石垣鍾乳洞 バツンッ②
e0077899_9392426.jpg
~~~昨日の続き~~~
石垣鍾乳洞の立ち入り禁止の奥に踏み込んだ私。
センサーライトが働かなくなり、バツンっと明かりが落ちた。
真の暗闇に閉じ込められた私の運命やいかに?

で・・どうする?
真っ暗な中で目をつぶっている。
明かりが消えてから、足は動かしていない。
正面が12時だと仮定して、出口の穴は、4時半の方角だ。
四つん這いになって、這い戻ったとして、
もし、隣の穴に迷い込んだら・・
そう・・隣は、4時45分の角度、
さらに隣は、5時の角度。
微妙すぎる。

じゃ、どうする?
まず、左足の靴を、この角度のまま、脱ごう。
この靴を、ベースと呼ぶことにする。
這って、進んだ時、道を間違った場合、ベースまで戻ってくる。
そして、ただ闇雲に進むのではなく、
尺取り虫の要領で、
両手をいっぱい伸ばした所に、モノを置いてゆく。
まずは、もう片方の右足の靴を置く。
その靴はベースを指して置かなければならない。
次に置けるモノを確認する。
 靴下2
 ティシャツ
 ズボン(ベルトなし)
 パンツ
 時計
足すと、ベースを除くと、7点のポイントが出来る。
ポイントとポイントの距離を150cmとして、
10、5mの距離が稼げる。
しかし、パイロンまで、半分しかいけない。
何より、支道に迷い込む危険を最も避けなければならない。
ポイントをもっと作らなければ・・・

ポケットから財布が出てきた。
まさぐると、免許証を含めたカード2枚
お札4枚が見つかった。
これで、財布自体を含めると、7ポイント。
150を掛けて、さっきのと足すと、22m。
よし、ぎりぎり届くかもしれない。

ん・・まてよ?
うまく脱出したとすると、裸で、明かりの中に立っている事となる。
置いてきたものを回収するには、偶然通りかかった人に事情を話し、
しばらく、センサーを働かせてもらう必要がある。
つまり、その人とは、裸で接するのを余儀なくされる。
まずいナ。
男だったら、なんとかなるが、女性ばかりだったとしたら・・・
《洞窟で、痴漢現る!》
明日の新聞に載るかもしれない。
しかし、このまま、誰かが来るのを待てるだろうか?
それなりに寒い。

よし迷っていても仕方がない、やろう!
もう一度行動確認。
脱いだTシャツなどは、細くして、
一方を直前に置いたポイント方向に向ける。
14ポイント進んで、明かりが点かない時は、
ベースまで、ポイントを回収しながら戻る。
あとは、この繰り返し。

(とりあえずパンツは最後のポイントにしよう)
さあ、行くぞ!
っとこの時!

バツンッ!
明かりが点いたのである。
3時の方向だ!
慌てて、光の方に走りゆく。
まばゆい光の中にやってきたのは、オバちゃん達3人組だった。

もう少し遅れてオバちゃんが入道してきたら、
お馬鹿な裸のオジサンを発見したかもしれないネ。
e0077899_9375132.jpg
        銅像 具志堅用高
by ishimaru_ken | 2016-03-10 05:52 | 昔々おバカな話
<< 主演と端役 石垣鍾乳洞 バツンッ① >>


検索

リンク集

以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧