人気ブログランキング |
<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
滝田くんの 死にそうワースト3
e0077899_9101781.jpg
 「アレは怖かったネ」
滝田くんが、私に連れていかれた体験を怖かったと述懐する。
では、そのワースト3を紹介しよう。

《蓼科山登山》
 秋、二人で、登山口から歩き出した。
なぜか、その日、私の舌は饒舌だった。
登っている時も、下っている時も、なめらかに回った。
回りすぎて、たびたび道をロストした。
何度か道を戻り、時間を無駄にした。
秋の夕陽は、つるべ落としと言われる。
頂上を落とした時には、お日さまは地平線に近づいていた。
慌てて駆けおりる我ら。
しかし、落とす速さは、太陽の方が圧倒的に速い。
日没サスペンデッド。
真っ暗な山中を、さまよった。
灯りは、微かに光を放つランプ。
後ろから付いてくる滝田くんの背中側が真っ暗!
『ねえ、帰り付かなかったら、どうなるの?』
「森で眠る」
ヒエ~~~~

《谷川岳グリセード》
 芝倉沢雪渓を麓から遡り、頂上まで達したら、
その雪渓を、棒一本で、滑って降りるのである。
グリセードというテクニックだ。
アイゼンを外し、登山靴のまま、滑る。
急斜面の残雪の時につかうテクニックだ。
棒は、長さ1mほどの木の棒。
「さあ、滑るゾ!」
頂上で、グリセード初めての滝田くんに声をかける。
『この急斜面、40度超えてない?』
「だからグリセードで降りるんだヨ」
『クレパスがアチコチ穴あけてたよネ』
「登るとき、場所を確認しただろ」
『雪崩の跡があったけど・・・』
「つべこべ言ってないで、さ、いくぞ!」
ザ~~~~~
ヒエ~~~~~~

《西沢渓谷》
 まだ残雪がたっぷり残っていた渓谷に、二人は足を踏み入れた。
あとで分かったのだが、立ち入り禁止の看板があったらしい。
その後半である。
夏場は快適な散歩道となるトロッコ跡の道が・・・
春先のこの日、吹き溜まった雪で覆われていた。
雪は斜めに溜まっている。
溜まってコチコチに固まっている。
つまり斜めの氷のすべり台が幅広く続いている。
右から左に傾いている。
左端の下は、まっすぐ谷底におちる絶壁だ。
100mほどの落差がある。

「滝田くん、軽アイゼンを履こう」
その辺の木の枝を拾い杖とした。
杖を氷に突き立ててみるが、歯が立たない。
「一人づつ渡ろう」
『なんで?』
「もしどちらかが落ちたら、連絡する人が必要だろ」

ヒエ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
e0077899_993629.jpg
《遭難ってか?》2013年;11月8日
《グリセードチャレンジ⑤》2011年;6月2日
《西沢渓谷 再チャレンジ》2014年;4月17日
by ishimaru_ken | 2015-05-11 05:58 | スポーツ
趣味
e0077899_1030276.jpg
 趣味とは何だろう?

趣味に没頭し過ぎて、仕事を失う人がいる。

趣味が高じて、ソレが仕事になる人がいる。

趣味があるから、本職をおろそかにする人がいる。

趣味があるから、本職をおろそかにしない人がいる。

趣味を明日に控えて、気もそぞろの人がいる。

趣味こそ我が人生、と豪語する人がいる。

趣味をけなされると、怒り出す人がいる。

「趣味って云うなよっ!」本気で怒り出す人がいる。

「趣味で悪いのか?」空を見上げる人がいる。

「えっ、オレがやってるの、コレ趣味なの?」
ビックリする人がいる。

「え~と、趣味は何ですかぁ~?」
 の質問に答えたくないなあ~
 だってアナタ、いい加減に聞いているんだもの。

趣味・・・

趣味を軽ろんじられた人は、フトつぶやく・・
趣味という言葉以外の言い方はないの?」
e0077899_10353829.jpg

by ishimaru_ken | 2015-05-10 05:51 | その他
ジュースミキサーを割る
e0077899_10234534.jpg
 お宅に、ジュースミキサーって、あります?
リンゴだの果物を適当に放り込んで、スイッチを入れると、
ガーガー鳴って、ジュースが出来るアレです。

我が家にあるアレが、実は、問題だったのだ。
最近買ったにも拘わらず、
ガーガーやってくれたにも拘わらず、
ツブツブが残るのだ。
ドロドロまで細かくしてくれないのだ。
回転する歯の問題なのか?
買い求めた値段の問題なのか?
だからと云って、すぐに買い替えるほどの気力はない。
買ったばかりの器械を買い替える勇気も、気概もない。
だけど・・・
「この中途半端な力しかない機械と、
 こののち10年は付き合っていくのだろうか?」
憂鬱な想いを抱いていた・・

っと、突然、台所で大きな大きな音響が響いた。
ガラスの割れる音だ。
駆けつけると、滝田くんが、茫然と床を見つめている。
「どったの?」
『ミキサーが割れた・・』

台所の洗い物をしていた滝田くん。
ミキサーが割れたと、ベソをかいている。

この時、私の頭の上に、閃きの電球が点った!
(おっ、滝田くんはわざと割ったナ)
私が最近、このミキサーを嫌っている心境をおもんぱかり、
割ってやろうと決断したのだナ。
友人想いのいい奴である。
しかして、割ったのだが、言い訳を思いつかなければならない。
私が駆けつける前に、とっさに言い訳を考えた。
考えた割には、標準形だった。
『フライパンが倒れてきたんだヨ』

ゴキブリにびっくりしたとか、電子レンジが破裂したとか、
キツネと目が合ったとか・・・
他に言いようがあったろうに、
『フライパン~』などと、
ありふれた言い訳ですますつもりだ。
「いいからいいから、ガラス片付けよう、怪我してない?」
すると、ガラスを拾いながら滝田くん・・
『おかしいなぁ~フライパンがさぁ~』

あくまでフライパンに責任をなすりつけている。
わざと割ったとは、頑として認めないらしい。
私の為に割ったとは、口が裂けても言いたくないらしい。
うむ、いい奴である。

『フライパンてさぁ~』
e0077899_10232754.jpg

by ishimaru_ken | 2015-05-09 05:53 | その他
ジャングルジム
e0077899_9435772.jpg
 昨日、ジムが苦手の話をした。
長年、ジムに通い、そろそろ飽きてきた方もいるだろう。
そんな方の為に、未来のジムを考えようではないか。
私が、長年欲していたジムは、別に画期的ではない。
誰でも思いつくジムに過ぎない。
名前もありふれている。
こんなだ。

《ジャングルジム》

子供の頃あった名前だ。
素敵な響きである。
この名前の由来を考えてみよう。
《ジャングル》
ターザンがチーターを肩に乗っけていた場所だ。
そんな場所を、ジムにしようという命名だ。
ジャングルとは、自然あふれる野外である。
危険が潜む野外とも言える。

そんなジムを造ってはいかがだろうか?
今ある、野外アスレチックを一歩進めたバージョンである。
例えば・・

一本の大きな樹が、ジムに立っている。
ツリーハウスを造りたい様な樹だ。
その樹に、どうにかして登る。
その方法は、様々だが、個人が工夫して登らなければならない。
さあ、どうぞ・・・
e0077899_9432317.jpg
        樹を切る人
by ishimaru_ken | 2015-05-08 05:42 | スポーツ
ジムが苦手
e0077899_9373876.jpg
 正直に言おう。
《ジムが苦手だ》

ジムとは、スポーツジムの事だ。
シェイプする為であり、リハビリの為であり、
筋肉増強の為であり・・・
行って損はない、素晴らしい施設である。
大旗振って薦めたい健康センターである。

ところが、私は、ジムが苦手だ。
苦手と言ったのは、ジム自体を非難しているのではない。
むしろ、その効力は称賛している。
しかし、私自身が、ジムに行ける精神力がない。

実は、30代の前半、ジムにはまっていた。
毎日、ジムに通い、汗を流していた。
一日でもジムに行けない日があると、
気持ちが悪くなった。
ジムのオープン時間を気にし、
ジムの閉まる時間を確認するタイムテーブルで生きていた。

仕事が終わったあと、皆で飲みに行く場合でも、
「ごめんね、ちょっと遅れるけど、後で行くから」
微妙な発言をし、特急でジムに走り、一汗かいてから、
飲み会に参加するのだった。
変なヤツである。
その頃の私を敢えて呼ぶなら・・・
《ジム病》

さて、それ以後、ジムに足を向けていない。
いや・・時折、向ける事がある。
向けて、ジムに入会して、入会料を払って、
一時間ほどマシンを動かしてみるのだが、
その後、入会カードが汚れる事はない。
三日坊主ならぬ、一日坊主である。
理由は・・飽きるらしい。
たった一日で飽きるらしい。
あれほどの叡智を結集したマシンに飽きるダメな野郎である。

私の場合で恐縮なのだが、
九州の田舎で、ターザンごっこで育った人間には、
マシンに馴染めないのである。
では、どうしたらいいのか?
ふふふ・・・
e0077899_9371062.jpg

by ishimaru_ken | 2015-05-07 05:52 | スポーツ
滝田くんの筋肉
e0077899_929083.jpg
 世の中には、筋肉が固まらない人がいる。
思いっきり筋肉を酷使した後でも、筋肉痛にならない人達がいる。
女性は、その傾向が高い。
しかし、男でも、そんなヤツがいる。
いると、断定しているのは、すぐそばにそんなヤツがいるからだ。

《滝田くん》

このコーナーに、いちいち登場する彼である。
先日、海が爆風に明け暮れた。
その日、滝田くんは、ウインドサーフィンをやっていた。
何時間も海とたわむれた。
共にたわむれた連中は、ベッドにうっぷし、
その後、二三日、姿を見なかった。
ところが、滝田くんの場合・・
その翌日、私からリクエストが届く。
「今日、山を走るゾ~!」
『あいよ』
いとも簡単に同意の返事が届く。
いとも簡単に、山中を走っている。
ハッハッハツ
走り終わると、何事もなかったかのように、
次の遊びを探している。

「ねぇねぇ、筋肉痛はないの?」
『う~ん、よくわかんない、なに筋肉痛って?』

こんな人間がいるらしい。
私が塗りたくっているバンテリンを不思議そうに眺めている。
私の背中に貼ってある膏薬を指さし、笑っている。

「だからぁ~筋肉痛だヨ、筋肉がカチカチに固まるんだヨ!」
『ふ~ん、わかんない』
「モモが痛くて、階段を登れないとか、下れないとか?」
『階段は二段跳びでっしょ!』
「滝田くん、今はその話じゃない」
『筋肉カチカチィ・・・・ないなぁ』

ほら、こんな人間がいる。
ほら、こんなスポーツマンが現にいる。
誰か、この滝田くんの筋肉を科学的に解明してくんない!
61才だけんね!
e0077899_928446.jpg
  台湾の地下鉄が物珍しい 滝田くん
by ishimaru_ken | 2015-05-06 05:57 | スポーツ
野菜サラダ
e0077899_9193478.jpg
 「野菜が嫌いだ!」
この言葉を吐いたのは、10代の私だ。

 「野菜なんか食う金がない!」
この言葉を吐いたのは、20代の私だ。

 「食えと云うなら食うけど、好きなワケじゃないヨ」
30代の私が、横目で吹いている。

 「食わねばならんだろうな、栄養学的にサ」
40代の私が、したり顔で説いている。
説きながら、歯茎には、レタス、が詰まっている。

 「食べさせてくれる?バランスよく」
50代の私が、ギブミー野菜と手を差し伸べている。
肉を食べたいから、野菜をくれと、バランスを主張している。

 「はい、みんな、コレ食べてネ」
60代の私が、野菜サラダを、これみよがしに差し出している。
サラダサラダ・・と、うるさいジジイだ。

さあ、ここまで書いて、この先はどうなるのだろう?
70代、80代、
大きくふざけて90代。
血迷って100代!
野菜感覚はどうなってゆくのだろう?
e0077899_9145928.jpg
               モロヘイヤ
by ishimaru_ken | 2015-05-05 05:05 | 昔々おバカな話
お疲れさま
e0077899_11125558.jpg
 「お疲れ様でしたぁ~」
仕事が終わると、去り際に皆が口にする。
この言葉・・アメリカにはない。

ない、と言いきったが、撮影現場ではないと云い換えよう。
アメリカでは、撮影が終われば、なんとなく去ってゆく。
「バ~ァイ~」
バイバイで済ませてしまう。

ところで、この「お疲れさま~」と云う、挨拶。

どこでもここでも使う挨拶。
非常に便利のよい挨拶。
私も、日常的に使っている挨拶。
疲れていなくとも、使う挨拶。

私は、この挨拶を、ある人達の前では、決して使わない。
それは、どんな人達だろう?

《趣味を同じくする人達》

私の場合で言えば、ウインドサーファーであり、
クライミング仲間であり、山登り仲間であり・・・
彼らとサヨナラをする場面で、
「お疲れさま~」と発する必要がない。
では、別れ際、何と言うのか?

「ほんじゃネェ~」
「またナ」
「じゃっ」

極めて短いセリフに過ぎない。
短い中に、多くの感情がこもっている。
趣味を同じくする人達の間では、
「おつかれさま」と云う仕事仕様の言葉を、使いたくない。
他人行儀な挨拶をしたくないと云うのが、本音だ。

「じゃっ」なんて言ってるヤツはまだいい。
「グッ」だの、「うっ」と詰まって去ってゆく輩もいる。
アゴをクンとそらしてゆくだけのヤツもいる。
究極は、ただ目で睨んで、その場からいなくなる。
いわゆるアイコンタクトだ。
その目の中には、たくさんの情報が詰まっている。
ヤツの目の、最低限の情報がコレだ・・・

「来週、風が吹いたら必ず現れるから、その時は、
 お互い体調万全にして、究極のバトルをやろうぜ!
 逃げたら、許さん!」
e0077899_11123889.jpg

by ishimaru_ken | 2015-05-04 06:03 | スポーツ
石清水八幡宮
e0077899_9221475.jpg
 京都の四条から、自転車をこいだ。
いつものように、桂川の土手を南に向かう。

20キロも漕いだところで、山の上に神社が見えた。
なんだろう?
行ってみた。
《石清水八幡宮》 いわしみずはちまんぐう
説明書きによると、境内はずいぶんの広さがありそうだ。
緩やかな坂道を散歩がてら歩き出す。
っと、そのうち、階段が現れ、はるか先まで続いている。
とにかく広い!
本殿も厳かだ。
あまりもの立派さに、何度も手を合わせてしまった。

関東の人に、<石清水八幡宮>の名を語っても、
ピンとこない。
ところが、こちらでは、知る人は皆知っている名勝である。
なんたって、グウである。
登るのが億劫な方には、ケーブルカーまである。
200円。
<エジソン博物館>なんてものもある。
何だろう?

ただし、ここには、自転車置き場がないので、
どこでもそこでも置かないように・・
注意紙を貼られて、叱られます。
なんたって、グウなのですから。
e0077899_9215763.jpg

by ishimaru_ken | 2015-05-03 05:53 | 謙の発見!
待ち時間のアイドリング
e0077899_9175553.jpg
 ドラマのロケでは、待ち時間というモノがある。
1、2時間ではなく、6時間も8時間も待ち続ける場合もある。
いわゆる「押している」という状況だ。
待っている役者は、本を読んだり、眠ったり、話をしたり、
話をし過ぎて、「ウルサイ」と指摘されたり、
様々な方法で時間をつぶす。
現に、昨日のロケ待ちでは、文庫本を一冊読んだ。

この待っているという時間は、車で云うところの、
エンジンを切っている状態ではない。
アイドリング状態と云うのが、当たっている。
いつ呼ばれてもいい様に、心理的にはスタンバイしている。
いつでもギアを上げられるようになっている。

このアイドリング時には、脳が活性化している。
いろんなアイデアがフツフツと湧いてくる。
夜中に朦朧と湧いてくるアイデアのように、
あとで、「なんじゃこりゃ?」
反省してしまうような貧弱なモノではない。
思わず、左手の手のひらを右手のコブシでトンと叩きたくもなる。
夜中の夢うつつの状態が、脳のロー(低い)活性ならば、
アイドリング中のそれは、ハイな活性だ。

ところが、ハイ過ぎて、やっぱりあとで、
「なんじゃこりゃ?」
書き留めたアイデアに首をかしげる。
そのうち、
あまりもの首かしげ論文が貯まってしまい、
ゴミ箱に捨てられる。

たまに、これはと思うモノを、試しにバタヤンに送ってみるのだが、
さすがのバタヤンでも、未消化になるらしい。
ただし、バタヤンの素晴らしいところは、
どんなお馬鹿なアイデアでも、
あだや疎かにせず、検証してくれるのだ。
なぜ、人々に受け入れられないのかを、説明してくれる。
「世が世なら・・」
暖かい言葉をかけてくれる。

恐らく、自分自身が普段、
そんな経験をいっぱいしているのだろう。
そして、バタヤンと私の違いは、
片や人類の為になり、片や凡人の遠吠えである。
ま、そんなもんだろナ。
e0077899_1125016.jpg

by ishimaru_ken | 2015-05-02 05:54 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧