人気ブログランキング | 話題のタグを見る
卯の花くたし

卯の花くたし_e0077899_09334412.jpg
 五月晴れ

5月の空は、青々として山に登るには最適な空気に満ちている。

っと思っていたら、シトシト雨が続くこともある。

それは昔からこう言われる。

 《卯の花腐たし》 うのはなくたし

卯の花を腐らせるように続く長雨と言う意味だ。

5月~6月にかけて、ときおり続く長雨をあらわしている。

俳句の季語にもなっている。


卯の花とは、オカラのことでもある。

でもそもそもは、卯の花と言われている《ウツギ》のこと。

白く、浮き上がっているように見える花で、山の中にも生えている。

そういえば、木曾アルプスにそびえる、

《空木岳》うつぎだけ 2864m


この名前は、ウツギの花から由来をとったのだろうか?

いまだ登れていない山のひとつで、いつか登りたいと憧れている。

標高差があり、「こころしてかかれ」 の山にランキングしている。

そういう意味では、今年こそはと狙っているのが、

《妙高山と石打山》

ふたつは同じ山系に位置し、毎年リサーチだけして、

天気予報と、山小屋予約がうまくいかず、足を延ばしそこねている。

日本中にそんな山がたくさんある。

東北では、《鳥海山》

雨が多く、快晴の日に登れれば、ラッキーと言われている。

東京から日帰りはできないので、この山も、

「こころしてかかれ」のページにファイルしてある。


そういえば――そのページをめくってみると、筆頭にこの山の名前。

《宮之浦岳》みやのうらだけ 1936m

屋久島の最高峰である。

二番目に――

《利尻岳》りしりだけ 1721m

北海道の道北の島である。


ああ~あっちもこっちも、行きたいトコだらけ。

だらけだらけで、だらけている暇がない。

よお~し、まずは・・・雨をものともせず・・・

風にも立ち向かい・・・

わずかな時間を惜しんで・・・

卯の花くたし_e0077899_09340737.jpg
          霜柱


# by ishimaru_ken | 2022-05-14 05:31 | スポーツ
みこしを担ぐ時代劇

みこしを担ぐ時代劇_e0077899_11073479.gif
 昨日、馬の暴走の話をしていて、同じドラマの中で、

もうひとつ事件があったことを思い出した。

 テレビ局の中のスタジオでの撮影中。


時は元禄時代、殿の奥方の乗るお輿が運ばれていた。

お輿は城の外では、男の人夫が担ぐのだが、城内の大奥では、

女性たちが担ぐ。

ドラマでは、忠実に女性6人が重いお輿を担いで撮影していた。

「カット~」

カットがかかると、お輿を前の場所に戻す。

何度も同じ動きをして、いろんな角度から撮影する為だ。

部屋の中から、屋外にお輿をおろしているシーン。

戻す作業も役者の女性たちがしている時だった。

主演の高橋英樹さんが、大きな声を出した。


「おおい、助監督ぅ~助けてやれヨ~」

戻す時くらい運んでやりなさいと示唆したのである。

それを聞きつけたのが助監督のS君。

彼は、撮影中さまざまな失敗をしでかす粗忽者として、

皆の注目を集めていた。

落語でいうところの、与太郎である。


おりしも部屋の奥から4,5段の階段を経て、庭まで、

真っ赤な緋毛氈が敷かれてあった。

「はい!」

高橋さんの声を受けて、S君が走り出した。

庭から部屋へ、緋毛氈の上を走ったのである。

それも運動靴で・・・

するとどうなる?

階段の分、緋毛氈は布が余分にある。

靴底が緋毛氈をどんどん掴んで後ろに滑らす動きになる。

つまり、彼の身体は一か所に留まったまま、緋毛氈が、

後方に投げ出されてゆく。

トムとジェリーでトムが急いで走る時の動きに似ている。

観客である我々は、それを唖然と見ていた。

すると、お輿の重みで動きを止められた緋毛氈が、

ぴんと伸びきった途端!

S君の激しく動いていた靴は緋毛氈をガッチリと掴み、

いっきにダッシュすることになる。

(トムの走り出し)

タタタタタタ

つんのめりながら、そのままお輿に体当たりしていったのである。

被害にあったのは、6人の女性とお輿。

ドダ~~~ン!

大きな音をたてて、ひっくり返り、あろうことか、

お輿はバラバラに分解したのである。

(分解したおかげで、誰も下敷きにならず無事)


わずか数秒の出来事に、われら役者スタッフ数十人は、

動くことすらままならなかった。

ただただ事の顛末を、しっかり目に刻んだ。


関所を扱ったフジテレビの3時間ドラマだったと記憶している。

その後、S君はどうなったのだろうか?

立派な幹部になっているのだろうか?

みこしを担ぐ時代劇_e0077899_11080072.jpg


# by ishimaru_ken | 2022-05-13 05:17 | 昔々おバカな話
馬は

 駅のホームから写真を撮った、パシャリ。

その写真がこれだ。

馬は_e0077899_10021835.jpg

馬に乗った人が、駅をくぐろうとしている。

なんだなんだ?

そこは神奈川県を走る、京浜急行、三浦海岸駅。


近くに乗馬クラブがあり、遠出の走りを、海岸でやっている。

走るといっても歩くのだが・・・

海岸の砂浜を、散歩するのである。

イントラと共に、手綱を持って、数人が乗馬を楽しんでいる。

馬に乗ったことがある人は、ご存じだろうが、

馬の背中は高い。

腰かけると、トラックの運転席より高い(と思う)。

景色が変わる。

ゆらゆらと揺られるここちよさ――

車と違い、安心感もある。

訓練された馬は、けっして暴走しないからだ。

あぶない場所は止まる。

おそらく眠ってしまっても、行きたい場所へ連れて行ってくれる。


っと、良いことばかり語ったが、実はその昔――

30数年前、3時間時代劇の大作で私は、

馬を駆ける武士を演じていた。

江戸の町を再現した家屋の並ぶ道を疾走するシーンだった。

一応、乗馬のプロが前を走り、そのあとをついてゆく。

まずは、テスト。

「よ~いスタート!」

その途端、私の馬が走り出す。

前の馬が走ればついていく習性がある。

馬と言うのは、走り出しの初速が速い。

ヨ~イドンの瞬間にいきなり全力疾走となる。

必死で手綱を握りしめる。

っと、ここまでは良かった。

問題は、その10秒後に起きた。


江戸の町はクランク状に道が伸びている。

クランクとはまっすぐの道が、ちょこっと左に曲がり、

すぐに右に曲がるという形状。

見通しを悪くし、敵に攻められにくくしている。

日本家屋は軒(のき)がある。

道に向かって屋根のひさしが、半間(90センチ)ほど伸びている。


私の馬は、前の馬を追う為に、最短コースを走ったのだ。

左に曲がる瞬間、ひさしの下を首を下げて通り過ぎようとしたのだ。

背中に武士が乗っているなど考えてくれない。

ほんの一瞬のできごとだった。

(このままでは、私の身体は、いや頭は、ひさしに激突する!)

ひさしの高さは、ほぼ馬の背中の高さ。

逃げようがない!

「とっさ」であった。


身体を馬の右側の腹のところに、忍者のように張り付いたのである。

左手は鞍を掴み、左足首で鞍をひっかけるという、

ウエスタン映画でしか見られない芸当を演じたのである。

「とっさ」としては、あまりの見事な「とっさ」。

くぐったあとに、すぐに元の位置に起き上がった。

ところが、これだけでは終わらなかった。

クランクは、すぐに右に曲がる。

私の馬はまたしてもひさしをくぐろうとしている。

元の位置に戻った勢いで、今度は左側の腹にへばりつく。


いわゆる曲乗りという芸当である。

サーカスなどで見たことがある超のつく難しい技!

もしあのまま突っ込んでいたら・・・


「カット!」の声に馬は走りやめる。

馬担当の方がとんできて、私の無事を確かめる。

まさかあんな事を馬がやるとは――

まさかあんなことを役者がやるとは―ー

平身低頭して謝りながら、感心している。

結局本番は、道なりに走らせられるスタントマンがやることになり、

私はお役御免となった。


たったの3~4秒のことだったのだが、

今でもひさしの先端が私の首を狙って近づいてくるのを、

スローモーションのように、はっきり覚えている。

もう一回やれと言われても、あの曲芸は無理だろう。

「とっさ」とは、

ヒトがとてつもない能力を引きだす瞬間なのだと実感した。

ただし、本番ではなかったので、

映像は残っていない。

残念である。


あれっ、さっき「馬は眠っていても」とか言ってなかったっけ・・・

馬は_e0077899_10025897.jpg


# by ishimaru_ken | 2022-05-12 06:01 | 仕事
不老不死になったら

不老不死になったら_e0077899_18014985.jpg
 《不老不死》 ふろうふし

数千年前からの人類が追い求める夢である。

老いることなく死ぬことがない。

富も権力も手に入れたヒトが考え出す未来。

それは不老不死。

その為、薬を開発させようとし、無理難題を押し付ける。

世界の果てまで薬草を探しに行かせる。

あげく、いつか未来に於いて、なにがしかの方法が、

見つかることを信じて、自らの身体を冷凍されようとまでする。


さて彼らは、不老不死を手に入れた《アト》のことを、

想像したのだろうか?

さあ、ここでアナタにも考えていただきたい。

想像していただきたい。

アナタが死なない人間になったとしましょう。

あっここで、死なないの定義を述べます。

あくまで自然死しないと言う意味で、事故死はします。

ウイルスごときでは、死にません。

でも自動車事故では死にます。

そんな不老不死です。


さあ、そんな世の中がやってきたとしましょう。

そこはどんな世界でしょうか?

不老・・・つまり老いない人たちがどんどん増えていく世界。

(何歳から老けないのかの話しは又にしましょう)

老けない人たちが溢れてくる世界。

ただでさえ地球の人口が増えているのに、どんどん増える。

100歳はおろか200歳、1000歳などのヒトが歩いている。

今、70億といわれている人口が、倍々に増えてゆく。


では仮にその人口が、宇宙に移住したとしましょう。

人口統制をしなくても生きていける環境があったとしましょう。

その上で、アナタが生きている。

アナタは幸せだろうか?

(この話は何日もかけて話さなければならないのだが)

アナタは、何が面白くて生きていけるのだろうか?

たとえば――


クイズに答えることが楽しいだろうか?

スポーツ観戦が面白いだろうか?

絵を描きたくなるだろうか?

音楽を聴いて心やすらかになるだろうか?

小説を読む必要があるだろうか?

漫才で笑えるだろうか?

鳥の鳴き声で目が覚めて、なにか感じるものがあるだろうか?

もし、この先死なないと分かっていたら、

旅行をするだろうか?

不老不死になったら_e0077899_18015482.jpg


# by ishimaru_ken | 2022-05-11 05:59 | その他
雨後のタケノコ

雨後のタケノコ_e0077899_07321323.jpg
 この時期伸びる代表は、筍。

竹かんむりに旬と書くタケノコ。

朝、頭がちょこっと出たなと思ったら、夕方には、

背丈ほどになっている。

なんてこともあるくらい、驚きの伸びを見せる。


筍採りは、イノシシとの競争だと、よく言われる。

鼻のいいイノシシが夜中に、掘り返して食ってしまう。

まず、イノシシには勝てない。

彼らは、地面の表面に出る前に、そこにあると分かり、

掘り返す。

我々は、先っちょが出ないと、どこにあるのか分からない。

勝てるハズがない。

 というより、先っちょが地面から出た筍は、

やや硬くなっている。

食べるとガリガリと触感が悪い。

だから、まだ地面の下にいる若いモノを探す。


ところが、筍を栽培している農家の方にかかると、

まもなく出てくる先っちょの位置が分かるのである。

地面に敷いた藁や落ち葉の動きを毎日見ているので、

違和感がある場所を掘れば、発見となる。

言葉で言えば、簡単だが、まず我々には無理な感覚。

結果、イノシシに先を越され、地団駄踏むしかない。

いいかえれば、イノシシの残りをおこぼれとして、

戴いているのである。


さて、それでだ・・・

筍を食った猪は、春の猪と呼ばれ(わたしが呼び)、

その肉は旨い。

秋の木の実を食ったソレには負けるが、旨い。

だから、イノシシに負けても、許している。

私がつくる筍料理より、君らの(おこぼれ)方のが優れている。

「ありがとう」両手を合わせながら、

今夜も舌をつづみ打ちしようではないか。

雨後のタケノコ_e0077899_07322053.jpg


# by ishimaru_ken | 2022-05-10 05:30 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧