<   2017年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
本マグロの大トロ
e0077899_8371222.jpg
 《本マグロの大トロ》
四国の、とある道の駅。
「もう、今日で終わりだヨ」的な市が開かれ、
近くの漁港に水揚げされた魚が、大量に売り出されていた。
ブリ、カンパチ、鯛!
その中で、異彩を放っていたのが、本マグロの大トロ。
長さ25センチ、体重ズシリ。
やはり、こいつに目が行く。
いったん手にしたカンパチを、そぉっと返し、
見入られるように、大トロを篭に入れた。
この巨体で、2000円ほど。
ご奉仕品だそうだ。

さて、どうやって食べるか?
キャンプ中である。
七輪に炭火をおこし、暖をとりながら、
まずは、刺身でいただく・・
切り身を刺身醤油に浸す。
たった一切れで、醤油の表面が、脂で光った。
ジュワ~~ン、効果音を入れたくなった。
口に放り込んだ。
舌にのせるや、溶解が始まる。
あまりにも脂が濃い。
江戸時代に、マグロのトロは捨てられていたとの逸話がうなづける。
旨さを通り越して、脂酔いしてしまう。
ワサビ醤油では、間に合わない。
ポン酢に浸して、口にする。

おお、そうか、炭火があるじゃないか!
炙ってみよう!

網の上に、ドンと置いた。
その瞬間、降り落ちた脂が、炭の炎で、
ボッ!
いきなり燃え出した。
いかんいかん、これでは燻製になる。
いったん避難させる。
どうする?
刺し身状にカットして、一切れづつ、焼いてみるか?
焼いてみた。
ボッ!
相変わらず、燃え上がるものの、なんとか火炎をやり過ごし、
ベリーレア、大トロミニステーキをつくり出した。
ポン酢でペロリ・・
ふむ・・まだ脂が多い。
よし、では、中サイコロ状にして、しばらく炙ってみよう。
トングで摘まみながら、あっちに向け、そっちに転がし、
・・している内に、アレレ?
随分小さくなってきた。
中サイコロが、小サイコロになってしまった。

しょうがない、残りは、フライパンで焼いてみよう。
ジュゥ~
あっと云う間だった。
ほとんどが液体と化し、残存物のなんと小さい事。

反省である。
焼いたりしてはいけない。
焼くなら、バーナーで炙らなければならない。
だって、寿司屋でも、カセットバーナーで炙ってるじゃないか。
ボ~~~~
e0077899_8365487.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-31 05:36 | その他
大きな信号機 発見
e0077899_9404639.jpg
 「ん・・なんか大きくないかい?」
群馬県の渋川あたりを車で走っていたところ、
赤で停まった信号機のサイズが変だ。
どうみても大きい。
普通の信号の5割増しの大きさがある。
どういう事だろう?
確かに、大きければ、見やすい。
見やすさを追求するのは分かるが、この信号だけ大きいのはなぜ?
その理由を私なりに考えてみた。

①:高齢者運転手が非常に多い地域なので、大きくした。
②:朝日、夕日が、ちょうど目に入る高さに信号機があるから。
③:周りの景色が雄大で大きいのでそれに合わせて。
④:景色が遠く、距離感が狂い、信号までの距離を間違う為。
⑤:信号工場で誤って大きなサイズを造ってしまったので。
⑥:近所の個人の方が、特別注文をし、許可が下りたから。
⑦:交通省が、実験の一環として、この場所を選んで実験中。
⑧:実は大きくないのだが、目の錯覚で大きく見える。

いかがだろうか?
⑦番あたりに自信があるのだが・・・
「なぜこの場所だけに」という問いに答えられるのは、
⑥番と⑦番だけだ。
実は、⑨番も用意してあったので、どうぞ。

⑨:交差点の名前が、明保野(あけぼの)なので、おもわず大きく。
e0077899_9403361.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-30 05:39 | 謙の発見!
峠の釜めしの窯
e0077899_936393.jpg
 《峠の釜めし》
群馬県の横川駅の駅弁だ。
40年以上前から、何度も買い求めてきた逸品である。
列車の中で、食べ、あるいは、宿に持ち帰って食べ、
その挙句に、空になった釜をしっかり我が家に持ち帰る。
持ち帰る?
なぜ?
重い素焼きの釜を、わざわざ持ち帰る。
目的はひとつ。
「自分で、この釜で、釜めしを造ってみよう」

家に持ち帰り、綺麗に洗い、干しておく。
ずっと干しておく。
不思議な事に、干し終わる頃に、最初の情熱は去っている。
空想はずいぶんした。
米をとぎ、ダシを入れ、鶏肉、シイタケ、筍、ネギ・・
頭の中では、蒸気まで吹いて、おこげまで出来上がっている。
しかし、釜は、食器棚に収まったままだ。
釜めしが造られる気配はない。
で、そのうち、場所をとっているとの見解で、そっと捨てられる。

やがて何年かすると、再び、なぜか釜が食器棚にある。
群馬に行ったらしい。
情熱が蘇えったのだろうか?
しかし、仕様された気配もなく、
植木鉢の底フタに使用する為として割られたりする。

そんな釜との関係が数回続く。
にも拘わらず、
これまで一度たりとも、釜めし制作は実現していない。
そして今、目の前に、当の釜がある。
間もなく食べ終わる。
どうすべきだろうか?

この釜に最後のチャンスを与えるべきだろうか?
それとも、きっぱりと君との縁を切るべきだろうか?
未練という名の・・・
e0077899_9355013.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-29 05:34 | 昔々おバカな話
掘りごたつが壊れた!
e0077899_9295411.jpg
 泊まった旅館の部屋に、掘りごたつがあった。
熱源は、電熱器である。

見晴しもよく、ホカホカ布団の中に下半身をつっこみ、
座椅子に座って、のんびりしていた。
眠りそうになったその時・・

ドスン!
突然、掘りごたつが傾いた。
右ひじを付いていた方向にストンと落ちた。
上部の板が滑り落ちる。
同時にグラスだの、本だのいろんなモノが落下する。
ザ~~
な・なにが起こったんだろう?
堀りごたつが壊れるって、何?

いったん体を外に持ち出し、
改めて布団をはぐって、覗いてみる。
暗いので、持参のヘッドランプを点けて潜る。
こういう時、洞窟探検をしていた備品が役に立つ。
(なんでヘッドランプなんか持ち歩いているのだろう?)

四角い足を止めてある止め木のネジが外れている。
支えを失って、この部分から落下したようだ。
掘りごたつが落ちるなどというあり得ない現象に遭遇した。
ウトウトしていた分、物凄く驚いた。
フロントに電話したいが、ちと恥ずかしい。
何と言えばいいのだろう?
「あのぉ、掘りごたつが落ちました」
意味を理解してもらえるだろうか?
ここはひとつ、見てもらった方が早いだろう。
係りの方に来て貰った。

半分地面に沈み込んでいるテーブルを見るなり、
 「こんな事は初めてです」
私だって、初めてですわい。
「いったいどうやったらこんな状態に」
別に、悪さをしてた訳ではない。
テーブルで遊んでいたワケじゃない。
ウトウトしていただけだ。
勝手に右側の足からドスンと落ちた。
白鳳関の引き技にドスンと落ちた豪栄道のようだった。

世の中に、掘りごたつが落ちた人などいるのだろうか?
私はなぜいつも、こんな事が起こるのだろう?
e0077899_9291620.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-28 05:45 | 仕事
虹の立つ家
e0077899_11481535.jpg
 大きな虹を見ることがある。
朝や夕方に海にかかる虹は、雄大だ。
アーチとは、この事だと、うなづける。

先日見つけた虹は、山の中だった。
夕方、雨上がりの山中に、大きく大きく弧を描いていた。

海の場合だと、水平線より下に、虹は下がらない。
ところが、山の場合、半円を超えて、
さらに下まで、弧が回り込む場合がある。
極端なケースは、飛行機から見る虹だ。
アレは、完全な円となる。
そこで、山は、頂に立って見ていると、
180度の地平線より、下の部分まで光が届き、
虹は目線より下がってゆく。

この虹もそうだった。
そして、右側の最下端が、なんと!
とある民家に突き刺さっているではないか!
いや、その家から立ち登る虹と言ったほうが当たっている。
勿論その家の方は知るよしもないが、
家全体が、燃え上がるような光彩にあふれている。
(そう感じているのは、視認者である私だけなのだが・・)

このケースはこれまで、あるようで、なかった。
平原の家から光が飛び出ているケースはあっても、
見下ろしている家から、光が飛び出すケースは想像していなかった。
知り合いのお宅であれば、ぜひ電話を差し上げ、
動画で実況中継をしてあげたかったものだ。
「もしもしぃ、虹がアナタの家から・・・」
e0077899_11525156.jpg
e0077899_1148160.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-27 05:47 | 謙の発見!
箸立て
e0077899_9163848.jpg
 ずいぶん、突っ込みましたねぇ、割りバシ。
お店が混んでくると、途中追加する時間がありませんものネ。
入るだけ入れとかないとね。
うどん屋、それもセルフのうどん屋は、食事時なんてものはなく、
常に混雑、混雑、ひとだかりですものねぇ。
ん・・?目を下にズラすと・・
あらら、爪楊枝もぎっしり詰め込みましたねぇ。
いったい何人分、立ってるんでしょネ。

ある意味、コレ立てるのプロの技だね。
他のテーブルに立ってる箸立ても、
ほぼ同んなじ形に盛り上がってるじゃないの。
さっき、一本取り出そうとしたんだけど、チカラいったネ。
全部が持ち上がるかと思ったネ。
朝の一本目だったからだろうネ。
まあ、一本取れば、あとは意外とスルスル出てくるだろう・・
とナメてたけれど、その考えは甘かったネ。
次の人も、チカラはいってたネ。
片手で押さえながら、引いてたネ。

一度、声を聞いてみたいものだネ、この店で。
「すみませ~ん、箸ないんですけんどぉ~」
e0077899_950281.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-26 05:56 | 謙の発見!
讃岐うどんの食べ方
e0077899_98547.jpg
 「讃岐うどんを、讃岐で食べたい」

今、讃岐うどんは日本全国に進出し、どこでも食べられる。
大きなスーパーの食事コーナーに、軒を構えている。
讃岐とは関係ない高速道路のSAで、湯気をあげている。
その昔、とんこつラーメンが日本各地に進出した現象に似ている。
そこで・・・
やはり、本場で食べてみようじゃないか!
本場のシステムを体感しようじゃないか!
本場って、讃岐じゃないか!
足を運ぼうではないか!
ないか!

関東から、車で向かった。
遠かった。
二日かかった。
本場を味わうとは、それなりの覚悟がいるのだと理解した。
《人は蕎麦を食うために、100キロ走る》
との格言をはいた事があるが、
人は、うどんにも走る能力を備えていた

うどん一玉、160円。
天ぷらと卵を付けて、350円。

かかった高速代は、片道21250円。
道中宿泊代を含めると、4万円を超えた。
「そりゃあんた、よっぽど旨いうどんじゃろナ」

朝、7時からやっている店もある。
若いアンチャンが入ってくるや、
大盛りうどんに、天ぷらをごっちゃり乗せて、
卵を入れ、無料の天カスを大量に投入し、
無料の青ネギをスプーンで10杯以上放りかけ、
慣れた手つきで、ダシを注ぎ、テーブルにドンと落ち着く。
あんなに食べるのかと感心していると、
ドンと置いたその隣に、もうひとつドンが置いてあるではないか!
えっ、今のは、2杯目だったのか!
彼の一日はこうして始まるらしい。
良かったネ、讃岐に生まれて・・・
e0077899_9513560.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-25 05:43 | その他
気のゆるみで風邪をひく?
e0077899_9078.jpg
 年に一回、風邪をひく。
ご丁寧に、年末年始にひいている。
長い休みを狙ったかのように、風邪をひく。
子供の頃からの癖である。
仕事中は、ひかずに、休みになった途端、風邪をひくのだから、
ある意味、見上げた心構えとも言える。

なぜ、休みになると風邪をひくのだろう?
 「気のゆるみですよ」
当たり前の指摘をしてくれる。
ふむ・・・
気のゆるみって、何?
少なくとも、「あ~気がゆるんでるな」
そう感じた事はない。
ゆるんでいる実感がない。
遊んではいるが、ゆるんでいるとは、思っていない。
むしろ、遊びそのものも危険なので、緊張しているかもしれない。
なんたって、ウインドサーフィンも山登りもスキーも、
危険と隣り合わせだ。

今年の風邪は、四国は愛媛県の石鎚山雪中登山で、ひいた。
寒風吹きすさぶ中、汗だくで登ったので、ひいたものと思える。
しかし、気などゆるんでいない。
危険地帯をアイゼンはいて登ってゆく。
落ちたら、「危ない」では済まんゼヨ。
(ゼヨは高知だったナ)
ゆるんでなどおられんキニ。
(キニも高知かな)

風邪をひく神経のゆるみは、全く別のゆるみだとしか思えない。
休みが3日以上だとか、一週間以上だとか、
数値化できればいいのだが、
気分に過ぎないので、いかんともしがたい。
いずれにしても、
「だらしない」の一言で片づけられそうな風邪ひきである。

そして、不思議なことに、薬が効かず、熱とヒイヒイ戦ったあげく、
仕事が始まる前日には、ケロリと元気になるのである。
なんだったんだ!
オレの休暇を返せゼヨ!
e0077899_902151.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-24 05:57 | 仕事
雪の石鎚山登山
e0077899_8422855.jpg
 石鎚山(いしづちやま)に登ろう!
以前から、あたためていた山登りだ。
四国の最高峰(1982m)であり、岩場でもあり、
写真を見るたびに、そそられていた。

「よし、行こう!」
思い立った季節が問題だった。
厳冬期。
石鎚山ロープウエイを降りた所は、スキー場だった。
登山口がスキー場?
気温は、マイナス。
アイゼン履いて、雪を踏みしめてゆく。
今朝がたまで、雲一つなかったお天気が、一転カキ曇り、
強風が吹き始める。
体感温度は相当寒い。

石鎚山は修験の山とも呼ばれる。
信仰の山である。
多くの修験人が訪ねるための木道が延々続く。
しかし、この時期は、木道の階段は雪におおわれ、
完全なる雪中ザクザク登山となる。
2017年、正月2日。
登山客は、30人ほど。

山頂に着くも、15m以上の烈風が吹きすさび、
視界10m。
なあ~んも見えん。
お社にお参りして、すぐさま、下山。
下界に降り立つと、晴れていた。
そして、私は、風邪をひいたのである。
e0077899_8424025.jpg
e0077899_5165056.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-23 05:41 | スポーツ
猫の巫女さん
e0077899_924486.jpg
 四万十川のほとりにある一條神社。
おみくじ売り場をのぞいたら・・・
巫女さんの代わりに、猫が留守番をしている。
きちんと正座して、背筋を伸ばしている。

たまたまかと思い、お参りに行ったあと、再びのぞいてみたら、
変わらぬ姿勢で、参拝客を迎えている。
猫人形ではないか?
手を振ってみると、耳だけで反応する。

猫のことだから、無理やり居させられても、
すぐどこかに行ってしまうハズ。
という事は、あの場所だけを、やや暖かくしているのではないか?
それとも他を冷やしているのか?

猫に留守番をさせるのは、いいのだが、
買おうと思ったおみくじが買えない。
自動販売機もない。(あったかな?)

一応、声に出してみた。
「猫さん、おみくじ売ってもらえる?」
反応はない。
待ってみても、誰かが顔を出す兆候もない。
そこまでの、驚きのパフォーマンスは用意されてなかった。

ミケ猫はいるが、ミコ猫はそうそういないだろう。
四万十は、川だけを注目しなくても、よいようだ。
ん・・?
首に何か札を下げているゾ。
文字が書いてある。
 『おまいり ありがとう』
e0077899_9243511.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-22 05:36 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧