雨が岳登山
e0077899_126686.jpg
 「雨が岳、登ってきます」
タマちゃんが、我らを振り返りながら言った。
タマちゃんとは、ウインド仲間で、
常日頃、山の中に出没している元気者である。
 『我らも行くヨ!』
私と、滝田隊員、ヨウコ隊員も賛同した。

雨が岳 (あめがだけ)1772m
歩き出しは、本栖湖湖畔。
標高差870m
その隣の竜ヶ岳には、しょっちゅう登っているので、
軽い気持ちで登り始めた。
よって、軽装だった。
一応リュックは背負っているものの、水は500CC。
食い物いっさいなし。
散歩気分の山行だ。
実際、昔の歌などを口ずさみながら、足を進めていた。

登山口から、急登が始まる。
途中、峠で一息つくものの、最後まで急登は続く。
しかも、暑い!
我ら4人は今登っている山の名前を軽んじていた。
 《雨が岳》
なぜ、こんな名前が付けられたのだろうか?

長野県に、霧ヶ峰という山並みがあるが、
その地に行けば、すぐわかる。
いつも霧が出ている
だから、霧ヶ峰。
滋賀県に、安曇野という地域がある。
行けば、すぐ分かる。
さっきまで晴れていたのに、すぐに曇ってくる。
曇りを安売りしている
だから安曇野。

するってえと、雨が岳・・・
いつも雨が降っているのかい?
我らが本栖湖を出発した時、湖畔は晴れだった。
山中に足を踏み込み、こ一時間登った頃、小雨が降りだした。
で、暑い。
雨が岳が名前の本領を発揮しだす。
ジメジメ

この山の山頂は、富士山を眺めるには最適とされている。
しかし、雨。
我らは、雨に濡れているのか、汗でビチョビチョなのか、
全身ずぶぬれで、山頂にたどり着いた。
そして、驚くべきことに、その瞬間一気に雲が晴れ、
富士山が大きな姿を現したのである。
どうだ!
雨が岳にも勝った私は、究極の晴れ男である!
その晴れ男が、水を飲み尽くし、
タマちゃんが唯一持っていたラムネの飴玉を
めぐんで貰っているのであった。
e0077899_1255340.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-09-03 06:04 | スポーツ
カジカが棲みついた
e0077899_875227.jpg
 カジカが我が家の近くに棲みついた。
夜、綺麗な声で鳴いている。

カジカとは河鹿のことで、カエルである。
見た目は、かなり悪い。
その姿で、よくぞまあ、という位に鳴き声とのギャップが大きい。

似た鳴き声に、エゾハルゼミがいる。
森の中で、セナセナセナと鳴いている。
河鹿の鳴き声は、そのセにアルファベットのKが混じる。
つまり・・・
SKENA SKENA という発声だ。
カタカナでは、ケナケナケナと書くしかない。

もうひと方、似ている鳴き声がいる。
ヒグラシだ。
彼は、カナカナカナと鳴く。

私的には、この三者の中で、最も美しい声として、
カジカに軍配を挙げたい。
夜の静かな時に鳴いていると云うずるいハンデはあるが、
あのせせらぎの様な、ころがり鳴きには驚くしかない。
もしカエルだと知らされていなければ、
懐中電灯を持って、何が鳴いているのか探しに行き、
どうしても見つからず、
夏休みの宿題に、
 「発見できず!」の文字が並べられるだろう。

カジカという名前には、同名の魚もいる。
ある人などは、魚が鳴いていると思っている。
カエルだと、かなり説明したあとでも、
 「あはは、アレは、魚の声ですヨ」
がんとして、自説をゆずらない。
 「甘露煮にしたら、美味しいんですヨ」
あの声の主を食べているそうだ。
この方は、生涯、真実を知らない方がよろしいかも。
もし本来の姿を知ってしまったら、夜眠れないかもしれない。
どうぞ、甘露煮を噛みしめてくださいませ。
こころおきなく・・・
e0077899_871930.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-09-02 06:06 | 謙の発見!
もう寝ようかな
e0077899_22583422.jpg
 「さ、寝ようかな・・」
飲み会で遅くに帰ってきた。
風呂かシャワーを浴びて眠るべきだが、
その気力が無い
このまま眠りたい
もうダメだ・・・
そう思いつつ、風呂場の横の洗面所で歯磨きをしていた。

「顔くらい洗って眠るか・・」
衣服を脱ぎ棄て、風呂場に入る。
洗顔石鹸で顔を洗う。
洗い始めると、習慣だろうか、
頭にシャンプーをかけてしまった。
ゴシゴシゴシ、
返す刀で、リンスをかけてしまった。
習慣とは恐ろしいもので、
リンスが染みとおる時間をかせぐ為に、
アカスリに洗剤をぶっかけ、身体をこすり始めた。
ゴシゴシ

これって、当たり前の普段通りのシャワータイムではないか!
 「顔くらい洗って・・」
のダイジェスト風呂タイムはどうなったのだ?
気力がないと言っていたのはどうなった?
このまま眠ると、足がグラついていたではないか!
もうダメだったのは、いったいどこへいった?

やがて、しっかり洗い清め、ドライヤーで頭を乾かし、
パジャマに着替え・・っとそこまではいい。
許す。
問題はそのあとだ。
首をボキボキひん曲げたと思いきや、
冷蔵庫の扉を開け、缶ビールを取り出したではないか!
いいのか、オマエ!
e0077899_2257418.jpg
  会津磐梯山の頂上から、猪苗代湖を望む
# by ishimaru_ken | 2017-09-01 05:55 | 仕事
絵を描きたい
e0077899_8503585.jpg
 その昔、私が通った高校は、進学校であった。
勉強にことのほか熱心な授業が行われていた。
一日7時間、いや8時間授業もあった。

その中、一応、芸術系の選択授業がある。
美術か音楽か選びなさいと入学時に問われる。
迷うことなく、美術を選んだ。
絵が好きだったからという理由に過ぎない。
一週間に、一時間の授業時間に絵を描いた。
楽しかった。
夢中になった。
出来た絵を自分で見た。
ヘタだった。

ヘタだが、絵を描くことは好きだった。
「絵の道に進みたい!」
一瞬、思いが膨らんだ。
当時、下宿をしていた4畳の部屋で、絵画作成に励んだ。
毎日、自分で拵えたキャンバスに、油絵を描いた。
 「あまりうまくないな・・」
答えが出た。

突然、断筆した。
プロでもないのに、断筆宣言をした。
そして・・・数十年。
いまだ、絵筆を握っていない。
時折、へたくそな挿入挿絵を描いているが、
見てのとおり、ヘタクソだ。

いつか、絵を描きたい。
その頃の想いは変わらない。
・・・最初に描くのは、
《自画像》にしようかなぁ~
最もヘタさが分かりにくいだろうから・・・
e0077899_8501224.jpg
  私が描いた絵ではない。
  冒頭の上臼杵駅を誰かが描いた絵
# by ishimaru_ken | 2017-08-31 05:48 | 昔々おバカな話
おだたる
e0077899_8331857.jpg
 時折、こういう事をやっちまう時がある。
写真のようにだ。
パソコンの前に、酒グラスを置き、
あろうことか、イワシの焼き物を置き、
箸でツマミながら、文字を書いていたりする。

滅多にないことだが、言ってみれば、
<機嫌のいい日>だ。
ところが、コレは危ない。
キーボードにいつ水滴を落とすか分からない。
水滴どころか、グラスごと、ぶちまけるかもしれない。
調子に乗って、醤油に浸したイワシの身が、
ポタリと落ちるかもしれない。
なんせ、集中しているのは、パソコン画面だ。
落ちたことすら気付かないかもしれない。

 「あれぇ~パグっちゃったぁ~」
のん気にアクタイをついた原因が、
自分の機嫌だったのかもしれない。
機嫌のいい日は注意得意日かもしれない。
子供は、おだたると、ケガをしたりする。
おだたるとは、
異様に興奮して普段の自分以上に、
何かが出来るような気がしている状態である。
調子にのった絶好調だと勘違いしている。
あくまで勘違いなのだが、
これはこれで良い傾向なのかもしれない。

おだたった自分を知るのも、大切な経験だ。
アドレナリンがやたら出てしまったボクを、
制御する方法を覚えるいい機会だと捉えよう。
ここまでは、子供の話だ。
大人になったら、そう易々と、おだたらなくなる。
よっぽどの状況がこない限り、おだたりはしない。

 文学賞を受賞したとか、
 マラソンで優勝したとか、
 全国将棋大会で優勝したとか、
 逆転ホームランを打ったとか・・・

とかは、そうそうやってこない。
せっかくやってきても、
「ここは大人なんだから」と、大人的な制御が働いてしまい、
冷静でいようとする自分がいたりする。
残念である。
子供のように、泡を噴くほど、おだたって欲しいものだ。
・・っと、ここで?

《おだたる》を辞書でひいてみたのだが、出てこない。
今、家人に訊いてみた所、知らないという。
なんと、《おだたる》は大分の方言だったのだ。
し、知らなかった。
知らずにこれまで使っていた。
随分使用した覚えがある。
聞いた方は、私が喋っている内容を理解できなかったハズ。
困った・・・
このほかにも、
まだ私が方言を使って喋っている言葉があるに違いない。
ガ~~~~~ン
e0077899_8301871.jpg
 大分県豊後高田市のボンネットバス   昭和の町
# by ishimaru_ken | 2017-08-30 05:25 | 昔々おバカな話
ライトを人に向けるな
e0077899_21404134.jpg
 《ライトを人に向けるな!》
本日のテーマは、ライトだ。

映画を観ていると、よくあるシーン。
 懐中電灯を照らしながら進んだ先に、
 誰かがいる。
 その顔を照らす。
 奴は、手で目をふさぎながら、しかめ面をする。

人は、ライトを顔に当てられるのが嫌いだ。
どのくらい嫌いかと言えば、
「ふざけるな!」
コブシを振り上げるほど嫌い。
その昔の、刑事モノの取調室では、必ずと言っていいほど、
裸電球ライトが、犯人に向けられた。
 「ネタはあがってんだヨぉ~!」
ライトを顔面に当て、これでもかこれでもかと、
光攻撃をした。
(今ドラマでは、そんな事は出来ないが)

アナタは、キャンプ場にいる。
夜、ライトを持って歩いている。
向こうから誰かがやってくる。
向こうもライトを持っている。
当てる。
当てられる。
お互い、相手が誰なのかを知る為に、ライトを当てる。
不愉快極まりない。
この状態を、ある例えにすると、
西部劇のガンマンが荒野で出会い、
銃を相手に向けている状態に似ている。
不愉快・・・

では、
どうしたらいい・・?

夜中に、懐中電灯を照らしながら、
前方に同じく照らす人が現れた場合・・
《自分の顔を照らす》
わたしは、こんなンですけど~
お互い、自分の顔を照らせばいい。

そんなのイヤだと、自分を照らせなく、
相手を照らし続けるならば、
相手も同じく、アナタを照らし続けるだろう。
不愉快・・・
ふ~ん・・ガンマンとして、勝つ自信がありますか?
e0077899_21402582.jpg
     舞台のスポットライト
# by ishimaru_ken | 2017-08-29 05:39 | その他
寝なくていい
e0077899_21354296.jpg
 「早く寝なさい!」
叱られるのが、子供の宿命だ。
常に、寝なさいと叱られる。
一年中、寝なさいと怒られてばかりいる。
そんな子供たちが、ある時、放たれる。

キャンプ!
 「花火の後かたずけしたかぁ~?」
お父さんの声など、どこ吹く風、
真っ暗な、キャンプ場で、マナコはクリックリに輝いている。
眠る気配もない。
なんたって、いつものこごとが聞こえないのだ。
 「寝なさい!」
今夜だけは自由だと、テントの横で、
ウイスキーをちびっているお父さんが、認めている。
 「いいかげんにしなさい」
キャンプ場でもお肌の手入れに余念のないお母さんが、
お決まりのセリフを吐くのだが、
今夜だけは、聞く気がない。

 「このまま一生、起きててやる~!」
目ん玉が、目玉焼きほどに膨らんだ子供たちが、
キャーキャー奇声をあげて、走り回る。
1LDKのテントの内部を駆け回る。

外部から見ていると、テントの影絵だ。
ライトに写された子供たちの影絵が、
大きくなったり、小さくなったり、
テント内を駆け回っている様子が映し出されている。
時折、テントに激突し、膨らむ。
ふいに、大きな人間の影が映る。
さすがに、お父さんが、「コレコレ」とあやしているらしい。
しかし、その姿に小さな影が激突し、
奇声がさらにあがる。

「寝なくていい」
こんな素敵な言葉を、子供の頃に聞く。
それは、まるで、ディズニーの世界・・

では、我々大人に同じ言葉をかけるとしたら、何だろう?
たぶん・・・
 「働かなくていい」

さあ、テントを持って、旅にでよう!
e0077899_2135897.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-08-28 05:32 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧