ブラインドタッチのアンダンテ
e0077899_17132216.jpg
 「ブラインドタッチは、速ければいいものではない」

パソコンを買い求め、このコーナーを開いた頃、
ブラインドタッチの練習を始めた。
指先が器用な私だ。
あっという間に、高速に近づいた。
しかし、ふと立ち止まったのである。
「速ければいいのか?」

昔、ワープロが無い頃、人は、ペンで文章を書いた。
頭で考えながら、ペンを動かした。
紙に浮かび上がるインクの文字を追いながら、さらに、頭の中で、
発想が湧いてゆく。
《文字を書くスピード》
コレって、大切な要素なのではないだろうか?

この思い付きがひらめいた途端、ブラインドタッチの修練を止めた。
どうしても見ないと出来ない障害をつくった。
<―>やら、<~>などは見ないと押せないようにした。
数字も、必ず見る癖をつけた。
これだけで、スピードが落ちた。
今、スピードと打った中にも、バーが入っている。
バーの中にも入っている。
こうして、ある一定のスピードをでキーを打つ習慣が出来上がった。
そのスピードを、音楽符号のテンポを表すものをお借りして、
<アンダンテ>(歩くような速さ)と言ってみよう。

そこで、文章を書くスピードを、書くときに使う道具にあてはめ、
表現してみよう。
6つに分類した。

毛筆
  正月の書き初めである。
  一文字づつ精神統一してしたためるので、かなり遅い。
  今書いている文章を夜明けに筆で書き始めたら、書き終わりは、
  ランチを過ぎるかもしれない。
 
つけペン
  先割れした金属のペンを、小瓶に入ったインクに浸して
  紙に書いていく作業だ。
  筆より、速くはなったが、カリカリと引っかかるペン先は、
  必要以上に神経を使い、遅い。

ボールペン 楷書
  どれほど筆圧をかけても、大丈夫なボールペン。
  速くかける・・筈なのだが、文字はあくまで楷書だ。
  四角四面な文字を記してゆく。スピードに限界がある。

ボールペン 行書
  サラサラと書き進める。
  判読も出来る。
  音楽符号における、歩くスピード・・アンダンテである。

ボールペン 草書
  速さは、文字を書くというジャンルでは群を抜いている。
  速いのは、やぶさかでないのだが、書いた本人以外、読めない。
  江戸時代の文人が書いた書のようで、殆ど読めない。
  その昔、父親から届いた手紙も、
  三分の一しか判読できなかった。


速記》そっき
  通訳や、秘書などがメモをとる際、駆使された。
  符牒記号である。
  早口な人が話すスピードで、文章が記録された。

以上6つに分けてみた。
アナタのパソコンを打つスピードは、どれだろうか?
私は、やはり、アンダンテが気に入っている。
つまり・・行書。
e0077899_1713915.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-10 05:54 | 昔々おバカな話
<< つけペンで書く文字 梅雨時の空 真っ赤 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧