箸が転がって泣くオジサン
e0077899_161616.jpg
 キャンプ用の箸は、三角形がいい。

キャンプ時に、箸が転がる
どういうことか?
キャンプ場の地面は、フラットではない。
なにかしら凹凸がある。
そこに、簡易テーブルを置く。
家庭のリビングの様なフラットはのぞめない。
微妙な傾きのテーブルができあがる。
そこに、これまた簡易食器である皿や茶わんが並ぶ。
おそらく傾いている。
丸箸を乗せれば、コロコロと転がってゆく。

肉をついばみ、皿に箸を乗せた途端、
コロコロコロリ、皿からテーブルへ、
さらには、地面に箸が落ちる。
こりゃダメだってんで、四角い箸を持ってキャンプに向かう。
四角ったって、角が取れた四角に過ぎない。
丁寧に皿にのせないと、やはり転がる。
転がりだしたら止まらない。
地面に落ちて、皆に、「1・2・3」と言われる。
食べ物でもないのに、「1・2・3」気合いを入れられる。
一晩に一回くらい落ちるのなら、まだ許せる。
これが、5回も6回も、ヘタすると、毎回転がるものだから、
「コノヤロー」叱りつけたくなる。

プラスチックの四角い箸にもチャレンジさせた。
エッジが立っており、なかなかの成果をみた。
それでも、一度も転がらないとはならなかった。

今のところ、転がりにくいのは、割りばしだ。
しかし、キャンプで毎回割りばしというのも気が引ける。
やはり、洗って使い回せる箸にしたい。
そこで、欲しいのが、三角形の箸だ。
どこかで見た事がある気がする。
するが、どこに売っていたのか、記憶が定かでない。

ここで、ハタと気づいた。
なぜ、家庭では箸が転がらないのに、キャンプでは転がるの?
テーブルの傾きだけではないだろう?
では、なぜ?
答えは、簡単だった。
家庭では、箸は、箸置きか、直にテーブルに置く
キャンプ時には、なぜか、皿の上に箸を置く
恐らく、テーブルが、
さほど綺麗と言いきれない状態になっていると思われる。
さっき箸が落ちたように、色んなものが時折、地面に落ち、
拾い上げて、テーブルに乗せている。
虫も飛んできてとまる。
ワインはこぼされ、肉片がこびりつき、
キャベツの千切りが、へばりついていたりする。
慣れていない者にとっては、とても清潔とは思えない。
「キャンプっちゃ、こうしたものサ」
磊落さを装っているが、言い訳にしか聞こえない。
なんせ、靴を履いて土の上での食事なのである。

そこで、口に入る箸を、せめて皿の上に置くのである。
その箸が、土の上にまで転がり落ちるのだら、
なにをかいわんや・・・
箸が転がって、オジサンは泣いている。
e0077899_16153854.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-09-10 05:43 | その他
筋肉痛パタコン行進曲
e0077899_14192913.jpg
 久々の山行きだったのが、先日の雨が岳。
それも、登山5分前まで、その気がなかったのに、
突然、その気になったものだから、装備もいい加減だった。
水すら満足に抱えず、靴はいいかげん、杖もなし、食料なし。
この夏、ドラマ撮影にかかりきりで、
スポーツがとんとできなかった。
したがって、下半身の強化が進んでいない。
弱体化していた。

山を下りた二日後・・・
パタコンパタコン歩く私がいる。
完全な筋肉痛である。
階段は登れるが、下りるのが困難。
駅の階段の手すりを掴み、ヒーヒー悲鳴をあげている。
普段エスカレーターもエレベーターも使用しない私だが、
今ばかりは、有難みを噛みしめている。
いいな、エレベーター。
楽だな、エスカレーター。
だれが考えたんだろな?

そんなパタコン歩きのハズなのだが、
なぜかウインドサーフィンは出来るのである。
水の上を、なに不自由なくカッとんでいるのである。
不思議なものだ。
使う筋肉が違うからなのだろうか・・・
2時間ほど、海上にいて、戻って陸に上がれば、
再び、パタコン歩きになるのだ。

このパタコンは、毎冬、スキーはじめの時におこる。
「スキーだあ~」
喜び勇み、調子にのって、
リフト80本なんてやってしまうと、
3日以上、パタコンになる。
徐々に始めるという学習を忘れてしまうのである。

この《喜び勇み》というフレーズは、常に私の周りにあり、
最終的には、《学習を忘れる》という結果になって終わる。
「かき氷だあ~」
喜び勇み、慌てて食って、頭が痛くなる。
子供の頃からの学習が役にたっていない。
 「鍋焼きウドンだあ~」
喜び勇み、慌てて口に入れ、舌をやけどする。
猫舌の学習が全く活かされていない。
この年まで、学習できなかったのだから、
おそらくこのまま、続いてゆくのだろう。
残念である。
e0077899_14173384.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-09-09 05:40 | スポーツ
希望小売価格
e0077899_13421785.jpg
 冷房の設定温度がある。
28℃がよろしいと言われていたひとときもあった。
適度に冷房を使用し・・と推奨された夏でもあった。
この設定温度を20度にし、強風にしたところで、
室温が20度になる訳ではない。
20度目指して、頑張ってくれるだけである。
 「なんとか20度を目指したい!」
努力目標と言える。
これは、あれに似ている。

 《メーカー希望価格》

面白い言葉だ。
どうか、許されるならば、この値段で買って頂きたい。
私達の希望は、この金額です。
あくまで希望だと公言している。
 「安くしろ!」
シュプレヒコールのデモまでしなくとも、
「勿論安く売ります」の姿勢がうかがえる。
《定価》という定めた値段があるにも拘わらず、
希望数値を設定しているあたりが、
自由経済っぽくて、面白い。
メーカーの低姿勢と高姿勢が同時に示されている。

 「オレんとこは、一切値引きしねぇ!」
コダワリのオヤジがいるラーメン屋なんかだと、
 「TV取材もさせねェ!」
となり、純粋に味で勝負の世界に持ち込んでいる。
 「冷房設定温度だと?そんなもん、切っちまえ!」
扇風機全開の首振りでしのいでいたりする。

そんな希少な店こそ、壁のメニューに張って貰いたいものだ。
《ラーメン 当店希望小売価格 800円》
e0077899_1338253.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-09-08 05:36 | その他
石鯛の目ん玉
e0077899_845444.jpg
 コレは石鯛の写真である。
ひところ、幻の魚などとも言われ、釣るのが難しい魚だ。
特に、磯から釣るのは難儀で、一日に一匹釣れれば、
大騒ぎしたものだった。
いまでは、沖に出る釣り船に乗れば、誰でも気軽に釣れる。

では、冒頭の写真を、今一度見てもらおう。
目玉のようなモノが頭にあるネ。
真ん中が黒くて、ドーナツ状に白いワッカがある。
実は、コレは目玉ではない。
実際の目玉はコレだ。
e0077899_865362.jpg
同じ写真の明度を変えてみた。
黒々とした目玉が現れた。
ニセモノより、小さい。
石鯛はなぜか、
目を大きく見せる擬態をしていると思われる。

他にも、マトウダイのように、腹の中央部に、
大きな目玉のような模様を凝らしてみたりする魚もいる。
目を大きく見せたら、何のメリットがあるのだろうか?
「私は大きな魚だよ」
として、より大きな魚にアピールしているのだろうか?
「ボクは食べられないヨ、大きいからネ」

しかし、アジやイワシがその手に出るのならいざしらず、
石鯛は、磯あたりでは、かなり肩を振って泳いでいる方だ。
彼の周りにいる魚の目が大きく描いているのなら分かるが、
彼自信が擬態する必要があるのかな?

いずれにしても、石鯛は美味しい。
せっかく目を大きく見せたにも関わらず、
人間には、その効果が全く効かず、あれよあれよと、
釣りあがってくる。
アナタがやるべきはむしろ、
美味しくない身体造りにいそしむべきだったかもしれない。
e0077899_875993.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-09-07 06:04 | その他
蕎麦雑誌
e0077899_7275616.jpg
 ここに蕎麦好きがいるとする。
その蕎麦好きを、雑誌の写真で、その気にさせようとする。
その気とは、その写真を見て、その店に、
足を向けさせようとする誘いだ。
雑誌では、これでもかこれでもかと、
蕎麦のみずみずしい写真を載せる。
その効果はあるようで、高速道路をけって、車をとばす。
 《蕎麦なら100キロ走る》
その通り、走る。
私も走る。
走りながら、疑問もある。

「もっと扇情的な蕎麦勧誘写真はないのだろうか?」
今、扇情的と書いた。
扇情とは、ドキドキするという意味でもある。
我々が、その昔ドキドキしたのは、アレである。
見えるか見えないアレである。
言いたくないので、勝手に想像して下さい。
つまり・・
直接、写真を見せずに、
それとなく想像させる手法に他ならない。
ズルイやり方である。
この手法に引っかかっていた各々が、
蕎麦好きの年齢にダブっている。
ならば・・・その手法を使わずにいられよか!

蕎麦雑誌に、あえて、蕎麦の写真を載せない
蕎麦を連想させる食べ物を載せる。
その最たるものは、勿論、テンプラ。
それも、野に咲く野菜のテンプラ。
フキノトウだの、タラの芽だの、コシアブラだの・・
しかし、極めつけ写真は、コレだ。
 《鰻重》
(あえてウナギを漢字の鰻にし、丼ではなく重にした)
鰻重を見た途端、脳波が自動的に、蕎麦を掘り起こす。
鰻重の横に、もり蕎麦をしつらえる
これ以上ない設定を自らが思い起こしてしまう。
想像の世界で・・である。

蕎麦雑誌であるにも関わらず、
なぜか現れるのは、鰻重だらけ。
時折、天ぷらが香りゆたかに湯気つきで登場する。
徹底的に鰻重で押し通す。
唾液が、鰻重を食った汚れで満たされる。
そんな時、頭の片隅で、薄茶色のなが~いモノが、
ザルに乗っかって現れる。
ツユと共に現れる。
箸で摘んでいる映像まで頭の中をかけ巡る。
まさに、ドキドキの扇情映像である。
ほらススれ!
ほらススれ!
e0077899_7273462.jpg
e0077899_7274511.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-09-06 05:30 | その他
鶏にモモ肉一本丸焼き
e0077899_12393559.jpg
 「ええいめんどくせーこのまま焼いちまえ!」
買ってきた鶏肉は、モモ一本まるまま。
やはり、一本丸まま焼きがいいでしょう。
素敵でしょう。
そこは炭火の出番でしょう。
遠火の強火でしょう。

岩手炭が、真っ赤に熾ったところで、
私が網を折り曲げて造った、高揚げ式の装置が登場する。
3段階の高さに網を置ける。
2センチ~10センチまで、高さ調整ができる優れもの。
タンのように、強火で焼きたい時は、最も低くし、
鶏や、玉葱などは、高い網にする。
ジワリジワリと、あぶる。

途中、ジュッと肉汁が落ちる。
ボッ
炭から炎があがる。
この炎で直接肉が焼けると、煤臭く焦げてしまう。
そこで、待ってましたの出番がくるのが、
《ボーボー君》
そんな名前の商品はないのだが、私たちが命名した。
乾電池で、風がドライヤーのように噴き出す装置だ。
炭を熾す時に活躍するのだが、
サンマを焼いたり、脂の多い肉を焼いたりする時に、
「待ってました!」と出てくる。
サンマ焼きの、うちわの役目をするのがボーボー君だ。
炎を横にズラして、炭の遠赤外線だけを肉に当てる

ひとり一本のモモの丸焼き。
銀紙を巻き付け、片手にビール、逆手に丸焼き!
至福とは、このこと・・
ガブリッ
表面カリカリ、中身ジューシー。

このモモ肉の形・・・
じっと見ていると、あの半島に似ている。
 《下北半島》
「この辺りが、大間だな」ガブリッ
「ここが、恐山だゾ」ガブリッ
「シジミの小川原湖がこの付け根」ガブリッ
e0077899_12391998.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-09-05 05:38 | その他
キノコっこ
e0077899_12125342.jpg
 「ここは、キノコだらけなんですヨ」
昨日のタマちゃんが言う。
雨が岳の北稜線には、キノコが群生していると言う。
そりゃそうだろう、なんたって、雨の名前が付く山だ。
ジメジメの代表格に違いない。

登りついてみると、あるはあるは、
いや、いるはいるは・・キノコだらけである。
あんなキノコに、こんなキノコ。
デザイン的には、非常に興味深いキノコだらけ、
デザイナーのバタヤンに登ってきて貰いたい山岳である。
おおぶりなのは、手のひらより大きく。
蕾状態のキノコから、成人となったキノコまで、
博覧会の様相を呈している。
興味深いのは、自然の淘汰に即して、目立たないように、
保護色になっているキノコもあれば、
毒々しい原色のモノまで、あまたある。

たとえどんなに腹がすいても、手を出さないだろうが、
「ほんとに出さないか?」と問われれば、
『色みはいいんだがなあ~』と未練だけは、述べるだろう。
コレは食えないナと言いながら、
頭のどこかで、食べている自分を想像している。
鍋の中でグツグツ煮えているキノコ達が見えている。
人間、一応の想像だけは、無意識でしているようだ。
失礼、人間などと人類問題にしてしまった。
私は、想像している。
キノコの森・・・鹿も食べない毒キノコ!
e0077899_1213488.jpg
e0077899_12131525.jpg
   どうだ、この色!この形!
# by ishimaru_ken | 2017-09-04 05:53 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧