人気ブログランキング | 話題のタグを見る
波佐見焼

波佐見焼_e0077899_07212661.png
 《波佐見焼》 はさみやき という焼き物がある。

陶磁器である。

長崎県の中央部に、波佐見町がある。

山間の集落で、訪ねてみると、100年前から、

変わっていないのではないか、

と思えるほどの町並みが、そのまま残されている。

すべてが、陶磁器を作る為の集落だ。

町のそこかしこにレンガ造りの煙突がニョキニョキと伸び、

決して計画的ではなかっただろうアトランダムな美しさをみせている。

登り窯のいう焼窯のセイなのか、町の中のほとんどの道が坂道。


《はさみ焼》?

ピンとこなかったアナタの為に、この陶磁器の説明を少し。

民陶(みんとう)という言葉がある。

庶民が普段使う陶磁器のことだ。

陶磁器とは割れにくい。

対し、陶器はやや割れやすい。

その陶器には、芸術の香りただよう作品があまた作られ、

0のたくさん表示されたモノもある。

では、波佐見焼はどうかと言えば、完璧なる民陶である。

今、アナタの家の食器の中に、波佐見焼があるかもしれない。

ふだん使っていて、飽きない食器。

試しに、《波佐見焼》とネット検索してみると、

「あっ、これウチにある。あっ、これも」

意外や、日本全国にあふれている。

でなければ、あれほどの町並みが残る訳がない。


《リーチ先生》 原田マハ著

民陶の話が書かれた小説であり、私の今年一番の読み物。

題材が、陶芸の話であり、冒頭は、大分県の

《小鹿田焼》おんたやきの里から始まる。

この小鹿田焼も、アナタはどこかで見たことがあるだろう。

それぞれの民陶と呼ばれる食器も、いまでは今風の、

オシャレなものも作られ、

値段もそれなりのモノもある。

私もプレゼントに贈らせてもらうこともある。

食器は飾るのも一興だろうが、毎日使っているモノに愛着がわく。


それが、仮に割れてしまっても仕方がない。

割れるかもしれないからこそ、愛着が増すのではなかろうか?

というのは、さっき我が家の中で、最も好きな器を割ってしまったのだ。

朝からその破片を集めて、ジっと見ている私がいる――

波佐見焼_e0077899_07143354.jpg


by ishimaru_ken | 2022-04-21 05:53 | 仕事
<< 割れる食器 カナヅチ >>


検索

リンク集

以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧