人気ブログランキング |
2008年 10月 15日 ( 1 )
寝台特急 富士号
e0077899_17293420.jpg
18;03東京駅発~翌日11;16大分駅着。
<寝台特急 富士号>

35年前に乗ったきり、乗っていなかった列車である。
当時学生だった私・・
大分への帰省は、もっぱらこの列車を利用していた。
17時間あまりの列車旅行である。

現在の富士号の、B寝台は、上下の二段ベッドであるが、
昔のB寝台は、三段ベッドだったのだ。
だから、必然一段の高さが低くなる。
特に、上中下の、のベッドに入ると、
座っていられない。
頭が常に曲がった状態を強いられる事になる。
ビクター犬よろしく、考え事をしている体になる。

じゃあ、上のベッドはどうかと云うと、
天井が、列車の屋根の形状をなぞっているので、
片方は、あまりある高さがあるが、
片方はやっとヒザが立てる程度だ。
じゃあ、一番下がいいのか・・と云うと、
上や中の人達がしょっちゅう上がったり降りたりするので、
うるさくってしょうがない。
しかも時折、上の人が就寝中にドサっと落っこちてきたりする。
あの高さから、落っこちて大丈夫なのかと心配するが、
少なくとも、2度落ちた事のある私の場合は大丈夫だった。

当時の富士号には、食堂車があった。
移動するレストランは素晴らしかった。
風景を食べているという表現を、恥ずかしげもなく使えた。
その朝、
遅い朝食を移動レストランでとっていた。
注文したのは、カレーライスだ。
カレーとライスが別々に出てくる当時の正統派だ。
アラジンのランプみたいな中に入っているカレーが
どうしても全部こそぎ採れずに、こっそりゴハンを入れて
掻き出したりする、正統派のカレーライスだ。

そして、まさに、そのカレーをゴハンにかけようとしたその刹那!
移動レストランの車窓に、故郷の山々が見えてきたのである。
18才の私はボーとしていたらしい。
由布山や、別府の湯煙を懐かしく眺めていた。
すると、正面の席の人が、驚いた顔で私を指差す。
遠くのウェイトレスを、手を振って呼んでいる。
飛んできたウェイトレスが、テーブルの上を指差しながら、
『だ・大丈夫ですか?』
指差された顔の真下を見ると、
あらま!
白いごはんが真っ赤に染まっているではないか。
大量の福神漬けをぶっ掛けたみたいだ。
「あでぇ~どうしだんだどう?」
鼻声に気付き、鼻の下をこすると、
ボタボタと鼻血が噴出しているではないか!

血気盛んという言葉があるが、私の場合、
ただノボセルらしいのだ。
真っ白いゴハンにオカワリしてくれたウェイトレスさん、
ありがとネ、

そして、今回、35年ぶりに、乗車した富士号からは、
食堂車が消えていた。
残念だった。
今でも、故郷の山を見たら鼻血が出るか・・
実験をしてみたかったのだが、それも叶わなかった。
それとも、あの鼻血は、朝っぱらから、カレーなどを
喰らおうとした報いだろうか・・・
e0077899_1729220.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-15 17:30 | 昔々おバカな話


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索

リンク集

以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧