人気ブログランキング |
2013年 10月 23日 ( 1 )
いつでも夢を いつでも勇気を
いつでも夢を いつでも勇気を_e0077899_9342928.jpg
 歌の歌詞を、誤解して歌っている場合がある。
私のケースは、この歌だ。 
《いつでも夢を》 昭和37年
             唄 橋幸夫 吉永小百合
   星よりひそかに、雨よりやさしく
   あの娘はいつも歌ってる
   こえがきこえる 淋しい胸に
   涙に濡れたこの胸に

一番の歌詞を書いてみた。
けんじろう君がこの歌を聞いたのは、小学高学年の頃。
大分県の、田舎だった。
歌詞の3行目に注目してほしい。
 <こえがきこえる>
コレを漢字に当てると、
 <声が聞こえる>
誰が聞いても考えても、声が聞こえる、である。
ところが、けんじろう君にはそう聞こえなかった。

当時の田舎は、田圃や畑ばかりだった。
畑の中には、糞尿を溜めて、醗酵させ、有機肥料として、
畑にまく為の、<肥え溜め>があった。
かなりの匂いを発し、子供たちには、
<コエタコ>と呼ばれていた。

「おおい、又、誰かコエタコに落ちたゾ!」
コエタコは、周りに囲いが無かったセイで、
年に何人か、中に落ちた。
命には拘わらなかったものの、村では、中傷のタネとなった。
「○○ちゃんが、コエタコ落ちたで~」
○○ちゃんは、傷ついた。

けんじろう君は、落ちなかったものの、
かなり際どい場面に何度も遭遇した。
「おっとっと、ひえ~あぶねえ~!」
ギリギリでクリアしたこと限りなく。
なんせ、道路の脇にあるのに、囲いがない。
壁や、垣根が無いのである。

そんな時、くだんの歌が流れてしまった。
「こえがきこ~えるぅ~」
けんじろう君の頭脳は、瞬時に反応した。
「こえがき?」
肥えの垣根?・・・肥垣!
有って欲しいと願っていた、肥えの垣根・・肥垣だ!
肥垣 越~える

なんと、肥えの垣根を、越えようというのだ!
越えたらどうなるか?
ドボン?
恐ろしい結果が待っているにも拘わらず、
勇気を持って越えようというのだ。

そう!
けんじろう君には、この歌《いつでも夢を》は、
<いつでも勇気を持っていこう!>と云う歌となった。

コエタコに落ちるかもしれないような悲惨な状況でも、
あえて立ち向かい、勇気を持って生きていこう!
コエタコくらいなんのその!

この誤解を知ったのは、30才の頃のカラオケである。
しかし、正解は知ったものの、誤解はとけない。
私の中ではあくまで、
<肥垣 越~える>

さあみんな、大きな声で、勇気の歌を唄おうではないか!
「♪~こえがきこ~える~♪」
いつでも夢を いつでも勇気を_e0077899_9323962.jpg

by ishimaru_ken | 2013-10-23 08:06 | 昔々おバカな話


検索

リンク集

以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧