人気ブログランキング | 話題のタグを見る
馬は

 駅のホームから写真を撮った、パシャリ。

その写真がこれだ。

馬は_e0077899_10021835.jpg

馬に乗った人が、駅をくぐろうとしている。

なんだなんだ?

そこは神奈川県を走る、京浜急行、三浦海岸駅。


近くに乗馬クラブがあり、遠出の走りを、海岸でやっている。

走るといっても歩くのだが・・・

海岸の砂浜を、散歩するのである。

イントラと共に、手綱を持って、数人が乗馬を楽しんでいる。

馬に乗ったことがある人は、ご存じだろうが、

馬の背中は高い。

腰かけると、トラックの運転席より高い(と思う)。

景色が変わる。

ゆらゆらと揺られるここちよさ――

車と違い、安心感もある。

訓練された馬は、けっして暴走しないからだ。

あぶない場所は止まる。

おそらく眠ってしまっても、行きたい場所へ連れて行ってくれる。


っと、良いことばかり語ったが、実はその昔――

30数年前、3時間時代劇の大作で私は、

馬を駆ける武士を演じていた。

江戸の町を再現した家屋の並ぶ道を疾走するシーンだった。

一応、乗馬のプロが前を走り、そのあとをついてゆく。

まずは、テスト。

「よ~いスタート!」

その途端、私の馬が走り出す。

前の馬が走ればついていく習性がある。

馬と言うのは、走り出しの初速が速い。

ヨ~イドンの瞬間にいきなり全力疾走となる。

必死で手綱を握りしめる。

っと、ここまでは良かった。

問題は、その10秒後に起きた。


江戸の町はクランク状に道が伸びている。

クランクとはまっすぐの道が、ちょこっと左に曲がり、

すぐに右に曲がるという形状。

見通しを悪くし、敵に攻められにくくしている。

日本家屋は軒(のき)がある。

道に向かって屋根のひさしが、半間(90センチ)ほど伸びている。


私の馬は、前の馬を追う為に、最短コースを走ったのだ。

左に曲がる瞬間、ひさしの下を首を下げて通り過ぎようとしたのだ。

背中に武士が乗っているなど考えてくれない。

ほんの一瞬のできごとだった。

(このままでは、私の身体は、いや頭は、ひさしに激突する!)

ひさしの高さは、ほぼ馬の背中の高さ。

逃げようがない!

「とっさ」であった。


身体を馬の右側の腹のところに、忍者のように張り付いたのである。

左手は鞍を掴み、左足首で鞍をひっかけるという、

ウエスタン映画でしか見られない芸当を演じたのである。

「とっさ」としては、あまりの見事な「とっさ」。

くぐったあとに、すぐに元の位置に起き上がった。

ところが、これだけでは終わらなかった。

クランクは、すぐに右に曲がる。

私の馬はまたしてもひさしをくぐろうとしている。

元の位置に戻った勢いで、今度は左側の腹にへばりつく。


いわゆる曲乗りという芸当である。

サーカスなどで見たことがある超のつく難しい技!

もしあのまま突っ込んでいたら・・・


「カット!」の声に馬は走りやめる。

馬担当の方がとんできて、私の無事を確かめる。

まさかあんな事を馬がやるとは――

まさかあんなことを役者がやるとは―ー

平身低頭して謝りながら、感心している。

結局本番は、道なりに走らせられるスタントマンがやることになり、

私はお役御免となった。


たったの3~4秒のことだったのだが、

今でもひさしの先端が私の首を狙って近づいてくるのを、

スローモーションのように、はっきり覚えている。

もう一回やれと言われても、あの曲芸は無理だろう。

「とっさ」とは、

ヒトがとてつもない能力を引きだす瞬間なのだと実感した。

ただし、本番ではなかったので、

映像は残っていない。

残念である。


あれっ、さっき「馬は眠っていても」とか言ってなかったっけ・・・

馬は_e0077899_10025897.jpg


by ishimaru_ken | 2022-05-12 06:01 | 仕事
<< みこしを担ぐ時代劇 不老不死になったら >>


検索

リンク集

以前の記事
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧