裸足の青春
e0077899_10222018.jpg
 昨日、裸足で歩く話をした。
裸足で歩くには、都会は向いていないと思われている。
しかし、よく考えてみよう。
田舎の舗装されていない道と違って、
都会は、舗装道路しかない。
石ころもジャリも落ちていない。
タイル張りや、コーティングされた通路だらけである。
足の裏に、やさしい。
痛くないのである。

では、なぜ誰も裸足で歩かないのか?
電車に乗って、どこかに行くのならともかく、
ご近所でも、なぜ、裸足で歩かないのか?
《他人の目が気になるから》?
ま、それもあるだろう。
「じゃあ、誰も見ていなかったら、
裸足で玄関から出ていきますか?」
ハイッと答えられなかったアナタは、なぜ出て行けないのですか?

外は汚い。
足の裏が汚れる。
帰ってきたら、足の裏を洗わないと、あがれない。
じゃあ、足の裏を洗う場所が、用意してあれば、
裸足で外を歩けますか?

「うぅ無理だ」と答えたアナタの場合・・・
これは、習慣が関係していると思われる。
《お外を裸足で歩いてはいけません》
子供の頃から躾けられた習慣が、裸足を拒否している。

19才の時、その躾けに挑んだ私は、
一週間もすると、裸足で歩く事に、まったく抵抗がなくなった。
玄関の床から、ためらいもなくタタキに降り、
そのまま公道にパタパタと歩いてゆく。
カバンの中のビニール袋に、濡れゾウキンをひそませ、
どこまでも歩いてゆく。
一ヶ月もすると、足の裏が固くなり、
少々の小石があっても、気にならなくなった。
はじめは怪訝な顔をしていた中華屋のオバチャンも、
次第に、当たり前に接してくれるようになった。
「もうだいぶ貯まったの?」
お金がなくて靴が買えない、と心配してくれている。

なるべく電車に乗らないように、歩きの生活をした。
やがて、冬がきた。
コンクリーは、冷たい。
シビレルほど冷たい。
だが、私は突然北国に来たのではない。
徐々に、冷たくなるコンクリーと接していたのだ。
人間、徐々になら、慣れるものだ。

やがて春がきて、夏になった。
ここで、青春の挫折がおこる。
裸足の大敵は、寒さではなく、暑さだった。
(漢字が違う)
熱さだ。
コンクリーは、真夏には、とんでもない熱さになる。
試しにこの夏、裸足でコンクリーの上を歩いてみよう。
10秒と我慢できない自分に驚くだろう。
走り回っても、意味が無い。
真夏に散歩している犬に合掌したりする。

しかして、1年たらずで、裸足生活に終止符をうったのだ。
敵は、コンクリーの熱さだった。
「え~イシマルさん、徐々に慣れるんじゃなかったの?」

慣れるかい!
e0077899_1020467.jpg
          古いラッセル車
by ishimaru_ken | 2013-06-28 06:19 | 昔々おバカな話
<< キス釣り 裸足のオジサン >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧