築地魚河岸⑥
e0077899_8595515.jpg
「イシマル君、コレ持ってきな」

ヒョイと渡されたものは、マグロの頭だった。
渡してくれたのは、東京築地魚河岸の仲買の大将だ。
『どうやって、食べるんですか?』
「適当にほじくればいいのさ」
30数年前は、適当という言葉は良い意味で使われていた。

よいしょと持ち上げると、でっかいスイカほどの重量がある。
こりゃあ、喰いデがあるな。
イシマル君、嬉々として、魚河岸をあとにしたのだった。
当時私は、オートバイに乗って通勤していた。
その日、真っ直ぐ帰れば、何も問題は起こらなかった。
しかし、友人と約束があったのだ。
それも、麻雀をやる為に、雀荘に向かったのだ。

オートバイの脇の袋に入れられた、マグロの頭。
やがて、雀荘の床に置かれる、マグロの頭。
我がアパートの部屋に、頭が辿り着いたのは、
「持ってきな」と言われてから、20時間を過ぎていた。
しかも、真夏真っ盛りであった。

ほじった。
独特の香りがした。
なんせ、マグロの頭など食べた事がない。
味の基準が解からない。
だからその時、マグロの頭の味の異変に気付かなかったワケだ。
当然、異臭にも気付かなかったワケだ。
さすが、海のスプリンターの頭だ、旨い!
食べ続けた。

さあ、その夜だ。
体に悪寒が走った。
風邪を引いたと思った。
風邪薬を飲んだ。
熱が出てきた。
下痢が始まった。
苦しい・・・苦しい腹痛に見舞われた。
ベッドからころげ落ちた。
しかし、これが、延々続く苦闘の序章だとは、
この時、気付きもしなかった。

当時、私は、劇団つかこうへい事務所で芝居の稽古をしていた。
その稽古に、連絡もなくイシマルが来なくなった3日目。
心配した平田満が、アパートを訪ねてきた。
(電話しても出ないんだから、居ないのかな)
「おお~い、イシマルぅ~いるかぁ~」
鍵の掛かっていない玄関のガラガラドアを開けた平田が
目にしたのは、
その玄関にうっ伏す、イシマルのやせ細った肉体だった。
飲まず食わず、掛かってくる電話にも出られず、
ほとんどの時間をトイレにしがみついていた
哀れな25歳の男だった。

正確に申し上げれば、
腐ったタンパク質を、むしゃむしゃと食べ続けた、
お馬鹿な、役者の卵だった。

ついでに云えば、
病院に行くという考えが全く頭に浮かばなかった、
マグロの頭以下の、頭しか持ち合わせていない青年であった。
e0077899_901076.jpg

by ishimaru_ken | 2007-12-07 08:29 | 昔々おバカな話
<< 元旦 生中継 築地魚河岸⑤ >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧