 05:46 | その他
夜神楽
e0077899_10445813.jpg
 《お神楽》おかぐら
九州では、秋の声を聞き、年の暮れが近づくと、
お神楽が催される。
私の大分県でも、祭りといえば、お神楽が舞われる。
神代の長いお話を、芝居風の踊りにしたのが、
お神楽だ。
 その中でも、宮崎県の高千穂の夜神楽(よかぐら)は、
さすがに天の岩戸が或ると言われるだけあって、
その規模と、本格度が高い。
20ほどの村で、それぞれの夜神楽がひらかれている。
その中の、ある村の夜神楽を観にいった。

まだ明るいうちから、お面をかぶった男たちが、
参道をたっぷり時間をかけて、
踊りを舞いながら、練り歩いてくる。
そのたっぷり度は、信じられないほどのたっぷりだ。
やがて、夜神楽の会場(神楽宿)に着く。

そこで、まずは、腹ごしらえが・・
これには、神楽を舞う側も、観る側も、
炊きだされた御馳走をほおばる。
これから夜通し行われる神事に向けて、
体力をつけておかなければならない。

やがて、かがり火が炊かれ、薄暮がおとずれると、
♪~ドドンドドン~ぴ~ひょろ、チンチキ~♪
鐘太鼓に笛が、単調な調べを奏ではじめる。
まずは、一番目の舞・・《彦舞》だ。
こわもてのお面を付けた彦が、登場し、
厳かに静かに、踊りは始まる。
(今夜は、こんな感じで、たっぷりいきますよ~)
長い夜を感じさせる舞だ。

さあ、ここから、33番の舞まで、延々続く。
1つの舞に20~30分かかる。
33番《雲下し》が終わる頃には、
すでに夜は完全に明けている。
十数人の踊り手がいるとはいえ、並々ならぬ体力が要る。
舞いの振り付けも、33番分覚えなければならない。
笛太鼓も、その過酷さゆえに、代わる代わる。
すでにボロボロになっている筈だが、
そこは、神事。
品格を決して落とさない。

そして、なにより大変極まりないのは、
観ている客だ。
寒風吹きすさぶ中、縁側を開け放した広間で、
ただただ、まぶたをおっぴろげている。
(帰りたけりゃ、帰ってもかまわない)
12時間以上の観劇など、ギリシャ悲劇でもあるまい。
ゆえに夜中にも、食事タイムがもうけられている。

踊られている流石の猛者たちが、
終わったのち、しみじみと語っていた。
「3日は足腰立たんでのぅ」
e0077899_10442829.jpg
e0077899_10444158.jpg

by ishimaru_ken | 2015-12-23 05:43 | その他
高千穂鉄道 トロッコ列車
e0077899_5164959.jpg
 高千穂の町までは、以前、
高千穂鉄道という列車が走っていた。
2005年の台風被害で、やむなく廃線となった。
しかし、高千穂駅は、現在残っている。
残しているという表現が正しい。

スーパーカートというトロッコ車両が、
観光で走っている。 
軽自動車をぶった切って、
屋根を外してオープンカーにしたものに、
鉄道車輪を付けた苦心の乗り物だ。
こいつが線路の上を走る!
天の岩戸駅まで往復する。
快適だ。1300円

っとその時、線路脇に停めてある、物体を見つけた。
金属の枠の上に、椅子を置き、エンジンらしきものが、
乗せられている。
下には、車輪が4つ。
はは~~ん、こいつは、線路の上を走る道具に違いない。
トロッコの運転手のオイチャンにきいてみた。

 「アレって、まだ走るんですか?」
 『おう、保線の時に、使こうちょる』
 「乗ってみたいんですけんど」
 『ああ、乗んない乗んない』

二人で、ヒョイと持って、線路に乗せる。
エンジンをかける。
ブルルルゥゥ~
 「アクセルとブレーキは?」
 『この棒を倒した方に進む、戻せば止まる』
もの凄く簡単なシステムだ。
 「しゅっぱ~つ!」
ゴトゴトゴトゴト~
おお~速いはやい!
スタンバイミーのメロディが耳に響く。
線路から僅かしか離れていない空間を、
裸状態で走るのは、小気味いい。
先ほどのトロッコが、オープンカーならば、
こいつは、オートバイである。
バタバタバタバタ~
 「コレ、誰が造ったんですか?」
 『ワシ』
 「元々、鉄道にお勤めで?」
 『いんや、高千穂線の只の客じゃった』
 「只の客が、なんでまた」
 『この線は、景色が綺麗でなァ』
 「ええ」
 『綺麗過ぎてなァ、毎日見てたいんじゃワ』
e0077899_5163444.jpg

by ishimaru_ken | 2015-12-22 06:01 | 昔々おバカな話



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧