<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
武蔵野 国木田独歩
e0077899_19464433.jpg
 『元来日本人は、これまで楢(なら)の類の落葉林の美を、
   あまり知らなかったようであ
る』

国木田独歩が、明治時代に随筆、
《武蔵野》の中で語った言葉である。
楢のたぐいとは、ナラでありコナラであり、
シイタケのぼたぎとなる菌を植え付ける樹だ。
ドングリがたくさん成る樹でもある。
そんな林が延々と続く野原とはどんな所だろうか?

大分県で過ごした高校時代。
《武蔵野》を文庫本で読んだ。
よし、これは実際見てみなければならんナ。
17才で上京し、東京駅に降り立った。
すぐに山手線に乗った。
グルリと回った。
林らしきものはない。
池袋から、私鉄に乗った。
行けども行けども、家また家。
時折チラリと見える緑は、練馬のダイコン畑。

「東京には、もはや武蔵野は無いのか?」
そんな時だった。
地図を見ていると、清瀬市という所に、
《平林寺》へいりんじ、なるお寺があるではないか。
よし、行ってみよう。
そこには・・・
楢の林と、熊笹生い茂る原生林が、長々と続く、
まさに独歩が描く、武蔵野の世界があった。

あれから47年。
以来、平林寺には足を運んでいない。
ひとづてによると、まだ武蔵野の俤はそのままだと云う。

独歩の武蔵野を、先日さいたま文学館において、
朗読させて貰った。
10代の頃には、漠然としか理解していなかった武蔵野・・
独歩の繊細な文章を音に出してみると、
その快いリズムに驚かされる。
そして会場にお越しいただいた方で、
眠りにおちいられた方は正解である。
武蔵野は、散歩の途中で、眠るように出来ているような気がする。

ふむ・・いま、《武蔵野の俤》と述べた。
を何と読みましたか?
その話はまた明日・・・
e0077899_19462829.jpg

by ishimaru_ken | 2018-01-31 05:45 | 仕事
大黒ふ頭
e0077899_139225.jpg
 関東に在住の方なら、
《大黒ふ頭》という名前を聞いたことがあるだろう。
「湾岸の、だいこくふとうへ行ってみようゼ」
ドライブする人も少なくない。
その大黒の、パーキングまでは行く人は多いが、
ふ頭に行ってみる人はあまりいない。
船舶での貿易に関係しないかぎり、用のある場所ではない。

ふ頭というからには、大きな船が横付けされ、
その巨大な腹に中に、トラックやら、自動車などが、
大量に吸い込まれてゆく。
その順番を待つ車の群れが、広大な土地に並べられている。
百や千の単位を超え、万の車が平地に並べられている。
壮観だ。
どこか遠くの海外の国に運ばれるワケなのだが、
当然、ナンバープレートは付いてない。
ハンドルとて、右も左も。
積み込みも、特殊な能力を持った人たちが、整然とおこなっている。

ニュージーランドに旅したおり、
 「ここは人の数より、羊の数のほうが多い」
とつぶやいた記憶がある。
よし、大黒ふ頭で声を出してみよう。
「ここは人の数より車の数の方が、あっとうてきに多い」
e0077899_1384642.jpg
  これでも、ほんの一部
by ishimaru_ken | 2018-01-30 06:07 | 仕事
逆さ帚で帰ろう
e0077899_16434963.jpg
 《帚を逆さに立てる》

来訪者が家にあった時、夕方などに、
「そろそろお帰り願いたい」
という意味で、トイレに行く廊下などに、
帚を逆さまに立てておく。
すると、トイレに立った来客が、ふと気づく。
 『そうか、そろそろ帰らなきゃ・・』

コレは、日本古来の、控えめなサインだ。
日本古来と言ったが、
京都古来の奥ゆかしいやり方という方がわかりやすい。
あえて言葉にしないで、サインで相手に伝える。
(言わへんけど、察しとくんなはれぇ)

私の母親の作子さんは、京都生まれの京都育ち。
奥ゆかしいやり方で生きてきた人である。
その昔、帚が家にあり、
当然、逆さまに立てる意義に燃えていた。

当時、我が家は、父親の仕事がら来客が多かった。
たくさんの客が来ると、母親は次男坊のけんじろう君に、
帚を渡し、ことづける。
 「合図をしたら、トイレの前に帚を立てなさい」
 『は~~い』
返事だけはいいけんじろう君。
しかし、こっそりが嫌いなけんじろう君。
堂々と、「お帰り下さい」と言えばいいのにぃと、
生真面目に憤慨していたけんじろう君。

合図がきた。
帚を立てたのはいいのだが、逆さまではなく、
普通に立てた。
せめてもの反抗だったのである。
しかし・・・
当時の客は、人の家にお邪魔した場合、
廊下に帚が逆さまに立てられていたら、その意味は理解できた。
なのに・・・
トイレに行った客が見たものは、逆さまでなく、
帚がそのまま立てられている・・ではないか!

コレはどう判断したらいいのだろうか?
 「帰れ」なのか?
 「帰るな」だろうか?
 「帰ってもいい」のだろうか?
 「おととい来い」かもな?
グジャグジャに迷った酔客らが、廊下でとまどう。
すると、賢明な客が、持ち上げて逆さまに置いてゆく。
っと隠れていたけんじろう君が、すぐさま元に戻す。
逆さまにする。
元に戻す。
我が家のうたげは、グダグダに更けてゆく・・・
e0077899_16425771.jpg

by ishimaru_ken | 2018-01-29 05:41 | 昔々おバカな話
ウワッ停電!
e0077899_16495094.jpg
 バスンっ!
夜、電源が落ちた。
我が家が真っ暗になった。
・・・・・
え~~とぉ、こんな時の為に、たしか懐中電灯を・・
どこかにぃ・・・?
真っ暗な中、手探りでさがす。
たしか、懐中電灯を玄関に置いたハズ。
ハズ・・はず・・・・
あれっ、どこだ?

っと、その時、ふと思う。
なぜ、懐中電灯本体が光っていないんだ!
君が光っていれば、すぐに見つかるじゃないか!
突然の停電の時・・・
懐中電灯の本体が光っていればいい。

たとえば、蓄光というテープがある。
ソレを貼っていてもいい。
それよりも、そもそも売り出している時から、
《暗闇で本体が光る懐中電灯》があってもいいではないか!

それともあるのだろうか?
私が知らないだけだろうか?

そういえば、壁に掛けてある懐中電灯掛けが、
ぼんやり光っているのをホテルなどで見たことがある。
アレは、掛ける装置が光っていただけだ。
本体をアチコチ置いておく場合、
本体そのものが光っているべきである。

とりあえず我が家にある懐中電灯の全部に、
蓄光テープをベタベタ貼った。
「ここにいるヨォ~!」

ちょっと待て~
それより何より、再び電源を入れる、ブレーカー本体が、
なぜ光っていないんだい?

e0077899_9173535.jpg
          天城トンネル
by ishimaru_ken | 2018-01-28 05:45 | その他
ジャックと豆の木
e0077899_18391241.jpg
e0077899_15553256.jpg
 走っていると、小川に出くわした。
両側をコンクリーで囲っている幅20mほどの川だ。
降りられる階段があったので、降りてみた。
下は、小さな段丘となっている。
つまり、川を横向きに切ったとすると、
凹の字のようになっている。
段丘は快適な草むらで、走るには、起伏にあふれ面白い。
ヒザにも良いってんで、どんどん進んでいった。

随分走った頃、「そろそろ上にあがらなきゃナ」。
元の道に戻りたいのだが、いっかな登りの階段も、
梯子も現れない。
どういう事?
ま、なんとかなるだろう・・
もうしばらく進んでみた。
おかしい・・
さっき降りる箇所があったのだから、
そろそろ同じような箇所が出てくるハズだ。
でなければ、もし、この川が増水した時、
溺れちゃうじゃないか!

っとその時、目の前に樹木が現れた。
葉っぱは落ちているが、生きている樹だ。
よし、登ろう!
まてよ?先っちょの細い枝から、
川の上のフェンスに取り付けるだろうか?
これも、クライミングである。
3点確保、バランスをとりながら、じりじりと登ってゆく。
ところが、意外やフェンスまでがやや遠い。

ええいで、跳びつくか
失敗したら・・あ~~~と落っこちるナ。
「河川敷で、骨折!」
新聞に載るかもしれぬ。

ままよで、両手ジャンプするか?
失敗したら・・ゴロンゴロンと落下だナ。
「河川の底で、脱臼!」
笑われるやもしれぬ。

っとそこに、目の前の家からオジサンが出てきた。
上から、声が降ってくる。

 「アンタ、川歩いてきたんかい?」
 『ええ』
 「この先ずっと上がり箇所ないヨ」
 『だろうと思って、登ってるんです』
 「あぶないヨ」
 『でしょうネ』
 「わたしは・・なんもできんがネ」

アレレ?ハシゴでも持ってきてくれるのかと思いきや、
言うなり、ウチに引っ込んでしまった。
仕方ない。
丁寧に丁寧にカウンターバランスをして、
ヨッコラショ!
護岸のコンクリーを片手で、ガッシと掴んだ。
はい、生還!

教訓;コンクリー河川は、どこでも登り口があるとは限らない。
あっそうだ・・写真を撮っていた隊員の救出を忘れてた。
e0077899_15551547.jpg

by ishimaru_ken | 2018-01-27 05:54 | スポーツ
短距離系と長距離系
e0077899_15454855.jpg
 筋肉は、速筋と遅筋に分かれると言われている。
速筋とは、陸上100m走の選手のように、
短時間で力を出し切る人のことを言い。
遅筋とは、マラソンのように、
長い時間ランニングできる人のことを言う。
解剖学的には、速筋は白く遅筋は赤い

これは、魚にも言える。
ヒラメのように砂に潜んでいて、ここぞという時だけ、
泳いで餌を捕るのが、速筋。
マグロのように眠りもせずに泳ぎ回っているのが遅筋。
刺し身学的に言えば、
(刺し身に学があるのか?)
速筋のヒラメは身が白く、遅筋のマグロは赤い。

私に例えれば、昔から、長く走るのが苦手だった。
つまり、私の身体は速筋で出来ている・・と推測される。
ところが・・・
最近、私がタッタタッタと走っている場面を見てほしい。
走りながら、私は、すぐに止まってしまう。
原因は、《何かを見つけたから》である。
何かが気になって仕方がない。
身体を鍛えるために、ジョギングに出かけたくせに、
なぜか、カメラを持っている。
そこからして、おかしい。
色んなモノが気になって仕方がない。

さあ、ここで、考察してみよう。
私が、長い距離を走れないのは、
生まれ持った筋肉が、白か赤かではなく
本人の性格によるものではないだろうか?
性格的に長い距離を、ただただ走ることが出来ない
のではないだろうか?
これは、新たな見解である。
短距離ランナーとマラソンランナーの分類は、
筋肉ではなく、性格で分類してもいいのかもしれない。
っとすると・・

短距離系に分類されるであろう私の場合を、
いや、長距離系に入れたくない私の場合を、
小学校の通信簿的に表現すると、
 『気のまぎれが多すぎます。落ち着きがありません。
  ひとつに集中する練習をしましょう』
e0077899_1538020.jpg
  「踏切代用てこはよいか?」
by ishimaru_ken | 2018-01-26 05:36 | スポーツ
踊る欄干
e0077899_15303147.jpg
 昨日、また、走り出した。
行く先を定めず、走り出す。
ところが・・・
あるところで引っかかってしまった。
影である。
欄干と呼ぶのだろうか・・
歩道の脇の金属柵の影が、グニャグニャしている。
一定にグニャグニャしているのなら、まだしも。
走っていく先いく先、グニャ感が変わってくる。
e0077899_15305986.jpg

う~む・・気になる。
楽曲の音符を見ているような錯覚。
高揚したり、落ちついたり・・
「走っている場合じゃない」
おかしな感想まで湧いてくる。
e0077899_15312821.jpg
きっとお陽様が、さらに登れば、また違ったグニャになるだろう。
定点でビデオ撮影して、高速送りしてみれば、
踊るかのような、影絵が観られるかもしれない。
撮ってみるか?

それには、定点にずっと居なければならない。
ふむ、それほど暇ではない。
なにより、一日中晴れていなければ、撮れない。
ダメじゃ~~ん。

あれっ、アレは何だろう?
e0077899_153221.jpg
倒れかかっているじゃないか!
見にいかなきゃ!

おお~アレは何だろう?
e0077899_15324482.jpg
 空調?
 巨大スピーカー?
 高圧電源?
ダメだ、もう帰ろう・・・
e0077899_15325643.jpg
       帰りの駅では
by ishimaru_ken | 2018-01-25 05:51 | スポーツ
レンタル美容院
e0077899_16104184.jpg
 こんな美容院ないかな?

《レンタル美容院》

美容院に通い続けていると、当然、次第に年をとってゆく。
誰しも、おばあちゃんになってゆく。
(おじいちゃんの話は、今日は忘れよう)
おばあちゃんになったからと云って、髪は切る。
髪染めもしたい。
ところが、長年通ってきた美容院の美容師さんも、
高齢となり、美容院を経営できなくなってきた。
毎日々々大勢のお客さんを捌けなくなってきた。
(一日に一人くらいならなんとかなるんですけどネ)
すると、店舗を借りて営業してきた経営が成り立たなくなる。
「閉めてしまおうか・・・」
残念ながら、店じまいとなってしまった。

「え~~~?」
ここで困るのが、さっきの女性だ。
いまさら他の人に髪を扱ってもらいたくない。
わたしの髪の事を良く知っている○○さんにやって貰いたい。
なんとかならないかしら?
そこで登場するのが、この店だ。

《レンタル美容院》

日時を指定すれば、客と美容師が、店の施設を利用できる。
一定の時間、借りて、料金を払う

道具は、使い慣れたモノを持ってきてもいいし、
ある程度のモノは揃えてある。
鏡の前の椅子は、それなりの数があり、
同時に複数の借り手が、髪を切ったり染めたりしている。
望むらくは、待合で、コーヒーサービスなどがあれば、
2か月ぶりの再開に話がはずんだりする。
勿論レンタル料金は客が払い、
美容師代も、客が払う


「えっ、ワシが払うのか?」
だから、今日おじいちゃんは発言権がありませんって。
だって、アアタ、切ろうにも髪が・・
e0077899_16102698.jpg

by ishimaru_ken | 2018-01-24 06:07 | 謙の発見!
大都会の大雪を
e0077899_22544978.jpg
 首都圏に雪が降る。
ザカザンと降る。
雪国の人達に云わせれば、チョロリほどなのだが、
乳母日傘の都会人にとってみれば、雪ザカザンである。
雪バカスカと云うひともいる。

さて、雪が降るとの予報を調べた私が、朝、
都会では異質なイデタチで出勤する。
足には登山靴を履いている。
上下ゴアテックスのレインコート。
ダウンのヤッケ。
背中には、ストリームトレイルの完璧な防水ザック!
見た目、雪山登山。
スノーシューで歩いている姿そのものだ。

テレビ局に現れた私を見て、スタッフが、笑っている。
 (なにもそこまでしなくても・・)
雪が降るからと云って、そんな恰好をしなくてもと、
暗に冷ややかな目線を向ける。
ところが・・
この後、私の姿が正解だった事が証明される。

やはり都会に大雪が降った。
電車はノロリとしか動かず、高速はとまり、
道路は分断された。
日頃、一時間ちょいで帰る行程が、なんとも長い。
ユルとしか走らない電車を乗り継ぎ、乗り継ぎ、
しかも最後は雪の中、自力歩行である。
ザカザン、ザカザンと降りしきる雪の中、
完璧な雪山登山のユニフォームに身を包んだ私が進んでいく。
唯一の違いは、足にスノーシューが履かれていない点だ。

 「♪~ゆうきやコンコン~♪」
往きに笑われた「そこまでやるか装備」が、
私を救ったのである。
なんなら、明日の朝まで歩きますかア~~~!
e0077899_2254552.jpg
 自撮りしてる暇があるなら早く帰りなさい!
by ishimaru_ken | 2018-01-23 05:52 | 仕事
ちまき食べた?
e0077899_12593533.jpg
  ん・・?
最近、ちまきを食べただろうか?
ちまきとは、
「♪~柱の傷は、おとど~しの~ちぃまぁきぃ食べ食べ~♪」
の歌に出てくる、ちまきである。
日本の唱歌であるから、ちまきは日本製だ。
どうだ?最近食べたっけ?

中華ちまきは、しばしば口にする。
三角形をして茶色い竹の皮に包まれている。
もち米を中華味つけし、中にチャーシューの塊がゴロリ。
こいつは旨い!
もち米の分、量があるのは分かっているつもりだが、
ついつい2個目に手を出してしまう。
中華ちまきには、おしんこが良く合う。

ところで、和製のちまきをいつ食べたっけ?
というより、どんな形だったっけ?
中華のように、温かかった記憶がない。
青い竹の皮に包まれていたような気がする。

もう一度、歌を唄ってみる。
「♪~ちまき食べ食べ、兄さんがぁ~測ってくれた背ぃのたけ~♪」
そうか!
私には、兄さんがいて、背丈を測ってくれた記憶があるが、
その時、ちまきを食べた覚えはない。
我が家に、ちまきを食べる習慣がなかったのか?
ちまきが作れなかったのか?
何でも作っていた、名前も作子という母親が、
作れないワケはないのだが、
ちまきは、なぜか年の行事には取り入れられなかったようだ。

だからか、私にちまきに対するコダワリがない。
その分、中華ちまきに、思い入れを投入している。
これまで、中華ちまきでマズイと思った事はない。
その上、「これは旨い!」とテーブルにうっぷしたことは、
何度かある。
その中でも、うっぷしたまま、コブシをテーブルを、
ドンドンと叩いた時の感激はひとしおだ。
まあ押しなべて、どれもが、腹鼓をうっている。
ポンポコポンのポン!
e0077899_12591363.jpg

by ishimaru_ken | 2018-01-22 05:58 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧