<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
絵を描きたい
e0077899_8503585.jpg
 その昔、私が通った高校は、進学校であった。
勉強にことのほか熱心な授業が行われていた。
一日7時間、いや8時間授業もあった。

その中、一応、芸術系の選択授業がある。
美術か音楽か選びなさいと入学時に問われる。
迷うことなく、美術を選んだ。
絵が好きだったからという理由に過ぎない。
一週間に、一時間の授業時間に絵を描いた。
楽しかった。
夢中になった。
出来た絵を自分で見た。
ヘタだった。

ヘタだが、絵を描くことは好きだった。
「絵の道に進みたい!」
一瞬、思いが膨らんだ。
当時、下宿をしていた4畳の部屋で、絵画作成に励んだ。
毎日、自分で拵えたキャンバスに、油絵を描いた。
 「あまりうまくないな・・」
答えが出た。

突然、断筆した。
プロでもないのに、断筆宣言をした。
そして・・・数十年。
いまだ、絵筆を握っていない。
時折、へたくそな挿入挿絵を描いているが、
見てのとおり、ヘタクソだ。

いつか、絵を描きたい。
その頃の想いは変わらない。
・・・最初に描くのは、
《自画像》にしようかなぁ~
最もヘタさが分かりにくいだろうから・・・
e0077899_8501224.jpg
  私が描いた絵ではない。
  冒頭の上臼杵駅を誰かが描いた絵
by ishimaru_ken | 2017-08-31 05:48 | 昔々おバカな話
おだたる
e0077899_8331857.jpg
 時折、こういう事をやっちまう時がある。
写真のようにだ。
パソコンの前に、酒グラスを置き、
あろうことか、イワシの焼き物を置き、
箸でツマミながら、文字を書いていたりする。

滅多にないことだが、言ってみれば、
<機嫌のいい日>だ。
ところが、コレは危ない。
キーボードにいつ水滴を落とすか分からない。
水滴どころか、グラスごと、ぶちまけるかもしれない。
調子に乗って、醤油に浸したイワシの身が、
ポタリと落ちるかもしれない。
なんせ、集中しているのは、パソコン画面だ。
落ちたことすら気付かないかもしれない。

 「あれぇ~パグっちゃったぁ~」
のん気にアクタイをついた原因が、
自分の機嫌だったのかもしれない。
機嫌のいい日は注意得意日かもしれない。
子供は、おだたると、ケガをしたりする。
おだたるとは、
異様に興奮して普段の自分以上に、
何かが出来るような気がしている状態である。
調子にのった絶好調だと勘違いしている。
あくまで勘違いなのだが、
これはこれで良い傾向なのかもしれない。

おだたった自分を知るのも、大切な経験だ。
アドレナリンがやたら出てしまったボクを、
制御する方法を覚えるいい機会だと捉えよう。
ここまでは、子供の話だ。
大人になったら、そう易々と、おだたらなくなる。
よっぽどの状況がこない限り、おだたりはしない。

 文学賞を受賞したとか、
 マラソンで優勝したとか、
 全国将棋大会で優勝したとか、
 逆転ホームランを打ったとか・・・

とかは、そうそうやってこない。
せっかくやってきても、
「ここは大人なんだから」と、大人的な制御が働いてしまい、
冷静でいようとする自分がいたりする。
残念である。
子供のように、泡を噴くほど、おだたって欲しいものだ。
・・っと、ここで?

《おだたる》を辞書でひいてみたのだが、出てこない。
今、家人に訊いてみた所、知らないという。
なんと、《おだたる》は大分の方言だったのだ。
し、知らなかった。
知らずにこれまで使っていた。
随分使用した覚えがある。
聞いた方は、私が喋っている内容を理解できなかったハズ。
困った・・・
このほかにも、
まだ私が方言を使って喋っている言葉があるに違いない。
ガ~~~~~ン
e0077899_8301871.jpg
 大分県豊後高田市のボンネットバス   昭和の町
by ishimaru_ken | 2017-08-30 05:25 | 昔々おバカな話
ライトを人に向けるな
e0077899_21404134.jpg
 《ライトを人に向けるな!》
本日のテーマは、ライトだ。

映画を観ていると、よくあるシーン。
 懐中電灯を照らしながら進んだ先に、
 誰かがいる。
 その顔を照らす。
 奴は、手で目をふさぎながら、しかめ面をする。

人は、ライトを顔に当てられるのが嫌いだ。
どのくらい嫌いかと言えば、
「ふざけるな!」
コブシを振り上げるほど嫌い。
その昔の、刑事モノの取調室では、必ずと言っていいほど、
裸電球ライトが、犯人に向けられた。
 「ネタはあがってんだヨぉ~!」
ライトを顔面に当て、これでもかこれでもかと、
光攻撃をした。
(今ドラマでは、そんな事は出来ないが)

アナタは、キャンプ場にいる。
夜、ライトを持って歩いている。
向こうから誰かがやってくる。
向こうもライトを持っている。
当てる。
当てられる。
お互い、相手が誰なのかを知る為に、ライトを当てる。
不愉快極まりない。
この状態を、ある例えにすると、
西部劇のガンマンが荒野で出会い、
銃を相手に向けている状態に似ている。
不愉快・・・

では、
どうしたらいい・・?

夜中に、懐中電灯を照らしながら、
前方に同じく照らす人が現れた場合・・
《自分の顔を照らす》
わたしは、こんなンですけど~
お互い、自分の顔を照らせばいい。

そんなのイヤだと、自分を照らせなく、
相手を照らし続けるならば、
相手も同じく、アナタを照らし続けるだろう。
不愉快・・・
ふ~ん・・ガンマンとして、勝つ自信がありますか?
e0077899_21402582.jpg
     舞台のスポットライト
by ishimaru_ken | 2017-08-29 05:39 | その他
寝なくていい
e0077899_21354296.jpg
 「早く寝なさい!」
叱られるのが、子供の宿命だ。
常に、寝なさいと叱られる。
一年中、寝なさいと怒られてばかりいる。
そんな子供たちが、ある時、放たれる。

キャンプ!
 「花火の後かたずけしたかぁ~?」
お父さんの声など、どこ吹く風、
真っ暗な、キャンプ場で、マナコはクリックリに輝いている。
眠る気配もない。
なんたって、いつものこごとが聞こえないのだ。
 「寝なさい!」
今夜だけは自由だと、テントの横で、
ウイスキーをちびっているお父さんが、認めている。
 「いいかげんにしなさい」
キャンプ場でもお肌の手入れに余念のないお母さんが、
お決まりのセリフを吐くのだが、
今夜だけは、聞く気がない。

 「このまま一生、起きててやる~!」
目ん玉が、目玉焼きほどに膨らんだ子供たちが、
キャーキャー奇声をあげて、走り回る。
1LDKのテントの内部を駆け回る。

外部から見ていると、テントの影絵だ。
ライトに写された子供たちの影絵が、
大きくなったり、小さくなったり、
テント内を駆け回っている様子が映し出されている。
時折、テントに激突し、膨らむ。
ふいに、大きな人間の影が映る。
さすがに、お父さんが、「コレコレ」とあやしているらしい。
しかし、その姿に小さな影が激突し、
奇声がさらにあがる。

「寝なくていい」
こんな素敵な言葉を、子供の頃に聞く。
それは、まるで、ディズニーの世界・・

では、我々大人に同じ言葉をかけるとしたら、何だろう?
たぶん・・・
 「働かなくていい」

さあ、テントを持って、旅にでよう!
e0077899_2135897.jpg

by ishimaru_ken | 2017-08-28 05:32 | その他
馬鹿の高あがり ③
e0077899_1445086.jpg
 山の頂上らしき所でくつろいでいる。
どこにいるのか、麓からの写真だとこうだ。
e0077899_146554.jpg
真ん中右あたりに岩が尖った部分がある。
そこが、私が座っている岩峰。

これを称して、《馬鹿の高あがり》とも言う。
総じて卑下して言われる言葉であるが、
私は、そう思っていない。
馬鹿、結構! 高あがり、結構!

 「アナタはなぜ山に登るのですか?」
ヒラリー卿は、「そこに山があるから」と答えた。
私は、さらりと答える。
『馬鹿の高あがりです』
馬鹿は高いところが好きなのです。
肩車、朝礼台、ハシゴのテッペン、屋根の上、
ビルの屋上、丘の上。
登らせてくれるものなら電柱。
何も殿様になって喜びたいのではない。
目線があがるだけで、喜んでいる。

さあ、そこで、問題は・・・
水中だ。
水の中でも、やはり高い所が嬉しいのだろうか?
これが説明のややこしいところなのだが、
水中は、低いところがいい。
すなわち、深いところがいい。
一番深奥部に行きたくなる。

この上下関係を紐解くと、
水平線あたりが気に入らない性格なのだろうか?
標高0mから離れたがっている。
離れたがっていると言ったが、
「ではウインドサーフィンは何だ?」
と追及されると、つらい。
まさに海抜0mの世界そのものではないか!

いったい何が言いたいのか?
自分でも分からぬままサイコロを振り、
奇数が出たら海へ、偶数が出たら山に向かおうかなと、
休日の朝日を浴びているのです。
e0077899_1471690.jpg
  標高900mの湖でウインドだと、両方クリアしているか・・・
by ishimaru_ken | 2017-08-27 06:03 | スポーツ
アルバムだけ持って
e0077899_13302287.jpg
 「地震や火事が起きたらだナ・・・」
その昔、父親が必ず言っていた言葉がある。
 「他のモノはいい、ただ、アルバム写真だけ持って逃げろ」

《アルバム》
これだけは、買えないモノだと諭していた。
現在のように、写真が大量に撮られる時代ではない。
一年に、数枚、撮られればいい方だった。
しかも我が家にカメラはない。
どこかの誰かが、たまたまカメラを持ち込んだ時に、
家族がこぞって集まり、パシャリに応じた。
焼きあがってくるのは、相当時間が経った頃。
父親が、丁寧にアルバムに貼ってゆく。
子供それぞれのアルバムを作ってくれた。

 「アルバムだけ持って逃げろ!」の教えは、
常に家族の頭の隅にあり、
グラッと来たおりなど、飛び出した庭先に、
アルバムを抱えた私がいたりした。
残念ながら、他の家族の手には何もなく、
指令を出した父親も手ぶらだった。
幸い、火事に会ったことはなかったものの。
おそらく火事現場でも、目らんらんの、
アルバムを抱えた私がいただろう・・

成長の記録、家族の思い出・・・
戦争で苦労した父親には、
ことのほか、家族への想いが強かった。
白黒写真を、糊でアルバムに貼り付け、
家族の歴史を綴じこめる作業に、
喜びを抱いていた。
いちページにホンの数枚。
時には、一枚だけ。
ページをめくるにつれ、成長してゆく子供。
そして、家族・・・

 「アルバムだけ持って・・・」
ほかに持って逃げるほどのモノも、
お金も無かった時代だった。
e0077899_1329512.jpg

by ishimaru_ken | 2017-08-26 05:28 | 昔々おバカな話
クライミングで手を袋に入れる
e0077899_1365086.jpg
 クライミングがオリンピックの競技になった。
クライミングには、3つの競技がある。
 リード
 ボルダリング
 スピード
とりあえず、リードの話をしよう。

16年前に、私が出会ったのが、登る壁だった。
世間では流行っていないものの、
マニアックに、岩壁を登りたい人種がいた。
自然の岸壁を登ることから特化し、
人口壁を造り、その壁を登る技術を磨いた。
それは、フリークライミングと呼ばれ、
日本国体が行なわれていた。

なぜか、私が、その国体予選に参戦していた。
51才の時である。
結果は、たいしたことなかった。

さあ、ここで、クライミングを何となく見た事のある方に、
あの行為のワケを説明しよう。
 『いちいち、おケツの袋に手を突っ込むのはなぜ?』
登っている最中に、頻繁におケツにある袋に手を突っ込む。
誰もが手を入れる。
右手を突っ込んだかと思えば、手を持ち替え、左手を突っ込む。
一段上に進んだ途端、又手を突っ込む。
登る行為よりも、手を袋に入れる行為の方が多い。
大切なモノが、あの袋の中にしまわれていて、
誰かに捕れれていないか、毎度確かめているかのようだ。
寿司屋の板さんが、握る前に、
水の中に手を突っ込むのにも似ている。
いったい、アレはなに?

はい、
アレはですネ、
袋の中にある滑り止めの粉を手にまぶしているのだが、
実は、もっと大切な意味がある。
手を袋の位置まで下げることによって、
心臓から下に手を下げている
すると、血液が瞬間的に腕に回る。
さらによく見てみると、彼らは、その手、
いや指を振っている。
プルプルと振っている。
指を振ると、血液が指先に届き、甦るのだ。

あの何気なく登っている最中に、
かくも微妙な戦いが行なわれている。
さらには、手を振り、袋に手を入れている間に、
これから先の登る行方をよんでいる。
休みながら、息を整えている。
休むといっても、その一秒一秒に指の力が失われる。
ハア~もうギリギリ駄目かも・・
イヤ~なにくそ!

ギリギリが、常にクライミングのすべてですサ。
e0077899_1341199.jpg

by ishimaru_ken | 2017-08-25 06:03 | スポーツ
グリーンカード
e0077899_12555282.jpg
 《グリーンカード》
エコカードともいい、ホテルに置いてあるカード。
備品を使いません、タオルを最小限しか使いません。
歯ブラシ持ってきてます。
髭剃り使いません。
トイレットペーパーは使い切るまで、次のを使いません。
資源を大切にする事を知らせるカードである。
だからといって、見返りがあるワケではない。
あくまで、生き方の問題を表している。

グリーンカードは、スポーツ界にもある。
サッカーの審判が持っているのをご存じだろうか?
少年サッカーに限定される。
どんなカードか?
イエローカードやレッドカードは、
危険なプレーや卑怯なプレーに対し出されるカードだ。
それに対し・・
《グリーンカード》

選手に対して審判が、グリーンカードを差し出す。
これは同じ。
選手が、良いプレー、
スポーツマンシップにのっとったプレーをした時に出される。
少年たちは、それを見て、「あれが良いプレーなのだな」と知る。
サッカーという荒くれる戦いに、正義を持ち込もうとしている。

イエローカードは、2枚貰うと、レッドカード扱いになって、
退場となる。
しかし、グリーンカードは、何枚貰っても、何もおきない。
フェアプレーを子供に教える為だけにある。
時には、チームに対しても、試合後掲示する場合もある。
これは、日本だけのルールで、
それも、U-12以下だけに適用されている。
子供の頃に、相手を思いやる考えを教えている。

ところが、現代サッカーは、
「日本人は、ずるがしさがない」と言われている。
「もっとずるがしく立ちまわれ」と、評論家も騒がしい。
子供の頃に試合で、ずるがしさを発揮した選手は、
当然、グリーンカードを貰えない。
先生にとっては、困った選手となる。
つまり・・これは、こう言われているのかな?
 「はみだせ!」
e0077899_12551146.jpg

by ishimaru_ken | 2017-08-24 05:54 | スポーツ
写真の水平
e0077899_12474254.jpg
 写真の水平がとれているのか?
我々素人に、写真を撮る時の水平はとれているのだろうか?

パソコンに溜まっている写真を取り出してみた。
海をバックの写真が多い。
当然、水平線が写っている。
 「水平ですか?」の問いに答え易い写真ばかり。
過去の写真を、調べてみた。
ほとんどの写真が、水平が狂っている。

はっきり狂っているのは、3度以上。
これはどうかな?・・で、2度。
分からない程度の狂いが、一度の傾斜。
 (ちなみに冒頭写真は左が一度下がっている)

修正アイテムを駆使し、角度を整えてみた。
整えてみると、確かに見た目が安定する。
落ち着いた実感がある。
おそらくプロの写真家は、水平が当たり前になっている。
傾いた写真には、機嫌が悪い。
ところが・・である。

水平線が写った・・例えば海などの場合は水平は分かる。
しかし、ただのポートレイトや、山の写真で、
水平が取れるだろうか?
ユトリロの絵画のような、遠近法を駆使した状況でも、
水平はとれるのだろうか?

プロは言う。
 「とれる」
たとえ、どんな状況でも、水平だけはとれると言う。
ドラマの現場にいる広報担当のカメラマンにも問うてみた。
 「水平をとって撮ってるんですか?」
 『気にしとらん』
大切なのは、役者の表情だそうです。
e0077899_12471055.jpg
              ワン!
by ishimaru_ken | 2017-08-23 05:46 | その他
マイマクラが無かったら
e0077899_12433869.jpg
 枕いのちである。
枕だけは、こだわりたい。
布団も、寝巻きも、冷房も暖房もなんとかなるのだが、
枕だけは、それなりがないと、安眠できない。
眠れないわけではないが、こだわりたい。
こだわると、旅先に、マイマクラを運ぶことになる。
マイマクラとは、ビーズ枕である。

ただでさえ、汗をかいて眠る私である。
旅館やホテルにある羽毛マクラに寝た夜には、
大量の大汗により、私型の人体汗型ができあがる。
ドラマで、ここに死体があったと表現する、
ロープの人間型ができあがる。

その原因をたどると、マクラにいきつく。
羽毛マクラにいきつく。
アメリカ映画を見ていると、
頭をスッポリ埋め込みながら、主人公が眠っている。
只でさえ、暑がりのアメリカ人だ。
暑がりの証拠に、裸で眠っている。
だのに、頭は羽毛マクラで包まれている。
信じられない。

私があのマネをしたら、
 「汗一斗、ヘチマの水も間に合わず」
となって、ベッド洪水が起きるだろう。
大袈裟だと思われる方もおられるだろうが、
はっきり言えば、大袈裟です。
しかし、大袈裟の単位で言えば、
小袈裟程度です。
ベッドは、汗みどろになる。
それもこれも、すべての原因は、マクラ。

ゆえに、私はマクラを持ち歩く。
我が家に、最低4つのマクラが装備されている。
いつでも出撃準備が整っている。

 新幹線で、どこかに行こうが、
 飛行機で、どこかに行こうが、
 車で、どこかに行こうが、
 たとえ、歩いてどこかにいこうが、
 マクラ部隊が、ついてくる。

もしマイマクラが無かったらどうなるか・・・?
仕方がありません。
シーツが、びしょ濡れになるだけです。
e0077899_12431138.jpg

by ishimaru_ken | 2017-08-22 05:42 | 仕事



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧