人気ブログランキング | 話題のタグを見る
007のピアノ

007のピアノ_e0077899_14030150.jpg

 《灯台もと暗し》とはこのことだ。

最近、アチコチに出没し、ピアノを弾いている。

お聞かせするほどの腕はないのだが、本人が弾きたがっているので、

許してもらっている。

道の駅だったり、音楽ホールのエントランスだったり、

ロケ先の劇場だったり、ホテルのロビーだったり、

ん・・・ホテル?


10数年前から、足しげく通っているのが、

与論島である。

先日、ホテルのレストランの使われていない二階に、

なんとなく足を運んだ。

すると、ソレが鎮座していた。

真っ白いグランドピアノ。


「すみません、コレ弾いていいですか?」

フロントですぐに許可がおりたものの、フタを開けてみると、

ピアノ線が3本ほど千切れており、音があやしい鍵盤もある。

ま・いっか・・・

ポロロ~ン

すると、スタッフのひとり、イサ君が遠くで見ていた。


 「このピアノはですね、その昔、

映画007に出ていた船に乗っていたピアノなんです」

『あんですと?』

「豪華客船007号を買い取った時に、ピアノまであったんです」

『買い取った!』

「それ以来、ココに置いてあるんです」


って、いったいどのくらい前の話なんだろう?

当時のパンフレットを探してくれて、それを見てみると、

おお~映画007の中で見た事のある豪華客船じゃないか。

たしか悪の親玉がふんぞりかえって乗っていた記憶がある。

いまやホコリをかぶって、ほとんど弾く人もいないまま放置されている。

一種のインテリアと化している。


これは弾かねばならんでしょ。

都合のよい理由をつけ、椅子にすわる。

弾きだすと、たしかに音がズレてがっくり来る鍵盤がある。

しかし、そんなことより、自分のミスタッチの方が多い。

ピアノのセイにしてはいけない。

ピアノ線も、赤くさびているモノもある。

切れている3本のピアノ線は、ペンチを借りて切り取った。

どのくらいの長さ、調律をしていなかったのだろうか?

それでも、わたしにとっては、立派なピアノである。

誰もいない空間で、思う存分、弾かせてもらおうではないか。

007のピアノ_e0077899_14024188.jpg


by ishimaru_ken | 2021-01-03 06:01 | 謙の発見!
<< ピアノ工事人 狛猫のたたずまい >>


検索

リンク集

以前の記事
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧