常念岳へ縦走
e0077899_1334527.jpg
 静かだな・・
山小屋、蝶が岳ヒュッテで目が覚める。
窓の外をのぞく。
真っ白で何も見えない。
なにやら空から降っている。
 「雪だ!」
思わず声をだす。
外に出てみると、30センチの積雪がある。
夜中に雪が降り、まだまだ降り続いている。
5月の第2週だというのに、北アルプスはまだ雪が降る。
30センチ?
っということは、これから向かおうとしている常念岳の稜線は、
雪で覆われているという意味だ。
昨日までの人々が歩いた足跡は消えているという意味だ。
つまり、道は、自分で見つけなければならない
結論をだす。
 「今日は、この蝶が岳ヒュッテにもう一泊しよう」
 『足止めってやつ?』
 「んだ」

この足止めの間に、さらに一日中雪が降り続いた。
翌朝・・
霧の中、三人で歩き出す。
地図とコンパスを頼りに、新雪を踏んでゆく。
目指すは、常念岳2857m。
なんどかアップダウンがあり、真っ白な稜線を進む。
この辺りは、道に迷う心配はない。
問題は、森林の中だ。
方向が定めにくい。
よく探せば、ピンクのリボンが見つかるのだが、
いったんロストすると、随分戻らなければならない。
ええいままよと進むには、森の中は雪が深すぎる。
 ズボッ
足がモモまで、穴に落ちる。
雪を踏み抜いているのである。
 アレ~~!
滝田くんは踏み抜きが得意だ。
右足を踏み抜き、やっと、立ち上がったと思ったら、
すぐさま、左足を踏み抜いている。

 「たぶん、道を間違ってる」
私の言葉に、皆が立ちどまる。
皆を待たせ、ルートファウンディングに取りかかる。
要は、偵察である。
雪に埋もれながら、アッチかいな、ソッチかいな?
地図にコンパスを当て、ドッチかいな・・
やがて、「コッチだぞ~」。
なんとか本道を見つけ、ラッセルをくりかえす。

 「おお、アレは常念岳ではないか!」
晴れた!
運がいい。
頂上を前にして、遥か彼方まで遠望できるほど空がひらけた。
宇宙とまごうばかりの群青色の空。
常念岳は、思いのほか尖っていた。
雪のセイか、尖がった峰に見える。
高所恐怖症の滝田くんの顔が青ざめている。
 『行くのも怖いしぃ、戻るのは、もっと怖い・・』
 「足元見て、一歩一歩登ろう!」
 『うぐっ』
 「東側の崖に近づかなければ大丈夫!」
助言とは思えぬ、私の言葉にだまされ、
高度差400mの新雪に、ザクッとふみだす。
 「滑った時は、黙って滑らず、何か言ってネ」
 『ふぇい』

♪~ゆ~きの進軍、もろでをふってぇ~♪
なぜかこの曲が口をつき、ひぃひぃのハテに、
頂上に立った。
見事なまでに晴れ渡った。
眼の前すぐのところに、
槍ヶ岳が、黒々としたトガリを蒼空に突き立てている。
アッチの方が、300m以上高いハズなのに、
コチラの方が高く感じる。
山は不思議だ。
大概の山は、自分の方が高く感じるのである。

 地球が丸いからだろうか?
 登ってきた喜びからだろうか?
e0077899_1335562.jpg
    蝶槍をめざす
e0077899_13452091.jpg
   ズボッ モモまで雪にはまる 
e0077899_13354059.jpg
   常念岳が見えた 
e0077899_13355134.jpg
   思いのほか尖った岩峰
e0077899_13355968.jpg
    常念への登り  
e0077899_13361620.jpg
      常念岳山頂 向こうに穂高連峰が 
e0077899_13364053.jpg
    400m下の常念小屋を見おろす
by ishimaru_ken | 2018-05-21 05:33 | スポーツ
<< 山小屋でのおじさんトーク 山頂の天体ショー >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧