人気ブログランキング |
<   2014年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
川床の涼み方
e0077899_10572995.jpg
 京都、南座という劇場は、大歓楽街のど真ん中に位置している。
祇園の真っただ中だ。
この南座・・
どこかの劇場に良く似ている・・と腕組みしていて、
やっと分かった。
ニューヨークのブロードウェイの劇場だ。
それも、昔からある由緒ある劇場である。
それらは、道路から、客席までが近い。
道路の歩道から、
そのまま階段を使わずに、客席に行ける。
フラットである。
ロービーを広くとる考え方がない。
客席もこじんまりとして、客とステージが近い。
つまり臨場感にあふれている。
南座とブロードウェイ・・
建設された年代が同じ頃のような気がする。

あちらは、楽屋を出れば、
フォーティセカンドストリートの繁華街。
そして、こちらは、京都祇園だ。
四条の橋を渡れば、先斗町(ぽんとちょう)があり、
高瀬川があり、飲食店が、数百、いや、数千軒、
横にも縦にも伸びている。

舞台が終われば、お客さんは、連れだって店を訪れる。
幕が降りた役者達も、ゾロゾロと街に繰り出す。
観光客で混雑する小道を、そぞろ歩く。
店は決めていない。
行き当たりばったりである。
頼りは、ハナの効きだ。
良さげな店を、ハナで効きわける。
「ごめんください、入れます?5人・・」
「川床(かわどこ)あいてますかいネ?」

川床というのは、鴨川にセリ出したオープンテラスである。
暑い夏でも、川面を渡って来る風が涼しく、
ビールを傾けるには、最高の場所だ。
よって、予約がなければ、まず席はない。
我々のハナの効きは素晴らしく、
飛びこみにも拘わらず、最前列の川面の席に案内された。
「カンパ~イ!」
お外で、ビールをグビグビやるのはいいもんだ。
常日頃、本栖湖キャンプ場でグビグビやるのと、又、趣が違う。

「シャシン、トリマショカ?」
カメラで撮りあっていた私達に声をかけてくれたのは、
隣で食事をしている外国の方だった。
そう、川床には、外国人が圧倒的に多い。
「オイシデスネ」
なぜか箸で、ステーキをつつきながら、日本酒を傾けている。
聞き漏れてくるワードに、牛若丸や弁慶、新撰組が登場する。
それを要約すると、明日は・・
「三島由紀夫の金閣寺に行って、清水の舞台から飛び降りて、
 舞妓さんと写真を撮り、保津川の川下りをする」
のだそうだ。
動線がデタラメだが、ま、いっか・・
e0077899_10565219.jpg
  南座から川床を眺める
by ishimaru_ken | 2014-07-20 05:55 | 仕事
高知県写真
e0077899_15374211.jpg
 坂本竜馬が脱藩して、夜中に歩いて土佐を脱出した。
現在の高知から、愛媛県に向かって、
山中を数十キロ健脚をとばした。
その県境に、町がある。
梼原町(ゆすはら)

町の中心に、劇場があった。
《ゆすはら座》
古めかしい木造建築の立派な芝居小屋だ。
桟敷があり、二階席まである。
今も現役の芝居小屋だ。
桟敷は、座布団を敷いて客が座ると思われる。
歌舞伎公演に十分耐えられそうな雰囲気を漂わせる。

っと、小屋の周りを散策していたら、
刀を差した竜馬に出くわした。
髪をざんばらにし、着物袴で、大刀を一差し腰に帯びている。
「竜馬さんですか?」
『はい、そうじゃキニ』
「何しておられるですか?」
『観光大使として、皆さんを案内してしんぜようと』
「ほお~」

竜馬姿で、土佐弁をあやつるお兄さんが、
町を案内してくれるのだそうな。
これはこれは、幕末気分たっぷりである。
竜馬が逃げ落ちた山中の道などに連れて行ってくれる。
「アッチから来ち、ソッチに抜けて行ったキニ」
まるで見ていたような解説をしてくれる。
「こん茶屋で、誰ソレと落ち合うたゼヨ」
歴史の教科書読むよりはるかに面白い。

「ゼヨ」
竜馬と云えば、必ず語尾にこのフレーズが付いてくる。
「知らんゼヨ」
「困ったゼヨ」
土佐の男衆は、本当に皆、「ゼヨ」と言うのだろうか?
現在も使っているのだろうか?
これまで、私が、高知県におもむき、
耳をダンボにしてきた範囲では、一度もお耳にしなかった。
聞きかじれなかった。

そこで、土佐を故郷にもつ我らがバスガイド、
ヒロリンに、質問を投げかけた。
「ゼヨって聞いたことある?」
『う~~ん、あんまり聞かへんなあ~』
「昔のおじいちゃんとかは?」
『使ってたのかもしれへんけど、知らんゼヨ』

たった一人のアンケートでは、即断できないが、
どうも、あやしい。
土佐の人に叱られるのを覚悟で、
《竜馬、ゼヨ言わなかった》って仮説を作ってみた。

竜馬の喋り言葉を聞いた人は、今はいない。
昔の手紙は、方言を使わずに、文章語で書いてある。
竜馬の手紙もしかり。
よって、ゼヨなる語尾は、後の歴史小説家の想像かもしれない。
土佐人がゼヨを使っている時代があった。
その時代に竜馬がいた。
だから、竜馬もゼヨと言っていた。
この三段論法により、歴史小説家が誘導した・・と。

う~む、無理な仮説であったか・・
やっぱ土佐人に怒られるナ。
ちなみに、「キニ」はよく聞く。
e0077899_1538572.jpg

      「カプチーノじゃキニ」
by ishimaru_ken | 2014-07-19 05:59 | その他
京都 南座の迷路
e0077899_10505824.jpg
 京都、南座(みなみざ)は昭和4年に建てられた。
土台には、大理石が敷き詰められている。
何度か改修されているのだが、設計された基本は変わらない。
この建造物内が、非常に面白い。
モロッコの旧市街マラケシュを思わせる迷路となっている。

通路は曲がりくねり、のたくり、ちょいと登ったり下ったり、
いったい何がどう悩んで、こんな迷路が出来上がったのか?
舞台の反対側に向かうのに、外の太陽を拝んだりする事すらある。
この洞窟好きで方向感覚に優れていると自負している私でさえ、
右往左往・・

横移動でさえ、難しい通路事情に対応しなければならないのに、
これが、上下移動ともなると、これまた大変!
基本的にエレベーター利用になるのだが、
役者が出番で舞台に向かうのに、
エレベーター待ちをしなければならない。
「うわぁ~4階で止まってるぅ~」
「下に行きたいのに、上に行っちゃったぁ~」
悶々とする出演者が、エレベーター前に溜まる。
「間に合うかなあ~?」
実際、過去に、間に合わなかった方がおられて、
あせった挙句、
《エレベーター内で、セリフを喋り出した》
というほほ笑ましいエピソードがある。
勿論、喋ったところで、客席に届く筈もないのだが・・・
e0077899_10502733.jpg

by ishimaru_ken | 2014-07-18 05:49 | 仕事
南座 セリとスッポン
e0077899_102920100.jpg
 大きな劇場には、<セリアガリ>なるものがある。
舞台の一部分が、リフト装置によって、盛りあがってゆくのだ。
一畳ほどの大きさであったり、二畳ほどもあったり、

京都の<南座>では、そのセリが大昔から使われている。
昭和4年に出来たこの芝居小屋は、多くの観客に支えられてきた。
歌舞伎座に似た日本の寺を彷彿とさせる重厚な建築物。
内部に入ると、赤い提灯が多数ぶら下がった三階建て。
残響がほどよく、セリフが聞こえやすい。
芝居をするには、最適の小屋に仕上がっている。

さあ、そのセリだ。
お客側から見ると、静かに静かに上がってくる。
役者は立っているだけだ。
では、立っている役者はどうかと云うと・・
これが又、実に快適な乗り物なのだ。
動き出しの衝撃は全くない。
目をつぶっていれば、いつ動いたのかすら分からない。
止まりも同じだ、スムーズである。
この動力は、電力によるモーターだ。
そして、歯車は、アプト式になっている。
いわゆるスイス登山鉄道に使われている、
歯車を噛んで登ってゆくシステムだ。
こいつはスピードこそ出ないが、確実性が売りだ。
アクシデントという例外を除外してくれる。
これまで、様々な乗り物に乗ってきたものだが、
セリは初である。

そして、もうひとつ、初体験があった。
<スッポン>
同じく、電動で、舞台上に登場するのだが、
場所が舞台上ではなく、花道なのだ。
花道に穴ポコが空く仕組みだ。

この装置、昔は人力だったのだ。
人が、ロープを引っ張って、ヨイショヨイショと持ち上げたのだ。
体重の重い役者は、袖の下をたくさん包んだかもしれない。

「楽しいですか・・スッポン?」
『はい、面白いです!』
e0077899_1027594.jpg
       楽屋口の入退場表示盤
by ishimaru_ken | 2014-07-17 05:26 | 仕事
サッカーワールドカップ終戦
e0077899_14124113.jpg
 サッカーワールドカップ、ブラジル大会が終わった。
12時間の時差がある為、
日本での試合観戦は、ほとんど真夜中だった。
観た。
全試合観た。

別に、暇してた訳ではなかった。
それなりに、午前中から夜まで働いていた。
舞台もやり、その他でも飛びまわり、
そして、夜中の2時に起きて、2試合を見続ける毎日だった。
おまけに、今回延長戦が多かった。
90分戦ったあと、休憩をはさんで、30分延長する。
目がふさがりそうになる。
30分で決着がつかないと、PK合戦になる。
それだけで、30分くらいかかる。
都合、一試合が、3時間くらいかかる。
ほとんど目を開けていられない。

朝の8時にやっとゲームが終わり、
さあ、眠ろうとするが、もうまもなく出かけなければならない。
なんやかや、お仕事済ませて、帰って来て、一杯傾けたら、
もう、午後11時を回っている。
寝よう。
チリチリチリチリ
目ざましが鳴る、午前2時だ。
(はいはい、今夜はどことどこが戦うんでしたっけ?)

各国の選手は、中4日で休みが取れるが、
こちとらは、そうさせて貰えない。
連日連夜の観戦である。
雨が降ろうが、暑かろうが関係ない。
チリチリ鳴れば、「さあ始めろ」のホイッスルが鳴る。
試合終了と共に、玄関で靴をはく。

お腹一杯でもう食べられないと呻いているのに、
まだ食べさせられているフォアグラガチョウ状態である。

なんで、そうまでして観戦しているのかというと・・
今回のゲーム、どれもこれも面白かったのだ。
サッカーは進化をしているゲームだと実感できた。
いや、人も進化しているという発見すらあった。

やっと眠れる夜が来たのだが、
習慣化された夜中起床は、収まりそうにない。
チリチリが鳴っていないのに、ぴったり2時に起きている。
e0077899_14122488.jpg

by ishimaru_ken | 2014-07-16 06:09 | スポーツ
魚河岸 ターレーの免許取得
e0077899_10171857.jpg
 え~今日は・・
「ひょっとしてイシマルさん、
 又、魚河岸の話じゃないでしょうね?」

すまない、ひょっとして、その魚河岸の話だ。
毎日毎日、飽きもせず、その話で申し訳ない。
それほど私が、魚河岸に惚れ込んでいたという話だ。
今から、36年前、24才の時だ。
魚河岸の、<星庄(ほししょう)>という仲卸の店で、
アルバイトをしていた。
朝、5時から12時まで、大八車に魚を満載にして挽きながら、
「カネハチ、さんまぁ~!」
大声で、茶屋(ちゃや)と呼ばれる集積地に、魚を運んでゆく。
すると、そこにカネハチさんのトラックが待っており、
大量のサンマを都内の某所へと、運んでゆく。

ターレーの免許。
魚河岸の中では、ターレーと呼ばれる車が走っている。
台車が走る仕様になっているトラックだ。
これに乗るには、原付免許がいる。
当時、普通免許を取得していたイシマルは、
すぐに、乗せて貰えた。
こいつを運転すれば、大八車を力づくで引くより、
楽なのは当たり前。
誰もが乗りたがった。

そこに一人の中年の男性。
男気一本、魚家業を絵にかいたようなオッチャンだ。
オッチャンは、原付免許取得の為、
試験にチャレンジしていたのだ。
それも、何度も何度も・・
「何回目なんですか?」
『20回は超えたな』
なぜ、そんなに落ちるのだろう?

車の免許試験を経験した方なら、解るでしょうが、
あの筆記試験には、《ひっかけ問題》がある。
どうやら、オッチャンは、
このひっかけに引っ掛かっている節がある。
例題問題を見せて貰った。
【盆暮れの振る舞い酒なら、少しなら飲んで運転してもよい】

『そら、○やろ』
「オッチャン、×ですよ」
『なんでや、振舞われてるのに断ったら、失礼やろ!』

男気が、髪を五分刈りにして歩いているようなオッチャンだ。
何度試験に落ちても、曲がった答えは嫌いなのだ。
あれから40年近く、ご存命なら90を超えておられるだろう。
男気を貫き、落ち続けたのだろうか?
それとも、ついに取得した原付免許をお守り袋に入れて、
街を闊歩してくれているのだろうか?
e0077899_101704.jpg

by ishimaru_ken | 2014-07-15 05:44 | 昔々おバカな話
寿司屋 築地事情
e0077899_6162851.jpg
 連日、築地魚河岸界隈を徘徊している私だ。
寿司という文字を、何百という単位で、目にしている日々だ。
魚河岸には、場内と場外があると、先日説いた。
そこで、更に外へと、足を伸ばしてみた。

駅でいうと、地下鉄の築地駅から、東銀座駅界隈である。
表通りには、寿司屋が、林立している。
見てはっきり寿司屋と解るカンバンが、ずらりと並んでいる。
寿司屋の秋葉原状態と言っていい。
そこで、裏通りを覗いてみた。

「ほお~こうなってますかぁ~」
裏通りには、寿司屋だと主張する大きなカンバンはない。
あるのは、名前だけが書かれた控えめな看板だ。
看板というより、表札と呼んだほうがいいほど、
主張がない。
「知る人だけが、よってくれればよい」的な誘い方である。
入口からして、入りにくい。
っというより、入口そのものが見つかりにくくなっている。
「ここから入るのかな?」
お勝手口の様な引き戸が、入口らしい。

当然、入店には勇気がいる。
金銭的な勇気とともに、しきたり的な勇気も問われる。
一人で入って、いいのかな?
こんな服装で入って構わないのかな?
入る時、なんと言うのかな?
「ごめんください」・・じゃ御用聞きみたいだし、
「ちょっと上がらせてもらうよ」・・じゃあ、悪代官みたいだし、
「たのもう」・・って、何時代じゃ!

この築地一帯に、いったい何軒の寿司屋があるのだろう?
全部の店を回った人はいるのだろうか?
日本一の寿司屋密集地の魚は、さすがに旨い!
さあ、勇気をもって・・・
「お願いしまぁ~す」
入った寿司屋は、廻っていた。
e0077899_6155512.jpg

by ishimaru_ken | 2014-07-14 06:16 | その他
舞台 「出発」
e0077899_17221235.jpg
 劇作家つかこうへいが率いる劇団つかこうへい事務所。
イシマルが、この事務所に入ったのが、36年前だ。
24才の時。
その5カ月前に、つかさんが新作を発表している。

《出発》 しゅっぱつ

菊池寛の「父帰る」のつか版と呼ばれた作品だ。
その後も、つかさんは、多くの新作を発表し、
再演も行っているのだが、
なぜか、この《出発》だけは、再演していない。
その作品を、
「よお~し、やってやろう!」
と奇特な方が現れた。
錦織一清、少年隊の彼である。
錦織演出による芝居の公演が、京都 南座で催されている。

なんせ、36年ぶりに、つか作品が世に出る。
嬉しくも、イシマルにも、お声がかかった。
出演者の中では、唯一その芝居を観ていた人間である。
もちろん、客としてではあるが・・

つかこうへいの芝居というのは、
台本を読んだだけでは、よく解らない。
何をどう演出すればいいのだか、何がなんだか?
ところが、実際の芝居を観た客には、
スルリと受け止めて貰えるのだ。
稽古を繰り返した出演者、演出、スタッフの誰よりも、
芝居を観たお客さんが、
芝居内容を最も理解している
仕掛けになっている。

劇場は、東京では、新橋演舞場。(1428席)
36年前に、
80席しかない小さな劇場でやっていた事を思いだすに、
隔世の感がある。

この芝居には、あの蛾次郎が出ている。
アノ・・とは、寅さんの<男はつらいよ>で、
帝釈天の庭を箒で掃いていた蛾次郎である。
このオイチャン・・初めてお会いしたのだが、
面白いネ。
おかしいネ。
e0077899_21393522.jpg

by ishimaru_ken | 2014-07-13 06:00 | 仕事
徳島県写真
e0077899_9554767.jpg
 大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)とは、
徳島の吉野川の上流の観光地である。
讃岐と土佐を結ぶ土讃線の駅がある。
大歩危駅、小歩危駅。

そこは、祖谷谷(いやだに)という、
日本でも有数の雨の多い秘境だ。
一度雨が降り出すと、ありとあらゆる雨粒が谷に流れ込み、
水位が信じられないほど上がる。
5m8m水位上昇は当たり前という世界になる。

ゆえに、雨が降らない頃に観光にむかうことになる。
駐車場に車を止め、断崖の上から川面を覗き込む。
あそこまで降りていくの?
随分下のほうに、観光船の発着場がある。
それもそうだろう・・
増水すると、この駐車場あたりまで、水がやってくるのだ。
降りてゆくという事は、
今は、安全な時間帯だと教えてくれている。

船頭さんの操船で、断崖の底の川面をただよっている。
船頭さんが、突然、パン屑を空中に放る。(冒頭写真)
すると、どこからともなくトンビが飛来し、
パクリと咥えて飛び去ってゆく。
どうやら、手なずけているらしい。
おだやかな船上に思わず居眠りしたくなる。
大歩危小歩危って、危険極まりない場所じゃなかったの?
危ないって字が二つも入っているしぃ・・
そう、観光船は危ない場所は通らない。

そこで、危ない場面に会いたかったら、是非お薦めはコレだ。
《ラフティング》
大きなゴムボートに乗って、荒れくる急流を下るのだ。
ウエットスーツにヘルメット、ライフジャケットにオールを掴み、
日本一の激流に翻弄される。

どうせ行くなら、おおぼけこぼけ
われを忘れて、おおぼけこぼけ
悲鳴絶叫、おおぼけこぼけ
e0077899_954557.jpg
 <船の救命具> このデザインは人気があるらしく、
 木曽川の鵜飼船でも採用されてた。
by ishimaru_ken | 2014-07-12 05:53 | その他
魚河岸 モツ丼
e0077899_9453751.jpg
 築地魚河岸の入り口にあるこの店。
《きつねや》
モツ丼の店だ。

広い道路に面しているので、否が応でも目につく。
間口はとても狭い。
客が座れるイスも、4つ5つだ。
殆ど往来で客に食べさせていると言っていい店だ。
店の中では、大きな釜に、焦げ茶色の物体が、
グツグツと煮えくりかえっている。
モツ丼と云うからには、何かのモツが煮えていると思える。
しかし年配の女性が、シャモジでかき回しているサマを見ると、
どうしても・・・
その昔、子供の頃観た映画で、
森の中にいる魔法使いのオババが、
怪しげな鍋をグツグツやっていたのを思い出す。
鍋の中から、何やら引っ張り出すと、
シャレコウベだったりしたものだ。

この店の名前も、《きつねや》と何やら、あやしい。
化かされても文句は言えまい。
しかし、化かされたつもりで、入店してみるのもアリだ。
入店と云っても、ノレンはないのだが・・
歩道にある丸椅子に座る=入店となる。
座る=モツ丼を注文したと受け取られる。
あとは、ご飯の量を訴えでるしか、する事がない。

オババが・・失礼、オバちゃんが、ご飯を盛った丼を左手に持ち、
お玉を、鍋の中に、ドブリと突っ込む。
二回ほど掻きまわす。
すべてが焦げ茶色に染まった中から、ピロピロとした物体やら、
ドロリと、裏返る固形物が、うごめく。
ズボっ・・
お玉があがる。
ご飯にかけられる。
慣れたもので、周りに飛沫が飛び散るなんて事はない。
見事に、丼の中に収まっている。
ホワ~ン
甘い香りがひろがる。
割り箸を突っ込む。
コレは、持ち上げて食うモノではない。
掻き込む食い方が正解だ。
それも、ガツガツではなく、ジャブジャブである。

ふむ、思いのほか濃厚ではないじゃないか。
むしろ、アッサリと言えるかもしれない。
脂ギトギトと思い込んでいたのだが、このジュルジュル感は、
コラーゲンだ。
身体に優しいコラーゲン丼なのだ。
それが証拠に、むくつけき鉢巻オジサンに混じって、
若き女性が、ジュルジュルやっているではないか!

そして、森の中の魔女も、
よくよく見れば、優しいオバちゃんであった。
e0077899_9451524.jpg

by ishimaru_ken | 2014-07-11 05:44 | 謙の発見!


検索

リンク集

以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧