眠ったら死ぬ
e0077899_1951122.jpg
 「眠ったら死ぬゾ!」
コレは、山岳だのの遭難シーンで、吐かれる言葉である。

眠ったら死ぬ。
もちろん、山の中で寝たら死ぬという意味ではない。
遭難状態で、寒さギリギリの、生か死かの瀬戸際の時、
希望を失ったら死ぬという意味で、発する言葉でもある。

通常人間は、眠れば、すべての体調管理を、
身体が、かってにやってくれる。
眠っている時に、ブルブルッ、寒くて起きるのは、
管理がゆき届いている証しだ。
ところが、身体が弱っている時に、
その管理をやってくれるかどうかは疑問だ。
やってくれるかもしれない。
やってくれないかもしれない。
ギリギリの状態では、やってくれない可能性の方が高い。
ゆえに、「眠ったら死ぬ!」と声が掛けられる。
その言葉が定説になっている。

幸いなことに、私は山でその状況になった事がない。
しかし、「眠ったら死ぬ!」の自らの声は、聞いたことがある。
どこでか?

14年前、テレビ番組
 《世界うるるん滞在記》
台湾の東側のイーランの街で、7年に一度の祭りに参加していた。
祭りの名は、

 《チャンクー》

 高さ20mの油を塗った丸太柱を登り、
 ネズミ返しのハングを乗り越え、
 さらに高さ25mの竹で編んだ塔を登る


なんでも、その7年前に、大勢の人が落下して、傷つき、
それ以上の修羅場があった祭りだ。
私が出場した年も、救急車を何台も準備しており、
私が登り始めた時点でそれらは、すべて出払ったあとだった。
つまり、人は落ちた・・当たり前のように。

結果から云うと、油を塗った柱を登り、
ハング越えまで果たしたのであるが・・

夜中の2時に祭りが終わった時から、
私は眠れなくなったのである。
終了後、共に出た仲間と、あおるように朝まで酒を呑んだ。
しかし、それでも眠れない。
興奮で眠れないのは、さておき、私の脳は、
油でまみれた棒を登っているサナカに、さかのぼらされる

ホテルのベッドで眠ろうとすると、
「おい!眠るのか?落ちるゾ!」
自分の声がかかる。
 「落ちたら、死ぬゾ!」
ビクッ
目が覚める。

これはどういうことか?
説明しよう。
私は、まだ、油まみれの20mの木の棒を登っているのである。
登っている最中に、瞬時気を抜くと、落下する祭りだ。
瞬時とは、0コンマ秒の単位の話。
一瞬の気抜きが、救急車の数を減らしてしまう。
ゆえに、気の張りつめ方が、異常なほど鋭敏になってしまった。

自分は、
今登っているのか
すべてが終わったのか
ひょっとしたら、棒の途中で居眠りをしているのではないか
どちらが現実なのかの区別ができない。
できないから、眠れない。
客観的な判断の、判断基準がない。
夢うつつ・・・

台湾から帰国に向かうその後、
48時間を過ぎても、まだ目は見ひらいたまま。
眠さに耐えかねて、コクッと頭がおちると・・
「危ない!しっかりしろ!登っている最中じゃないか!」
叩き起こされる。
さらに、日本への飛行機の座席まできて、
60時間以上たったというのに、
「眠るな、死ぬゾ!」
声は、続いた。
 『お茶いかがですかぁ~』
機上のアテンダントの誘惑まがいの柔らかい声がすればするほど、
騙されてはいけない、と叱責が、耳の中にコダマする。
 「もう、救急車はないゾ!」
 「起きろ、死ぬゾ!」

じゃ、いつ眠りにおちたのか?
機内で、一杯の日本酒をキコシメシタあとに、
ほんわかした日本語が聞こえたアトだった。
 「まもなく、富士山が左手に見えてきます」
カクッ
e0077899_19503851.jpg

by ishimaru_ken | 2018-05-12 05:49 | スポーツ
<< 洞窟探険家 吉田勝次氏の洞窟写... 高麗山登山の先に >>


検索

リンク集

以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧