おやまの杉の子
e0077899_18524253.jpg
 《おやまの杉の子》という歌があった。
 
  昔々 その昔 
 椎の木ばやしのすぐそばに
 小さなおやまが あったとサ~ あったとサ~
 まるまる坊主の はげ山は
 いつでもみんなの 笑いもの
 これこれ杉の子 起きなさい
 お日様にこにこ 声かけた~ 声かけた~


先日、神奈川県の三浦半島の、ある山に登っていた。
頂上に近づいた頃、どこかから、
ハーモニカの音が聞こえてきた。
昔聞いたことのある調べだ。
なんだっけこの歌・・・?
すると、河津桜のピンクと、
菜の花が咲き乱れるその先で、
人生の先輩と思しき方が、一人でハーモニカを奏でていた。

「♪~丸々坊主のはげ山は~♪」
ハーモニカとは、哀愁ただよう音色の楽器である。
それを、青空に向かって、
深ぶかしくおじぎをするかのように、
「おやまの杉の子」を吹き続けている。
いっとき、音がやんだ時を狙って話しかけてみた。

 「いつも、ここで、吹かれているんですか?」
 『平日はネ』
 「失礼ですが、お年は?」
 『あはは、70超えたかナ』
 「この山は、よく登られるんですか?」
 『あ~毎日3往復しとるだわナ』
 「え~?3往復ということは、3回登ったり下ったり!」
 『ん・・』
 「で、ここでハーモニカを吹いておられるんだと?」
 『誰もおらんからヨ』

よくよく聞いてみると、正確には、4往復しているらしい。
その途中に、30分ほどハーモニカを吹いているそうだ。
ミュージシャンでも何でもない。
個人的な娯楽である。
ハーモニカも、小学生が使っている簡素なモノ。
素朴きわまりない音がする。

 「明日も来るんですか?」
 『わからん・・高い山は登れんからナ』

きびすを返すなり、脱兎の速さで、山を駆け下りていかれた。
『登れんからナ』と言いながら、
累積標高差1000mを、毎日闊歩している。
時折、『かっこいい人』に出あうことがある。

この方との出会いは、
しみじみとしたセピア色に包まれていた。
e0077899_18522884.jpg

# by ishimaru_ken | 2019-03-22 05:51 | その他
古希のパーティを山頂で
e0077899_18482352.jpg
 昨日、カップオムライスの話をした。
その山の頂上で、珍しい方達に出会った。

6人の人たちが、一人の女性が作るモノを見つめている。
何をしているのだろう?
長方形の物体に白い柔らかい物を塗りつけている。
はて?
ここは山の山頂。
私が持ち上げたカップオムライスも奇妙だったが、
アレはなんだろう?

「こんにちは、ソレ何を作ってるんですか?」
 『バースデイケーキです』
 「どなたの?」
 『この父が、70才の誕生日なので、山頂でパーティです』

聞けば、両親と子供たち二人とその配偶者。
で、全部で6人。
ケーキを持ち上げるのではなく、現場で作る!
いや~山の上で色んなご馳走を作るのを見た事があるが、
ケーキとは、これいかに!
しかも、ショートケーキ!
イチゴがのっかっている!
鼻高々だった、私のカップオムライスなどくすんでしまう。
 
「ここはよくこられるんですか?」
『いえ、初めてです』
「じゃ、こんな広場ある事は知らなかったんですネ」
『ええ、』

なんとまあ、行き当たりばったりでの、誕生パーティ。
古希の誕生日を子供たちが、山の上で邂逅し、
祝おうという微笑ましいイベントにめぐり合えた。
山は、おもしろい!
e0077899_18481236.jpg

# by ishimaru_ken | 2019-03-21 05:47 | その他
カップオムライス
e0077899_18442528.jpg
 山仲間と低山に遊びにいく。
ならばってんで、私が昼ごはんを作っていく。
昨日の山ランチは、
《オムライス》
それも、カップオムライス。

作り方は簡単。
まず、フライパンを二つ用意。
片方では、チキンライスをつくる。
ケチャップもしっかりと。
一方では、タマゴのスクランブルをつくる。
半熟のふわふわに・・
さあ、そこで、
球場などで、売り出されているビール用の、
大きな透明のカップをとりだす。

最初に、輪切りにしたキュウリを貼り付ける。
さて、底から、チキンライス、卵、チキンライスの順に、
繰り返して、層ができるように積み上げてゆく。
5~6段の地層のように見えれば、完璧!

ラップで、グルグル巻きにして、銀色の保温バッグに詰め、
中に、熱々のペットボトルをタオルで巻いて入れる。
こうすれば、3時間くらいは、ホカホカである。

さあ、山の頂上にたどり着いた。
 「ごはんだヨ~」
コッヘル(簡易鍋)で湯を沸かし、スープをつくる。
取り出したオムライスに皆が、嬉しい悲鳴をあげる。
なんたって、ビジュアルが美しい。
黄色と赤と緑が層をなしてカップに収まっている。
青空に持ち上げれば、光と色の3原色が両方そろった。

山の上で食べれば、何でも旨いものだが、
カップオムライスは格別であった。
そして、「いただきます」の代わりに、
音頭の声は、ビールカップを奉げたものだから、
こんな合唱となった。
 「カンパ~イ!」
e0077899_18443964.jpg
           保温している
# by ishimaru_ken | 2019-03-20 05:43 | その他
山の仙人
e0077899_18385855.jpg
 「おっ、あんた、イシマルさんじゃな」
神奈川の三浦アルプスを縦走していたら、
オジサンに出会った。
ラジオをかけて聴きながらの単独行の方だ。
単独行とは、一人の登山。
今、そんなオジサンが多い。
マイペースで歩けるから、楽なのだという。

 「先日、ラジオの《山カフェ》聞いたがな」
 『ありがとうございます』
 「高校生が二人出とって、元気よかったなあ~」
 『山の中で聞いたんですか?』
 「おぉ、アッチの山ん中でな」

アッチを指差しながら、解説してくれる。
これまで百名山は、70ほど登り、
あとは、アルプス系だけが残っているのだという。

 「あそこは、山小屋に泊まらんとならんからナ」
 『そうですネ』
「あとまわしじゃわナ」

まだまだ健脚で、72才だと語る若々しい御仁。
 「では」
の言葉を残し、とぶように去っていかれた。
最近は、山の仙人が増えたような気がする。
e0077899_18555086.jpg
   最近の仙人は、色が派手
# by ishimaru_ken | 2019-03-19 05:27 | その他
三浦半島かるた あ
e0077899_11422270.jpg
 《三浦半島かるた》

神奈川県の三浦半島の風景や歳時記を、かるたにしたもの。
この春できあがった。
作ったのは、《QKunit》 きゅうけいユニット
三浦半島在住のデザイナー姉妹の二人が作りあげた。

これが、なかなかの傑作。
三浦半島に、ウインドサーフィンや魚釣りなどで、
足繁く通っている私としては、一枚一枚がとても輝いてみえる。
よし、では一年かけて、
その一枚一枚を私なりの紙芝居にしてしまおう。
毎週、月曜日にしましょうか。
おっと、今日は月曜日ではないか!
ってんで、三浦半島かるたの始まり始まりィ~
まずは、《あ》
~~~ ~~~ ~~~
 《
 赤いだいこん 
 レディーサラダ


ダイコンは、白いものだ。
役者の私などを表現するさいに、
「だいこん役者」と憎まれ口を叩くのは、
 『すぐ降ろされるから』 (降板させられる)
 『いくら食ってもあたらない』(興業があたらない)
 『色ばっかり白くて』(これは一応褒め言葉)
などとのダジャレである。

三浦ダイコンと言われるほど、三浦半島はダイコンの産地。
冬だけで、大型トラック5600台も出荷している。
ところが、今やダイコンは赤いものもある。
《レディーサラダ》と云う名前。
日本とドイツのダイコンを掛け合わせたそうだ。
見た目がサラダ向きだとのことで、
この名前が付けられた。

赤いダイコンと言えば・・・
私の記憶では、フランキー堺主演の、
映画《南の島に雪が降る》の中で、こんなシーンがあった。

 第二次世界大戦、南の島で、
 マラリアで倒れて、死の淵を彷徨っている兵士が口ずさむ。
 「ニンジンが食いたい・・」
 しかし、その南の島にはニンジンがない。
 そこで、仲間達は、畑からダイコンを抜き、
 赤いペンキを塗って彼にさしだす。
 「ホラ、ニンジンだぞ」
 すると兵士は嬉しそうに赤いダイコンを頬張り、
 ニコリと笑ってあの世に旅立ったのだった。

っと、ここまで語って、ひょっとすると私の記憶違いで、
実は、食べたかったのは、ダイコンで、
赤いニンジンに、白いペンキを塗ったのかもしれない。

どちらにしても、いい映画だった。
もう一回、観てみたい。
赤いダイコンだったのか、
白いニンジンだったのかの解明も含めて・・・
e0077899_1142932.jpg

# by ishimaru_ken | 2019-03-18 05:41 | その他
ブドウパンの未来
e0077899_8255187.jpg
 ブドウパンが好きである。
その昔、パンの中に、干しブドウを入れるという、
荒ワザをやってくれた方に感謝したい。
ブドウパンに関しては、焼くだけで、
何も付けなくてもとても美味しい。

先日、伊豆の山中を歩いていたら、パン屋があった。
大きなブドウパンが、鎮座していたので、
買い求めようとし、持ち上げた瞬間!
なんだコレは!
とてつもなく重かったのである。
思わずギックリ腕になるところだった。
(そんな病はありません)

さらに目を瞠ったのは、干しブドウの量の多さ
焼かれてある周りや上部に、茶色の粒が噴き出ている。
いったい中身はどうなっているのか?
すぐに家に舞い戻り、カットした。
ザクリッ
おお~~~干しブドウだらけ!
嬉しい!
さあ、食べよう。
大きめにカットして、焼く。
いい香りが充満する。
さあ、ガブリッ
口中に、いく粒もの干しブドウ。
幸せの干しブドウ~

ここで、ハタとヒザを叩き、視線を中空にむける。
コレは、《ブドウパン》と呼ばれている。
でも正確に言えば、《干しブドウパン》じゃないか。
干しなどと接頭語を付けるのはうっとおしい、
という理由からだろうか、
短く、《ブドウパン》と呼んだような気がする。

中空に向けた視線を戻す。
するってえと、本来の《ブドウパン》とはどんなだろう?
答は、簡単だ。

《生のブドウを練り混ぜて焼いたパン》

そんなことが出来るのかどうか知らないのだが、
リンゴを焼いたり、ミカンを焼いたりしているのだから、
ブドウだって出来るのではないだろうか?
どこかで造って貰えないものか・・
すぐにでも食べてみたい!

で、もし売り出す場合、ネーミングはどうなるだろう?
やはりコレかな・・

 《生ブドウパン》
e0077899_8253316.jpg

# by ishimaru_ken | 2019-03-17 05:24 | 謙の発見!
フレームザックで遠足
e0077899_7554660.jpg
 「よっこらしょ」
たまには、重いリュックを背負って歩こうじゃないか。

リュックと云っても、私が担いでいるのは、
《フレームザック》と云われるモノで、
20年以上前までに、流行っていたシロモノである。
アルミフレームの背負子(しょいこ)と呼ぶ方が分かりやすい。
大量の重い荷物を運ぶ時に、役に立つ。
ただし、重心が上の方にあるので、バランスを崩しやすい。
ゆえに、岩場や急峻な箇所では、
ふらつきやすく転落に繋がる。
比較的しっかりした登山道に向いているので、
主に荷揚げの道具とみられている。

そこで、山でもないのに、こいつを担いで歩くのである。
中に、20リットル水タンクを入れて、
なんやかやで、25キロの重さ。
近所の公園を散歩するのであるが、
小一時間歩くと、汗びっしょりになる。

以前は、あろうことか、アレイも入れ、砂袋も入れ、
50キロにして、神社の階段を登っていた。
登りは、なんとかなったのだが、
下りがきつい。
ヒザへの負担が大きすぎて、やめてしまった。
今では、25キロくらいが、丁度良いようで、
桜を愛でたり、犬にほえられたりしながら、
広い公演を、グルリと巡って来る。

なぜ、水タンクを入れるのかって?
そりゃアアタ、途中でやめたくなったら、
水を捨てるのサ。
e0077899_756874.jpg
e0077899_7561889.jpg
       ワンワンワンワン
# by ishimaru_ken | 2019-03-16 05:54 | スポーツ


検索

リンク集

以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧