人気ブログランキング |
<   2013年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
青森県写真
<週末恒例、県別写真展>
         (先週から開催)
 本日の県別写真は~
e0077899_22281690.jpg
青森県
青森で思い出に残るのは、
<青函連絡船>
今は、廃止されてしまった連絡船なのだが、
実は、最終便の直前に、乗船している。
舞台の公演で、青森から函館に向かっていた。

その日は、<移動日>といって、ただ町から町に移動するだけの、
いわば、休日であった。
「♪~上野発の、夜行列車降りたときからぁ~♪」
津軽海峡の歌を口ずさみながら、桟橋を船は離れてゆく。
青函連絡船は、北海道から青森に来るときより、
青森から北海道に向かうほうが、旅情が高まる。
甲板にひとり佇むのが、正しい乗船姿勢だ。
太陽を背にして、コートの襟を立てるとなおよろしい。

ところが、この日は、夏だった。
Tシャツに、ジーンズ。
おまけに、手には、ワインボトルがぶら下がっている。
一人どころか、役者仲間がごっちゃり。
甲板に座り込み、宴会だ。
周りにも同じような宴会組が、酒瓶をかたむけている。
「♪~わ~たしもひとりぃ~、連絡船にのりぃ~♪」
ひとりじゃないじゃないか・・
「♪~凍えそうなカモメ見つめ~♪」
夏だってば!

津軽半島にマサカリを振り下ろしているかのような、
下北半島の間の陸奥湾と過ぎると、途端に波が高くなる。
いよいよ津軽海峡だ。
「♪~ごらんあれが、竜飛岬、北のはずれと、
    見知らぬ人が指をさす~♪」
イシマル『え~とね、あれが、たっぴ岬ネ、でアレが、
     大間崎で、あっちが、松前・・』
「うっさい!」

津軽海峡は、にび色だと言った人がいたが、
そんなことはない。
れっきとした海である。
青々と明るいし、光り輝いている。
カモメのガタイが少々大きいのが北国の特徴といえば、特徴だ。
歌も佳境にはいる。
「♪~さ~よならアナタぁ~私はああ帰りますぅ~♪」
だからぁ、これから、行くんだって!

ワインのおかげで、船酔いにはならなかったものの・・・
e0077899_22284538.jpg
       八戸の稲刈り跡
by ishimaru_ken | 2013-11-09 05:35 | その他
遭難ってか?
e0077899_22133176.jpg
 ~昨日の続き~
蓼科山山頂で迷い、90分のロスタイムを生じさせてしまった、
イシマルと滝田隊員。
岩だらけの岩稜地帯に苦しみ、降りる速度があがらない。
秋の日のつるべ落としとは、良く言ったもので、
半分も降りたところで、夕焼けが紅く染まった。
「おお~綺麗だなあ~」
『滝田くん、眺めている場合じゃないよ、日没間近!』

森林限界を過ぎると、樹林帯に道は入る。
急に暗くなる。
『滝田くん、明かりを出そう』
「あいよ」
私が滝田くんの還暦にプレゼントした、
ソーラー懐中電灯を取り出す。
私の頭には、ヘッドランプ。

この時、気づいたのである。
森の中は、洞窟より暗い
なぜか?
洞窟は岩なので、光が乱反射し、以外と明るい。
それに反し、
森の緑は光を吸い、道が黒い土なので、光を反射しない。
『足元の道、見えるかい?』
「なんとか」
『遠くは見えるかい?』
「5mくらいしか見えない」
『ふむ、分かれ道に気を付けよう』

「これって、遭難なの?」
『かもネ』
「ネってぇ・・」
『明かりが消えたら、携帯の明かりがある』
「それも消えたら?」
『ビバーク(野宿)用のツェルト(簡易テント)がある』
「飯がないヨ」
『真冬用のダウンジャケットはある』
「ビールがないじゃん」
『すまん』

2時間が過ぎた。
『それにしても静かだな』
「うん」
晩秋の山中は、実に静かだ。
なんの音もしない。
虫も鳴かない。
グゥ
それは、腹だ。

『もし、なんか音がしたら、それは、道路を走る車だからネ』
「今、音がした」
『道路が近いゾ、ただし走っちゃいかん』
「暗闇は慎重に・・」
千里の道をゆく者は、999里をもってナカバとす
  という諺がある』

「熊は出ないかな?」
『鹿なら出る』
「幽霊は?」
『出たら、超常現象の証拠に写真におさめよう』

「あれ?コンクリだ」
『道路に出た!』
しかして、我らは、予定時間を3時間オーバーし、
無事たどり着いたのであった。
めでたしめでたし・・
e0077899_22141187.jpg
e0077899_22142870.jpg

by ishimaru_ken | 2013-11-08 05:33 | スポーツ
蓼科山登山
e0077899_2283185.jpg
 「蓼科山(たてしなやま)に登ろう!」
前日にメールした割りには、
すぐさま滝田くんからOKの反応がくる。
さすが、自由人の滝田くんは、動きが軽いだ。

そういえば、数年前、二人だけで谷川岳に登った時には、
忘れ物大会でもあった。
おまけに、帰り着いた時は、日没を過ぎていた
今回もそんなハメにならなければよいが・・
一抹の予感を抱きながら、青々をした秋空の中、登山が始まる。

北八ヶ岳連峰の北の端にそびえる独立峰、富士山似の、
《蓼科山》2530m

この山頂は、異様だ。
直径100mほどの丸い台地になっている。
真ん中が、やや凹んでいるから、
そこが、噴火口であったと、想像できる。
この丸い台地には、木や草が全くない。
あるのは、巨岩だけだ。
直径1~3mほどの岩が、ぎっしり詰まっている。
歩行困難な異様な風景だ。

「標識の棒が立っているところが、頂上みたいだな」
棒の標識まで行き、写真を撮る。
「台地の反対側に、台座みたいなのがある、行ってみよう」
ゴロンゴロの岩を乗り越えてゆく。
転びまろびつしながら、たどり着く。
こちら側からは、白樺湖だの諏訪湖だの、北アルプスだの、
遮るもののない絶景!
同じアングルの同じ写真ばかり、撮りまくった。

「そろそろ日が傾いてきたから、降りよう」
その時だった。
『降りる道が無い』
「黄色の○印か、矢印がないかい?」
『無い!そっちは?』
「こっちも無い!」

眼下遥か下には、降りるべき尾根が見えている。
しかし、頂上から降りるきっかけが掴めない。
なんせ、岩だらけの丸い台地である。
頂上から100mほど下まで、岩しかない
デタラメに降りるには危険だ。
いや、無理だ。

『これって、迷っている?』
「そう、迷ってる。だから原点に戻り、来た道を戻ろう」
黄色の矢印を戻る。
すると、登頂したばかりのところに、下山路があるではないか!
登頂の喜びのあまり、見落としていたのである。

この山頂で、30分のロスタイムを生じてしまった。
実は我々は、午前中の登山途中に、道を間違い、
1時間のロスをやってしまっていた。
つまり、下山を開始した時点で、90分の遅れが生じていたのだ。
これが、こののちハプニングを生むことになる。
二人の運命やいかに!

遭難・・?
e0077899_228738.jpg
e0077899_22102424.jpg

by ishimaru_ken | 2013-11-07 05:56 | スポーツ
理想の水風呂
e0077899_105528.jpg
 「スパ温泉の冷水風呂が、ぬるい!」とお嘆きの貴兄に告ぐ。
今すぐ、白樺湖に走れ!

「冷たくねえじゃねえか!」
江戸っ子のじいさまが銭湯で怒っている。
風呂に付属の冷たい筈の冷水が、
もはや冷水ではないと嘆いているのだ。
「これじゃあ、ただの小さいプールだわな・・」
もっとキュ~ンと、きたいのである。
シビレタイのである。
ビリビリギンギンしたいのだ。

そんな時だった。
旅の途中で訪ねたお風呂が、長野県の白樺湖畔にあった。

 《すずらんの湯》

日帰り温泉である。
700円
近所のお土産屋さんでチケットを貰えば、100円引き。
その水風呂は、サウナの横、入口近くにある。
いつものように、露天風呂に浸かり、満を持したところで、
水風呂に向かった。
チョプン・・
足先を浸けたところで、すぐにその違いに気づいた。
ギョッ!
この冷たさは、ただものではない!
一気に、体を沈ませる。
うぅぅぅぅ・・
し・・しびれるぅ・・
10秒・・20秒・・
30秒でとびだしてしまった。
タイルの上を歩こうとしたら、
ふくらはぎが硬直して、まともに歩けない。
ヒエ~~

こげなツメたか水風呂は、今どきなかとですよ。
いったん熱風呂で体を温め、再度、水風呂にむかう。
よし、1分にチャレンジだ。
20秒・・30秒・・
体表がしびれてきた。
40秒・・
からだにオコリがはじまる。
風邪のひきはじめのオコリだ。
ブルブルより、強い。
50秒・・
やばい、このままでは、まずい事が起きるに違いない!
とびだす!
1分もたなかった。
普段、水風呂と称する冷水に、5分も浸かっている私が、
この水風呂で、50秒が限界だった。
あのまま、もし1分経過していたらどうなったのだろう?

ひょっとして新聞に載るかもしれない。
《温泉で、低体温症にかかり、病院に担ぎ込まれる》
山や海で、低体温症で亡くなられる方が不幸にもおられるが、
温泉で低体温症になるという、
稀有な事件に見舞われたかもしれない。
あまりの冷たさに、水風呂に入る人が、誰もいない。
小一時間の間に、たった私だけである。

こんな素晴らしい温泉が白樺湖にある。
さあ、嘆いていないで、すぐに、白樺湖に走れ!
たったアナタの水風呂が待っている。
1分をクリアできたら、アナタはすごい!
でも、私はすすめていないですけんネ。
知らんけんネ。
e0077899_10544156.jpg
     白樺湖近くの女神湖
by ishimaru_ken | 2013-11-06 05:53 | 謙の発見!
ピラミッドがそこに
e0077899_1545424.jpg
 「すぐそこに、ピラミッドがあんデ」
青森は、新郷村の村人が、いとも簡単におっしゃる。
確か以前、広島県にも、ピラミッドがあると聞いて、
わざわざ、山の上まで、登ったものの、たどり着かなかった。
ピラミッドとはそうしたもんだ。
そう簡単に、発見できるものじゃない。

「玄室もあるから、入ってみなさいヨ」
ピラミッドにいとも簡単に、よじ登り、
すぐに玄室といわれる岩穴に潜った。
「おおっ!コレは!」

奈良の飛鳥に、<石舞台>と呼ばれる岩の積み上げがある。
そのフトコロに、潜れるようになっている。
いわば、玄室だ。

飛鳥のアレが玄室ならば、
新郷のコレも玄室と言っていいのか?!
クエスチョンマークとビックリマークの、
どっちが勝っているかの戦いかもしれない。

ひとことで言おう・・
「いい村だ」

村の食堂のメニューには、
キリストラーメンがさりげなくあった。
e0077899_15444821.jpg
    油そばより安い560円
by ishimaru_ken | 2013-11-05 05:43 | その他
キリストは日本で暮らしていた!
e0077899_15375725.jpg
 日本に、キリストのがあるのをご存知だろうか?
キリストは、実は、ゴルゴダの丘で処刑されたのではなく、
日本で天寿をまっとうした、という説がある。

真相を調べるべく、青森県は八戸に向かった。
八戸から、バスで40分ほど走ると、その村はある。
《新郷村(しんごうむら)》
この村に、キリストの墓があるというのだ。
信じがたい不埒な気持ちで、その場所に向かう。
小高い丘の上に、ふたつの十字架が立っていた。
案内板によると、
「その昔、ゴルゴダの丘で処刑されたのは、
 キリストの弟だったそうだ。
 その後、キリストは、ロシア経由で、八戸の港に辿り着き、
 106才まで、この地で暮らしたそうな」

らしい。
なんで、そんな事がわかったかというと、
100年ほど前、茨城県のさる所から、
古文書が出没したのだそうな。
そこに、詳しくキリストの渡来が記されている。
その古文書のコピーも資料館に展示してあった。

始めは、眉にツバを塗りながら、話を聞いていた私だ。
なんだか、もっと知りたくなった。
ミステリアスな話にも、具体的な信憑性が欲しい。
すると・・
この墓のすぐ近くに住む方達から話が聞けた。

「小さい頃、子供の額に、十字の化粧を付けるんです」
『キリスト教なんですか?』
「いえ、ここらにキリスト教はいません」

祭りがあった。
なにやら歌を歌いながら、盆踊りを踊っている。
ナニャドヤラ》という儀式らしい。
『♪~ナニャドーヤラ、ナニャナサレーィェノ~♪』
ヘブライ語ではないかと言われている。
そう、この地域は、戸来(へらい)地区と云う。
歌の中の「ナサレーィェ」とは、
ナザレのイエスではないのか?
歌っている村びとも、踊っている村びとも、
意味は、全く知らないと言う。
先祖伝来、ナニャドヤラを歌い踊っているそうな。
司会の女性が舌を噛んでいる。
「ただいまのナニャドニャロ、ほげっ、
  ナンニャドエリャ、ふぎっ」
地元の司会の達人でも、舌が傷つくナニャドヤラ!

う~む、ただの説としては、おかしい・・
何か不可思議なエネルギーが満ちているゾ。
すると、村びとが、指差して言うではないか!
「あっちに、ピラミッドがあるで」
あんですと!
e0077899_1535574.jpg
 ♪~ ナニャドヤラ~ ♪
by ishimaru_ken | 2013-11-04 05:33 | その他
緑の垣根
e0077899_858946.jpg
 コレ、私が何を撮ろうとしたか、わかるだろうか?
家の塀に、緑の物体がある。
たぶん、樹木でできた塀だ。
もっと右に回りこんでみよう。
e0077899_8583720.jpg
少しだけ厚みがある塀だ。
もっと回り込もう。
e0077899_8585348.jpg
さ、どうだ!
この薄っぺらさには、驚いた!
樹で、塀をつくると、ソレは、<垣根>と呼ばれる。
ただし、たいがいの垣根は、厚みがある。
高い垣根をつくると、それなりの厚みが必要となる。
ところが、このおうちでは、どうやら厚くできない事情があった。
隣は、畑である。
家までの距離もほとんどない。
となれば、塀は、限りなく薄くしたい。
チョキチョキチョキ
植木を刈るように、垣根を刈ってゆく。
なんとか上部だけは、延び放題にさせている。

ここまで、作り上げるのに、何年かかったのだろう?
この先、どこまで伸ばすつもりだろうか?
上部の木の先端から推察すると、
まだまだ高くしたい家主の意向がみえる。

樹木で、馬やら、象やらを作ったりしているサマを目にするが、
垣根を、かくも丁寧に作り上げているのは珍しい。
遠い将来、家は取り壊して、建て直したとしても、
この緑の垣根だけは、残るんだろうな?

「あんたの、ヒイヒイじいちゃんが拵えたんだべさ」
e0077899_9341845.jpg
      《 村 》だけ看板
by ishimaru_ken | 2013-11-03 05:57 | 謙の発見!
ハイタッチ!
e0077899_9575685.jpg
 気になるのは、<ハイタッチ>だ。
スポーツの快勝シーンで、頻繁に見られるのが、
ハイタッチだ。
「やったゼ!」
喜びの表現として、手の平を選手同士が叩きあう。
<叩きあう>
簡単に、言ってみたが、なんせ叩いているのは、スポーツ選手だ。
筋肉隆々のプロである。
例えば、野球選手。
野球選手をなめてはいけない。
ちょいと進路を違えば、
ラグビーだのアメリカンフットボールだの、
更に、正しく進めば、
大相撲のまわしを〆ていたかもしれない連中だ。
世が乱世の世なら、格闘技に行っていた連中だ。

サムライである。
そのサムライが、喜びのあまり、手を叩きあう。
これが、野手であれば、まあ仕方ない。
ところが、ピッチャーだったらどうだろう?

ピッチャーの指先は、保険会社が保険金を拒否したいほど、
デリケートな部位である。
「指先に豆が出来たようです」
ピッチャーの指に豆が出来たから、降板すると、
アナウンサーが叫んでいる。
「爪が割れたようですネ」
野茂選手の爪が割れたと、解説者がふさぎこんでいた。
 「大リーグのボールは滑る!」
微妙に滑るボールに、日本人投手が悩んでいる。

すべては、手首から先の感覚だ。
だのに、大切な大切な手首から先で、
ピッチャーたちがハイタッチをしている。
バチンバチン野手と叩きあっている日本人ピッチャーが、
アメリカ大リーグにいる。

レッドソックス(元巨人)の上原選手!
世界レベルに貴重な、アナタの指のために、
ハイタッチはそこそこに・・・
e0077899_9573083.jpg

by ishimaru_ken | 2013-11-02 05:56 | スポーツ
ちょいと 還暦ですよ
e0077899_917196.jpg
                   北八ヶ岳 蓼科山

 「ちょいと、還暦ですよ」
どうやら、私は、本日還暦らしい。
還暦の感想は・
「・・・・・・・・・」

ない!
昨年、
「来年、還暦ですネ」と言われて、ああそうかとは思った。
いざ、還暦と言われても、
「ああそうですか」で終わりである。
祝いもなければ、なんもない。
そもそも、わたしには、節目を祝った記憶がない。

50才
いつその日を迎えたのだろう?
何をしていたのだろう?

40才> 不惑
全く覚えていない。
覚えようとしていないのではなく、記憶がない。
たぶん、知らずに過ぎていったと思える。
誕生日は知っているが、
40才だった事を認知しなかったらしい。

30才
その日自体は、わからない。
税務署に確定申告に行った時、
年齢の欄に、30才と書いた覚えがある。
年収欄に、10万円と書いたら、税務署の方が、
ジ~~と、私の顔を見つめていたのが印象的だった。
その後、税の還付で、1万円が戻ってきた。
喜ぶまい事か!喜ぶまい事か!

20才> 弱冠
いつの間にか過ぎてしまった20才。
きっと、誕生日の事は気にしていたのだろうが、
今、覚えていないという事は、
印象的な出来事は無かったとみえる。

なんとも、味気ない節目ばかりだ。
本人が、さして気にしていないのだから、
問題はないのだが、
もし、私が、非常に節目を気にする人間だったら、
街でケーキを睨みながら、
相当、ヒネクレタだろうと推察できる。

さあ~てと、この先、まだまだ節目がやってくる。
70才は、どこの山に登っているだろうか?
80才は、海で遊んでいるだろうか?
そして、90才のその日に、
まだ、鯖が好きだろうか?
父親も爺さまも、90才過ぎまで達者だったので、
たぶん、私もインゴ爺いになるだろう。

100
あんまり欲かいてもいかんでしょ。
e0077899_14254556.jpg
   20歳のけんじろう君     北アルプスにて
by ishimaru_ken | 2013-11-01 06:00 | 昔々おバカな話


検索

リンク集

以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧