バレンタインジジー

e0077899_918338.jpg
バレンタインデーらしい。
義理チョコを渡す時、みんな、何と言って渡すのだろう?
本来は、<愛の告白>であるからといって、
「好きです」とは、言えないわけで。
だからといって、
「ありがとうございます」・・も変だし。
「お疲れ様」・・もあんまりだし。

世の女性たちは、なんと言っているのだろう?
「あ、どうぞ」
「あの、コレぇ」
いかにも、芸も面白みもない会話が進んでいるようだなあ。

今年、90になるオヤジに、子供たちから、
パンツを贈った。
届いたのだろう、電話がかかってきた。

『おお、パンツありがとありがと。オレはね、
 綺麗好きだから毎日パンツ換えるから、助かるぞ』
# by ishimaru_ken | 2006-02-14 09:19 | その他
スキーは危ない

e0077899_72445.jpg
スキーは危ない。
信州は飯山(いいやま)という所で、初めてスキーをやった。
34年前のことだ。

始めてなもので、イデタチがだった。
黒の学生ズボンに、上は、米屋さんが
雨の日の配達に来ている雨合羽。
腰に蓑(みの)を付けている。
(濡れ防止に、民宿で借りてきた)

よし!初心者スクールに入るぞー。
女の子3人と一緒だった。その中の一人が
盛んにこちらを盗み見するので、
気があるのかな、と思ったら、イシマルのイデタチ
気味悪かったらしい。

さあ、持ち前の運動神経がメキメキと音を立てて、
メキメキうまくなった。
3日目には、シャッシャッシャッが出来る様になった。
シャッシャッシャッとは、シャッシャッシャッの事で、
え~と、オリンピックでいうスラロームの事だ。
イシマル調子に乗った。

これまで、リフトを一段しか上がっていなかったのに、
もう一つ上がった
もう一つ上がったら、さらに上がある事がわかった。
さらに上がった。
さらに上がったら、もっと上があった。
もっと上に上がった。
そこは頂上だった。
聞くところによると、そのゲレンデは、長野国体が催された会場で
なんか激しいコースらしい。

上がったものはしょうがない。
降りた。というより、ころげた。
そのうち、何となく、滑りやすそうな急斜面に入った。
真っ直ぐシュプールが描かれてある。
直滑降のコースに入りこんだようだ。
どんどんスピードがあがる。
止まりようがない。
前方にコブが見えてきた。
(ん?ジャンプ台?)
イシマル、運が無かった。
時代が悪かった
時はまさに、札幌オリンピックの真っ最中。
ヒノマル飛行隊と云われた、笠谷(かさや)はじめジャンプ陣が
金銀銅を独占していた時だった。日本中が
ジャンプの魅力にとり付かれていた。
誰もが飛びたがっていた

シュワッチ!
イシマル飛んだ。笠谷になった。
踏み切りの前に身体を小さく丸める事を忘れなかった。

・ ・その後どうなったのだろう?
気を失うと目の前が真っ暗になるというが、
何故か真っ白になった。
雪の中に埋もれていた。
頭が下になって、上半身が埋まっている
人が集まって、引っこ抜いてくれた。
スキーの先端が右目の上に刺さって、
大量に出血している。
病院に運ばれた。
おかげで、今でも、右目のほうが小さい。

スキーは危ない。
特に、役者は控えた方がいい。
# by ishimaru_ken | 2006-02-14 07:28 | スポーツ
スポーツマンNO1
TBSの番組e0077899_2085564.jpg
スポーツマンNO1が近づいてきた!

昨年の6月に
おバカなイシマルは
自分で遊んでいてケガをした。
右肩<肩鎖(けんさ)関節脱臼
(肩の靭帯断裂)
全治3ヶ月
完治6ヶ月
さて、ここから、どう
リハビリをするのか?
元に戻るのか?

もう、イシマルは
お終いなのか?

NO1にはなれないのか!
e0077899_2094713.jpg手術はうまくいった。
主治医は大畠先生だ。

名医である。













4ヶ月後、リハビリ開始
腕立て伏せが5回しか出来ない。
e0077899_20134732.jpg




さあ、その後のリハビリカリキュラムe0077899_20264195.jpge0077899_20262686.jpg













自転車 20~40キロ
海岸砂浜ランニング 4キロ
砂浜ダッシュ 30メートル×10本



腹筋 100回e0077899_21201816.jpg
背筋 100回
腕立て 200回
懸垂 50回
スクワット やれるだけ

スイミング2000メートル



e0077899_20344186.jpg



                 
                     

                       意味ない芸
バランスe0077899_2036408.jpg
登るe0077899_20373061.jpg











はたして、復活は出来るのか! 乞うご期待!e0077899_20454977.jpg
# by ishimaru_ken | 2006-02-13 21:39 | スポーツ
二刀流

e0077899_8231169.jpg
大学受験シーズンに入った。
そうそう、その昔
大学受験を2ヶ月後に控えたある日の事。
奇妙な心配をし始めた。
受験当日、右手をケガしていたらどうしよう
(はいはい、ケガしないように気を付けましょう)
という風に、私の場合ならなかった。
答えは解かるのに、字が書けない
これがいやだった。
どうしたか?

その日から、左手で書く特訓が始まった。
鉛筆で、文字を左から、右に書くのは難しい。
どうしても、突っかかってしまう。
なお悪い事に、当時私は、ツケペンを使っていた。
ツケペンとは、インク壷にペン先をドボンと漬けて
書く奴だ。
何故か気に入り使っていた。
こいつがやっかいだ。
ペン先が突っかかる。ズボズボ突き刺さる。
穴が空いたりする。
インクの染みだらけだ。
それでも、諦めなかった。努力の人だった。

2ヶ月が経ち、受験の日がやってきた。
右手、左手どちらでもいける。
万全だ。自信に満ち溢れていた。
試験が始まった.
おかしい、手が動かない。
その時、気付いた。
2ヶ月間、手を鍛えるあまり、頭を鍛えるのを忘れていた。
本末転倒という言葉を、その時知った。

字は書けるのに、答えが解からない
# by ishimaru_ken | 2006-02-13 08:24 | 昔々おバカな話
スーパーマーン

e0077899_4265782.jpg
東京の電車の窓が、まだ、開いた頃の話である。
当時、夏は冷房がないので、電車の窓は下半分が開いていた
その事が、あんなことを引き起こすとは・・

西武線に椎名町(しいなまち)と言う駅がある。
いつものように、電車が到着し、乗り込んだ。
空いている。
ホーム側のベンチシートに座った。
「閉まるドアにご注意ください。」
ドアが閉まる寸前に、女の人が駆け込んできた。
そのまま、前の車両に小走りで去っていく。
随分あわてているなあ。
プシュー、ドアが閉まり、ゆっくり電車は動き出す。
やがて、ホームの端っこまで来た・・そのとき!

ガ==ン!!!
後頭部を思いっきり殴られた。
首が折れたかと思った。
ん?床に男がころがっている
その男、飛び起きると、前の車両の方に
駆け出していった。

いったい何があったのだろう?
目の中に星が舞い踊る頭で、今の状況を推察してみる。
男と女が別れる別れないで、喧嘩したらしい。
女の後を、駅まで男は追ってきた
しかし、女が乗り込んだ途端、ドアは閉まり、発車してしまった。
このままでは、もう一生会えないかもしれない。
走りゆく電車を見ると、窓が半分だけ開いている。
ええい、ままよ!
スーパーマーン!
決死のダイブを敢行したのだ。

なんとまあ、命がけの恋だこと!
でもね、あんたはいい、あんたの恋だから命をかけても。
そこに、座っていたおいらはどうなるの? ねえ 
# by ishimaru_ken | 2006-02-12 04:28 | 昔々おバカな話
ルールを変えよう

e0077899_9365122.jpg
『生ビール12杯とウーロンちゃ3つね』
宴会で、若手の幹事が叫んでいる。
よくある光景だ。
しばらくすると、生ビールが4つほど、運ばれて来る。
何も言わなくても、奥に座っているイシマル課長の所に
最初に配られる。そして、隣の課長補佐にも。
又又しばらくすると、4つ来る。
バラまかれる。ウーロン茶も届いたりする。
又又又しばらくすると、最後の4つが来る。
 そして、今来たばかり、泡と液体の割合がベスト
ジョッキを、持ち上げた若手の幹事

『では、課長、ひと事!』
ひと事の為にヒザ立ちした課長の右手には、
泡がほとんど無くなった、ビールなのかウーロン茶なのか
わからないモノが、ぶら下がっている。
見るからに、美味しくなさそうだ
部屋の入り口から、奥に向って、泡の量が
一定の割合で、少なくなっている。
つまり!
最も美味しいモノを飲んでいるのが、幹事の若手で、
最もまずいモノを飲んでいるのが、その場の上司だ。
あげくに、泡が無い分少し、少ないので、
(イシマル課長ガマン出来なくて、少し飲んだみたいよ)
うう~・・・
そろそろ、ルールを変えませんかあ~
逆さまにしようよお~

(アタシィ、お酒飲めないので、ワカンナ~イ)

はいはい、では、町内会で、ぜんざいを食べる
という事になったとしましょ。
『さあ、出来ましたヨ~』
熱々のぜんざいが、鍋いっぱいに湯気を立てている。
まずは、町内会長のイシマルさんから・・
はい次は・・・ と30人ほど。
『はい、みんな渡りましたねえ~いただきま~す』
ふむ、みんなの器をのぞく。
幹事で、最近引っ越して来たばかりの小林さんの器には、
最後の方をすくったので、あふれんばかりのアズキ
しかも、熱々!
それに比べ、会長の器には、最初に上澄みをすくった為に、
ぜんざい・・というより、お汁粉に近い。
つぶつぶなんて、ほとんど無い。
何より、ぬるい
ぬる~いお汁粉やぞ!
そろそろ、ルールを変えませんかあ~

(アタシィ、猫舌なので、ワカンナ~イ)

はいはい、では、奥様バレーボールの帰りだとしましょ。
駅前のソフトクリームを食べようということになった。
10数人が店の前に並び、次から次にソフトを受けとる。
『はい!まずはイシマルキャプテン、ソーレエ!』

ソフトクリームを作るのは、結構手間どる。
最後に出来たソフトを、まだレギュラーにもなれない
新人が受け取る。
見事にトグロを巻いている。
炎天下の中、キャプテンのソフトはグニャリと曲がり、
土台のモナカの下から、溶けた液体が
ボトリ、ボトリ・・
ねえ、そろそろ、ルー

(アタシィ、知覚過敏だから、ワカンナ~イ)

このハナシは無かった事にして下さい。
# by ishimaru_ken | 2006-02-11 09:39 | 謙の発見!
パーティーカクテル現象

e0077899_1002972.jpg
パーティーカクテル現象
ご存知かな?
早い話が、自分の名前に超敏感だってこと。
どういうことか?
 こういうことだ。

100人や200人いるパーティー会場で、
ガヤガヤと話にはずんでいる時、
遠くで、誰かが言った自分の名前に敏感に反応する。
『ねえねえ、イシマルさんてさあ~』
10メートル以上離れているにもかかわらず
ビクッと反応してしまう。
・・・そんな経験ありません?
それを、<パーティーカクテル現象
と呼ぶのだ。
さあ、それによって、何がおこるか?

イシマルの場合・・・
電車に乗っていると、各駅で流れるアナウンス!

『発車いたします。閉まるドアにご注意下さい。』

「へえ~普通じゃん、何の問題あんの?」
確かに、よく聞くよね。
聞いても、誰もな~んも感じないよね。
ところが、イシマル君は、大変なんだぞ!
イシマル君の耳には、こう聞こえているのだ。

『発車いたします。イシマルドアにご注意下さい。』
(『発車いたします。閉まるドアにご注意下さい。』)

各駅を出発するたんびに、
『イシマル、ドアに注意しろ』
と注意されるのだ。
そのたんびに、ビクッとする。
各駅、各駅、ビクッとしているのだ。
(ドアには十分注意しているし、ドア袋にも巻き込まれた
 事は無いんだけど)
『注意しろ!』
と注意される。

そんなん、慣れるでしょうと・・言われるが、
なんせ、<パーチーカクテル>の執念深さだ。
~~~~~   ~~~~~
よし、ここで!、イシマルブログ初めての募集を行います。
あなたの名前(苗字)で、ドキドキした体験
第一回大会です。
応募の方は、このホームページのトップに載っている
info@ishi-ken.jp
に、勇気を持って送信してみてね。

(え~名前に関することだから、)
では、
非公開>:送信したけど、未公開にして。
公開> :公開して。
どっちにするか、書いといてね。(苗字のみの発表)

<第一回大会優秀パーティカクテルの表彰は、2月20日に行います。>

きばらずに、
「へ~そんなもんかい」
てな奴を送って下さいな。

さっそくの例 小林さんの場合。
『気晴らしに出かけました』
『小林に出かけました。』
<気晴らし>が<コバヤシ>に聞こえるようです。
ん~まあ、この家族はほっときましょう。
# by ishimaru_ken | 2006-02-10 10:03 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧