酸素カプセルが
e0077899_7263175.jpg
 《酸素カプセル》
一時間、1000円でどうぞ~

ホテルのロビーに、あの酸素カプセルが設置されていた。
身体にも脳みそにも良いという様な事が書いてある。
ほお脳みそ・・台本を覚えるのにも良いのだろうか?
すぐに申し込んだ。
60分間コースを選んだ。

マンホールをぶった切ったようなカプセルの中に入る。
ガチャリッ
外からドアを閉められる。
中から開けられないような構造になっている。
パニックになって、開けたら急に気圧が変わるので、
危険なのだろう。
ブイィィィ~~ン
すぐに加圧が始まる。
耳の鼓膜が、反応する。
どんどん加圧され、10分ほどで、1,3気圧に達する。
鼓膜は何度も耳抜きを強いられる。
よし、とまった。
空っぽのペットボトルをあえて持って入った。
今や、ペッコリと凹んでいる。
しかし、3000mの山の上から持って帰ったボトルよりは、
凹みが小さい。

考えてみれば、空気が薄い場所に行く経験は、
(山の上など)あまたあるが、
気圧が高い場所に行った経験はない。
空気が濃い。
ふ~~む・・
実感はない。
薄い場合は、「ああ~薄いなあ」と分かるものだが、
濃い場合はよくわからない。
そう云えば・・・

富士山に登った折のこと・・・
だんだん薄くなる空気を感じながら、山頂に達し、
万歳をし、さあ、降りようと一気に高度を下げた。
すると・・降りるにしたがって、
どんどん空気が濃くなるのが分かったのである。
五合目に下ると、
肺に入ってくる濃度の濃い空気が実にうまかった。
さらに、河口湖まで下ってきた時には、
ねっとりと肺を満たす、めまいがするほどの酸素に、
ありがたみを覚えたのである。

高山病とは、空気が薄い所に行った時にかかる病である。
では、その逆はあるのか?
チベットの歌姫、歌手のバイマンヤンジーさんはその昔、
4000mの高原チベットから日本にやってきた。
その時、あまりの空気の濃さに、めまいを起こしたのだそうだ。
逆高山病とでも言おうか、酸素の必要以上の濃さに、
気持ちが悪くなったようだ。

で、酸素カプセルはどうだったか?
う~んとね・・なんかよくわからんかった。
e0077899_7261665.jpg

by ishimaru_ken | 2018-11-13 05:24 | 謙の発見!
<< 牛のホホ肉に遭遇 スープを飲まされる意味 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索

リンク集

以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧