人気ブログランキング |
<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
スキーは雨でも
e0077899_833913.jpg
 《雨が降っても、スキーはするのか?》

先日、スキーを始めたばかりなのに、
早速2度目のスキーにやってきた。
ものの、雨が降ってきた。
ここで、基本的な疑問が湧いた。
《雨が降っても、スキーはするのか?》

他のスポーツを思い浮かべてみる。
雨が降ると、中止になる屋外スポーツがあるだろうか?
ラグビーもサッカーも、野球も、ゴルフも、
雨だろうが、雪だろうが、試合は行われる。
思いつくスポーツは皆、雷が鳴らない限り、
中止にならない。
そこで、スキーはどうなのだろう?
スキーとは、雪降る中でするスポーツだとばかり、
思い込んできたので、雨は盲点だった
念頭になかった。
スキー初心者の私としては、雨のスキーの判断ができない。
そこで、私のスキーの先生、うまい滝田くんに、教えを請うた。

「雨でも、スキーはやるの?」
返事はすぐに返ってきた。
『やるよ。でも、できるだけ高いゲレンデに上がれば、
 雪になるゼ』

ふ~ん、やるんだ。
なに?
できるだけ高い場所に行けってか?
それって、上級者コースに行けって事じゃんか?
ヘタっぴは、雨にうたれろってか?

スキー場に着いてみると、数少ないものの、
スキー客が、滑りに興じている。
雨が降っている。
彼らは、楽しんでいるのだろうか?
それとも、ヤケクソだろうか?
初心者としては、そのあたりの心境がわからない。
早く滑りたくてワクワクしている初心者の私としては、
雨だろうが、槍だろうが何でもいいから、早くスキーを履きたい。

っと、風も強くなってきた。
樹木が、ギシギシと揺れている。
ウインドサーファーの風眼力によれば、
最大18mの風が吹き荒れている。
つまり、雨と強風のダブルパンチだ。
常日頃、海では、この程度当たり前のことなので、
躊躇無く、レンタル道具を借り、
リフトに乗った。
リフトのワイヤーが、キィ~キィ~と悲鳴をあげている。
はからずも、一本目のリフトを上がったところで、
そのリフトは営業中止となった。
『今後は、ここから上のリフトを使ってください』
係員によると、
樹林帯の中の、風の影響を受けないこの上部リフトで、
頂上まであがり、ここまで滑って降りる・・
を繰り返しをしてくれと言う。
「この上は、何級ですか?」
『上中級です』

ごくっ・・
ええいままよ!
リフトに乗り込む。
するとどうだ!
うまい滝田くんのノタマウ通り、雨は雪へと変わるではないか?
風は相変わらずなので、吹雪となった。
そういえば、うまい滝田くんに質問していなかった。
「スキーは、吹雪でもするの?」
e0077899_8325163.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-21 05:46 | スポーツ
たかが小便
e0077899_7261223.jpg
 さあ、今日の話は、世のレディースには関係ないので、
レディースと認識したアナタは、すぐに、どっかに行って下さい。

で・・世のお父さん達に、小さい声でささやこう。
夜中に、トイレに行く。
体内から結構、大量の尿が放出される。
よって、ソレ相応の温度が体内から放出される。
ということは、体温がその分、下がる。
ブルブルっと全身が震える。
こいつが、いけない。
このブルブル・・・
昔の寒い家屋で住んでいた日本人が、このブルブルで、
命に関わってきたのではないか?
《脳溢血》

ゆえに、今では、トイレを温める工夫がなされている。
トイレところか、トイレの前の廊下も温められている。
前の廊下どころか、全室温める、エコ反逆児もいる。
反逆児はさておき、そのくらい、夜中のトイレに怯えている
たかが小便が、自分の余命を握っている。

このブルブルを経験しているオジサンは、
トイレの中で、対策をとらなければならない。
どうする?
簡単な方法で解決しよう。
《こする》
身体をこすって、熱を出す。
乾布摩擦の要領で、
こするという行為により、自ら熱を発する。

当たり前と言われれば、その通りだが、
以外や、これだけで、ブルブルが防げる。
モモをこすり~腕をこすり~
身体を動かし続ける。
「いったい夜中のトイレで何をしているのか?」
いぶかられそうだが、気にすることはない。
なんたって、命の問題なのだから・・
腹をこすり~胸をこすり~
ホホをこすり~

「よし、今夜も、命を守ったゾ!」
ベッドに戻る。
え~と、暖まったのは良かったが、
目が覚めちまったナ。
明日から、目が覚めないこすり方をマスターしよう!
e0077899_726041.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-20 05:25 | その他
タメトウさんのリンゴむき
e0077899_717796.jpg
 タメトウさんが、突然リンゴの皮をむき始めた。
普通にむくのかと思いきや、どうやら、顔つきが変わっている。
真剣な目をリンゴに向けている。

むけてゆく皮を持ち上げてみると、薄い。
裏側に、ほとんどリンゴの実が付いていない。
実と皮のギリギリの隙間にナイフを滑り込ませているのだ。

「難しいですか?」
『・・・・・・』
返事が返ってこない。
かなりの集中を必要としているらしい。
5分もむき続けていると、汗がボタリと落ちてきた。
むき続けること10分・・
『はあ~こんなもんかな』
色的にも美しい裸のリンゴができあがった。
脇には、カスとなった皮の帯が積まれてある。

『今日は、ちょいと厚すぎたごたるナ』
「コレで厚いんですか?」
『いつもは、こん半分の薄さじゃあケ』
「なんでまた、こんなに薄くむくんですか?」
『やっちみようと、思いついたんじゃナ』
「なぜ?」
『チャレンジじゃぁナ』

何でも、毎朝、このリンゴの皮むきが日課になっているそうな。
その為に、ナイフを懸命に研いでいるそうな。

芝居用語に、《皮膜の間》(ひまくのかん)という言葉がある。
現実と芝居とのギリギリの隙間に、リアルさを求めた言葉だ。
いったいコレは、芝居なのか?、本物なのか?
その隙間は、限りなく狭いと云われている。

タメトウさんは、その隙間に朝の時間を滑りこませている。
本人は、チャレンジというものの、ほとんど哲学の世界だ。
「すごいですねぇ~」
『いんや、ただ、暇じゃあケ』
e0077899_7165155.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-19 05:40 | その他
野に出よう!
e0077899_8114536.jpg
 その昔、詩人が言った。
《書を捨てよ町へ出よう》
その名は、寺山修二だ。
詩人らしく、老いることなく、アッチに逝っちまった。

この言葉は、
当時、学生運動などで、思想で凝り固まった、
インテリ連中に浴びせた、強烈なシュプレヒコールだった。
学問の書に、凝り固まることなく、
人とのコミュニケーションを求めて町へ出ろ!
と導いている。
では、今の時代、
何とシュプレヒコールを挙げればいいのだろうか?
私が、寺山修二をパクリながら考えた。

パソコンを捨て、野に出よう

さあ、これを実行できるだろうか?
パソコンを捨てろという文字を、
すでにアナタはパソコンで見ている。
それを捨てろと、言われている。
そんな事が出来るだろうか?
もし出来たとして、その後、アナタは野に出られるのだろうか?
ん・・出来ない?
もし・・でも出来ない!
ならば、先述の言葉は、言い換えよう。

パソコンを持ち、野に出よう!

そういえば、我々は、すでにそれを実行している。
山の中で、スマホで様々な情報をやりとりしながら、
登山している。
野を駆けながら、道情報をキャッチしている。
釣りをしながら、お天気を知りたがっている。
ウインドサーフィンの海の上で、風向きが変わるお知らせがくる。
ピ~ピ~ピ~
海岸沿いの岩壁をクライミングしていたら、
地震発生の緊急アラームが鳴る。
スワっ高台へ!

せっかくコンピュータが軽くなったのだから、
野に持っていかないで、どうする!
お弁当を、草原で食べるのが美味いように、
情報も、野で手に入れるのが楽しい。
e0077899_8112457.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-18 06:10 | スポーツ
バスケットボードに叩きつけろ!
e0077899_863496.jpg
 《バスケットボール》
このゲームを、成立させている決定的な要因は何だろう?

リング?
リングにかぶっている網?

それも正解と言えるだろう。
しかし、たぶん決定的とまで言うならば、
コレなくして、バスケットは成り立たないのではないか?

《リングのバックボード》

バスケットボールのボールが、
吸い込まれるリングの後ろにあるボード。
あの板は、何のためにあるのか?
何のために出来たのか?

もし・・もしもだよ・・
バスケットのリングが空中に、
まるで、運動会の玉入れのカゴの様に、あったとする。
このリングに、ボールを入れて遊んだとする。
四方八方から放り込んだとする。
この情景を、想像して欲しい。

コレって楽しいだろうか?
面白いだろうか?
たぶん・・ストレスが溜まる。
なぜか?
うっぷんをぶつける場所がない!

運動会の玉入れを想像して貰えればわかり易いが、
ふわっっとばかり投げ入れているのでは、
熱き闘いに結びつかない。
アスリートとしての、身体の筋肉が許さない。
球技とは、叩きつける競技である。
野球しかり、サッカーしかり、ラグビーしかり、
みな叩きつけている
テニスしかり、ホッケーしかり、バトミントンしかり、
思いっきり叩いている
近しい球技のバレーボールでさえ、叩きつけている
球技として遠いカテゴリーのゴルフでさえ、
たくさん叩きたくないのに叩きまくっている

「バスケットに思い切り叩きつけたい!」
この思いを実現するには、リングの後ろに板がいる!
よし、ボードをつけよう!
かくして、バスケットにボードが拵えられたのか?
ボードがあったから、リングがつけられたのか?
いずれにしても、
ボードなくしてバスケットボールは面白くない。
ボードが、我らのストレスを吸い取ってくれているのだ。
e0077899_861560.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-17 06:04 | スポーツ
スキー入門
e0077899_1054749.jpg
 スキーを始めた。

スキーをやるのは初めてではない。
18才の時、一度やり、
42才の時、一度滑った。
滑ったと言うより、転んだ、という程度の滑り方だった。
そして、今回・・3度目のスキー。

長野県の北八ヶ岳にある、スキー場に行った。
先生は滝田くんだ。
滝田くんは、スキーがうまい。
本人も、「うまい」と自己判断している。
うまい滝田くんにマンツーマンで、二日間指導してもらった。

まずは、道具レンタルの方法。
リフト券の買い方。
スキーの履き方。
ゲレンデに出るや、ボーゲンから始まり、
曲がり方、身体の使い方、ひざの入れ方、
ストックの使い方・・・
お昼ご飯を食べる場所。
スペシャルランチ1100円の頼み方。
何から何まで、うまい滝田くんに教えてもらった。

結果、二日目の終わり、最も高い地点から、
高度差500m、一度も転ばず、
スイスイと滑って降りれるレベルにまでなった。
もちろん、ボーゲンではなく・・・
(スイスイというのは、あくまで個人の感想です)
途中の、<上級者コース>も、空いてたので、入ってみた。
初心者の私には、崖の様に感じたのだが、
なんとか滑り降りた。
何事も、良い指導者につくべきである。

その直後。
うまい滝田くんが、腕をみせつけるかのように、
その急斜面を、颯爽と滑り降りてきた。
ちょうどその時、イントラの方6人が、
傾斜の下段で見守っていた。
最後のターンを切り返したところで、
どうしたことか、逆エッジが引っかかり、
ズッデ~~~ン!
うまい滝田くんがひっくり返った。
っと、スキー板が両足ともふっとび、
本人は、ゴロンゴロンと転がり、滑り、
30m先で、うずくまった。

「大丈夫かあ~?」
問いかけると、何もなかったかのように、起き上がり、
『へいきへいき』
しかし、私はうまい滝田くんの顔から、
心の動揺を見逃さなかった。
せっかくいいところを見せようとしたのに、
転倒しちまったのだ。
はからずも、イントラに見られてしまった。
その恥ずかしさを、隠しているのである。
ほんとは、かなり痛いはずだ。
それを押し隠して、
「だいじょぶだいじょぶ」
何気なさを装いながら、スキー板を拾っている。

そうか、うまくなると、
<格好悪いところを見せられない>という、
新たな悩みが生まれるのだな。
ヘタなうちは、恥ずかしさも、照れもなく、
思いっきり転べるんだな。
よし、今のうちだゾ、何でもやれるのは!
e0077899_1052961.jpg
   25度の傾斜もこのとおり
by ishimaru_ken | 2014-03-16 06:04 | スポーツ
愛知県写真
e0077899_7564150.jpg
 さて、愛知県の写真。
この写真だ。

愛知県の写真が、名古屋の駅前に鎮座するビルだ。
「こ・コレですかぁ?他に写真ないんですかぁ~?」
名古屋の方が、あきれた声を出す。

無い事はない。
探せば、我がピクチャのどこかにどっさりと有る。
ある筈だが、たぶん、見つからない。

愛知県、つまり名古屋は、私にとって、
<すぐソコの都会>である。
ソコに行ったからと云って、カメラを取り出す意欲が湧かない。
いつでも撮れる街である。
ゆえに、写真が無い。
駅前でパシャリ。
そのパシャリが、冒頭の写真となる。

「本当に、愛知県写真、無いんですか?!」
う~ん、無いです。
6年前までは、大量にあった。
数千枚はあった。
しかし、我がパソコンが、バックレタ事件があって、
すべてのデータが消えてしまった。
っと云うことで、知多半島の写真も、渥美半島の写真も、
ウナギ養殖場の豊橋も、
電照菊で知られる安城も、
輪中の暮らしも、
一切の写真が無い。

あっ、今、登場した安城(あんじょう)は、アレで有名だ。
新幹線に乗っていると、車内アナウンスが流れる。
「ただいま、みかわあんじょう駅を時間通りに通過しました。
 まもなく名古屋に到着いたします。お降りの方は・・」
名古屋に到着する前振りとして、使われている。
デンショウ菊ならぬ、ゼンショウ駅である。
(電照)      (前哨)
e0077899_7595276.jpg
    ええい、空から愛知県を見てみよう!
  右手前の島は、名古屋セントレア空港だなぁ~も
by ishimaru_ken | 2014-03-15 05:55 | その他
救急車が
e0077899_21524142.jpg
           ドラマ<救急救命士牧田さおり>

 「私、初めて消防車に乗車した時・・」
語ってくれているのは、女性の救急救命士だ。
ドラマのロケの教官として、
いろんな詳細な事柄を教えてくれる本物の救命士さんだ。

その彼女が、初めて消防車で出動した時、
当然の事ながら、やはり興奮したそうである。
「燃えているぞお~!」
現場に向かうまでの間、燃えている火を消す使命に、
みぶるいしたそうである。

そしてその後、彼女は、救急車に乗る、救急救命士になった。
それが、ある日のこと、
まだ、救急車に乗って間もない頃のことだった。
一生懸命、がんばっている頃だった。
いわゆる新人。

ピ~ポ~ピ~ポ~
「救急車が通ります。道をあけてください」
助手席でマイクを持ち、声を発する係をしていた。
交差点に差し掛かった、その時だった。
呼びかけは、こう言わなければならなかった。
救急車が右に曲がります
ところが、新人の彼女は、思わず力が入った。
マイクを握り締め、出たセリフが・・・

「救急車が、右にがんばります
e0077899_21521926.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-14 05:50 | 仕事
新郷村 天日米
e0077899_759953.jpg
 青森県、新郷村で出来たお米が届いた。

《ゆる~り 天日米》 (てんぴまい)

沢山とれないが、美味しいと言われるお米である。
最近のお米は、機械で乾燥させているが、新郷村では、
刈った田んぼに、昔ながらの野積みをして、干している。
秋に尋ねた折、そんな野積みの稲穂がアチコチで見られた。
昔懐かしい風景である。
「まだ、こうやって干しているんですか?」
『ああ、美味くなるだネ』
「大変でしょう」
『食べたら美味しいだネ』

天日米の炊き方を教えてもらった。

 一、お米を正確に計ってけで。
 二、ボウル等にお米を入れ、
    全てのお米が水に浸かるよう軽くかき混ぜたら、
    すぐに水を捨てでけで。
 三、ごしごし研がず、二~三回やさしく研いでけで。
 四、三十分以上は水につけてけで。
 五、あとは炊飯器にまかせでけで。
 六、炊き上がったら、釜の底からふんわりとかき混ぜてけで。
 七、食べたら新郷村に遊びに来てけで

新郷村は、青森県の十和田湖の東にある。
「昔々~」と昔話をしたくなるような村だ。

そうそう、秋に訪れた時の事だ。
一応、身体は丈夫、と自負している私だ。
自慢するほどではないが、
それなりの筋肉がついているつもりだった。
っと、ひとりのオバチャンが近づいてきた。
どうやら私の出ているスポーツ番組を見てくれていたらしい。
私の全身を上から下へと、眺めまわすや、
「あら・・ずいぶん華奢(きゃしゃ)だわネ」
実物を見た途端、華奢だと言うのである。
きゃしゃと言われた私。
すぐに、近くの木にぶらさがって懸垂をしてみた。
すると近寄り、その二の腕を触るや、
「思ったより、筋肉ついてないのネ」
ガアアア~~~~ン!

その理由が、その後、判明した。
村の村長にお会いしたのだが、身体がデカイ。
デカイというのは体重ではない。
骨太そのもの。
他にも多くの方にお会いしたのだが、
皆、デカイ。
身長も、私より10センチほど高い。
お年を召しておられる方なのに、腰は伸び、
筋肉隆々である。
確かに、その中に混ざっていると、私は青白い病弱に見えた。
華奢と言われても、反論できない。

ジムで鍛えていない本物の有効筋肉の男たちがいた。
しかも、本物の筋肉マンは、優しい人たちであった。
そうか・・あの剛健な肉体が作ったお米かあ~

今、毎朝、朝ごはんを食べるのが楽しい!
e0077899_7584427.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-13 05:57 | その他
ザ・プレニアム・ヨーグルト
e0077899_2195881.jpg
 このヨーグルトは、
青森県は新郷村(しんごうむら)から届いたものだ。
新郷村とは、昨年訪れたキリストの墓がある静かな村である。

まず、このヨーグルト《ザ・プレミアム》を飲んでみよう。
グラスに160CCほど注ぐ。
ゴクッ
たった一口なのだが、口中に拡がる幸せ感はどうだろう・・
今、たった一口と言った。
恐らく、20CC

このヨーグルト・・
実は、中で活躍しているヨーグルト菌の量が、ハンパではない。
通常のヨーグルトは、
1CCに対して、乳酸菌1千万個程度である。
(正確ではないかも)
ところが、このプレニアムは、
1CCに対して、13億個も生きている。

も一回言おう!
1300000000個生きている。

とするとだよ。
私の目の前にグラスに入れられた液体160CC中に、
およそ、2千億個の乳酸菌がうごめいている計算になる。
だとすると、
さっき、一口のゴクリで、200億個が、
体内に取り込まれた事になる。
う~~~ん・・
すごい!

このヨーグルトは取り寄せ品なのだが、
億の上の単位、兆の量の乳酸菌のボトルが、
宅配便で送られてくる。
あまりにもの飲みやすい旨さに、
つい大量に飲みすぎてしまう。
数・・はウソをつかないようで、
体調はすこぶるよろしい!

兆!腸!超!調子いい~!
e0077899_21101572.jpg

by ishimaru_ken | 2014-03-12 05:30 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧