人気ブログランキング |
2020年 02月 06日 ( 1 )
重い雨戸
重い雨戸_e0077899_19114282.jpg
 時代劇の撮影をやりながら、ふと疑問が湧いた。

それは、江戸時代の家屋の雨戸を蹴たてて、
外にとび出すシーンだった。
ダアァ~~~ン!
倒れた雨戸を、子細にながめてみると、
何種類かの木の断片でできあがっている。
江戸時代には、ノコギリとカンナはあっただろうが、
電気モーターの製材所はない。
という事は、人の手で、この雨戸が作られた事になる。
どうやって?

仮にこう考えてみよう。
今、アナタに直径40センチの杉の大木を一本進呈しよう。
ノコギリとカンナを使って、雨戸が作れるだろうか?
柱はなんとか切りだせる。
分厚い板なら、時間をかければ、かろうじて作れるだろう。
しかし、雨戸の表面の薄い板は、どうやって削りだすのだろう?
現実に、その昔には、雨戸はあった。
もちろん、フスマも障子もあった。

欄間の工芸品を見るたびに、手先が器用な人がいるもんだと、
感心していたのだが、
欄間の工作の仕方はなんとなくわかる。
ノミなどで、削るのだと理解できる。
しかし、薄い板はどうやって作ったのだろう?
雨戸がない現代で、想像するのが難しいのなら、
天井板はどうだろう?
杉や松で作られており、薄さは3ミリ~5ミリ。
仮に厚かったとしても、1センチに満たない。
幅は、30~40センチはあろう。
長さは30センチ~1m以上。

いったん直方体に切り出したモノを、
いちいちカンナで削っていたとすると、
非常に無駄な削りぶしが出るに違いない。
一部屋の天井だけで、どれくらいの木材が必要か?

「おい、戸板(といた)持ってきやがれ!」
時代劇で水死体が出た時に、かける言葉なのだが、
実は、江戸時代の戸板(あまど)は、重かったのではないか?
薄い板制作が困難だとすると、
やや厚い板が主流だったのではないか?
当然、重くなる。

「雨戸くっといて頂戴ネ」
その昔、母親に言われて、雨戸繰りをしたものだが、
子供が片手で、カラカラと動くものではなく、
もっと、大変な仕事だったのではないか?

という事は、時代劇で、ダアァ~ンと雨戸を蹴立てられた時、
それを刀で跳ねのけるのではなく、
よけられず、余りの重みに、
下敷きになる侍がいても不思議ではない。

「戸板を持ってこい」と言われたとき、
いつも2人で運んでいたが、
その上に生身の人間を乗せるのであるからして、
4人の人間で、持ち運ぶべきだと考えられる。

日本家屋は、実は、非常に重い家屋であったのか!
重い雨戸_e0077899_19112025.jpg
         石のゴリラ
by ishimaru_ken | 2020-02-06 05:09 | 謙の発見!


検索

リンク集

以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧