人気ブログランキング |
アンザイレン
アンザイレン_e0077899_12403564.jpg
 雪山のかなりの傾斜になった個所に遭遇する。
滑り落ちたら、危険だ。
単独以外では、このやり方で進む。
 《アンザイレン》

それぞれが、ロープで結びあうのである。

腰のあたりに、ハーネスという安全バンドを巻き、
それに、カラビナとい金属のワッカをぶらさげる。
そこに、ロープを通し結ぶ。
もし万一、片方が滑り落ちたら、もう一方が、
グッと力を入れて、持ちこたえるという単純な確保方法だ。
もちろんピッケル(金属の杖)を持っているので、
それを雪に突き刺し、さらなる確保体制をとる。
二人以上のパーティであれば、全員がその体制をとり合う。

さて、ここで、もっと困難な状況が現れた時の話をしよう。
岩山の稜線で、一方がどちらかの谷に滑落した場合だ。
 「うわぁ~!」
両側が切りたった稜線を進んでいる時、
前を歩く者が、右側に谷に落ちてしまった
それを察した後ろを歩く者はどうしたらいい?

さきほどの、グッと力をこめたくらいでは、
フリー落下する人間の重みは耐えられない。
グッという止め方は、とっさの時には役にたたない。
むしろ二人一緒に落ちてしまう。
いま、まさに彼は落ち続けている。
彼と自分の間のロープの長さは6m・・・
考える余裕は、ゼロコンマ何秒しかない。
どうする?

こたえ~
彼が落ちた側と反対の谷に、身を投げるのである。
彼が右側に落ちたなら左側。
自分の体重で、滑落を止めるのだ。
苦肉の策と言ってもいい。
しかし昔から、
最終的にはこの方法でお互いを助け合う、
という信頼をむすんでいた。

とはいえ、とっさに崖から断崖に身を投げ出せるだろうか?
100mを超す断崖かもしれない。
1000mかもしれない。
ロープが切れれば、一巻の終わり。
ということで、昔から登山部などでは、
訓練として、この飛び降りを、安全なところでやっていた。
私がやったワケではないが、
他の隊がやるのを、間近で見ていた。
 「ふ~ん、ああやるのか・・・」
とっさに身体が動くようにするのが訓練である。
いいかえれば、
究極の訓練をやっていれば、そこまででない試練は、
乗り越えられるだろうという、
人の幅をつくろうとしている。

アナタが、授業や職場で、
「なぜこんな理不尽事をやらされるのだろう?」
と感じたら、ひょっとすると、
アナタの幅をひろげようとしているのかもしれない。
アンザイレン_e0077899_12401844.jpg
 5人づつのアンザイレン(先頭と最後尾にコーチ)
by ishimaru_ken | 2020-02-13 05:39 | スポーツ
<< 足のケガ カックン >>


検索

リンク集

以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧