押しかけ女房
e0077899_12445880.jpg
 山形県に私はいた。
25年前の話である。
あまりにもセンセーショナルな出来事だったので、
今でも、鮮明に思い浮かべられる。

 テレビの旅番組の取材で、ある食堂に向かっていた。
真冬の山形。
どっさりと降った雪が、道路の横にラッセルされ、
浮き浮きした南国育ちの私が乗った車が店の前に着いた。
ところが・・

《店に乗用車が突っ込んでいる》
テレビ番組の《衝撃映像》などで見る光景が、
まさに、目の前にひろがっている。
店に突っ込んでいる車なるものを、始めて見た。
家が車を食べているように見えない事もない。
(う~~~んとぉ~、どうしたらいいのだろう?)
店の裏に回り、事情を聞いてみた。

 なんでも前日、若い女性が運転する車が突っ込んで、
 こんな状態になったらしい。
 ゆえに、取材は、カンベンして欲しい。
 女性は現在、入院中だべサ

だべサで、テレビ取材は、中止となった。
雪道で滑ったのだろうか・・?
女性の安否を気にしながら、その地を離れた。

その数年後である。
再び、同じ番組で、山形を訪れた。
 「そう云えば、昔、車が突っ込んだ食堂があったよネ」
 『あったネ』
 「どうせなら、昼食、そこに食べに行かない?」

ってんで、くだんの食堂に向かった。
店は、リニューアルされていた。
ノレンをくぐり、テーブルに着くや、
出てきた女将に質問を浴びせる。

 「以前、ここに車が突っ込んだでしょう?」
 『ええ・・よくご存知で』
 「あの時の女性って、大丈夫だったんですかネ?」
 『ああ~~~あのコ』
 「はい、そのコ」
 『怪我して、病院に入りましてネ』
 「はい」
 『ウチの息子が、幾度もお見舞いに行きましてネ』
 「ええ」
 『今、お茶持って出てきますヨ』
 「えっ?」
 『ウチのお嫁さんになったんですぅ、オホホホ~』

凄い!
<押しかけ女房>という言葉があるが、
おそらく、超のつく押しかけ女房と言えまいか!
e0077899_12444210.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-05-01 05:47 | 仕事
ホルスト
e0077899_9121615.jpg
 交響曲の話をしよう。
ホルストの組曲に、《惑星》がある。
水金火木土天海の、
それぞれの惑星をイメージした曲が奏でられている。
有名なのは、《ジュピター(木星)》だ。
よく耳にする。

さあ、30年前に遡ろう。
カーステレオに、
この惑星シリーズが、カセットで放り込まれている。
夜明け前、ドラマロケに向かう私は、首都高速に入るや、
カセットのスイッチを押す。
オープニングは、<火星>から始まる。
ホルストの説明には、こう書かれてある。
 
《火星=戦いをもたらすモノ》

フルオーケストラが、いきなり恐ろしい音色を奏でだす。
SF宇宙映画のこわ~いシーンに流れる曲だ。
なんたって、戦いをもたらすのだからして、
これでもか、これでもかとエキセントリックなメロディが、
ハンドルを握る私に襲い掛かる。
その気はないのに、スピードが上がる。
制限速度を超えそうになっている。
落ち着かなくてはいけない。
そんな時、惑星の楽章は、クライマックスを迎える。
おりしも車は、首都高速の、
レインボーブリッジにさしかかった。
夜明けだというのに、私は興奮している。
「戦いをもたらすモノ」
私の中では、
どんどん行け!
ガンガン!
ぶっ壊せ!

エキセントリックにアクセルを踏みたくなる。
やばい、コレいけない。
冷静になろう・・・
っとその時、曲が一気に変わる。
《金星=平和をもたらすもの》

この頃、お日様が地平線に現れ、
美しい朝焼けが目の前に広がる。
次々に曲が繋がる。
 《水星、翼のある使者》
 《木星、快楽をもたらす者》
 《土星、老いをもたらす者》
 《天王星、魔術師》
 《海王星、神秘主義者》

すべてを聞き終った頃、ロケ現場の近くに辿り着く。
どの星の曲で現場に着くのかが楽しみになる。
望むらくは、
《天王星の魔術師》で滑り込むのが、
役者としては望ましい。
しかし・・・

カセットは一周グルリと回り、ふたたび・・
《火星》の大音響で、現場に辿り着くのである。
ガンガン!ぶっ壊せ!
で・・今日の役は殺人犯人であった。
e0077899_912193.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-04-30 05:36 | 仕事
エコホテル
e0077899_12325871.jpg
 「外側のドアノブにお掛けいただければ、
  シーツと枕カバーの交換を行なわずに、
  ベッドメイクをさせていただきます


う~む、いい言葉が書かれてある。
ホテル業界が、エコ方向に向かって久しい。
以前、当たり前のように洗面所に置かれていた、
歯ブラシだの、ヒゲソリだのが撤収されている。
欲しければ、フロント横に置いてある。

ホテルに泊まるとは、
普段当たり前の人間が、突然、
傍若無人な人になるきらいがある。
洗面所にある様々なモノを触りつくし、
タオルもイジリつくし、
使ってもいないのに、右に倒し、左に曲げ、
帰っていく。

ここで、なぜか私が登場する。
40年ほど前にホテルに務めていた私だ。
《備品》は、ほんのちょいとでも動かされていたら、
捨てられる運命にある。
そもそも使い捨てと称されて備品は置かれている。
すると、掃除人によって、ポンポン捨てられる。
エコの考え方は、その昔にはなかった。
ポンポン!

「それはダメでしょう」
ってことになり、今では、利用客は、
歯ブラシやヒゲソリを持ち歩くようになった。
さらには、連泊の場合、
タオルを複数回使用するようになった。
1回拭いただけのバスタオルを交換してもらうのが、
エコとしてイヤなのである。
最低、2回は拭きたいと願う。
さらにはさらには、
シーツを毎日代えてもらいたくない。
自分チでは、毎日代えてない。
ただ・・
(グシャグシャになったままに今夜寝たくな)
そう考える人が増え、ホテル側が、
ドアノブに新たな表示をしてくれている。
冒頭の写真だ。
 『交換を行なわずに、ベッドメークする

アナタは毎日、背広を洗いますか?
アナタは毎日、ズボンを洗いますか?
アナタは毎日、帽子を洗いますか?
e0077899_975836.png

# by ishimaru_ken | 2017-04-29 05:58 | その他
偶然写真
e0077899_9503779.jpg
 偶然にまかせた写真を撮ってみよう!

 デジタルカメラ君を2秒タイマーに設定する。
 シャッターを押し、1秒待ってから放り投げる。
 カメラ君は、クルクルと回りながら青い空に浮かんでゆく。
 落ちてきたカメラ君をキャッチする


さて、フォトを確かめてみよう。
出きてきたのが、冒頭の写真だ。
偶然にしては、見事に仕事をこなしている。
自分の姿も影として、階段に残している。
アングルといい、枠組みといい、ピントといい、
素晴らしい。
たまたま横にいた我が所属事務所の社長の顔が写っていない。
そこまで配慮した見事なレイアウト!

偶然に頼った写真なので、撮り直しはしない。
たとえ空ばかりが写っていても仕方がない。
たとえ・・・ん、まてよ?

いかん!
これは、ダメである。
悪用してはいけない。
塀の横で放り投げたりしてはいけない。
撮ってはならないモノを撮ってはならない。
偶然だからで済ませてもらえない。
いわゆる未必の故意で逮捕される可能性が高い。

もしどうしてもやってみたいなら、
広い公園か、海岸の砂浜でやりましょう。
カメラ君落としても壊れないしネ。
e0077899_9502415.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-04-28 05:45 | その他
コードレス電話
e0077899_19523050.jpg
          『山本祐司画伯による海の近くの絵画』


 コードレス電話の出現。
それはショッキングな転換期だった。
受話器は、親機から離れられない決まり事と思っていた。
 「おおい電話だゾ~」
呼ばれたら、電話のある場所に、
すっとんで行かなければならなかった。
電話機の横に、
ゴロンと横たえられた受話器の姿を何度見たことか。
 「おい、ペンを取ってくれ」
話しながらメモを取ろうとしてペンが手元になかったのである。

そんなある日、我が家の電話が、コードレスに変わった。
コードレスとはコードが無い。
この当たり前の形態が、理解しずらかった。

電話がかかってきた。
受話器を取って耳に当てた。
事務所からの電話だ。
暫く話していて、ペンがないことに気付いた。
(アッチの机の上にあるな)
2m離れたところにペンが転がっている。
手を伸ばしたが届かない。
2歩近づいてさらに手を伸ばす。
ほんの少し届かない。
 「ちょっと待って下さい」
断りを入れて、耳から受話器を離し、
その受話器の位置を全く動かさずに、
受話器を持った手を伸ばす

その分、ペンに近づく。
届いた。

ペンを持ち、そそくさと戻ってくる。
電話を終わり、ふと気づく。
私は今、何をしたんだろう?
以前あった筈のコードの距離を、
完璧にパントマイムで、キープしていたのである。
e0077899_19521470.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-04-27 05:49 | 昔々おバカな話
どこで寝てるの?
e0077899_9415872.jpg
 一年中、アッチ行ったり、ソッチ行ったり、
外泊だらけの生活を送っている私である。
ホテル、旅館、民宿、山小屋、ペンクル・・ひとんチ。
さすがに野宿はしなくなったが、
毎日枕が変わる生活をしている。
 「疲れないんですか?」
質問される。
え~とぉ~楽しいです。
面白いです。

さて、自宅で眠る。
当たり前のことなのだが、自宅の中でも、
アチコチに布団を敷いてしまう。
寝室から布団を運び、リビング、小部屋、
時には、廊下に寝ていたりする。
本人は、外泊しているつもりなのだ。
キャンプ感覚なのかもしれない。

夜中に目が覚めたときに、
 「ハテ・・ここは?」
このハテ感が面白い。
どこにいるのだろう?感とも言える。
自分で自分を騙しているのだから、すぐにバレるのだが、
ほんの一瞬・・脳みそが駆け巡る様子に、
自分で自分に舌を出してベーをしている。

「ちょっと待てヨ、さっき野宿しなくなったと言ったネ」
あらら、細かいことを覚えているナ。
確かに、若い頃、野宿をしていた頃もあった。
好きでしていた訳ではないが、住む所がなかったので、
しょうがなかった。

ところで、洞窟探検家の吉田勝次氏に訊いてみたいのだが、
洞窟内で、泊まる場合・・・
野宿なのだろうか?
野営?
それとも、何か呼び方があるのだろうか?
e0077899_9411850.jpg
  地底湖をライトで照らす   ↑   吉田勝次氏
# by ishimaru_ken | 2017-04-26 05:39 | 昔々おバカな話
割れない食器
e0077899_19384069.jpg
 食器は、割れる。
長年使っていた食器でも、割れる。
意外と簡単に、割れる。
思いもかけない時に、割れる。
落して割れるのは、まともなヤツだ。
軽くぶつけただけで割れる、軟弱なヤツもいる。
食器どうしがぶつかり、どちらかが割れる場合もある。
割れた方が、弱かったとなる。
負けたとなる。
勝ち残った方が、居座る事になる。
明日からの我が家の食卓をになうヤツとなる。

食器とは、割れる運命を背負った物体だ。
逆に考えれば、割れない食器とは、
日ごろ使われていない・・
つまり人気のないモノかもしれない。
そう考えれば、割れた食器とは、
常日頃、使いたい人気があるヤツで、
ひっぱりだこだったのかもしれない。
使用率が高いという理由で、
割れる確率が高かっただけなのかもしれない。

例えば、我が家にある、Aという皿は、頻繁に食卓に乗る。
驚くことに、朝昼晩、登場する働き者である。
恐らく、私が気に入っており、
使い勝手が良く、なおかつ、
割れにくいと思われる。

ではさらに素晴らしいBを見てみよう。
ヤツは、朝、ご飯茶碗としてお目見えしたと思ったら、
昼には、汁モノをゴックリさせてくれ、
ディナーでは、サラダボールで現れる。
節操のなさに、目を覆う。
しかしである。
これほどのスケジュールに悪戦苦闘しながら、
いまだ健在であり続けている。
つまり、割れていない。
立派だ!

優等生の君の出自を問うてみた。
 《砥部焼》 とべやき
e0077899_19355941.jpg

# by ishimaru_ken | 2017-04-25 05:34 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧