<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
おおーみそか~
e0077899_16522610.jpg
 しめる、シメル、閉める、〆る。
今年をしめる。
しめる気持ちは、あまりない。
どちらかと云えば、続けていたい。
そんな時、むこうからシメなさいと言われる。

今日も、そんな日だ。
人間が決めた期限を、突きつけられる。
ダラダラとしててはいけない雰囲気に染まっている。
今年は、紅白歌合戦でしめるのか?
ん・・まてよ?

今夜、午後9時から、つまり紅白の裏の時間帯。
BS朝日であの番組が流れている。
《新にほん風景遺産》

私が初めて、イリオモテ島に行ってきた。
自然遺産登録まじかの島。
驚きの多い島。
あまり知られていないが、石炭の炭鉱があった島。
よし、今年はコレでシメよう。

アナタの明くる年が、良い日々でありますように・・・
e0077899_1652833.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-31 05:50 | その他
2017お馬鹿テン その他編
e0077899_1211132.jpg
 お馬鹿テン
   《その他編》

《ホテル番号統一理論》2016年9月3日

《木村さんと村木さん》2016年9月5日

《コーヒー牛乳の達人》2016年10月9日

《ブドウあわて食い》2016年10月28日

《遺言を書くには》2016年12月4日

《渋滞おおとりルート》2017年1月2日

《鯖専用皿 砥部焼》2017年2月17日

《ひとつだけ言わせてくださいオジサン》2017年3月31日

《足ほどモノをいい》2017年4月24日

《ン》2017年5月3日

《蕎麦屋の釜の中》2017年7月28日

《鰯の旨味は》2017年8月9日
e0077899_1204857.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-30 05:58 | その他
2017お馬鹿テン 仕事編
e0077899_1159662.jpg
 お馬鹿テン
   《仕事編》

《カーナビ 20円減》2016年9月1日

《ヘイシャおじさん》2016年9月11日

《寝だめ》2016年9月18日

《時間がわかる能力》2016年10月1日

《ロケ現場の騒音注意報》2016年12月21日

《ロケ現場のコトンとヒョイ》2016年12月22日

《遅延エネルギー検査》2017年3月5日

《楽譜を見て演奏するのはなぜ?》2017年4月7日

《押しかけ女房》2017年5月1日

《カレー講義一筆書き》2017年6月26日

《眼下の地球》2017年7月8日

《大根おろしは大変》2017年7月16日
e0077899_11584937.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-29 05:57 | 仕事
2017お馬鹿テン スポーツ編
e0077899_1156559.jpg
 お馬鹿テン
  《スポーツ編》

《どっちをちぎるの?》2016年10月10日

《古希タメトウ翁》2016年11月1日

《サッカーを予言》2016年11月17日

《肺活量検査再び》2017年3月13日

《クライミング選手権 アイソレーション》2017年3月18日

《風の国》2017年5月6日

《廊下が長~~い》2017年5月20日

《トゥモロー》2017年6月1日

《グリセード芝倉沢③》2017年6月4日

《本栖湖 新記録誕生》2017年6月24日
e0077899_11554815.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-28 05:54 | スポーツ
2017お馬鹿テン 昔々お馬鹿な話編
e0077899_11501941.jpg
お馬鹿テン 
《昔々お馬鹿な話編》 

《台風と緞帳》2016年9月26日

《日本酒へのいざない》2016年10月4日

《汽車の窓から》2016年10月8日

《忘れ物大将②》2016念10月12日

《亀有公園前派出所》2016年10月16日

《山本祐司さんと出会う》2016年12月10日

《ケジャンを買う》2016年12月15日

《天空の城 岡城》2016年12月19日

《コードレス電話》2017年4月27日

《全くやる気のない忘れモノ》2017年5月13日

《脱脂粉乳をアナタは飲みほしましたか?》2017年5月18日

《飛んだ日》2017年6月22日

《台風がやってくる》2017年8月18日
e0077899_1150037.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-27 05:48 | 昔々おバカな話
2017お馬鹿テン 謙の発見編
 
e0077899_11465081.jpg
さあ、毎年恒例お馬鹿テンの季節がやってきた。
前年の9月から今年の8月までのお馬鹿な話を、
5つのカテゴリーに分けて、蒸し返そうという企画。
「おお今年もやっと休みが来たな」
そう・・休みだとお考えいただければ楽チンに暮らせます。
では行ってみましょう!
まずは・・・

《謙の発見編》

《木材と材木》2016年9月4日

《熊出現!》2016年10月14日

《トイレのびっくりタンク》2016年11月13日

《途切れた歩道》2016年11月16日

《カーナビの心電図》2017年2月26日

《高速道路自動充電》2017年3月11日

《8888円》2017年3月22日

《羽田空港駐車場の怪》2017年5月28日

《父ヤギは石の上で》2017年6月9日

《掴むクレーン》2017年7月13日

《大きな旋盤》2017年8月2日

《狼狽》2017年8月14日
e0077899_1146347.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-26 05:45 | 謙の発見!
羽生は何段?
e0077899_20511022.jpg
 《羽生》
はい、アナタはこの漢字を何と読みましたか?
 (はにゅう)
 (はぶ)

はにゅうと読んだ方より、はぶと読んだ方のほうが年齢が高い。
羽生(はぶ)を知らない方は、知らない。
知らないものの、とんでもない偉人である。
このたび、国民栄誉賞を授与される運びともなった。

ここからは、羽生を、はぶと読んでいただく。
知らない方の為に、あえて、筆をとる。
羽生は将棋のトップ騎士である。
将棋のタイトルは、毎年、7つある。
 名人、竜王、棋王、棋聖、王座、王将、王位。
そのすべてを一度に手にしたのは、長い将棋の歴史で、
羽生だけ。
七冠王として、君臨した。

ところが、それで終わらなかった。
ひとつのタイトルを何度も獲得した。
タイトルによって変わるが、5~7回獲ると、
《永世○○》となる。
たとえば、羽生は名人を7期獲っているので、
永世名人と呼ばれる。

こうして、なんとなんと、タイトルを取り続け、
今年、7つのタイトルの永世号を獲得したのだ。
つまり、
 《永世七冠王》 えいせいしちかんおう

むりやり野球に例えると、
ピッチャーで、最多勝、最小防御率を獲り、
バッターとして、打率王、打点王、ホームラン王の三冠王になり、
その上、盗塁王まで獲り、
それを何年も続けたようなものである。
すなわち、イチローと大谷翔平が合体したようなモノだ。

さきほどから、「はぶ、はぶ」と、
呼び捨てにしている自分が恥ずかしい。
他にも、新人王だの、NHK戦だの、銀河戦だの、
中くらいのタイトルはあるが、それも全部獲った。
羽生は、もうこれ以上獲るモノがない。

棋士は、戦いに出場する際、○○八段などと、
段位で呼ばれる。
しかし、20才過ぎから、羽生名人や、羽生三冠王などと、
呼ばれていた為、
段位が分からない。
どこかで、七段になり、どこかで九段になっているハズだが、
誰も知らない。
おそらく段位を超越した存在になっている。

これから、どこに向かうのだろうか?
将棋という壮大なる宇宙をさまよう孤高の人となるだろう。
e0077899_20505078.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-25 05:49 | その他
裸足のピアニスト
e0077899_2042349.jpg
 「♪~ジングルベ~ル~♪」
クリスマスソングを、
ピアニストの小太郎さんが奏でている。
ただの弾き方ではない。

 「え~とですネ、これから、ジングルベルを、
  テイクファイブでやります」

なんですと?
テイクファイブとは、5拍子である。
私の知る限りでは、5拍子の曲は、2曲しか知らない。
『テイクファイブ』と『スパイ大作戦』。
長い年月の楽曲の世界で、これくらいしか成り立っていない。
そのスパイ大作戦のテーマですら、
昨今、8ビートに編曲されたほどだ。
さほど、5拍子は、人間世界では異端だ。

 「5拍子ですので、ご協力を・・」
小太郎さんが、いきなりピアノを弾きだそうとする。
慌てて私が質問する。
『5拍子という事は、ジングルベルの4拍子との合わせ数で、
5×4の20の時に、ワンサイクルと数えるんですか?』
返ってきた言葉は以外だった。
 「それは無理です。あくまで5拍子で進みます」
と言った途端、演奏は始まった!

♪~ジングルベ~ル、ジングルベ~ル~♪
見事なまでの、テイクファイブが奏でられた。
拍手喝采とはこのことだ。
ピアニストの頭の中はどうなっているのだろう?
頭と指はどういう繋がりをしているのだろう?
ついでに、足も・・
そう、彼は、裸足のピアニストである。
靴を履かずに、ペダルを踏んでいる。
どうして、彼は裸足なのだろう?
ついでに・・
彼はウインドサーファーでもある。
なぜなのか、北風が吹きすさぶ季節でも、
ビキニパンツ一枚で、海に出る。
私が、ドライスーツで走っている横に、
裸の彼がいる。
なぜだろう?

これまでは《裸足のピアニスト》と呼んでいたが、
これからは、こう呼ぼう。
《裸のピアニスト》
e0077899_2040783.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-24 05:39 | その他
猛威の風邪の犠牲者たち
e0077899_6262071.jpg
 風邪だ。
発端は、滝田くんのメールからだった。
どういう科学現象なのか、メールで風邪がうつった。
滝田くんから私に移った風邪が、タメトウさんに移り、
大畠さんにも移行した。

この4人は、普段から風邪にかかりにくい体質である。
インフルエンザの患者が隣にいて、
ハクションしていても、移らなかった猛者ばかりである。
なのにこの度は、瞬時的な移り方で罹患したのである。
ここで不思議なことがある。
全員、男。
その場に女性もいるにも拘わらず、
罹患したのは、すべた男性。
なして?

実は、その場に、男がもうふたりいた。
ヤスタニさんとクリちゃんだ。
不思議な事に、今、この二人と連絡がとれなくなっている。
罹患したのだろうか?
彼らも、風邪と無縁の生活を送っている。
 「風邪ひいたこと、ここ10年ないですネ」
挨拶代わりにこの言葉をはく。
もし、罹患したのだとすると、とんでもない風邪のビールスである。

ん・・?
もうひとりいたじゃないか。
写真を検証してみると・・・
ピアニストの、小太郎さんだ。
大丈夫かな?
おっ、さっきやっと連絡がとれた。
 『え~とね、体調はいいんですが、腹を下してですネ・・』
e0077899_626625.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-23 06:23 | その他
電線を渡ってやってくる
e0077899_1142529.jpg
 タメトウさんが我が家を訪ねてきたと語ったとたん、
大阪からバスガイドのネーヤンもはるばる訪ねてきた。
するってぇと、やってくるはやってくるは・・
皆が、ビールや日本酒をかかえてやってくる。
タメトウ効果である。
友は遠方も近方も、皆楽しみにやってくる。

すると、どうなるか・・・
私は風邪をひくのである。
ほとんど風邪をひかない私。
前回は一年前。
その前も一年前。
どちらも、長めの休みがとれた時である。
そこに、友人らの来訪が重なると、なぜか風邪をひく。
油断というヤツかもしれない。
しかも・・・

今回の風邪ひきのタイミングが奇妙だった。
その昔、電気が発明された頃、
町から町に電線が張られた。
それを見た、一部の人たちが口々に、叫んだ。
 「狸や狐があの線を辿って来るでぇ~」
 「悪い病気が線をつたってくるでぇ~」
聞いた人たちは、彼らにあきれた。
 『んな馬鹿な』

そして一昨日、私が滝田くんにメールをする。
 「タメトウさんたちが来たヨ」
すると、返事。
 「ごめん、風邪ひいて声が出ない、熱はないんだが」

その数時間後、私は同じ症状の風邪をひいたのである。
電子メールにのって、風邪がうつったのだ!
いにしえの狸や狐のおびえ話を馬鹿にした人たちは、
現代もいると思われる。
その方達に、警告しておきたい。
風邪は、メールでも移ります。
だって、ラインを訳すと、
 《電・線》 ですゾ。
e0077899_20155357.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-22 05:36 | 昔々おバカな話



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧