<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
脅威のティーボーンステーキ
e0077899_635112.jpg
e0077899_914053.jpg
 「Tボーンステーキが有名なんです!」
イタリア、トスカーナ地方に来たら、
Tボーンステーキを食べろ、とけしかけられた。
けしかけられなくとも、Tボーンステーキ大好きな私が、
飛びつかないハズがない。

  FIORENTINA(Tボーンステーキ)
シエナの夜、レストランで、メインディッシュに指名した。
メニューに、英語表記で何か書いてあった。
  Min;2person
なるほど・・私は訳した。
「小さい、二人分たのめ」

たのんだ。
20分ほどして、おねえさんが皿をヨイショヨイショと運んできた。
ドシンとテーブルに置いた。
ビックリした。
これまで、レストランで出てきたモノの中で、
これほど驚いた事はない。
牛肉の厚さを測ってみる。
横に指を出したら、人差し指と中指と薬指の3本の高さがあった。
5センチですか!
食べやすいように、短冊状にカットしてくれている。
その一本だけで、250gを超えている。
焼き方は、超のつくレアだ。
殆どナマと言っていい。
脂肪分は少ない。

ここは覚悟するしかない。
左手にフォーク、右手にナイフ。
切断を始める。
ガッツく。
時折、ナイフをおろし、赤ワインを口中に注ぎ込む。
ガッツく。
東京の<いきなりステーキ>で350gをガッツいた経験はあるが、
その比ではない。

そういえば、アピタイザー(前菜7種)に、
サラダボール、ウサギの肉も、その前に食べていたじゃないか。
ふと、先ほどのメニューを読み返してみる。
 Min/2person
これは、こう訳すんじゃないのか?
 《最低二人で食べてネ》

おのれぇ~食った!食った!
旨かった!
助けてくれたワインボトルが空になったところで、ギブアップ。

お勘定のレシートを見て、真相が判明した。
単品64ユーロとある。
再び、メニューを振り返る。
 4ユーロ/100g
と書いてある。
つまり、
64/4×100=1600g。
1,6キロの肉塊!?
残量から推測すると・・・
どうやら、私は、900g食ったらしいです。
よいこは、最低4人で行きましょう。
e0077899_921274.jpg
 ワインのコルクを上に置いてみた
e0077899_925445.jpg
 900グラムが切り取られた
by ishimaru_ken | 2016-06-30 06:00 | 謙の発見!
シエナの街の迷路
e0077899_821799.jpg
 「カルボナーラ食わしてくれ~!」
パンクした電動自転車を押しながら、
腹ペコのあまりシエナの街なかで、叫んだら、
 「カルボナーラ」の単語だけが伝わり、
レストランのオープンに招き入れられた。
レストランと言ったが、正確には、トラットリアである。
レストランより、少し格が落ちるが、庶民的で味も問題ない。
値段も下がる。

 「ボンジョールノ」 こんちは
 「シ」       はい
 「グラッチェ」   ありがとネ

この3つの単語だけで、過ごしている私だ。
ありがとうもおししいも素晴らしいもさよならも、
グラッチェである。
目玉の大きさの表現で、その違いを出そうと心がけている。
「シ」は、街中で連発されている。
特に携帯電話では、頻繁だ。
日本でも、電話の、「はい、はい、はいはい・・」をよく聞く。
イタリアではこれが、「シ」となる。
 「シィ、シ、シシー、シシシ・・」
イヌを追っ払う発声と考えればいい。

人々は、外で食べたり飲んだりが好きだ。
広げたテントの下で、ワイワイガヤガヤ賑わう。
キャンプ好きには、たまらない環境だ。
夜になっても、外を好む人達が多い。
暗さは気にしない。
少々暗めの方が、アラが見えないのかもしれない。
カルボナーラは、日本のように、生卵黄など使っていなかった。
生の卵などもっての他だ。
チーズをドバドバかけていただいたのだが、
量は基本的に多かったナ。
ま、いっか、電動自転車押してるから・・
e0077899_8212031.jpg
e0077899_822944.jpg

by ishimaru_ken | 2016-06-29 05:44 | その他
電動自転車パンクする
e0077899_10362448.jpg
 「電動自転車の方がいいですヨ~」
街のレンタル屋に薦められて、電動自転車をゲットした私。
朝、ホテルの前で、サドルにまたがり、颯爽と朝陽を浴びていた。
これから、イタリア、トスカーナ地方の街シエナの、
古城都市に向かうのだ。
街全体が、城壁で囲われ、カタツムリのように、
頂上に向かって、常に登りの道が造られている。
だから・・電動サイクル!

漕ぎ出した!
グンッグンッ
快適に坂道を登ってゆく。
競輪選手とは、こんな感覚で上り坂を登っているのか!
驚きの感動を覚えながら、古城の急坂をこいでゆく。
あっと言う間に、テッペンの広場に辿り着いた頃だった。
ガタガタガタガタ
ん・・?
前輪がおかしい?
パンクしている。
腕組みをする。
(この急坂の街に、自転車屋があるだろうか?
いや、自転車の空気入れを持っている人が居るだろうか?)
いないだろナ。
ではどうする?

そうか!ここは、観光の街だ。
アノ人達がいるに違いない。
《サイクリングツーリスト》
いわゆる自転車野郎である。
探した・・
おお~ 野郎グループがいるではないか!
 「へい!」
 『イエェ~』
 「空気入れ持ってないですか?」
 『あるゼ、入れたげるヨ』
 「ボク、ニッポンからきた、ケン」
 『オレ、オーストリアから来た、ピーター』
e0077899_1037331.jpg
すると、必死に空気を入れていたピーターが
何か手振り身振りで説明している。
よく分からない、
分からないまま、仲良く写真を撮ってアリガトさよならした。
e0077899_10371839.jpg
走り出した、その5分後。
あっという間に、空気が抜けてしまった。
「ヌカに釘」と言っていたらしいピーター。

さて、このアップダウンばかりの坂道の古城都市。
歩くだけでも大変と言われたこの急坂を、
通常の自転車よりズシリと重い、
電動自転車を押して押して進む。
試しに乗ってみた。
ガタガタガタガタ
アゴが外れそうになった。
中世に造られた石畳は、
空気の抜けた車輪を想定していなかったようだ。
超のつく急坂では、電動自転車を担いで登った。
私は、何をしているのだろう?

「街の反対側の坂下に、メカニコ(自転車屋)があるヨ」
親切な街の人に地図まで書いて教えられ、坂を下った。
もちろん押して・・・
訪ねた店は、いかにもメカニコの雰囲気がプンプン。
しかし、誰もいなかった。
e0077899_10374131.jpg
ふたたび、坂を押して登る。
そうか・・その昔、この町を造った人たちは、
この坂を、荷物を担いで登り、下り、生活をしていたのだ。
私の場合、まだ車輪が付いているだけでもヨシとしなければ。
e0077899_1038237.jpg
e0077899_10382337.jpg
e0077899_10383757.jpg

by ishimaru_ken | 2016-06-28 05:30 | その他
シエナのホテルのカーテン問題
e0077899_9422510.jpg
 「さあ、眠るぞ」
イタリア、トスカーナ地方のシエナの街のホテルに、
辿り着いたのが、深夜だった。
部屋を暗くして眠るのが好きな私が、窓のカーテンをひく。
アレレ・・?
カーテンが、窓に対して短い。
グイっグィっ
引っ張ってみるが、真ん中に20センチほどの隙間ができる。
外の外灯の明かりが煌々と差し込んでくる。
まぶしい!
仕方がない。
対応策として(冒頭の写真)カーテンを捻じ曲げて何とかした。

グゥグゥ
翌朝・・
起きてみて、カーテンをひもといて、ナゾが解けた。
窓の外側に、ブラインドシャッターが備えてあった。
試しに降ろしてみた。
ガ~~~
真っ暗になった。
イタリアは偉いのである。
私は、浴槽の栓問題と、足洗い問題とかで、
脳みそが混濁していたのである。

「イシマルさん、イタリアまで行って、
まだ、ホテルの内部事情ばかりなんですくわぁ~?」

くわぁ~と言われたのでは、しょうがない。
イタリア中央部、トスカーナ地方のお話の始まり、はじまりぃ~

そう云えば、ローマの空港に降り立ってから3時間、
信号を見ていない。
交差点は、すべて、ロータリー形式だ。
右側通行のまま、交差点ではロータリーに入っていき、
出たい方向に、右ウインカーを出して進んでゆく。
そう云えば、の言葉をもう一回使わせて頂ければ、
そう云えば、渋滞はなかった。

トスカーナ地方は、丘陵が続く。
標高差100mに満たない丘が、延々と続いている。
日本では、丘があれば、水を求めて谷に民家が出来る。
しかし、ここでは、丘の上に人は住まおうとしている。
なるべく丘のトップに家を建てて住みついている。
見晴らしのセイなのか?、外敵から身を守る為なのか?
単なる高台好きなのか?
その高台に人が集まり、
ついには、城を造り、
外周を城壁で固め、
とんでもない規模の、城砦都市を建設したようだ。

シエナの街は、現在人口5~6万人ほどらしい。
石を重ねて造った家々が、
まるでビルディングのように、聳え立っている。
3階4階は当たり前で、6階以上もざらにある。
石廊下の通りは複雑に入り乱れ、殆どが上り坂。
滅多に道に迷わない私が、
ついに「まいった」した複雑怪奇な迷路である。

そう、この迷路に、レンタル自転車を借りて挑んだのだ。
その話は・・明日!
e0077899_9415864.jpg
   シャーッターが・・
by ishimaru_ken | 2016-06-27 05:41 | その他
トイレの横にあるのは?
e0077899_9352171.jpg
 バスルームの栓問題が解決したその直後、
トイレの横に、何かがあるのを見つけた。
コレは何だろう?
 
 子供用のトイレ?
 呑み過ぎた人用の○○吐き場?
 靴洗い場?

「ああ、それはですネ・・」
翌朝、通訳さんが、教えてくれる。
 「足を洗うんですよ。足をネ」
 『バスタブで、ではなくて?』
 「ええ、男の人は特に、ここぞというデートの前に、洗います」
 『ここぞ?』
 「チカラが入った時ですネ」

ふ~ん、
《チカラが入るデートでは、イタリアの男は足を洗う》・・と。
なるほど、詳しくは突き詰めないが、
なんとなく分かる気がしないでもない。

まあ、考えてみれば、手洗いがあるのだから、
足洗いがあってもおかしくはない。
むしろ、イタリア人が日本のホテルに泊まった折、
 「ここには、足洗いがないじゃないかヨ!」
まくしたてるかもしれない。

あるはずのモノがない
場合には、落胆するだけだが、
ないモノがあった場合は、不思議な感想が漏れるのである。
足洗いには、文化的な小さな感動を覚えたが、
ここで、イタリアの方にも、日本にきて感動してもらおう。
我らには、尻洗いがあるでヨ。

通訳さんには、こう言ってもらおう。
 「日本男児は、ここぞというデートの時、尻洗いを使うんです」
e0077899_93592.jpg

by ishimaru_ken | 2016-06-26 05:27 | 謙の発見!
イタリアのバスルームの栓
e0077899_9231573.jpg
 ホテルに着いたら、まず部屋のバスルームをチェック。
海外旅行では、お湯の出が気になる。
日本のホテルはふんだんにお湯が出るが、
海外ではお湯は、きびしいところが多い。
チョボチョボなんてのもあり、お湯は出ないところもある。
水も出ない所もあった。

ゆえに、まずはバスルームへ直行する。
さ、イタリアではどうだろう?
バルブをひねってみる。
わりとすぐにお湯が噴き出した。
すばらしい!

ん・・・?
お湯が湯船に溜まってゆくではないか。
栓が、閉まっているらしい。
みると、よくある銀色の栓だ。
どこかに、この栓を開けるスイッチなり、ボタンがある筈だ。
筈だ・・・とキョロキョロしてみるが、見つからない。
そんな筈はない。
上下左右、コックの周り、湯船の外・・・
どこを見てもない。

はは~ん、コレはあれだナ。
イギリスでも、やはり同じ目にあったじゃないか。
あの時は、栓そのものを指でグイッと押せば、
クルリと栓が回転して、湯が出て行った。
よし、やってみよう。
グイッ
(あれれ、動かない)
グイッグイッ
 (まったく動かない)
困ったな。
冷静に考えてみよう。
子供だったらどうするかな?
 (栓をとればいいんじゃないの?)
そうか、栓そのものを指でつまんでみよう。
爪に引っ掛け持ち上げると・・・
あらら、簡単に外れた。
ジャ~~~

実に簡単だったのだが・・ほんとにコレで良かったのだろうか?
この後、4日間、
水中手つっこみ爪引っ掛け栓抜き》で過ごしたのだが、
なんか、間違った東洋人を演じていなかっただろうか?
e0077899_923067.jpg

《イギリスの栓》2007;10月27日
by ishimaru_ken | 2016-06-25 05:47 | その他
シエナのホテルに到着
e0077899_911948.jpg
 さあ、ローマに着いた。
天候は快晴!
晴れ男として、世界で通用する事がわかった。
ワゴン車が、イタリア中部の高速道路を疾走する。
制限速度は130キロだと、運転手が早口、いや早舌で喋る。
走り出してすぐに、田園地帯が現れる。
ゆるい丘陵の中に、牧草地が広大にひろがり、
1時間走ろうとも、景色は変わらない。
2時間たっても変わらない。
 「この国は、農業国なんだな・・」
素朴な感想だ。

3時間似た景色を眺め、似た写真ばかり撮っていると、
目的地シエナの街に着いた。
ここのホテルに4日ほど滞在することになる。

まずは、エレベーターに乗り込んで、ハタと困った。
私に渡されたキーは、129号室。
エレベーターの中のボタンはこうだ(冒頭写真)。
は分かるが、とは何だろう?
もあるし、
マイナス1なんてのもある。
まさか、エレベーターでさっそく遭難するとは考えなかった。

ええいままよ!
適当に押してみた。
まずは、を押す。
動かない。
ならば、129号室だから、を押す。
上に上がってゆく。
一つ目で停まった。
そとに出てみて、部屋を探すがない!
次に、を押す。
2の階にもない。
ええい、でどうだ!
ブィ~~ン、下がってゆく。
すると、部屋が見つかったのである。

あとで分かったことだが、は、フロント階であり、
が地上階。
は2階(という名の3階)で、
は3階(という名の4階)。

じゃあ、マイナス1は何かと云えば・・・怖いので行かなかった。
e0077899_913837.jpg
       シエナの大聖堂
by ishimaru_ken | 2016-06-24 06:01 | その他
イタリアへの機内食
e0077899_8514935.jpg
 イタリアの旅は、13時間の飛行機にゆられる。
午後に成田をたち、現地の午後にランディングする。
その間、太陽は煌々と輝いたままだ。
夏に北極圏から宇宙に近づくと、地球の影に隠れられない。

 「どうぞお選びください」
まだ明るい中、機内食の夜バージョンがふるまわれる。
ビールにワインもそそがれる。
メニューはイタリアンだ。
イタリア、ローマへの直行便なのだから、現地食となる。
うむ・・見るからに、かなりのカロリーが含まれていると思われる。
前菜からメインディッシュまで、こってり料理が次々に・・・
旨い・・だが待てよ?

サッカー日本代表の長友や本田は、
年間イタリア往復を繰り返している。
その度に、この食事を口にするのだろうか?
これを食べて、体脂肪率10%を切るのは至難だろう。
それとも、機内では食事をしないのだろうか?
買い求めた自分なりのお弁当を持ち込むのだろうか?
その辺の話は、彼らの様々な記事の中には出てこないのだが、
記者にぜひインタビューしてもらいたいものだ。

 「ゲフッ」
体脂肪率10%を軽く超える私は、食ったばかりの腹を、
シートベルトで支え、いつまでも明るい北極圏の太陽を浴びながら、
眠りにつくのであった。
起こされる時には、朝食という名の、
さらなるコッテリが待っているのを期待しながら・・・
e0077899_8513877.jpg

by ishimaru_ken | 2016-06-23 05:43 | その他
イタリア紀行 使用前
e0077899_2347231.jpg
 イタリア、トスカーナ地方の街《シエナ》
これから、その街に行ってきま~す。
軽く書いたが、なんの話かわからないネ。

シエナとは、今はやりの
天空の街である、
それもイタリアのいにしえの古城の街だ。
街そのものが、城の城壁に囲まれ、そのまま現代まで続いている。

っと、知ったかぶりで述べてしまった。
つまり、その街の事を、私は見た訳ではない。
耳で聞いただけだ。

そこで、面白いことを思い付いた。
訪ねる前と、あとの話をここに残しておこうじゃないか!
もうすぐ成田から旅立つので、
言いたい放題述べておこうじゃないか。
帰ってきてから、感想を述べるのだろうが、
使用前使用後的な前後感を、記述しておこうという企画だ。

では、使用前(旅前)
イタリアは勿論初めて。
トスカーナ地方は、列車紀行で喋った事と映像を見たことはあるが、
行った事はない。
《シエナ》
天空の街と言われるだけあって、標高は高く、
ローマ帝国時代の石造りの街並みが、いまだに残り、
いわゆる古都の雰囲気がプンプンする街並みだそうだ。
今、「だそうだ」と、急にトーンダウンした。
そう、実は、全く知らない。
知らないからこそ、好き勝手な想像で旅立てる。

シエナがどこに在るかと云うと、
フィレンチェの近くにある・・と教えられた。
ではフィレンチェはどこに在るかと問えば、ウ~~~ン。
私の乗る飛行機は、ローマに着くそうだ。
そこから、車で3時間は走ると言われている。
気温は30度。
トリュフが有名らしい。
チーズを、ガッつけるそうだ。
猪などのジビエ料理にもありつけるってヨ。

夕食のレストランは、ホテルから歩いて20分だそうだ。
繁華街は40分だそうだ。
洗濯をしたかったら、ランドリーが、20分歩いた所にあるらしい。
ウオシュレットはある筈もなく・・・
さぁ~て、
 ユーロはどのくらい持って行こうかなぁ~?
e0077899_2347616.jpg

by ishimaru_ken | 2016-06-22 05:40 | 仕事
探検洞チャレンジ ②
e0077899_1133375.jpg
 「洞窟探検に行きたい人ぉ~!」
行けます。
電話で申し込むだけで、受け付けてくれます。
愛知県の会社です。
安全、安心、ちょっとドキドキの洞窟探検をサポートしています。

なんか、どこかの会社紹介のようだが、実際、その通り。
吉田勝次氏がキリモリしている
良いことに、洞窟は、夏は涼しく、冬は暖かいので、
一年を通してチャレンジできる。
~~~ ~~~
《地球探検社 チャオ》で検索
《地球探検社 チャオ》
~~~ ~~~
で、昨日の続きである。
 「ここから、ムツゴロウ穴と呼ばれているネ」
呼ばれているったって、吉田さん本人が呼んでいるのだ。
なんだろう?ムツゴロウ?
進んでゆくと、すぐに意味が判明した。
泥んこの中を這い進むのである。
ヌチャヌチャっ
ツナギの服が、ドロドロになる。
長靴の中まで泥が入り込み、顔にもヘルメットにも、
泥がまつわり、まさにムツゴロウ!

 「この先を下ると、得も言われぬ景色が・・・ネ」
なんだろう?得も言われぬって?
下った・・
すると、なんと!
青々した水面を光らせている地底湖が現れたではないか!
あまりの美しさに、ボ~としていると、
 「飲めるヨ」
ヒシャクを差し出してくれる。
清らかな水をすくいとり、口を近づける。
ヒシャクが冷たい。
ゴクリッ
洞窟独特の硬い水ではない。
どちらかというと、柔らかく、生まれたばかりの印象を受ける。

さあ、ここで、アナタに尋ねる。
この地底湖に潜ると言ったら、どうします?
水深は相当ある。
龍がいるかと問われたら、知らないと答えるしかない。
誰か潜った人がいるのかと問われれば、
吉田さんたちが、何度も潜っている。
この先の新たな洞窟の発見には、潜水はかかせない。

さて、今回は、水に入ることなく、先へ進んだ。
洞窟は、次々に分かれ道をつくり、
もはやどっちがどっちだか、何が何だか分からなくなった。
案内人がいなければ、帰れない。
「目印とか付けないんですか?」
『ボクら、道全部わかってるんで』
測量し、地図を作っているので、完全把握しているらしい。
3時間も這いつくばったり、クライミングしたりしているうちに、
見た事のある場所に出た。
最初に休憩した場所だ。

外に出てみれば、有機物あふれる世の中が待っている。
谷川にとび込み、全身の泥を落とす。
そのあとは、バーベキューで乾杯!
e0077899_11332240.jpg
 深い裂け目を下る
e0077899_11335899.jpg
 水路トンネル
e0077899_11341998.jpg
 迷路
e0077899_11344456.jpg
 地底湖
e0077899_11345323.jpg
e0077899_11352535.jpg
 河原で泥洗い
by ishimaru_ken | 2016-06-21 05:31 | スポーツ



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧