人気ブログランキング |
2019年 11月 21日 ( 1 )
札幌の夜は 生ラム
e0077899_16555210.jpg
 さあ、札幌の夜だ!
なにを食べようかな~
迷う。
なんでも美味しい北海道となれば、迷わない手はない。
迷っている時間が楽しい。
で、その割には、すんなりと決まる。

 「生ラムを食いにいこう!」
生と言っても、刺し身で食べるわけではない。
キチンと焼いて食べる。
40年ほど前には、札幌といえども、
羊を食べさせてくれる店は少なかった。
「ジンギスカン」と看板に銘打ち、
七輪を置いた店が、数件あるのみだった。
ところが今や、探さなくても、
交差点で首をふればそこにある。
そこにある店に入っても、そこそこのラムがいただける。

冷蔵技術の発達が、羊の食べ方を変えたと言っていい。
しかも《子羊のラム》
わたしとしては、もう少し年齢を経た、
 《フォゲット》あたりが好みなのだが、
おおまかな括りで、ラムと称せられている。

最近では、ラムタンもあり、ロースはもちろん、
ティーボーンもあったりする。
ついつい追加注文を重ねてしまう。
牛や豚などの肉系の中では、
もっとも重量をたくさん食べられるのではないだろうか?
「ついつい」という表現がぴったりの肉である。
「もうお腹いっぱい」と思っても、つい箸が伸びてしまう。
「もうやめよう」と箸を置いたハズなのに、
いつのまにか、肉が焼けると、体制を整えている。

中学生の頃、我が家では、父親が、
ひとり600gを目安に、羊肉を買ってきた。
そして確実に600g以上食べた。
今は、さすがに成長期は終わっているので、
そこまでは食べられないが、400gは食っている。

いつ北海道に来られるか分からない、と云う危機感が、
胃液の供給の手助けをしている。
しょっちゅう北海道に来るクセに、
そのたびに、「次いつ来るかな?」
わざと危機感をつのらせ、ラム屋のドアを押す。
「君、生ラム食べたことないんじゃない?」
仲間に「食べたことがない」
と強引に言わせようと誘導し、
「よし、まかせとけ!」
夜、すすきののラム屋にくりだす。

うぅ・・一泊二日では、
他のモノが食えないじゃないか!
e0077899_16553716.jpg

by ishimaru_ken | 2019-11-21 05:49 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧