サッカーワールドカップの痛み芸
e0077899_975610.jpg
 サッカーワールドカップを見ている。
さあ、この大会で、以前より飛躍的に進んだモノは何?
「パス」
「トラっプ」
「審判の映像審判」

違う。
思うに、《痛がる姿》である。
ファールもどきを受けた時の、選手の痛がり方である。
 「ギャ~痛い痛いギャ~!」
この表現である。
今思えば、以前のその表現は未熟であった。
相手選手に、ヒットを受けたら、
ゴロゴロゴロと、自ら転がり、
「ボクは、こんなひどい仕打ちを受けたんだぁ~!」
との主張をしていた。

ところが、今回のワールドでは、痛み方が進化している。
下半身にヒットされた選手が倒れる。
すると、バタバタ動かない。
まるで死んだかのようにうずくまる。
顔面を芝生にうずめ、ビクとも動かない。
誰もが心配する。
まさかだが、ホントに死に至るのではないかと、
後ろ髪を引っ張られる。
ピ~~~
審判が笛を吹く。
(やったゼ、ベイビー)
やには選手は、薄目をあける。
皆に介護されながら、起き上がってくる。
再開されれば、ダッシュしている。
してやったりである。

たとえば~
倒れた選手が、片手で小さく地面(芝生)を叩いていたりする。
アレは、痛くてたまらないという表現なのだが、
日常生活の中では、
いい大人はそんな恥ずかしい表現はしない。
グッと我慢する。
よもやアスリートには有り得ない行為である。
つまり、《ワザと》苦悶の痛みの表現を生み出している。

たとえば~
上半身系の接触があると、顔面を両手でおもいっきり掴み、
この世の終わりほどの悶絶にふるまう選手もいる。
アニメの吹き替え風にしてみよう。

 「ぎゃ~オカアチャン、ボク死にます、
  ボクいま殺されましたです、見て見て、
  ココ見て、このキズ見て、
あ~ボクの人生終わりかもぉ~!」

さらに、演技は最終章にうつる。
ピクピクッ
身体を痙攣させる。
さすがに、審判は笛を吹く。
ゲームは中断する。
さすがに泡をふく選手は、まだ現れていないが、
この先出てきても不思議でない。
ほとんどの場合、ピクピク選手は何事もなかったかのように、
ゲームに復帰する。

さあ、ここまで、進化してきた《やられ芸》
あえて《やられ芸》と言おう。
次にはどう進化して行くのだろうか?

私だったらの話をしていいのだったら、
あえて言っておこうかな。
私だったら、芝生の上で《嘔吐する芸》を披露するかもネ。
オエッ!
e0077899_973744.jpg

by ishimaru_ken | 2018-06-28 06:05 | スポーツ
<< サッカー やはり脱ぐか サッカーワールドカップ 全戦観戦 >>


検索

リンク集

以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧