<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
エイーで
e0077899_6143477.jpg
 突然、何かを思い立つ。
忘れるといけないと思い、自分宛にメールを送っておく。
あとで、読んで思い出す為だ。
さっき携帯をのぞいたら、メールがあった。
《エイ~で》
昨日送ったヤツだ。
何だろう・・エイーで?
何を思いついたのだろう・・エイーで?
ウチ間違いを考慮しても、よく分からない。
思い出すまで待っていてもしようがない。
話を変えよう。
~~~ ~~~ ~~~
時計もないのに、時刻がほぼ分かる。
さっき夜中に目が覚めた。
(たぶん、2時過ぎだな)
手を伸ばし、目覚ましの頭を叩く。
明かりが灯る。
2時10分。
正解。

ウインドサーフィンをしている。
腕時計はしていない。
始めてから、5時間くらいたった。
(2時40分くらいかな)
「ねえ、今何時?」
『2時35分』
ほぼ正解。

ドラマの撮影中。
深夜に及んでいる。
腕時計をしているが、ドラマ時間に合わせているので、
腕時計をしていないのと同じだ。
(23時20分かな)
「今、何時ですか?」
『23時16分です』
ほぼ正解。
時折、役者同士で、時刻の当てっこをするのだが、
私の近似値に勝てるモノはいない。

なぜ、時刻が分かるのか、よくわからない。
普段、時計を持っていないからか?
この能力が、何かの役に立つのかと訊かれれば、
答えようがない。
たぶん、ほとんど役には立たない。
というより、立った記憶がない。

それより、こっちを思い出してくれた方がよっぽどいい。
《エイーで》
e0077899_6134262.jpg

by ishimaru_ken | 2016-09-30 05:57 | その他
オペラ歌手の基準値
e0077899_6163223.jpg
 「喉で歌っているんじゃないんです」
オペラの出演者が、ボソリとつぶやく。
今、つぶやくと言ったが、そのつぶやき自体の音量が大きい。
 「頭蓋骨を振動させるんです」

言いながら、実演してくれた。
実演とは、大きな声を響かせたと云う意味だ。
私の耳との距離は、1mほど。
やばい!
思わず、後ずさりする。
5m離れた。
空気が振動しているのがわかる。
音叉を置いておけば、共鳴するハズだ。

気象庁の台風情報では、
 『半径○キロ以内では、20mの暴風が』
 『半径○キロ以内では、35mの・・』
などと表現する。
コレをオペラ歌手に当てはめよう。
 『半径5m以内では、消防車のサイレンレベル』
 『半径2m以内では、ジェット機の轟音をまじかで』
 『半径50センチでは、削岩機の真横に・・』

ただし、デシベル表示の大きさであり、
音色自体は美しい。
なんたって、歌を歌っているのだから・・・
ゆえに、離れて聞いている分には、快適である。
では、どのくらい離れていればいいのか?
その目安を示す値を作るべきであろう。

 《アナタの声は、10m》
 《アナタの声は、20m》
 《アナタの声は、100m》

距離で基準値を決めるとすると、
オペラ歌手は、履歴書に書かねばならなくなる。
 <バリトン48m>
 <ソプラノ75m>
e0077899_6161660.jpg
洞窟内では絶対歌わないでください
by ishimaru_ken | 2016-09-29 05:45 | 仕事
オペレッタ コウモリ
e0077899_13504642.jpg
 なんと云うことだ・・
初めて、出演することになったのだ。
 《オペレッタ》

オペレッタとは、オペラの芝居バージョンだと思えばいい。
喜劇オペラとでも言おうか。
題名は、《こうもり》
古典である。
「歌うんですか?」
いい質問だ。
 『歌うかもしんない』

ウソです。
今、稽古をしている。
この稽古が、実は、とんでもなく恐ろしいモノなのだ。
何が、恐ろしいかって・・・
アナタは、列車が走ってくるガード下に、
立ち続けた事がありますか?
アナタは、お寺の鐘の中に立ち、
ゴ~ンと鳴らされ続けたことがありますか?

音の脅威です。
声の脅威です。
世の中にこんなに声の大きな人がいるとは知らなかった。
役者として、舞台にさんざん立ってきた私なのだが、
もの凄く大きな声の人を知っているハズの私なのだが、
声の大きさとしては、レベルが違った。
とんでもなかった。

オペレッタでは、基本的に歌を唄うのであるが、
大きな劇場で、マイクも使わずに声を響かせる人達の集団だ。
そんな人が、狭い稽古場に集まり、
本番さながらの音量で、歌う。
そこに、私は・・いや、私のむき出しの耳が存在している。

生まれて初めて、声の音量が怖いと思った。
次の稽古から、私は、ヘッドフォンを持参した。
ヘッドフォンを持参するのは、今年2回目だ。
一回目は、アイマックシアターの轟音を避ける為だった。
つまり、マイクもスピーカーも使わないオペラの方達は、
アイマックスシアターのどでかいスピーカーと同等か、
それ以上の肉声を持っているという証明である。

稽古が終わり、食事に行った私は、
レストランで不自然な大声で会話をしていたらしい。
なんと、耳が、瞬間難聴になったのだ。
今、私はテレビを見ているのだが、
異様な音量で聞いているらしい。
どうやら私は、稀有な経験をしたようだ。
e0077899_13502846.jpg

by ishimaru_ken | 2016-09-28 05:49 | 仕事
クマに会ったらどうする?
e0077899_661635.jpg
 《クマにあったらどうするか》
文庫本を見つけた。
筑摩書房  片山龍峯著
アイヌ民族最後の狩人 姉崎等

常々、クマに出会ったら、どうするか?
テーマであった。
山に頻繁に登る人間として、避けて通れない課題と言える。
アフリカのナイロビであれば、
「ライオンと会ったら、どうするか?」
になるのだが、ある意味幸せなことに、日本にも猛獣はいる。
毎年、クマに襲われた悲報が新聞に載る。
その時、マスコミは様々な、もっともらしい専門家の意見を載せる。
テレビでも語る。

死んだマネはダメ。
逃げるな!
木に登るな!

「ホントはどれなんだ?」
切羽詰った状況で、我々が取らねばならない行動を教えてくれ!

この本は、丁寧懇切に、教えてくれる。
ダイジェストだが、本の中から一節をピックアップしよう。
しかし、あくまでも、ダイジェストに過ぎない。
気になる方は、この本を買い求めてネ。
~~~ ~~~ ~~~
<予防策>
1; ペットボトルを押してペコペコ鳴らしながら歩く。
2; 樹木を細い棒で縦に叩いて音をたてる。

 <クマに会ったら>
3; 背中を見せて走って逃げない。

4; 大声を出す。

5; じっと立っているだけでよい。
  その場合、身体を大きく揺り動かさない。

6; 腰を抜かしてもよいから動かない。

7; ニラメッコで根くらべ。

8; 子連れグマに出会ったら子グマを見ないで、
 親グマだけを見ながら静かに後ずさり
 (その前に母グマからのバーンと地面を叩く警戒音に、
  気をつけていて、もしもその音を聞いていたら、
  その場をすみやかに立ち去る)。

9;ベルトをヘビのように揺らしたり、
 釣り竿をヒューヒューと音を立てるようにしたり、
 柴を振りまわす。

10;柴を引きずって静かに離れる(尖った棒で突かない)。
 ~~~ ~~~ ~~~
さあ、どうだろう?
気になるアナタは、読んだ方がいい。
姉崎等(あねざきひとし)・・・凄い!
究極は、こうも書いてある。
「クマの喉に腕ごと突っ込んで、舌を掴んで動かす」
e0077899_651973.jpg
  最近は空手で撃退した方もいた
by ishimaru_ken | 2016-09-27 06:04 | 謙の発見!
台風と緞帳
e0077899_558471.jpg
 「台風と、音もなく緞帳があがる瞬間が好き」
30年ほど前、舞台のインタビューで答えた事がある。
緞帳(どんちょう)とは、舞台と客席を隔てる幕である。

台風とは、忌み嫌われる自然現象だ。
地震、雷、火事、オヤジには含まれていないが、
日本に住む者にとっては、その筆頭にあってもおかしくない。
ところが・・子供にとって、台風とは、
秋に訪れる取っておきのイベントなのである。
大人たちが、珍しく真剣な顔でアタフタする瞬間が観られる、
稀有な時間なのだ。
絶対壊れないと思われる家が、吹き飛びそうになる怖い日だ。
滅多にない停電を味わう日でもある。
家になぜかいっぱいあるロウソクが、
突然活躍する日とも言える。
 「誕生日じゃないからネ、吹き消したらダメ!」
お母さんが、宥めたりしている。

ゴオォ~~~~~~
ガタンガタン、ピシッ!
風音の圧力で恐怖を感じる。
ピィ~~~~~~~
電線が、ヒステリックに鳴き叫ぶ。
怖い!

この時、子供達は知る。
怖れる気持ちと、ワクワクする気持ちは似ているのだ・・と。
やがて成長し、
舞台なんぞに関わった大人が、つぶやくのである。
「台風と、音もなく緞帳があがる瞬間が好き」
e0077899_557793.jpg
          相模湾
by ishimaru_ken | 2016-09-26 05:55 | 昔々おバカな話
影絵キャンプ
e0077899_20181377.jpg
 キャンプしていた。
夜の明かりは、ガスランプだ。
夕餉は、ラム肉を七輪の炭で焼いている。
ジュージュー
見事に焼けたラムを箸でつまみ、
さあ、食ったろうという瞬間だった。
パシャリッ・・仲間のカメラで撮られた。
撮られたものの、私そのものを撮ったワケではない。
ハイエースに映った影を撮ったのだ。

「こんな旅してまぁ~す」
夢あふれる防水バッグを作っている、
ストリームトレイルの会社に、写真を送った。
すると・・その写真を、
秋のストリームトレイルの雑誌の表紙に載せました、
と言うではないか!
(ま、いっか、誰かわかんないしぃ~)

ところが・・
その雑誌を見た、洞窟探検家吉田さんが、
影絵にも拘わらず、
「この横顔のおバカさ加減は、イシマルさんだネ」
見事、言い当てられた。
う~む・・喜んでいいのか・・・
悲しんだ方がいいのか・・・
e0077899_20175075.jpg

by ishimaru_ken | 2016-09-25 05:57 | その他
川の氾濫を見に行く
e0077899_1981047.jpg
 台風が近づくと、毎度のように、悲しいミュースが流れる。
「川を見に行った70代の男性が行方不明です」
なぜ、毎度毎度、このニュースが知らされるのだろう?

先ほど、ニュースのテレビ画面を見ていた。
テロップの文字が浮かぶ。
 《川の氾濫》

はんらん?
氾濫の氾の字・・
獣篇にすれば、犯罪の犯だ。
右側のツクリの部分だけを解釈すると、
<何かからはみ出る>と解することが出来る。
で、その後ろの{濫}の漢字は?
サンズイが付いている。
濫用、濫伐、濫獲、濫費、濫発。
みだりに○○する・・という意味だ。

《みだりにはみ出た川の増水を見にいく》
オジサン達は、我慢できないのである。
ルールを破った川が許せないのである。
だから見に行く。
叱る為に、見に行く。
「濫りに、はみ出るんじゃない!」

このオジサンたちは、同じ気持ちで、
濫りにルールを破る若者を叱りに行く
 「濫りに、バカな事するんじゃない!」
叱りに行ったあげく、
若者という暴れ川に流されて亡くなることもある。
悲しい。
どちらの川も濁流に違いないが、
オジサンは、どうしても気になって見に行くのである。
このオジサンをどうか責めないでほしい。
お馬鹿かもしれないが、
皆の町を流れる川が心配でしょうがないのだヨ。
若者が心配でしょうがないのだヨ。
e0077899_1915875.jpg
      豪雨時に出現する伊豆の旭滝 
by ishimaru_ken | 2016-09-24 06:02 | その他
竹鶴21
e0077899_12322933.jpg
 我が家の台所をゴソゴソと漁っていた滝田くんが、
なにやら酒瓶を見つけ出してきた。
 《竹鶴21》
ニッカの高級ウイスキーだ。
それも、21年モノである。
滝田くん曰く、何万もする代物らしい。
ホコリをかぶって台所の滅多にあけない扉の中に眠っていた。
 「呑もう!」
目を輝かせている滝田くんがいる。

パキッ
開けられた。
トクトクトク、氷の上にそそがれた。
えも言われぬ香りがする。
厚手のグラスを傾ける。
ホオォォ~~~
同時にため息が漏れる。
「うんまいでないかい・・」
その2時間後、瓶の内部が半分に減った竹鶴21がある。
困った・・ウイスキーがうまいのは、嬉しい事なのだが、
つい呑みすぎてしまうのは、いかがだろうか?

翌日、滝田くんが探っていた台所の奥の扉を、再捜索してみた。
すると・・出るは出るは・・
瓶が大量に見つかったのである。

 ウイスキー
 ブランデー
 シャンパン
 ワイン
 紹興酒
 モンゴル焼酎
 ウオッカ
 ズブロッカ
 ロンリコ
 泡盛
 有泉
 他に、なんだかわからない酒多数

リスや犬は、仕留めたエサを、地面の中に埋めておくと言う。
いつか食べようと考えているらしいが、埋めた事を忘れると言う。
《貯食行動》と呼ばれている。
これに習えば、私の行動は、
《貯飲行動》といえるだろう。

我が家の場合、滝田くんという、他動物の荒らし行動で、
エサが発見された。
このエサたちは、今、訪ねてきた他の動物らの
胃袋におさまり続けている。
ゆえに、積極的にお持ち帰りを薦めている。
中には、度数が非情に高く、
火をつければ軽く燃え上がる酒もある。
ほとんど消毒薬に近い。
動物たちヨ・・くれぐれも呑みすぎに注意せヨ!
e0077899_12324957.jpg
e0077899_123355.jpg
e0077899_12331974.jpg
  コレは何だろう?
by ishimaru_ken | 2016-09-23 05:30 | その他
ボッチャ?
e0077899_11192423.jpg
 10年ほど前、イギリスのスコットランドの町にいた。
ちいさな運動場の片隅を歩いていると、
砂がまかれた地面の上に、鉄球が数個おいてある。
重さ、2~3キロほどの丸い鉄の玉が、
6~8個、無造作に落ちている。
落ちているというより、何かに興じた名残りのように、
置かれてある。
なんだろうコレは?
ゲームだろうか?

一つ取り上げてみた。
砲丸投げ?
いや、砲丸投げは、ひとつしか投げない。
試しに放り投げてみた。
ドスン。
次に、他の球にぶつけてみた。
ガツン。
うむ、どうやら、ぶつけた方が面白そうだ。
ゲートボール?
にしては、重すぎる。
頭の上にハテナマークを灯したまま、その場を去った。

そして10年、
先日、パラリンピックのボッチャを観ていた。

私の記憶が、10年さかのぼったのである。
あの鉄の球は、ボッチャを競った名残りだったのではないか?
競技のボッチャでは、柔らかい革製の球を使っていたが、
原型は、硬い物体をぶつけていたのではないか?

あの時、私はなぜ、誰かを呼び止め、尋ねなかったのだろう?
 「ホワット イズ ディス?」
e0077899_11184723.jpg
  スコットランドの自転車おばあちゃん
by ishimaru_ken | 2016-09-22 05:52 | スポーツ
ミニトマトのヘタが憎い
e0077899_11124693.jpg
 ミニトマトのヘタが憎い。
レストランで、サラダを出される。
緑野菜に混ざって、ミニトマトが、乗っけられている。
ヘタが取られていない。
なぜ?

料理とは、目をつぶっても食べられるモノだと、思う人もいる。
昔の人間だ。
言い換えよう。
食い物とは、目をつぶっても食べられるモノだ。
ところが・・
食えないモノが堂々と差し出されている。
代表選手が、ミニトマトのヘタだ。
ヘタとは、ケツに付いている緑の筋だ。
アレを、食えるかと問われれば、
サバイバルでは、食う。
日常では、食わない。
食う人は殆どいない。
なのに、レストランでは、ミニトマトにくっ付いている。
我が家では、くっ付いていない。
その差は何だろう?

答えは、見た目だ。
緑と赤のクリスマス的な美しさだ。
その美的感覚のみで、ヘタはサラダに盛られる。
サラダどころか、ありとあらゆる皿に、
これ見よがしに登場する。
ホテルの朝食バイキングのミニトマトには、
50%の確率で、ヘタが御提供されている。
手を抜いたのではない。
あえて、付属させているのだ。

<見た目>である。
不思議だ。
見た目にこんなにコダワッた食材があるだろうか?
しかもトマトである。
美味しい食材である事は、世の人は皆、知っている。
だのに、さらに見た目にこだわろうとしている。
まだしている。

「いえ、あのヘタは、
それを持って食べる用にわざと付けているのです」

こんな言葉には、騙されんゾ。
見た目の悪い代表格、<ナス>が、
ヘタを付けて差し出された事があるだろうか?
e0077899_11123343.jpg

by ishimaru_ken | 2016-09-21 05:56 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧