人気ブログランキング |
奈落の探検
e0077899_973287.jpg
 《奈落(ならく)の底に落ちる》という言葉がある。
物事がうまく運ばず、どん底にまで落ちてしまう事を言っている。
奈落とは、舞台用語だ。

舞台は、表面が板張りで出来ており、
その下には地下空間(ならく)がある。
例えば、<新橋演舞場>の奈落を覗いてみよう。
階段を降りてゆくと、地下に広大な空間が現れる。
その真ん中に、大きな動輪のマシンが据えられている。
高さ8m、直径15mほどの円柱マシンだ。
舞台全体を回転させる巨大なマシンである。
さらにその中に、上下に動くセリが複数ある。
うす暗く、迷路になっている。
案内がなくては、危なくて背を立てて歩けない。
SF映画エイリアンの宇宙船内に迷い込んだ感覚を覚える。

係りの者が数人いて、検査掃除点検を怠らない。
たった一度の失敗も許されない、超プロの世界がそこにある。
アンダーグラウンドの職人である。
仕事は厳しく、態度は優しい。
「さ、どうぞ」
丁寧に丁寧に、懐中電灯を差し向け、誘導してくれる。
っと云うと、年のいった五分刈り頭の職人風を想像しそうだが、
思いのほか若い方である。

スタッフは皆、黒いティシャツを着ている。
たとえ、客席から見えてしまっても、見つからないように、
黒い色の服装で統一されている。
だから、暗闇に潜む彼らは、まるで忍者だ。
声すら発しないので、壁際に立たれていても、
それと分からない。
さすがに顔だけは白いので、そこに人がいると判別できる。
「おはようございます」
おじぎをしたら、モップだったなんて事もある。

この地下世界には、ぜひ、
洞窟探検家の吉田勝次さんを招待しなければなるまい。
ケイバーとしてのご意見を聞いてみたいものだ。
その際には、ヘルメットにライト、フル装備で挑戦して貰いたい。
スッポンなどの縦穴には、ロープで降りていただきたい。
様々な大道具小道具が林立しており、
まさに、地下鍾乳洞の魅力あふれる世界がそこにある。
プロケイバーとしての、
奈落探検レポートをして頂きたく存じあげ候。
e0077899_97566.jpg

by ishimaru_ken | 2014-07-30 05:51 | 仕事
<< 客席に忍び込む役者 逆クレーマー② >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索

リンク集

以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧