<   2018年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
荒船山の断崖から
e0077899_1436588.jpg
 《あらふねやま》

あえて、平仮名で山の名前を書いてみた。
漢字に変換すると、
《荒船山》

東京から、高崎線に揺られて、ひと眠りした頃、
西の方角に目をやると、おかしな形の山が現れる。
山とは、基本的に三角形をしている。
富士山しかりの形をしている。
しかし、上部がまったいらの山。
空港でもあるのか?
その疑問を抱きながら、目をこらすと、その右端、
つまり、北の端っこが、断崖絶壁になっている。

分かりやすくする為に、ティッシュの箱を持ち出そう。
はい、アナタも箱を手に取ろう。
ティッシュの箱とは、上部がフラットだ。
ですネ!
はじっこは、切り立っている。
ストンと落ちている。
ですネ!

まさにこんな形の山が、首都圏から2時間ほどの場所に、ある。
まず、登山口から歩き始めて、数分で驚く。
登山道に、ガードレールがある!
さほど、急峻な崖のわきを登ってゆく。
常に崖がかかわっている。
3時間も格闘すると、頂上と言われている、
《艫岩》ともいわ に着く。
そこは、さっき見たティッシュの箱のカドッコだ。
ドッチに歩いても落ちたら死んでしまう岩の突端だ。
実際、「落ちた人がいる」と書いてある。
「近づくな」と書いてある。
書いてあるのだが、
断崖とは、覗かない限り、そこがどんな場所かわからない。
テレビ番組では、ドローンを飛ばし、
その全貌を明らかにしてくれるが、
実際、そこにいる人間には、危機感はない。
気持ち的には、「へ~」ってなもんだ。
これが、危ない。

この艫岩でお昼を食べることにした。
どうやら、他の登山者も、同じ考えのようだ。
2m歩いたら、断崖のフチ。
そんな所で、オニギリだのパンだのを頬張っている。
異様な光景である。
童話に、
 オムスビを落としてしまい、
 コロコロころがる話がある

もし、この艫岩の上で落っことしたら・・・
コロコロと転がり、崖のフチを越えた途端、
100m以上フリー落下して、
オムスビは、粉々になるだろう。

さらにもし、そのオムスビを、
追いかけようとした御仁がいたらどうなる?
「こりゃこりゃ」
手を伸ばしているうちに、崖をヒョイと・・
語るだに怖い。
では、もし崖の下がどうなっているのか、
見たくなる輩がいたらどうなる。
なぜか、パーセンテージで、(わずかなのだが)
崖の下を覗きたくなる輩がいる。
どんなに禁止しても覗きたくなる。
その中で、やはり、僅かの人が・・・
落ちる。
なぜ、落ちたのか?
どうやって落ちたのかは、本人が語れないので、
知るすべがないのだが、
想像をたくましくすれば、コレに尽きる。
「もうちょっとだけ」

艫岩は、合掌の峰ではありません。
どうか、二度とオムスビを落とさないで下さい。
勿論、アナタも・・
e0077899_14383976.jpg
         艫岩(ともいわ)の上でお昼
by ishimaru_ken | 2018-10-31 05:35 | スポーツ
カモシカの断崖
e0077899_1381780.jpg
 「カモシカだ!」
浅間山(あさまやま)の外輪山の崖を下っている時だった。
70度ほどの崖に山道がひかれてある。
よくぞ、こんな所に先人は道を築いたものだ。
二本足の私が、2本のストックをついて、
えっちらおっちら下っていると、
 「クィィィ~~ン」
鳴き声が聞こえた。
20mほど離れた眼下の岩場に、カモシカがいる。
ツノが生えているので、オスだ。
体重は、70キロほどか、結構大きい。
草を食んでいる。
私が、近づいてゆくと、尖った岩峰へと、食事場を移した。
やがて私が、50mほど下った所で、振り返ると、
岩の上でスックと背筋を伸ばしたカモシカ。
(冒頭写真 中央右)
人間であれば、ザイルを伸ばして確保してもらわないと、
立っていられない断崖で、私を見おろしている。
 (悪かったね、食事の邪魔をして)

カモシカは登山者に好かれている。
人間を見ても、過剰反応しないし、
顔つきにも愛嬌がある。
鹿ほど大量にいないので、生態系にも悪さを及ぼさない。

足が速い人を称して、《カモシカのような足》と言うが、
それは、間違いである。
鹿の足はスラリとして伸びやかで綺麗だが、
カモシカの足はずんぐりしている。
どちらかと云うと、太い。
なんせ、山岳地帯を縄張りとしている。
短く太い足が有利なのだ。
必要なのだ。
カモシカ君の代弁をさせて貰えば・・
 「ぶっかっこうだとぅ?なんか、文句あるかい!」
e0077899_138574.jpg

by ishimaru_ken | 2018-10-30 05:07 | 謙の発見!
浅間山③ 99座目達成
e0077899_1332516.jpg
 「すみません、写真を撮っていただけませんか?」
浅間山の山頂で声をかけられた。
カメラを受け取って、頂上標識の前に立つ彼を見た。
身体の前に厚紙を抱えている。
なにか文字が書いてある。

 99

『なんですか、99って?』
「深田久弥日本100名山の、99座目なんです」

しばし、固まってしまった。
あんですと?
100でもなく、98でもなく、ギリギリの、
99座目の方に出会ってしまった。
しかも、写真写しを頼まれるなんて!
1分登頂が違っていたら、他の人にお願いしただろうし、
気付かなかったに違いない。

『で、100座目はどこなんですか?』
「剱岳(つるぎだけ)です。とっておいたんです。たぶん来年に」
『ちなみに98座目は?』
「御嶽山(おんたけさん)です」

そうか、なるほど、分かったゾ。
御嶽山は今年、登山が解禁された。
んで、浅間山の解禁が3年ぶりに解けたのも、この9月。
つまり、98、99を手ぐすねひいて待っていたのである。
最後に登るべく剱岳に登りたくとも、
御嶽山と浅間山が解禁にならなければ、
いつまで経っても、望みはかなわない。
モンモンとしていたのではなかろうか・・

話によると、20才の時に、初めて富士山に登り、
そのうち、100名山なるモノを知り、
コツコツと登り続け、40歳にして、99座まで達したとのこと。

『おめでとうございます、これまで、最も大変だった山は?』
しばらく考えてから、彼がボソリ。
「ふじさん」
e0077899_1342322.jpg

by ishimaru_ken | 2018-10-29 06:02 | 謙の発見!
角替和枝 悼む
e0077899_9491728.jpg
 《角替和枝》 つのがえかずえ 64才

44年前、《劇団暫》(しばらく)、というアングラ劇団があった。
アングラとは、アンダーグランドの意味で、
地下にある小さな劇場で、
50人、100人ほどの客を相手に芝居をしていた。
メジャーでないという意味で、アンダーグランドとも使っていた。

その暫に、角替和枝がいた。
もちろんイシマルもいた。
10人ほどの若者が、汗みどろになって、芝居をしていた。
なんせお金がない奴らばかり。
着ているものも粗末で、食べ物にも恵まれない。
やせ細り、常に飢えている。
誰かが食べ物関係のアルバイトを始めると、
寄ってたかって、残り物に群がった。
しかし、気概だけは高かった。
「面白い芝居をつくろう!」
アイデアが浮かぶと、すぐに芝居に採用した。

小さな劇場さえ借りられないので、
どこかの劇団が公演中の、使っていない昼間に、
われら暫の公演をおこなった。
料金は100円。
今の金額に換算しても500円。
しかし、内容はとても面白く、たくさんの客が押し掛けた。
年に何本も芝居をやった。
夜にやっている劇団の本公演より、沢山客が入るというので、
やがて、暫が本公演をうつことになった。
角替和枝は、暫の看板女優であった。
まだ20過ぎで、可愛らしく、芝居も切れよく、
お客に受けた。

お芝居の見た目だけで云えば、都会っ子なのだが、
元々、静岡の農家の出。
喋りに「ずら、だら」が日常的に出てくる。
下駄ばきにチャンチャンコを着こんで暮らしている。
都会的な顔立ちと、田舎モノの風貌とのギャップが、
厳しい時代の中、ほんわかした空気をつくった。
仲間には、
 「かずえ、かずえ」と呼び捨てにされた。

つかこうへい事務所に、初めて出演したのも、イシマルと同時。
身体が弱かったのか、稽古場でよく倒れ、
病院に運こんだ。
よくまあ、64才まで生きながらえたものだ。

暫で、今では作家の長谷川康夫(当時役者)と、
角替和枝がつくった傑作作品。
 《スチュアーデスの腹話術》
かずえが人形になり、長谷川が人形使い、
なぜか、人形(かずえ)が大阪弁のお転婆娘という設定。

 「今日は、飛行機で来たんですよネ」
 『ヒコーキぃバカ揺れ~』
 「高いとこ飛んでネ」
 『スッチャデス、きれいやわぁ~』
 「スチュアーデスさんでしょ」
 『すっちゃすっちゃ、スッチィ~!』
 「やめなさい」
 『♪~スッチィー音頭や、スッチィ~ホイホイ!』

10分ほどのコントに近い寸劇。
『花咲か村に春がきた』という芝居の、一場面。
ちなみにイシマルは、その村の奇術を使う和尚で、
かずえは、村娘。
当時のことでビデオも残っていないが、
鮮明に記憶に染みついている。

呼び捨てにできる女優が、ひとりいなくなった・・・
e0077899_9472465.jpg

by ishimaru_ken | 2018-10-28 09:55 | 昔々おバカな話
浅間山登山 ②
e0077899_12564690.jpg
 浅間山に登るには、まず、
外輪山である、黒斑山(くろふやま)の稜線まであがる。

ここで、浅間山の全貌を想像してみよう。
《グレープフルーツ絞り器》というモノがある。
半分に切ったグレープフルーツを片手に持ち、
絞り器の上から押し付け、ギュッギュッと絞る。
その絞り器にそっくりの形をしたのが、浅間山山系だ。
真ん中に浅間山本体があり、周りを外輪山が囲んでいる。
絞った汁が溜まる部分が、窪地の平原。
外輪山の中で一番高い部分が、黒斑山。

さて、外輪山までやってきた。
目の前に、ド~~ンと浅間山が盛り上がり、
手前に、恐竜でもいそうな草原が広がっている。
薄緑の熊笹の中に、カラマツ林の黄葉が輝いている。
殆ど黄金色と言っていい。
稲わらを見て、黄金と勘違いし、
《黄金の国ジパング》を西欧に伝えたマルコポーロが、
この光景を見たら、何というだろうか?
「オオ~黄金の海!」
ふたたび、宣伝マンに徹してくれるだろうか。

浅間山の黄葉は、色のグラデーションであり。
山なみの配置でもある。
ここに、こんな形のモノが欲しい。
あそこに、こんな色が欲しい。
芸術家がたんまり集まって、アアでもないコウでもないと、
ヤンヤやった挙句の集大成が、秋の黄葉浅間山である。
ゆえに、どこをどう切りとっても、絵になり、写真が映える。

やがて、グレープフルーツの汁が溜まるべき谷間の平原を歩き、
ご本体の浅間を登る。
これこそ、おまんじゅうを登ると考えると分かりやすい。
ただただ、草木のわずかしか生えていない火山をよじる。
やがて、シェルターを過ぎると、
第一外輪山に辿りつく。

言い忘れたが、外輪山は二重になっている。
はじめの黒斑山は、第二外輪山。
で、こちらが、第一外輪山。
おまんじゅうのテッペンが窪んでおり、
さらにもう一回膨らんでいると思えばいい。
本来の頂上は、その膨らんだ所にあるのだが、
長い年月、毒性ガスの噴出で、立ち入り禁止となっている。
よって、第一外輪山の最高地点を頂上としている。
《前掛山》 まえかけやま 2524m

パシャリッ
頂上写真を撮っていた時だった。
声を掛けられた。
「すみません、写真撮って頂けませんか?」
振り返って、彼が持っていたモノを見て、跳びあがった!

しまった、こんないい場面で紙面が切れた。
また明日~
e0077899_12571039.jpg
e0077899_12572157.jpg
        火山シェルター
e0077899_1257463.jpg
   前掛山頂上 直下
by ishimaru_ken | 2018-10-28 05:55 | スポーツ
浅間山登山 ①
e0077899_12381920.jpg
 キャンプ場で目が覚めた。
そこは、浅間山の麓。
「そうだ、今日は浅間山に登る日だ!」
薄暗い中、空をみあげる。
雲がどんより立ち込めている。
雲高が低い。
雨が降りそうな気配すらある。
「ダメかぁ~」
気を落としかけた。

(まてよ・・)
しばし漂う雲を眺めていた。
濃淡がある。
すこしだけ車で高度をあげてみよう。
200mほど高度をさかのぼった。
すると・・・
雲に切れ目があるではないか!
「おっ、アレは・・外輪山の頂上が見えているゾ!」
そうだったのか。
この雲は、低い層雲で、1500mを越えたあたりより上は、
晴れているに違いない。

平地の気象と山の気象は、まるで違う事が多い。
テレビの天気予報で、長野県佐久市が曇り雨と出ていても、
山の上は秋晴れだったりする。
「今日が、まさにソレじゃないのか!」
すぐに、準備をして、登山口に向かう。
はたして・・・

標高2000mにある登山口は、真っ青な空で出迎えてくれた。
見おろせば、町並みは雲の下に沈んでいる。
あの時、諦めたら、この快晴登山はできなかったのだ。

浅間山(あさまやま)と云えば、
ズングリとしたおまんじゅうの様な姿を思い浮かべる人が多い。
遠くから眺めれば、当然、そういう感想となる。
おまんじゅうの、まあるい曲線の部分を、
登っていくのだろうと思ってしまう。
実際、以前の私は、そう思っていた。
丸くなった富士山的な登山だろうと思い込んでいた。
ところが・・・

山は登ってみなければ、分からない。
浅間には、外輪山がある。
それも二重になった外輪山。
我々が、町から見ていたのは、そのほとんどは、
浅間外輪山だったのだ。
その内側にとんでもなく大きな窪地が存在し、
夢のような美しい世界が広がっているなどと、だれが想像できよう。
よもや、秋の紅葉の季節は、驚きの連続である。
うぅぅ・・紙面が尽きた、また明日。
e0077899_1238423.jpg

by ishimaru_ken | 2018-10-27 05:37 | スポーツ
池の平の池
e0077899_12344168.jpg
 長野県の佐久市の北に、そこはある。
籠の登山(かごのとやま)の頂上から、見おろすと、
火山の火口跡がのぞめた。
親指を伸ばして、目を細めてみると、
広さは、ラグビー場10面以上はあろうか・・
なんだ、アレは?
よし、行ってみよう。

そこは、《池の平》 いけのたいら と呼ばれている。
同じ長野県の白樺湖にある、《池の平》とは別の場所。
いけのたいらと呼ばれるには、池がなければならないのだが、
小さな池、《鏡池》があるだけ。
あとは、たいらな平原。
周りは、火口壁が取り囲んでいる。
その壁の一部が崩れて凹んでいる為、
そこから、水は流れ出してしまう。
ゆえに、池と呼ぶにふさわしい水が溜められない
「たぶん・・その昔は池がありました」
と、つぶやく辺りが、真相なのではないだろうか。

尾瀬のように木道が設置され、あまりの美しさに、
しばし呆然としてしまう。
たまたま人っ子ひとりいない。
火口壁をグルリと一周まわって、1時間半。
山に登ったあとのデザートとして、最高のシチュエーション。
南には、佐久や小諸の町並みがひろがり、
その先に八ケ岳連峰が、空に頭を突きあげている。

池の平には、車でも行ける。
砂利道をガタコト走る。
しかもその入り口に、秘湯がある。
《ランプの湯》 (内湯のみ)560円
白く濁った湯であった。
あまりにも気にいったので、
翌日も、わざわざ、入りにいった。
露天風呂に入るには、その宿に泊まらなけれならない。
よし、いつか泊まりに行こう。
今は、キャンプ場へまっしぐら!
実は、翌日、浅間山に登ろうと狙っているのだ。
「青空晴れ」を連日待っていたのだ。
さて、どうなりましたやら・・・
e0077899_1234088.jpg
           鏡池
by ishimaru_ken | 2018-10-26 05:32 | スポーツ
籠の登山
e0077899_12275626.jpg
 浅間山の西側にその山はある。

《籠の登山》 

はい、何と読みましたか?
素直に読むと、かごのとざんとなる。
しかし、実際は、(かごのとやま)と言う。
お手紙では、
「籠の登山に登山に行ってきました」
と使う。
地元の人ならば、「かごのと山」に行ったとすぐに分かるが、
他では、通じない。
通じないどころか、

「籠の登山に行ってきました」
籠に乗って山に登ったのかと驚かれてしまう。
お殿様みたいなことをしているんだなと、
眉間に皺を寄せられてしまう。

さあ、そんな誤解をしたまま、登山口にやってきた。
《あさま2000》というスキー場に出発点がある。
遠望すると、なだらかで熊笹の草原を登るイメージが湧いた。
ところが・・
山は登ってみなければ分からない。
実は、岩のやま登山である。
岩稜地帯を、えっちらおっちら登ってゆく。
ナメたらいかんゾ、諫められながら歩いてゆく。
岩の色や形、土の色を見ていると、
この山が、浅間山の外輪山の一部なのだろうと感想が浮かぶ。
そして・・

頂上から見おろした時だった。
あそこに噴火口跡のような盆地があるじゃないか。
広い平原があるじゃないか。
あそこに行け!
と、いわんばかりに見事な紅葉が輝いているじゃないか!
e0077899_12274111.jpg

by ishimaru_ken | 2018-10-25 05:26 | スポーツ
キジ 君と僕
e0077899_646134.jpg
 おやっ?
山に向かう舗装道路に、キジがいるではないか。
それも珍しく、オスが2羽
オスが2匹いる場面を初めて見た。
キジの複数目撃をした事はほとんどない。
よもや・・オス。
季節は、秋。
メスを獲得する時期を過ぎている。
なのに、オスが2匹。
ふと、やつらの会話が浮かんできた。

「よぉ~彼女できたのかぁ~?」
『いないんだヨォ~君はぁ~?』
「できないんだよぉ~」
『なんでかなぁ~?』

「ボクら、声が悪いんかなぁ・・クエェ~って鳴くだろ」
『うん、クエェ~って鳴く』
ホ~ホケキョとか言う奴いるじゃん」
『いるいる』
カッコウとか言う奴もいるじゃん」
『いるいる』
「あいつら、ズルくないか」
『うん、たぶんズルい』
「ボクらもマネしたよな」
『うん、マネした』
「ホーホケキョと鳴いてみたよな」
『鳴いたけど、出た声はクエェ~だった』
「カッコウと鳴いてみたよな」
『鳴いたけど、クエェ~だった』
「・・・ボクら、モテなかったんだ」
『・・・もてなかった』
「彼女・・できなかったんだ」
『彼女・・できなかった』

「仕方ない、何して遊ぼ?」
『走る?』
「うん、走ろ!」
e0077899_646143.jpg

by ishimaru_ken | 2018-10-24 05:45 | 謙の発見!
ホッケのひらきで皿なめろ
e0077899_10131179.jpg
 我が家の朝食には、干物が一品つく。
今朝は、ホッケのひらきだ。
体長25センチ。
ぷっくらしている。

朝食が終わると、皿を片付けるのだが、
この皿の上には何もなくなる。
何が置いてあったのか、分からなくなる。
つまり、すべて私の腹の中に入ってしまう。
身はもちろん、骨も皮も。
バリバリ、ムシャムシャ。
無理やり食べているのではない。
好きなのだ。
特に皮は大好きだし、骨も甘味があって旨い。
残すなんてとんでもない!
誰も見ていなかったら、たぶん、皿をなめる。
残った魚の脂をなめてしまいたい

一度だけ、なめてみた事があった。
ペロリッ
その時・・・
己が姿がガラスに映っているのが見えた。
犬がいた。
眼がいやしい。

恥ずかしかった。
いやしくも、これは人間がやる行為ではない。
山中遭難とか、洞窟閉じ込めとか、非常事態以外では、
人としての在り方をしっかり保つべきでないのか。
ガラスに映る自分に目で訴えた。
するとソイツは、「わかった」とばかり、
喉ぼとけを上下させたのだ。
なめた旨味を飲みこんだのである。
分かっていない証左だ。

時折、ソイツは、思いもかけない場所で顔を出す。
芝居仲間と北海道に公演に行ったおり、
飲み屋に繰り出す。
北海道なら、ホッケを食わなきゃってんで、
大きなホッケのヒラキを注文する。
やがてやってきたホッケは箸で摘まみ尽くされ、
皮と骨だけが残る。
「もう誰も食べないのかな?」
念押しをして、皿を手前によせる。
そして・・・残ったタンパク質とカルシウムをすべて腹におさめる。
その直後だ。
何もなくなった皿に、顔を近づけようとしている自分がいる。
ソイツが顔を出した瞬間だ。
(いけない、それだけはやめろ)
私が必死でとめている。

最終的には、事なきをえたが、あぶないところだった。
これからは、皿に何もなくなったら、すぐに下げてもらおう。
人間としての品格をなくさない為にも・・・
e0077899_1013143.jpg

by ishimaru_ken | 2018-10-23 06:12 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧