いもおとうと 3
e0077899_10125530.jpg

『ちょっとヒマラヤに行ってくるから、なんかあったら頼むね。』

今年の正月、妹夫婦がそういい残して、旅立った。
ちょっとって、あのヒマラヤだろ?
タレント的にいえば、エベレストの所属している
ヒマラヤだろ?
なんでも、ポーターを何人も雇って、登ったらしい
エベレストのベースキャンプまで、何日もかけて
行ったらしい

<らしい> と書いているのは、
行った証拠がないからだ。
真がないのだ。
カメラを持って行かなかったからだ。
忘れたのではない。
元々、持っていないのだ。
「じゃあ、撮りっきりカメラでも・・」
と普通考えるでしょ。

妹夫婦は、違うのだ。
写真を撮るという考えが全くないのだ。
観光地や、趣味のヨットに乗っている時でも、
いっさい、記念の写真を撮るという考えがない。
だから、持っている写真を全部集めても、
胸ポケットに入ってしまう。

そんな人います?
エベレストのベースキャンプまで、行っておきながら、
一枚も写真が無いんだよ。
あの分だと、たとえ月に行っても撮らないんだろうね。
だから、3日連続の<いもうと>登場なのに、
3日目にして、掲載写真の在庫が無くなった。
実は、兄として、心配しているのだ。

なんかあった時
遺影>はどうするのだろう?
こういう場合、似顔絵になるのかなあ?
# by ishimaru_ken | 2006-05-14 10:15 | その他
いもおとうと 2
e0077899_9472972.jpg

たくましい妹がいる。三つ年下だ。(昨日参照)
ヨットを長年やっている。
そのヨットに乗せてもらったことがあった。
神奈川県の三浦半島から、伊豆大島まで行くことになった。
その日、風が強かった
ヨットの性質上、横風や、前から来る風には、
安定するが、後ろからの追い風に弱い
ピッチング、ローリングの繰り返し。

けんじろう君、すぐに酔った
出すもの全部出した。
車酔いと違って、船酔いはきつい。
出すもの出しても、許してくれない。
死にたくなってくる。

その時である。
見て見て!!
妹が明るく叫んでいる。
ヨット暦が長い人でも酔う時は酔う。
見た。
ピューーーーーーーーーーー
やや、上を向いた妹の口から、放物線を描いて、
黄色いものが、荒海に向って飛んでいく。
4.5メートルは飛んだ。
見たあ~?!!』

・・・うん、見たよ。

吐くって、普通苦しくないか?
吐く距離を競って何になるんだ?
吐く元気があるんなら、もう帰らないか。
おれを、陸にあげてくれえぇぇぇ・・

見て見て!!
いやだっ!でぇーったい見ない!
# by ishimaru_ken | 2006-05-13 09:51 | その他
いもおとうと
e0077899_9422140.jpg

三つ年下のがいる。
こやつが凄い。
ヨットをやっている。
女性だけのチームのスキッパー(艇長)だ。
何度か、日本一になり、日本代表で、海外遠征もしている。
この妹、小さい頃から、凄かった。
両親も、この子が男だったらなあ・・と嘆いていた。

小学校の時だ。
が、口の中に何かを突っ込み、騒いでいる。
見ると、ペンチを両手で握っている。
そのペンチで前歯を掴み、引っ張っているのだ。
つまり、自分で、歯を抜こうとしている。
おいおい
いくら乳歯とはいえ、普通、糸で縛り、ドアに括り付けて
とか、グラグラ勝手に取れるまで、待つ、とか・・
少なくとも、親に抜いて貰うだろ!

やがて、自分で、体をよじりながら、
バキッ!
取っちゃったよ。 噴出した血で、顔中真っ赤だ。
ガハハハハ
喜んでいる。
我が家は、人食い人種の家系か?

その妹が、中学生の時だ。
リ~ンリ~ン(当時の電話の音)
けんじろう君がひょいと出た。
おたくの娘さんを手術したいのですが・・
スワっ!
受話器が舞い踊った。何本もの手の上を飛び交い、
やっと父親の耳に収まった。
「ち、ちちおやですが・・」

先生が語るところによると
診療時間が終わる頃に、女子中学生が入ってきたらしい。
入ってくるなり、
盲腸になったから、手術してちょうだい
と言う。
まあ、とりあえず診察をしたら、確かに急性盲腸だ。
とにかく、親に電話を・・という経緯らしい。

ふ~ん、自分で行くものなのか・・
ふ~ん、腹痛と盲腸の区別がついたんだ・・
ふ~ん、手術、とか、別に怖くないんだ・・
ふ~ん、いったんウチに帰ったりしないんだ・・
         やつの場合
# by ishimaru_ken | 2006-05-12 09:45 | その他
なぜ黒い?なぜ白い?
e0077899_9454384.jpg

<なぜ、黒人は色が黒くなったのだろう?>
 (なぜ、白人は色が白くなったのだろう?)

ねえねえ、ダーウィンさん、進化論では、
生物は、自分の都合のいいように、いいように進化するんだよね。

ちょっと考えてみよう。
真夏に黒い上着を着て、炎天下を歩いたら、どうなる?
くそ暑いよね。
白い上着の方が、当然暑くないよね。
 さあ、それを踏まえると、

暑い地方に住んでいる人間は、
色が白い方が、有利だ。
逆を言えば、
寒い地方に住んでいる人間は、
色が黒い方が有利だ。
暖かい。

ところが、地球上の進化はどこでどうなったのか・・
さかさまになっている。
コレ・・どういうこと?

『ああ、それはね、紫外線から守る為に、メラニン色素を・・』
と喋り始めたあなた・・
そのメラニンさんが出るように、進化した事が、
間違いだったのではないか・・と言ってるワケですよ。
メラニンさんが出るなら、寒い地方で出なくちゃ!

ねえねえ、ダーウィンさん、どうして此の事に触れなかったの?
このイシマルの疑問が正しければ、
カールルイスは、白い弾丸と呼ばれていたはずだ。
ロシアの妖精 シャラポワは、当然黒いんだよね。

なぜ、さかさまになったのだろう?
まあ、我々は、どっちゃころんでも、黄色いまんまだけんどね。
# by ishimaru_ken | 2006-05-11 09:47 | その他
まっさらな犬小屋

e0077899_938537.jpg
ホテルに連日泊まると、毎日、部屋の清掃が行われる。
ベッドのシーツが換えられる。

ねえねえ、皆さん、ご自宅で、シーツを毎日換えます
せいぜい、何日に一回か、一週間か、
へたしたら、一ヶ月に一回なんて事も・・だよね。
『タクは、毎日ですわよ!』
という御方は、ただちにパソコン切って、
シーツを換えに、ベッドルームに走って下さい。

<エコ>
とか気になるのなら、アレ・・なんとかならないかな。
『ほっといてくれ!』
と、ホテル側に言っても、二日に一回は
掃除させてくれと、やんわり言われる。
本人はイイと言っているのに、
『アアダの意見は聞いてないだよ』 

ウラのぽちに言わせると、
『寝小屋をあんましぃ掃除されると、つらいんだワン』

トナリの三毛に言わせると、
『あたいの座布団にはファブリーズ、かけニャーでネ~』

我が日本のホテルは、ぽち君や三毛さんには、
あまり居心地が良くないのですな・・
# by ishimaru_ken | 2006-05-10 09:40 | その他
先取点が欲しい
e0077899_993095.jpg

『さあ!ジーコジャパンだ!・・本日の試合どう思われます?解説のイシマルさん』
「ええ、まずは、先取点が欲しいですねえ~」

サッカー解説の冒頭のセリフになんと!
コレが多い事か!
先取点が欲しい

あのね、これはバカバカ点の入る、バスケットとか
バレーボールじゃないんだよ。
サッカーなんだよ!
1対0> の試合がほとんどなんだよ!
<3対2>なんて試合、滅多にないんだよ!
よもや、野球みたいに、9回の裏に6点を大逆転する様な
ハプニングは、起きないんだよ!

先取点が欲しい
はい、今、解説の方・・気軽に言いましたネ。
はい、確かに欲しいです。
んでもよお、先取点がもし取れたら、それで
ほとんど、試合決まるんだよね。

この安易な解説を、
なんなら他のスポーツに当てはめてみようか?

野球
アナ 『今日の松井いかがでしょうか?』
カイセツ「まずは、逆転満塁ホームランを打ちたいですねえ」

ゴルフ
アナ 『藍ちゃん、調子いいようですが?』
カイセツ「1ホール目にホールインワンが是非欲しいですねえ」

マラソン
アナ 『高橋尚子選手、しぼれてますねえ?』
カイセツ「ん~まあ、最初からトバスだけトバシたらいいんじゃない」

スピードスケート
アナ 『さあ、清水選手のスタートです!』
カイセツ「スタートがすべてですね」

大相撲
アナ 『今日の千代大海、取り口はいかがでしょうか?』
カイセツ「ど~んと、前に出ることですね」

フィギアスケート
アナ 『荒川静香の登場です。さて、解説のイシマルさん!』
カイセツ「ミスをしない事ですねえ・・」

サスケ
アナ 『さあ、イシマル選手の登場だ!』
カイセツ「いつまでやるんでしょうねえ・・」

スポーツNO1筋肉バトル
アナ 『さあ、イシマルの腕立て伏せだあ~!』
カイセツ「血管ぶち切れるまでやるよ、この人!」

 おあとが、よろしいようで・・
# by ishimaru_ken | 2006-05-09 09:08 | スポーツ
とりあえず中華
e0077899_10122374.jpg
『餃子4人前に、春巻きと酢豚、あとビール2本、
とりあえず、それ下さい。』

先日、中華料理屋での夕方のひとコマである。
この頼み方、最も、ポピュラーだと思いません?
ところがこの日、この店には、中国から渡ってきて間もない
新人の女性がいたのである。

トリアエズ・・?」
『あ、いや、<鳥あえ酢>じゃなくてだね・・餃子と・・
ま、ま、とりあえず、それ頂戴。』
 (新人、必死にメニューを見ている)
 「トリアエズ・・?」
『いやいや、違うの。トリはあえなくていいの。
だから、酢豚と・・とにかく、とりあえず、持ってきて。』
 「スブタとトリアエズ・・?」
『ごめん、又、とりあえずって言っちゃった。』
 「トリアエズ・・?」
『悪かった、トリアエズの事は、とりあえず忘れてくれる?』
 「トリアエズ・・?」
『・・・あのね!もう一回最初から言うよ!餃子~~~
  ~~とりあえず、それ下さい。』
 
なんで、日本人は、<とりあえず>って、言うんだろう?
言っている事に気付いてすらいない。

この後、追加注文の際、注意に注意を重ねたにも関らず、
<とりあえず>を連発したのであった。
# by ishimaru_ken | 2006-05-08 10:14 | 昔々おバカな話



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧