人気ブログランキング |
<   2008年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
凍った卵
e0077899_8275829.jpg
「うわぁ~凍ってるぅ~!」
冷蔵庫を開けて、牛乳を飲もうと思ったら、
牛乳がパックごと凍っていた。
いえ、冷凍室に入れていたのではない。
冷蔵室に入っていた牛乳が凍ったのだ。

もう10年を超えて働き続けているマシンである。
最近の異常気象に合わせたかのように、オカシナ現象が起こる。
冷トウ室のスイッチが、切れたり入ったりする。
そして、今朝のコチコチ牛乳だ。
と思っていたら、卵を食べようとして、
その卵が凍っている事に気付いた。
最初の写真はソレだ。
なして、冷ゾウ室で卵が凍るの?

その時、ふと、ある料理が閃いたのだ。
このコチコチ卵の殻を剥き、衣を付けて油で揚げたらどうだろう?
外はパン粉でカラッと揚がり、中は半熟の卵が出来るかな?
(揚げている最中に爆発の可能性があるな)

そうそう、卵と云えば、数日前こんな卵に出会ったのだ。
e0077899_8272334.jpg

<双子の卵>
40年ほど前には、しばしば双子の卵にお目にかかったが、
最近は、とんと顔を見せて呉れなかった。
久々である。
久々過ぎて、二つ卵黄が入っている状態を指す、
<ふたご>
という言葉がすぐに出て来なかった。
「え~と、え~と・・・ああ双子の卵だあ~」

そして、双子の卵に出会った場合、
どう扱えばいいのか忘れてしまっていた。
「え~と、え~と・・・ええい食べちゃえぇぇ~」
鑑賞の時間は、悲しく短く、すぐさま目玉焼きになってしまった。
この目玉焼きは、ある意味、本当の目玉焼きではないだろうか?
正当な目玉焼きと公言しても、
誰にも後ろ指を指される心配はないと、自負する。

今、25才以下で、双子の卵を見た事のある人!
もし居たとしたら、それは非常にラッキーな方だね。
今後、もし見つけた折には、
是非々々、正統派の目玉焼きを作りましょう!

で、その目玉焼きの写真は、なぜ無いのかって?
そうなんです。旨そうなので慌てて食べちまったんです。
e0077899_82627100.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-12 08:31 | 謙の発見!
アスリートに告ぐ
e0077899_4583799.jpg
スポーツアスリートにとって、最も《辛い言葉》は何だろう?

例えば、水泳の北島康介だ。
彼にとって、何と言われたら辛いんだろう?

例えば、柔道のやわらちゃんだ。
彼女は、何と言われたら辛いのだろう?

例えば、砲丸投げの室伏
例えば、イチロー

みんな、何と言われたら辛いのだろう?
え~わたくしツラツラ、その辛さを考えてみました。
ウンウン考えました・
考えた挙句の答えが・・コレです。

《君には出来ないだろ》

もし、アスリート達が、この言葉を、上司やライバルに
吐きかけられたとしたら、どうだろう?
稽古、練習の最中に投げかけられたら、どうだろう?
アスリートにとって、
こう言われる事の屈辱は、イタタマレナイのだ。
《君には出来ないだろ》

この言葉を吐きかけられたアスリートは苛立つ。
出来ようが、出来まいが、
ハナから<出来ないだろう>と決め付けないでほしい。
よおし、それなら、<出来て>やろうじゃないか!
やってやろうじゃないか!
じゃないか!
ないか!
か!か!か!
もう、やる気バンバンである。
勝つ気バンバンである。

そうなのだ!
このバンバンを引き出す為に、
監督やコーチ達が、苦労してきたハズだ。
言葉を探してきたハズだ。
その究極の言葉が、コレだと・・私は提言しているのだな。

《君には出来ないだろ》
e0077899_4591313.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-11 04:59 | スポーツ
オモコン
e0077899_532512.jpg
《思い出させコンセルジュ》

これからの時代、この職業が必要になる・・と私は断言する。
では、どんな職業なのか、紹介しよう。

人間、40才を超えた辺りから、記憶の遠ざかりが始まる。
「え~と、アノ人・・名前が・・え~と」
「ほら、この間の、あそこだよ、何て言ったっけ?」
「あれっ?さっきなんて言ったっけ?」

自宅でも、友人の間でも、そして会社でも、
喉元まで出ているのに思い出せない名称に、苦しめられる。
時には、喉元より奥の、
肺辺りで止まってしまった記憶に苦しめられる。
出てこない。
どうやっても、出てこない。
そんな時、思うのだ・・
『なにか・・ヒントを・・』

なにか小さなヒントでもあれば、思い出す事がしばしばある。
そのしばしばを、もっと増やしたいのだ。
しばしばではなく、必然にしたいのだ。
それには、どうすればいい?

さあ、懸命なあなたには、もう解りましたね。
そう、ヒントを与える人がいればいいのだ。
つまり、
思い出させる人・・<思い出させコンセルジュ>

例えです。
「え~っと・・?え~っと?・・・」
思い出させコンシェルジュ(オモコン)がヒントを与える。
『お名前でしょうか?』
「いんや・・」
『地名でしょうか?』
「そうそう」
『以前行かれた所ですね』
「そうそう」
『私が今から言う漢字に記憶があればぁ・・』

オモコンは、記憶を思い起こすべく、
様々な導き方をするのである。

さあ、どうです?
あなたの会社に一人、オモコンがいたら便利じゃないですか?
いやいや、何人もいたら、素晴らしいでしょ。
オモコンこと<思い出させコンシェルジュ>は、
これからの時代、必需職業なのだ。

どうですかぁ~?
人材派遣業のパソナさ~ん
オモコンやりませ~ん
e0077899_5331882.jpg
                  湯舟の水中から撮影
by ishimaru_ken | 2008-10-10 05:48 | その他
ガラスに指をぶつける
e0077899_734268.jpg
車の助手席に座っている。
前方に面白い看板を発見した。
「アレ、見て!」
っと右手を伸ばし、人差し指で指差す。
っと、<指差す>の指さ・・辺りで、
人差し指がガツ~ンと、フロントガラスにぶつかるのだ。
指がグキっと曲がる。
もの凄く痛い。
爪が剥がれたかと、指先を確かめてしまう。

《ガラスに指をぶつける》
昔から、私が頻繁にやる行為である。
フロントガラスの頻度は高い。
他にも、窓ガラス、ショーウインドーのガラスなど、
様々なガラスが、どうも見えていないらしいのだ。
時折、窓にハトがブツかって、ピクピク痙攣しているが、
あの行為と五十歩百歩である。

いや、見えてはいるのだが、頭から消えてしまっているのだ。
それより、何かを発見した興奮が優先していると思われる。
「アレ見て!」
アレを早く知らせたい興奮が、ガラスを消してしまう。

こればっかりは、なかなか学習し難い課題であるようだ。
ガツ~ン!とあれほど痛めているにも拘わらず、
しばらくすると、同じ過ちを犯してしまう。
ガツ~ン!
ただし、少しだけ学習していると見えて、
人差し指の爪だけは、短く切り揃えられている。
えらいな・・

以前、一度だけ、これを鏡でやった事があった。
芝居の楽屋での顛末だ。
私が鏡前のテーブルに、かがみ込んで、台本を読んでいると、
隣に座っていた作演出家(後藤ひろひと氏)が
「はい、コレなぁ~んだ?」
っと、カズーと云う楽器を差し出したのだ。
台本に没頭していた、けな気な役者イシマルは、
とっさに、手を伸ばしたのだ。
しかし、その方角には、
後藤氏がカズーを持っている虚像があるだけなのだった。
ガツーン!
鏡に向かって伸ばした私の指はグニャリと曲がった。
恐らく、後藤氏は私の事を、内心軽蔑したものと思われる。
その事があってから、後藤氏は私にだけ、
ゆっくりと喋るようになった。
おまけに、年上の私に対する敬語が無くなったのも・・
その頃である。
e0077899_73315.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-09 07:10 | その他
それはワニ
e0077899_6441133.jpg
昨日、解る人には解るケーブルテレビの話をした。
ついでに、解る人にだけ話しをしよう。
ディスカバーチャンネルをヒネルと、
必ずどこかで、ワニが出てくる。
数10チャンネルをザッピングすると、
間違いなく、ワニが登場する。
ワニである。
なぜかワニである。

日本人にとって、あまり興味のないワニである。
ところが、ディスカバリーチャンネルに於いては、
ワニは、主役なのである。

これを日本のテレビに当てはめよう。
ワニ=マグロ
マグロを狩猟する影像に、我々はゾクゾクする。
津軽海峡の大間のマグロの格闘に我を忘れる。
マグロが波間に飛び出し、荒れくれる姿に釘付けになる。
カメラはその姿を赤裸々に映し出す。

同じ感覚を、どうもワニでゾクゾクする人達がいるらしい。
ワニとの格闘に我を忘れる人がいるらしい。
ワニが水面下に潜んでいる姿を延々と映し続ける。
(面白くない)
ワニがただただ、じっと潜んでいる姿を映し続ける。
(面白くない)
ワニがあまりにも動作を起こさないので、ちょっかいを掛ける。
(ちょっとだけ、面白い)
ワニが余りにも、非積極的なので、ワニに抱きついたりする。
(ワニは大いに暴れて不愉快そうである)

結果理解した事実;
 相手を食べようという動物と、
 相手にちょっかいをだそうという動物は、
 仲良くなれない・・・
e0077899_6433869.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-08 06:45 | その他
ディスカバリーチャンネル
e0077899_7151181.jpg
                 小幡氏(ばたやん)デザイン

今日は、解る人だけ解り、解らない人には全く解らない話しです。

《巨大なダムを造っている・・》
ヒゲ面の男達が、ダム現場でクレーンだのブルドーザーを
振り回している。

《巨大なブリッジを造っている・・》
男達が何千トンの鉄の固まりを、ジャッキをで持ち上げている。

《巨大な海底油田を作っている・・》
男達が、嵐吹き荒れる中、波間でクレーンと戦っている。

今、私が見ているのは、<ディスカバリーチャンネル>
いわゆるケーブルテレビである。
見る時間は夜中・・
チャンネルを合わせると、
いつも、男達が、とんでもない巨大な建造物を造っている。
撮影されているのは、日本ではなく、海外だ。
「♪~風の中のす~ばる~♪」
日本的には、中島みゆきが唄うべく世界が、淡々と流れてゆく。
「♪~砂の中のぎ~んが~♪」

《空母なんかを造っていたりする》
そんなモン公表していいんか!

《ラスベガスの巨大ホテルを造ったりする》
もの凄く、金かかってますやん、いや、掛り過ぎてますやん。

《ドバイの世界一背の高いホテルを建設したりする》
工期がどんどん延びて、責任者クビ切られそうやん。

《巨大トンネルを掘っていたりする》
 洪水があったり、堀り間違えたり、何人犠牲になったん?

・・とここまで、お話しした所で、
『うんうん、私もそう思いました・・』
っと答えた方は、テレビの見過ぎですぜ。
「いえいえ、ユーロトンネルはぁ~」
と解説し始めた方は、殆ど、ケーブルテレビ病でっせ。
それも、ディスカバリーチャンネル病でっせ。

そう、解る人には解り、
解らない人には全く解らない話しでした。
では、解る人に言います。
もし、あなたが、ベーリング海に、カニもしくは、ロブスター
捕りに行きたいと、思い立ったのならば、
それは、やめた方がいいですよ。
あんなにバカスカ、採れるワケないざんしょ!
e0077899_7154951.jpg
                      小豆島
by ishimaru_ken | 2008-10-07 07:21 | その他
旅ゆかば⑯ 洞窟好きである
e0077899_4113113.jpg
洞窟(鍾乳洞)好きである。
旅をしていて、洞窟が地図上に現れると、迷わず向かう。
洞窟のある場所は、わかり易い。
本来、非常に解りにくい場所に存在している為か、
車を走らせていると、案内カンバンが、やたらと現れる。
少しでも不安になった頃を見計らって、
「ほらよ!」 っと、<この先3キロ>のカンバンが立っている。

だから、洞窟に辿り着けないような方は、
その洞窟には入らない方が懸命だ。
洞窟内で迷ってしまうに決まっている。

洞窟を見つけて、入らなかった事はない。
一度もない。
鍾乳洞でなくてもかまわない。
10mほど、凹んでいるだけでも、やはり入ってしまう。
穴があったら入りたい恥かしがり屋なのである。
(うそです)

鍾乳洞のすぐ横に、もうひとつ鍾乳洞がある所などは、
理想郷である。
先日の岩手県にあった、滝観洞(ろうかんどう)の横には、
白蓮洞(びゃくれんどう)がある。
二つあるくせに、白蓮洞の方は、殆どの人が入らない。
入り口に番人もいない。
灯りだけ点けといて、勝ってに入ってくれ・・という形式だ。
誰も入って来ないので独占だ。

ところがところが、この洞窟は私的に評価は高い。
鍾乳石こそ、殆ど無かったが、
内部は広く、迷路のように入り乱れ、何階建てかの
立体構造になっている。
まるで、山賊の棲家を思わせる。

そう云えば、以前、殆ど客のいない鍾乳洞に入った事があった。
山奥にある為、土日以外は、訪れる人が少ないらしい。
入洞して、暫くたち、最深部に達した。
そこには、こんなカンバンが・・
《この先、立ち入り禁止
覗いてみると、奥に道は続いている。
最奥部を拡張中なのか、縮小中なのか、定かではないが、
工事中のバーを一本、膝の高さで道に渡してあるだけだ。
超えようと思えば、簡単に超えられる。
私は、超えようと思ってしまうイケナイ人だった。
3mほど、進んでみた。
少しだけ暗くなる。
曲がった道を、もう3m進んでみる。
ふむ、洞窟の本来の姿がここにあるな。
さらに3m、もっと3m、これでどうだ3m・・・
かなり、暗くなった。
3mの○倍は来たなあ~ っと思った次の瞬間。
バシュンッ!
灯りが落ちた。
真っ暗になった!
え?ええ?ええええええ~~~?

そういう事だったのか!
どういう事か・・
この洞窟の照明は、センサーライトだったのだ。
人の動きに反応して、点いている。
誰もいなくなったら、暫くすると、消える仕組みになっている。
観光客が少ないが故の、省エネ作戦だ。
その<暫くすると>の時間を私が作ってしまったのである。

え~~~~!
真っ暗じゃ~ん。
私は、どんな動きをしてココまで来ただろう?
30m位進んだ様な気がする。
クネクネ曲がって、降りてきた気がする。
いや、登った様な気もする。
枝分かれをしたか、しなかったか思い出せない。
足場は悪く、何箇所か大きな深い穴もあった気がする。
あそこに落ちたら、地球の中心まで落ちる様な気がする。

腰を落として、周りの壁を触ろうとする。
ん?手が届かないぞ・・
もっと右かな?
いやいや、この辺りに穴がなかったか?
地球の中心で、叫ぶつもりか!

あれれ、ちょいと動いただけで、方角が解らなくなっちまった。
どっちの方角から来たのだろう?
そもそも、<どっち>という概念がおかしい。
風も感じられない。
一歩踏み出してみる。
登っているのか下っているのか、全く分らない。
新聞の見出しが、頭に浮かんだ。
<100年前の平成の人骨発見!>

っと、その時・・
バシュンッ!
灯りが点いた。
慌てて、薄明かりの方角に走る。
バタバタと、立ち入り禁止の場所から飛び出してきた私を
見たアベックが、ヒエ~と悲鳴を揚げた。

皆さん、立ち入り禁止とは、立ち入り禁止なのです。
e0077899_411367.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-06 04:14 | その他
旅ゆかば⑮ 果物摘み好きである
e0077899_7262999.jpg
果物摘み好きである。
旅をしていて、果物摘み農園が地図上に現れると、迷わず向かう。
果物摘み農園のある場所は、わかり易い。
道路を走っていると、向こうからやってくる。
観光客の通る道路を走ると、
コレでもかコレでもかと看板が飛んでくる。

<さくらんぼ狩り>
狩りモノ系の王様である。
食べても食べても、まだ食べたい。
食べ過ぎても、さして腹も痛まない。
この時こそはと、目をさくらんぼ状にして、喰らい付く。
払った料金の10倍は取り返したいと、両手と口が良く動く。
さくらんぼ農園はお持ち帰をさせてくれない所がほとんどだ。
だから、胃を使って、必死で、お持ち帰りをしている。
後になって、
「ああ、もっと食っときゃ良かった・・」
と後悔しない為に、少々の腹の体調など気にしない。
だから、バスの団体さんが帰ったあとは、
イナゴの大群が通り過ぎたかのようだ。

<梨もぎ>
梨を好きなだけもいで、その場で食べていいよっと云う。
さくらんぼ農園と同じような触れ込みである。
しかし、余りにも、個体の大きさが違う。
さくらんぼ感覚で、喜び勇んで、梨の木の下をくぐるのだが、
一個目を腹に収めた頃に、ハタと気付く。
この企画は、食べ放題と銘打っているが、
ホウダイというのは、マヤカシである。
ホウダイ出来るものなら、ホウダイしてみろってんだ。
このホウダイマヤカシ企画は、
<りんご狩り>
<もも狩り>
<ぶどう狩り>
<ミカン狩り>
などなど、ほぼ同じ感慨を抱く事になる。

酸味の混じったゲップが自分の口から漏れた瞬間に、
この農園のマヤカシに気付くのである。
ハッシと手を叩くのだ。
そう、私も何度も気付かされた。
気付かされた筈なのに、次に現れる<○○狩り>に又、
マヤカサれるのである。
どうも、この狩りには、常習性があるとしか思えない。
麻薬に常習性があるとして、取り締まる必要があるならば、
この観光農園・狩りシリーズの常習性にも目をつけて、
是非取り締まって頂きたい。

ただし、小さなヤツは見逃して欲しい。
今、私が気に入っているのは、これだ。
ブルーベリー狩り
200個は、食べられるいいヤツなのだ。
e0077899_724439.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-05 07:28 | その他
旅ゆかば⑭ 最果て好きである
e0077899_911935.jpg
最果て好きである。
旅をしていて、最果ての地が地図上に現れると、迷わず向かう。
最果ての地のある場所は、わかり易い。
<最>の字の付く場所を探せばいい。

日本最南端、本州最西端、
九州最東端、福岡最北端、
様々な最果ての地がある。
それぞれの地には、碑が立っている。
ある意味、観光地としての自慢が入っている。
これ以上西はないけんね・・と威張っている。

例えば、沖縄の那覇市には、こんな最果てのモノもある。
e0077899_9101969.jpg

日本最西端の駅
ゆいレールというモノレールの駅がそれだ。
やはり、ご当地では自慢らしい。
石碑がやたら立派だった。

最果ては、東西南北で指し示される事が解った。
そこでだ、例えば、
<日本最東南端>という観光地はないものだろうか?
確かに、興味がやや薄れるが、あってもおかしくはない。
さらに云えば、
<日本最東南東端>はいかがだろうか?
恐らく、千葉県辺りに存在すると思われるが、
その市町村は、コレで町おこしをする気はないだろうか?
何でも、最初にやったもの勝ちである。
最初だけ、マスコミは食いついてくるですよ。
早い者勝ちでありんすけんど・・
そして、二番目に手を挙げた、<日本最西北西端>と
姉妹町宣言をするのです。
はい、今からこっそり、二つの町は準備を始めましょう。

そう云えば、こんな所もあったな。
ここが日本の重心地
最の字を付ける事の出来ない、真ん中に位置していたんだな。
う~ん、よく考えたなこの町。
e0077899_991436.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-04 09:12 | その他
旅ゆかば⑬ 神社好きである
e0077899_834519.jpg
神社好きである。
旅をしていて、神社が地図上に現れると、迷わず向かう。
神社のある場所は、わかり易い。
街中に、鬱蒼とした森を探せば、そこに、社がある。

神社には鳥居がある。
木の鳥居、石の鳥居、コンクリーの鳥居、
真っ赤に塗ったもの、真っ黒なもの、様々だ。
子供の頃、あの鳥居の上に石を投げ上げ、
乗っける競争をよくやった。
(危ないのでやってはいけません)
それも、一番高い所ではなく、
ひとつ下の横棒の上に、石を乗っけるのである。
これは難しい。
4~5m上に投げ上げるだけでなく、
方物線を描く頂点が、横棒と横棒の間でなくてはならない。
しかも、ドスンと石が落ちれば、跳ね返って落ちてしまう。
そ~っと、乗っけなければならない。
理想的には、放物線の頂点が下の棒を越えた辺りがいいのだ。

かなりの集中力を要する。
全身運動である。
鳥居ではバチが当たるので、似たような形のものを作って、
競技にすればどうか・・と提案しよう。
はい、今、提案しました。
競技名も決まった。
 <TORII>
え~そのままじゃ~ん!
いいのです、これにしましょ・・
さあ、早速、大会を開かなくては・・

ルールは一つ、《石を投げて、TORIIに乗っける》

投げるのは両手だろうが、片手だろうが構わない。
最初に乗せた人の勝ち。
同じイニングで乗せた人が複数出れば、決勝をする。
審判は<GUJI>と呼ぶ事にしよう。
あくまでも、神社とは関係ない事を、宣誓しておきます。
(神社では絶対に練習をしないように!)
e0077899_823596.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-03 08:04 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧