人気ブログランキング |
2019年 04月 18日 ( 1 )
胃酸の逆流
e0077899_1143391.jpg
 時折、胃酸が逆流することがある。
1~2年に一度ほどに過ぎないが、たいがい夜中におきる。
 オゲッ
まるで、エイリアンが胃袋の中から飛び出してきたかのような、
強烈なブロゥに襲われる。
喉が焼かれる。
胃酸に焼かれるのである。
その時に気づく。
 「胃酸とは、かくも強い酸なのか!」

わが体内にありながら、
これまたエイリアンの血液なみの強烈な酸。
そりゃそうかもしれない、毎日毎日、
いい加減に口から放り込まれた、
ありとあらゆるモノを溶かしている酸だ。
食い物ならいざしらず、間違って飲み込んだ、
駅弁の仕切りの緑のギザギザのビニールなんかも、
溶かしているようだ。
なぜ、そんな事が分かったかと云うと、
ある時弁当を食べ終わったとき、
片付けようとした仲間に、
 「アレッ、仕切りのビニールはどこやったの?」
指摘されたからである。

それはさておき、
これだけの強い酸に、胃袋は耐えているのだからして、
相当のご苦労があるでしょう。
 《胃酸過多》
よき聞くこの言葉は、
自らが自らを滅ぼそうとしている姿を表している。

その昔、中学3年の正月。
下宿をしていたけんじろう君に、下宿先のお母さんがきく。
 「お餅、いくつ食べる」
けんじろう君はいつも腹ペコだったので即答する。
 『15個』
九州は丸餅。
軽く焼かれ、お雑煮として、出される。
さすが成長期・・15個ペロリとたいらげる。

この食事が正月の三が日続いた。
つまり、一食15個。
一日、45個。
3日で、135個

4日目の朝、起きてきたけんじろう君の顔をみて、
下宿のお母さんが、悲鳴をあげた。
私の顔は、鬼のように真っ赤だった。
すぐに病院に連れていかれ、診断が下される。
 『胃酸過多による急性胃炎』

そんなに食べさせたらいけませんヨという医者の声。
まだ食べたいと口にするけんじろう君をなだめながら、
下宿のお母さんは、悲しい顔をしていた。
(よその子ながら、この子の将来は・・・)

なぜ、お母さんの心の声が分かったかと言うと、
帰り道で、何度も何度も、こう諭されたのである。
「大丈夫ヨ、いつか食べられる量だけ、
 食べられるようになるからネ」
e0077899_1132741.jpg
          肉ちまき 80個
by ishimaru_ken | 2019-04-18 06:00 | 昔々おバカな話


検索

リンク集

以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧