<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
つけペンで書く文字
e0077899_17191363.jpg
 昨日、つけペンの話をした。
つけペンとは、金属の先割れペンをインクの瓶につけ、
文字を書く道具である。

高校時代、このつけペンを使用していた。
受験勉強中の者としては、実に効率の悪い道具を使っている。
鉛筆と比べて、最大の欠点は・・《消しゴムで消せない》。
一度書いたら、ハイそれまでヨ・・
しかも、学校の教室でも、インクの小瓶を机の上に置いている。
こぼしでもしたら、大騒ぎである。
もちろん、テストの時だけは、鉛筆をつかったが、
常日頃は、つけペンである。
なぜか?
面白かったからである。
つけペンで書き進める操作が、楽しかった。
文字を紙に書くという動きが、感覚的に絵を描く作業に似ていた。

ところが、このつけペン。
消耗品である。
ペン先が金属な為、すり減る。
速くて10日、遅くてひと月もたない。
快適に書きたかったら、週に一回、ペン先を取り替えたい。
そう、そのペン先は引っ張れば、外れるようになっている。
文房具屋に行けば、先だけ束にして売っている。

で、もし、ペン先を変えずに使い続けたらどうなるだろうか?
右利きの人が、書き続けると、
先が割れた右側の方が、先から削れてゆく。
先っちょに付いている丸い金属は姿を消し、
やがて、右側は槍のように尖った刃物と化す。
すると・・・どうなる?

書いている時に、紙に刺さる
ペン先を右下から左上に移動する場合、特に刺さる。
よし、ここで文字の分類をしてみよう。

漢字は良く出来た文字で、ペンが刺さりにくい。
なぜか?
書き順が、すべて上から下。
左から右に書くように出来ている。
その昔は毛筆で書いていたであろうに、
まるで、つけペンの登場を知っていたかのように造られた文字だ。
で、ここで、平仮名の登場だ。
コレはつけペンの天敵だ。
右下から左上に上がってゆく行為を求められる。
<あ>、<め>、<お>などは、ペン先が刺さる筆頭だ。
特に、<ぬ>なんて、二度も輪を描いている。
例えば今、こんな文章を考えてみた。
 《阿呆な夢見る、寧々の母親の叔母》

コレをつけペンで書いても、さほど困らない。
なんたってほとんど漢字だ
さあ、ここで、平仮名に変換しよう。
《あほなゆめみる、ねねのははおやのおば》

どうです?すべての文字が、引っかかりを持っている。
先ほどの使い古したペン先で書くと、
紙は破れ、インクが滲み、やがて、
グチャグチャになった子供の絵が出来るだけである。

「じゃあ、万年筆はどうなんですか?」
アナタは当然の質問をする。
万年筆のペン先は、高値な金属で出来ている。
そんじょそこら使い続けても擦り減らない。
だから、本人も言っているではないですか。
「万年使える」と・・・
e0077899_17185798.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-11 05:40 | 昔々おバカな話
ブラインドタッチのアンダンテ
e0077899_17132216.jpg
 「ブラインドタッチは、速ければいいものではない」

パソコンを買い求め、このコーナーを開いた頃、
ブラインドタッチの練習を始めた。
指先が器用な私だ。
あっという間に、高速に近づいた。
しかし、ふと立ち止まったのである。
「速ければいいのか?」

昔、ワープロが無い頃、人は、ペンで文章を書いた。
頭で考えながら、ペンを動かした。
紙に浮かび上がるインクの文字を追いながら、さらに、頭の中で、
発想が湧いてゆく。
《文字を書くスピード》
コレって、大切な要素なのではないだろうか?

この思い付きがひらめいた途端、ブラインドタッチの修練を止めた。
どうしても見ないと出来ない障害をつくった。
<―>やら、<~>などは見ないと押せないようにした。
数字も、必ず見る癖をつけた。
これだけで、スピードが落ちた。
今、スピードと打った中にも、バーが入っている。
バーの中にも入っている。
こうして、ある一定のスピードをでキーを打つ習慣が出来上がった。
そのスピードを、音楽符号のテンポを表すものをお借りして、
<アンダンテ>(歩くような速さ)と言ってみよう。

そこで、文章を書くスピードを、書くときに使う道具にあてはめ、
表現してみよう。
6つに分類した。

毛筆
  正月の書き初めである。
  一文字づつ精神統一してしたためるので、かなり遅い。
  今書いている文章を夜明けに筆で書き始めたら、書き終わりは、
  ランチを過ぎるかもしれない。
 
つけペン
  先割れした金属のペンを、小瓶に入ったインクに浸して
  紙に書いていく作業だ。
  筆より、速くはなったが、カリカリと引っかかるペン先は、
  必要以上に神経を使い、遅い。

ボールペン 楷書
  どれほど筆圧をかけても、大丈夫なボールペン。
  速くかける・・筈なのだが、文字はあくまで楷書だ。
  四角四面な文字を記してゆく。スピードに限界がある。

ボールペン 行書
  サラサラと書き進める。
  判読も出来る。
  音楽符号における、歩くスピード・・アンダンテである。

ボールペン 草書
  速さは、文字を書くというジャンルでは群を抜いている。
  速いのは、やぶさかでないのだが、書いた本人以外、読めない。
  江戸時代の文人が書いた書のようで、殆ど読めない。
  その昔、父親から届いた手紙も、
  三分の一しか判読できなかった。


速記》そっき
  通訳や、秘書などがメモをとる際、駆使された。
  符牒記号である。
  早口な人が話すスピードで、文章が記録された。

以上6つに分けてみた。
アナタのパソコンを打つスピードは、どれだろうか?
私は、やはり、アンダンテが気に入っている。
つまり・・行書。
e0077899_1713915.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-10 05:54 | 昔々おバカな話
梅雨時の空 真っ赤
e0077899_18355829.jpg
 「秋は夕焼け」
と、いにしえの歌い人が持ち上げたが、
私的には、梅雨時を夕焼けの季節だと、騒ぎたい。

梅雨の季節は、雨が降っているばかりではない。
必ず、晴れ間が訪れる。
梅雨の霹靂とでも言おうか。
雨が降って、大気中の諸々を、落としてくれるので、
空気の透明度が高い。
そこに、斜めから狙ってくる太陽の光だ。
只でさえ重なりあう雲が、二重に三重に、いや、十重八重に、
空を蓋い尽くしている。

そんな時、西の空の彼方に、雲の割れ目が生じる。
夕方のひととき、そこから太陽が、全エネルギーを解き放つ。
「おおお~~~ぉぉぉ~~!」
全天候型の夕焼けが現れる。
全天候型とは、西の空だけでなく、
東の空まで、ピンク色に染まる現象だ。
子供たちが、嬌声をあげている。

アッチも、コッチも、ソッチも、ボクも真っ赤だネ!」
e0077899_18354363.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-09 05:59 | その他
ほっと湯だ駅
e0077899_8242697.jpg
 こ・これは何だろう?
岩手県の西和賀町(にしわがまち)に、
《ほっとゆだ》駅がある。
ここは、全国でも珍しく、駅に温泉があるのだ。
正確に述べると、駅舎の中に、温泉施設がある。
料金を払えば、だれでも温泉につかれる。

そこまでは、いい。
面白いのは、風呂の壁にあるこの装置だ。
コレは何?
e0077899_8184853.jpg
信号のようなモノが湯船の上に設置されている。
上から、青、黄色、赤、と信号さながらだ。
なんだろうコレ?
といぶかりながら、湯船でくつろいでいたところ、
突然、信号が点いた。
e0077899_8194278.jpg
つまり・・青。
「ああ~列車の来る、45分前じゃな」
隣で、ツルツルの頭を撫でている爺様が、つぶやく。
『するてぇと、黄色は何ですか?』
「30分前だぁて」
『はいはい、ほんじゃ、赤は?』
「15分前だはぁ」

なるほど、温泉にまみれて長湯していると、乗り遅れるゾと・・
その信号で知らせてくれる訳だ。
なんとも親切極まりない温泉駅である。
列車自体が、さほど来ない駅ならではとも言えるサービスだ。
するってえと・・

「赤ですお客さん、列車きましたですヨ!」
長湯に居眠りしたお客に駅長さんが声をかけるってぇと、
タオルを下腹部に巻き付けたオジサンが、背広カバンを小脇に抱え、
列車にとび込むシーンを見られるのだろうか?
e0077899_8232517.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-08 05:44 | 仕事
関根正明とは?
e0077899_8142255.jpg
 今から25年前、ある役者に出会った。
《関根正明》 (せきね まさあき)

イシマルが主演していた小劇場の舞台に、出てくれた。
頭のテッペンから高音が響き渡る、稀有な役者であった。
イシマルも、高音を噴出す役者であったのだが、
彼の場合、オクターブ違った。
ソプラニスタと言ってもよかった。
その関根くんは、今どうしているだろう?

アナタに問いたい。
テレビで通販番組があるよネ。
その時、とんでもない高音で、
機関銃のように喋っている人がいるよネ。
その人が、関根君です。
通販番組の殆どを網羅している、王様と言っていい。
毎日、テレビをつけて、彼の声を聞かぬ日はない。
毎日、ラジオをつけて、彼の声を聞かぬ日はない。
声のテレビラジオ占有率というパーセンテージがあるならば、
ダントツで、優勝するであろう。
彼の声が、日本を支えている、と公言してもいいだろう。

悲しい事に、彼と、25年、会っていない。
毎年、年賀状が届くだけである。
毎年送ってくれる行為に、喜んでいる。
<役者>という、海のものとも、山のものともしれぬ、
ワケのわからない曖昧な波のような作業に生きる関根君に、
感謝の拍手を!
おぉ今も、テレビで、
彼が頭のテッペンから、声を出していたゾ!

喉、大事にしようネ・・お互いに。
e0077899_814298.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-07 07:07 | 仕事
二輪草 VS トリカブト
e0077899_86312.jpg
 この写真の植物は、《二輪草》にりんそうと呼ぶ。
緑の葉っぱの上に、二つの白き小さい可憐な花を咲かす。
ゆえに二輪草と呼ばれる。
山の中に分け入ると、この二輪草を見つけ、
「わぁ~!」
手に取る人がいる。
ところが!
この写真を見て欲しい。
e0077899_863176.jpg
私が、二輪草のすぐ横で、パシャリと撮ったヤツだ。
そっくりだ。
花さえ咲いていなければ、全く見分けのつかない同じ草だ。
この草の名前は・・・

《トリカブト》
20年ほど前、殺人事件の主役となった植物だ。
フグ並みの猛毒を持っている。
こいつに触った指で舌をペロリとすれば、アナタの命はない。
そんな危険な植物なのに、その横に、そっくりな植物が、
これ見よがしに、花を咲かせている。
二輪草。
確か、東京の板橋区の、区の花じゃなかったっけ?

で、この二つの草の見分け方なのだが・・・
葉っぱの裏を触って、ザラザラしているのが、二輪草で、
どっちかと云うと、ツルツルしているのが、トリカブト
この<どっちかというと>と云うという曖昧な表現を頼りに、
触り続け、ついペロリと舌なめずりをしたとする。
アナタは、二分の一の確率で、サヨナラをする。

そうそう、ついこの間、トリカブトらしきモノを見つけ、
どっちか調べる為に、葉っぱに指を伸ばした。
その指に、傷を発見し、慌てて引っ込めた。
(傷口から、毒が忍び込むかも?)
何事も、小心、小心・・・
e0077899_853823.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-06 06:02 | 仕事
白樺の作戦
e0077899_5151459.jpg
 白樺は、ずるい樹木である。
白樺は美しい。
高原系の写真や絵画に、堂々と出演する。
白樺さえ、登場させれば、売れる絵になる。
白樺の横には、貴婦人が良く似合う。
ましてや、白樺が周りに数本生えているペンションに至っては、
それだけで食っていける。
「困ったときの白樺」とさえ言われている(気がする)。

確かに、白樺は、周りに樹木がない場所に生えている。
混ざり合う魂胆がない。
なぜだろう?
どうやら、それは白樺の種が芽をふく性質に関係している。
白樺は、太陽を非常に好む。
ほかに樹が生えていない場所に、種が降り立つと萌芽する
空き地好きという言い方が正しい。
他の樹木より、空き地好きの傾向が著しい。
するとどうなる?

白樺だけ生えている敷地が現れる。
白樺林などという、画家や写真家や作詞家が好む条件が生まれる。
たった一本あっても、美しいと褒められる白樺が、
束にかかって、林、いや、森を見せつけてくれる。
これでもか、これでもか、の白樺の森だ。
ずるい!

これはもう、まいるしかない・・・
e0077899_5144729.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-05 05:13 | その他
マグロの輪切り
e0077899_9201283.jpg
 なんだ、コレは?
キャンプで七輪の上に何か乗っている。
見た目は不気味だ。
その正体は・・・?

 《マグロの尻尾の輪切り》

行きつけのスーパーで売っていた。
マグロの尻尾は、マグロを品定する際に大切で、
マニアックな魚屋によっては、縄つきで売っていたりする。
このスーパーでは、その尾の部分を、薄めに輪切りにし、
「バーベキューで食べましょう!」と売り出したのだ。
売り出すからには、ひとつというワケにはいかない。
すると、輪切りはどんどん胴体の上部に近づく。
なれば、ワッカはどんどん大きくなる。
直径30cmほどのモノも売っている。
「コレはピザか?」
思わず、声が出る。
出た声にあわせて、買い物篭に放り込まれているではないか。

さて、キャンプの炭火だ。
網の上の置かれたソレは、見た目がアヤシイ。
出自を知らなければ、箸は伸びない。
「さあ、焼けた、食べなよ」
薦めても、滝田くんは、知らんぷりしている。
その味を知っている私が、箸を伸ばす。
(う~~む、旨い!)
心の中で絶叫する。
クリクリとした歯ごたえと、適度な脂。
私が黙々と食べすすめるので、滝田くんが、
そぉ~と箸を伸ばしてきた。
やがて、口に入れるや・・・
「うぅぅ~うんまいンでないかい!」
東京育ちの滝田君が、北海道弁を使って感嘆する。
「か・皮も、うんまいンでないかい!」

そうマグロの尻尾は旨いのだ。
そんじょそこらで売っていないだけだ。
ん・・まてよ?
あのスーパーで、この輪切りが流行った場合。
どの場所まで、輪切りをするのだろう?
どの辺りまでで、輪切りのふんぎりをつけるのだろう?
e0077899_9194656.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-04 05:56 | 謙の発見!
談合坂SAの朝食バイキング②
e0077899_5253945.jpg
 以前、中央高速の談合坂サービスエリアの、
上り線のレストランの話をした。
朝食バイキングのお気に入りの話だ。
朝から、ほうとうとカレーが食べられるバイキングだった。

今、だったと過去形で記した。
そう、最近、そのバイキング料理が様変わりしたのだ。
ほうとうとカレーは姿を消した。
残念・・しかし、
基本形が、身体にやさしい野菜系に移行している。
年配者が泣いて喜びそうな食材が並べられている。
例えば・・・
 きんぴら 
 ひじき
 切干大根
 根野菜の煮つけ
  などなどなど・・

そしてなにより、ご飯が秀でている。
通常、バイキングでは、四升炊きの電気釜をカッチンと開けて、
自分でご飯をつぐのだが、
ここでは、木のオヒツだ。
さらにオヒツの中には、布きれがお米を包んでいる。
このご飯が、ハタと膝を打つほど旨い。
カレーが無くなって、食べ過ぎる心配がなくなったと安堵したら、
このご飯のセイで、お代わりを余儀なくされる。
お代わりの後押しをするモノも現れた。

係りの方に、お願いすれば、生卵を持ってきてくれる。
それもただの卵ではない。
アレは、確か、<アロウカナ>の卵に違いない。
南米原産の非常に滋養に富んだ青白い卵である。
もちろん卵かけご飯となる。

これで朝7時から、750円ってえんだから、気分はいい。
「えっなぜ、そんなところにいるのかって?」
そりゃぁ、アンタ、リゾートからの通勤にきまっとるでしょうが。
e0077899_5251649.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-03 05:44 | その他
五つ葉 六つ葉
e0077899_5185261.jpg
 先日、新潟県と群馬県の境の、仙の倉山に登った時だ。
大きな葉っぱを持つ、植物を見た。
これまでも、アチコチで見た山の草だ。
山で見る植物の中では、群を抜いて大きな葉っぱを持っている。
その数は、5枚だ。
冒頭の写真でも、滝田くんが、「5枚だ」と、指し示している。
ところが・・・

山中にいる私は、なぜか気になり、葉っぱの枚数を数えていた。
すると・・
e0077899_519192.jpg
「こいつは、6枚あるじゃないか!」
遺伝子的な考え方でいくと、
5枚の葉っぱと6枚の葉っぱの差は大きい
無視したくない。
DNAのコピー失敗のセイなのだろうが、
植物とは、そうそう簡単に、コピー失敗するのだろうか?
悩みながら登っていると、
目の前に、再び、そいつが現れた。
e0077899_5195356.jpg
「はっきり6枚だ!」
どうみても、頻度が高い。

そういえば、私は、四つ葉のクローバーを見つけるワザ師である。
「見つけなさい」と言われれば、すぐにでも見つけられる。
四つ葉はおろか、五つ葉さえも見つけている。
信じて貰えないだろうが、なんと六つ葉も発見した。
残念ながら、その写真は無い。
なぜならば・・
「ねえねえ、六つ葉のクローバーだヨ!」
仲間に、差し出した途端、
『ふん、三つ葉を二つ重ねたインチキだろう?』
と、二つに裂かれてしまった。

発見の興奮は、かように簡単に葬られる。
e0077899_5203542.jpg

by ishimaru_ken | 2015-07-02 06:01 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧