痛い 痛い ジンタイ痛い!
e0077899_8302512.jpg
 「痛い痛い痛いイタイイタイイタイイタイイタイ!」
私が、悲鳴をあげている。
あげている場所は、スキーリフトを降りたところだ。
リフトから降りた途端、
隣の人とスキー板がからんでしまい転んでしまった。
すると、不思議なことに、
私のスキー板がエックス状に雪面にささり、
身動きがとれなくなった。
私は仰向けになり、声をあげている。

というより、両足の膝の内側のジンタイが悲鳴をあげている。
心無い方が、ちょっとでも膝を押せば、
内側ジンタイが、ググっと伸びるだろう。
いや、ブツリと切れる気がする。
そんな状態で、私が喚いている。
 「痛い痛い痛いイタイイタイイタイ・・!」

近くにいるのは、滝田くんだ。
情けなく喚く私に呆れている。
急遽、スキー板を外してくれた。
そこまでに掛かったタイムは30秒。
私的には、永遠とも思える長いタイムだった。

恐る恐る起き上がり、ヒザを確認する。
ふむ・・なんともない。
なんともどころか・・
コレがとんでもない効果を生んだのである。

スキーとは、乗り方をかんがみるに、
カーブするときは、
ヒザの内側のジンタイが伸びる方向に力を使っている。
したがって、ベテラン選手たちの内側ジンタイは、
長年の間に、少しづつ伸びて強くなっているハズ。
そこへ行くと、新参者の私のヒザ内側ジンタイは、
まだ伸びが足らないハズだった。
そんな時、この痛い痛い事故が起こった。
するとどうなる?

スポーツジムで、リハビリを受ける患者を思い起こそう。
ある方向に、懸命のストレッチを受ける。
痛い。
相当、痛い。
「痛い痛い」と喚く。
喚きちらして初めて、その部位が伸びる

そうだったのだ!
私の膝の内側のジンタイは、事故によって、
通常のストレッチでは、やりえない強度を与えられたのである。
我慢の限界を超えて、伸ばされたのである。

さあ、それでどうなった?
その後、私のスキーは、格段にカービングが優れ、
掘れた雪面を苦にする事なく、絶好調となったのだ。
ケガの功名とはよく言ったもので、
気を良くした私が、転倒時、介抱してくれた滝田くんに、
その旨を結果報告したところ、
返った言葉は・・
 「ケッ」
e0077899_885577.jpg

# by ishimaru_ken | 2018-02-13 06:07 | スポーツ
オットセイとアシカとアザラシ
e0077899_939482.jpg
 未だに、よく解らないことがある。
随分努力したが、判別不能な奴らがいるのだ。
アナタに訊きたい。

「オットセイとアシカとアザラシを判別できますか?」

以前どなたかに、違いを説明してもらった記憶がある。
「おおそうだったか!」
はっしと、左手の上に右手のコブシを打ち付けた。
しかし、一晩寝たら分からなくなった。
彼らに関心がない訳ではない。
むしろおおいに興味がある。
だって・・・

水族館に行くと、《アシカショー》なるものがある。
当然のごとく、アシカ君がスルーと滑って出てくる。
オウッオウッ
その時に、同時にオットセイ君も登場したりする。
オウッオウッ
さらには、アザラシ君が、これみよがしに奮闘したりする。
オウッオウッ
喋り方も同じじゃないか。
オウッオウッ
この三名、芸的には、同じ芸をする。

 ヒゲの上に玉をのせる。
 ワッカを投げると、首で受け止める。
 観客に、片手を振る。
 身体の下で、両手を叩く。
 前足だけで、逆立ちをする。


さあ、今芸をしたのは、誰だっけかな?
わからない。
体色でも判断できない。
身体の大きさでも判断できない。
舞台上で、こまめに餌を投げやっているオネエサンが、
「アシカ君のあっちゃんでしたぁ~」
と云うから、アシカだったのかと判断しているだけだ。
「オットセイのおっちゃんでしたぁ~」
と言われれば、ハイそうですかと納得する。

どちらかと云えば、私は、動物の判別は得意な方である。
動物園に行っても、
猿くんと、チンパンジーくんと、オラウータンくんは、
はっきり名指しできる。
よもや、ゴリラくんにいたっては、
「君ぃ!」
肩組みしたくなる。
(ウソです、組めません)

だのに、オットセイとアシカとアザラシの判別がつかない。
水族館歴50年を超えたのに、まだ判別の方法がわからない。
ある意味、彼ら三名に失礼だとも言える。
三名に、
「ふざけんな!」
と言われても、返す言葉はない。
職業人として、同じく舞台で餌を頂いている者としては、
「アンタだれ?」はマズイだろう。

「いつも拝見しております、○○○さんですねェ~」
手をこすりながら・・・
 (アンタ誰だろう?)
e0077899_938514.jpg

# by ishimaru_ken | 2018-02-12 05:37 | その他
深雪恐るべし
e0077899_823357.jpg
 今年は、あまりスキーに行けてない。
理由は、本業が忙しいからだ。
「アータの本業は、遊びじゃないんですか?」
という突っ込みは、今はやめて頂きたい。

その中でも、隙を見つけて、スキーに行く。
今年は、雪がよく降る。
ザンザカ降る、バカスカ降る。
さすれば、スキー場に降り積もる。
私の場合、スキー履歴年数が少ないので、
雪を圧雪したゲレンデしか滑れない。
降り積もった深雪の状態で滑った経験が少ない。

さて、深雪で滑り降りるとどうなる?
今回訪ねた新潟だと、新雪は、くるぶしを越え、
ともすれば、ヒザまで没している。
スキーの板そのものが見えなくなる。
しかも・・湿度が高いのか、雪はズシリと重い。

この雪の中をカービングしようとした。
モモの筋肉が悲鳴をあげる。
ワンリフト降りると、モモの外側がブルブル震えている。
よもや、ツーリフト、スリーリフト続けて滑降すれば、
足はガクガク!
ヒザは、曲がりっぱなし。
言い換えれば、ヒンズースクワットの連続!

「よし、頂上から一気に大滑降だぁ~!」
調子にのって、やってしまった。
リフトでいうと、6本分。
圧雪していれば5分で降りるところを、
その何倍もの時間がかかる。
ブカブカの深雪を、かき分けかき分け、
ヒザは、90度以上曲がり続け、
足の周りにマトワリつく雪をはねとばし、
ハァハァ、息はあがる!

かくして、リフト動く限り滑りっぱなしを信条とする
私のスキーに、
「深雪恐るべし」、
という新たなページが加わったのであった。
e0077899_824589.jpg

# by ishimaru_ken | 2018-02-11 05:49 | スポーツ
カワハギの皮は?
e0077899_1002887.jpg
 昨日、魚の皮が旨いと、得意げに語った。
そのあげく、最後に、
ウマズラハギを釣り上げた写真まで載っけた。
さっき、その写真を見ていて気付いた。
カワハギの皮は食べないじゃないか!

そういえば、これまで、おそらく数百匹、
いやそれ以上の数のカワハギを食べてきた。
自分で捌いて刺し身にしたり、キモや、
アチコチの部分を料理してきた。
ほとんど捨てる部分がなかった。
しかし・・・
皮だけは捨てていたじゃないか!
盲点!

似た様な魚に、フグがいる。
フグの皮は旨い。
ゆがくと歯ごたえのあるプリプリとした触感になる。
ところが、カワハギの皮を食べようとは、
ツユとも考えなかった。
飲み屋でも、ソレが出てきた試しがない。
っという事は、食えないのだろうか?

手で触った限りでは、とても食べられるような気がしない。
ザラザラしている。
ワサビをおろすのに使う、鮫皮があるが、
ザラザラ感は、その次点と言っていい。
とにかく硬い。
硬いから手でバリバリと剥がせるので、名前を、
カワハギと付けられた。
剥がした途端、ゴミ袋にポイッと捨てていた。
これじゃあ、皮嫌いの人と同じじゃないか。
食ってもいないのに、捨てるとは何事だ!
チャレンジすらしていなかった。

よし、まずカワハギ釣りに行こう。
そして、なんとかしてやろう。
煮たり焼いたり蒸したり噛みついたり、努力してみよう。
結果は、その時、すぐに発表いたします。
e0077899_1001287.jpg

# by ishimaru_ken | 2018-02-10 05:58 | その他
告知 《石丸謙二郎の山カフェ》
 NHKラジオ 2月10日朝 8:05~9:55
マスター石丸謙二郎、アナウンサー池田伸子。
ゲスト、工藤夕貴さん、近藤謙二さん(国際山岳ガイド)など
山登り中継あり。
# by ishimaru_ken | 2018-02-09 09:19 | 仕事
魚の皮
e0077899_942547.jpg
                      《ワラサの皮》
 魚の皮を、まったく食べない人がいる。
まったくどころか、絶対食べたくない人がいる。
特に、干物系の魚を焼いてお出しすると、
まず最初にする行為は、魚を裏返す。
クルリ。
皮を見えないようにするのだ。
いや、見えないという言葉は適切でない。
皮を見ないようにする、が正しい。
見てしまうと、食欲がなくなるらしい。
さほど、魚の皮が、嫌いなのだそうだ。

そこへいくと、皮大好きな人(私)は、
魚を食べる最終目的を、皮においている。
甘党の方が、フレンチの最終に甘いケーキを食べるように、
魚好きにとっての皮は、デザートに当たる。

身をすべてたいらげると、コンガリと焼けた皮が残る。
表面はバリバリと硬く、裏に脂がじっとりへばりついている。
栄養学的にも、「ココを食べなさい」と推奨されている。
痩せるだの、頭が良くなるだの、丈夫になるだの、
と力説されている。

干物にすれば、間違いなく皮にありつける。
ところが、刺し身では、
いつの間にか、皮が捨てられていたりする。
勿体ない。
よって、我が家では、もちろん捨てない。
 蒸す
 油で揚げる
 ゴボウ巻きにして焼く
 刻んで、サラダにのっける

利用頻度は高い。

そして、意外なのが、マグロの皮
漁港近くの魚屋に行くと、
マグロの尻尾の部分が売られていたりする。
いわゆる、尾の身。
その身の部分を食べた後、皮を焼いてみよう。
固くて包丁を跳ね返しそうになる皮が・・・
なんと、柔らかく脂たっぷりのご馳走に変貌するのだ。
ただし、焼きたてをご賞味あれ、
冷えると、またカチコチになるでヨ。
e0077899_93191.jpg
     皮が剥げるからカワハギ
# by ishimaru_ken | 2018-02-09 06:02 | その他
石丸謙二郎の山カフェ
e0077899_20275276.jpg
 《石丸謙二郎の山カフェ》

2月10日、オープンです。
と云っても、コレは、ラジオの話である。
NHKのラジオ番組が始まる。
山の話ばかりをするラジオだ。
不思議なことに、これまで、山を扱ったラジオ番組がなかった。
テレビでは、山は随分取り上げられてきたが、
なぜかラジオでは、山はなかった。

よし、やってみようじゃないか!
有志たちが、立ち上がった。
ラジオという音の世界で、山を語ったらどうなるだろう?
イシマルがパーソナリティを務めることになった。
まずは、2時間のナマ番組。
これまで、山番組がなかったという事は、
色んな事をやっちゃえるゾ!
よし!

2月10日、午前8時~10時まで。
日本中の山好きの皆さんにお送りする、
初めてのチャレンジである。

山カフェというからには、私は、そのマスターとなる。
ログハウスのカフェを想像していただければ・・
では、その時に・・・
e0077899_2027935.jpg
      八が岳の大同心
# by ishimaru_ken | 2018-02-08 20:28 | 仕事



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧