人気ブログランキング |
2019年 11月 17日 ( 1 )
熊野古道は杉の道
e0077899_934436.jpg
 熊野古道は、杉とヒノキの植林の道である。
昔々のその昔は、植林ではなかったハズだが、
今では、ほぼ完ぺきに植林の中を歩く。
よって、日陰を歩いている。
なんたって高さ30m近い杉林である。
真夏でも涼しいと思われる。

山の頂上は通らない。
最も高い部分が、峠となる。
峠に着いたからといって、視界が開けるワケではない。
峠と標識に書いてあるだけで、
杉の林の中であることに変わりはない。
ゆえに、カメラのシャッターを何度も押すのだが、
おしなべて同じような写真が並んでしまう。

時折、遥か昔の住居跡が現れたりする。
なぜ分かるかと云うと、石垣の跡がのこり、
平らになっているからだ。
その住居跡の平地にも、杉が植えられ、
この先、長い年月の間に、石垣も埋もれてゆくだろう。

中には、その遺跡を発掘している現場もあったりする。
縄文とか弥生とかの時代ではなく、
どちらかといえば、近世の遺構である。
通りかかった外国人がカメラを向けている。
われらが、ポンペイの遺跡をたずね、
シャッターを押す姿に似ているかもしれない。
 「ホエア~カムフロム?」
 『トキオ!』
東京在住の外国の方だったりする。

古道の各所に、『〇〇王子』おうじと呼ばれる場所がある。
神様が宿るところという意味で、小さな社がある。
お賽銭を入れ、拝む。
たまたま小銭がポケットにたくさんあったので、
次から次に現れる〇〇王子に困らなかったが、
ぜひ、小銭は持っていきたいものだ。

ひっそりとたたずむ王子は、
「拝む」という本来の気持ちがこもりやすい。
静けさの中で、両手を合わせていると、
心の中で言葉をつぶやかなくとも、
森羅万象という、
まさに森のなにかに感謝している自分がいる。

様々な山に登っているが、これほど静かな山の中も珍しい。
静かだと思っていても、なにがしかの雑音は聞こえる。
飛行機が上空をとんだり、
ヘリコプターが飛来したり、
遠くの高速道路のにぶい音が聞こえたり・・・
熊鈴の大合唱であったり・・

熊野古道の森自体が、人里離れているのと、
杉の林が、マフラー効果を発揮し、
音を吸い取っているのではないだろうか?
漫画では、杉林の中に、こう描くハズだ。
e0077899_9362722.jpg

      シ~~~~~~~~~~~~~~ン
e0077899_9413110.jpg

by ishimaru_ken | 2019-11-17 05:33 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧